« 3月12日 D0-0F (△) OP戦 | トップページ | 3月13日 D6-5S (○)OP戦 »

2005/03/14

MLB 3月12日 M8-3R (○)

マリナーズは12日、アリゾナ州ピオリアでレンジャーズとオープン戦を行い、イチロー外野手は2打数2安打で、初戦からの連続試合安打を8に伸ばした。四球の後、左翼線二塁打と中前打。長谷川滋利投手は、2番手で0-0の四回に登板、1回を2安打1失点だった。マリナーズが8-3で勝った。

3月12日(土) マリナーズ vs レンジャーズ(ピオリア、12:05、日本時間13日05:05)
 123456789
Rangers0 001101003
Mariners00010 610X8
R:ダイアモンド、レジーリョ、ブコビッチ、ラミレス、ループ-ハッチャー
M:マドリッシュ、長谷川、キャンピーリョ、ソーントン、マテオ
  -オリボ、クリスチャンソン

[勝] キャンピーリョ1勝
[敗] ブコビッチ1敗

イチロー、2安打で8試合連続安打-長谷川は1失点 」(サンスポ)
イチロー貫録2の2!8試合連続安打 」(ニッカン)
長谷川1回1失点「今後は微妙な制球を」 」(ニッカン)

2005_0314aイチロー選手
「どういう気持ちでゲームに向かっていくか、が大きい。オープン戦とシーズンをはっきり区別してやるのはオープン戦の序盤までです」

長谷川投手
「これまでは、あまり変化球を投げていなかったし、あと3回くらい登板したら微妙なコントロールもいい感じになってくると思う」

打順は別として、ほぼベストメンバーで挑んで、やっと勝ちましたね。いつ以来かすぐには思い出せない状態です。
先発のマドリッシュも良かったようで、3回被安打0で無失点と好投。二番手の長谷川は、ブレイロック、ヤングと連続二塁打され1失点、その後は抑えたみたいです。打者の方はイチローに関しては言うまでもなく、イバニエスが好調を維持しているようですね。何はともあれ、投手陣が3失点に抑えたことが勝因ですかね。

<長谷川、契約問題>
今シーズン終了後にシアトル・マリナーズとの契約が満了する長谷川滋利投手。チームが契約延長を決定するかどうかは、長谷川の今年の活躍による。

「1球に集中」 復活かける長谷川 」(MAJOR.JP)

長谷川投手
「1球1球を大事に投げて、毎日を楽しむこと。いいシーズンを遅れることができれば、2006年もマリナーズで投げているだろう」
(昨季99敗について)
「チームのプレーオフ進出に自信があったのに失敗してしまい、1年中苛ついていた。あれから多くを学んだが、あんな経験はもういやだ」

プライス投手コーチ
「昨年はオールスターにも選ばれたあとだけに、目標を高めに設定しだろう。彼のピッチングの良さはとにかくボールを低めに集めることだが、このキャンプではそれがよくできている」

最近の不調は、年齢的なところもあるのかな?そんな事を感じてしまいましたが、まだまだ、そんな事を言うほど落ちてはいないとも思う。今年は、そんな見方を払拭するだけの活躍を期待したいですね。そしてシーズン終了後、マリナーズと再契約して新たな06を来年は飾ってほしいです。

<<他MLB情報>>(MAJOR.JP)
12日(日本時間13日)の日本人選手情報一覧

|

« 3月12日 D0-0F (△) OP戦 | トップページ | 3月13日 D6-5S (○)OP戦 »

野球(マリナーズ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MLB 3月12日 M8-3R (○):

« 3月12日 D0-0F (△) OP戦 | トップページ | 3月13日 D6-5S (○)OP戦 »