« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005/04/30

4月30日 D4-8YB (●)

ドラゴンズは30日、横浜との公式戦5回戦を行い、先発の山井は6回まで好投していたものの7回にリズムを崩して2被本塁打で降板。続く岡本、久本ともに横浜の攻撃を凌げず敗戦。打線は不調の福留が初回に本塁打を放って明るい材料ですが、あと一本が出ず。試合は、D4-8YBで序盤のリードを守れず逆転負け。

4月30日(土) 横浜 vs 中日(中日3勝2敗 横浜スタジアム、18:30、18101人)
  123456789
ドラゴンズ3000001004
ベイスターズ00000044X8
D:山井、岡本、久本-谷繁
B:斎藤、土肥、木塚、クルーン-相川

[勝] 木塚 9試合2勝1敗
[敗] 岡本 12試合2勝1敗
[本] (D)福留3号3ラン(1回、斎藤)
   (B)佐伯2号ソロ(7回、山井)、種田2号2ラン(7回、山井)

4月30日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日は山井の乱調が誤算 」(毎日新聞)
プロ野球結果 横浜8-4中日 」(スポーツナビ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(報道陣のもう少し早い段階での山井の降板という選択肢はなかったのですか。という質問に対して)それじゃあ、お前が監督やれ。こういう試合はこれからもある」
福留選手
「(1回の3号3ランについて)打ったのはシュートかな。(4番の)ウッズとは勝負しにくいので、自分の所に回ってくると思った。絶対に打ってやろうという気持ちがホームランにつながりました」
立浪選手
「(7回のタイムリーについて)打ったのはストレート。どうしても1点欲しい場面だったので、打てて良かったです」
山井選手
「調子はあまり良くなかったが、試合中に投げながらフォームを修正していけた。7回の佐伯さんのホームランはしょうがないとしても、その後がいけなかった。悔しい。野手のみなさんに申し訳ないです」


これも野球ですね。こういう事もあるんだなと思ってます。たまたま継投が上手くいかなっかたけどしょうがないですね。

投手陣は山井も踏ん張りどころでしたが種田への1球が悔やまれますね。もったいないです。岡本も今日は良くなかったですし、久本も満塁でマウンンドへ上がって気の毒な感じはしますが、火に油を注ぐ感じでした。こう言う場面でチャンスを貰ったので、もう少し丁寧に攻めてほしかったですね。

打線は、3回と7回にあと一本出ていれば違った感じになったと思いますが、負ける時はこんな感じでしょうかね。孝介も第一打席でHR、2四球といった感じですが、まだ時間が掛かりそうな雰囲気に見えました。明日の状態にも注目したいですね。それとここに来て森野と谷繁が下降気味の気配を感じますが、当たりが出始めた井端、立浪といった所でカバーしていってほしいですね。

明日はルーキーの中田くんが先発だと思いますが、打線の援護を含めて楽な展開にしてあげてほしいですね。出来れば勝ってこのカード2勝1敗で乗り切ってほしいです。

又、4月は25試合を行い16勝9敗で勝率.640の1位で乗り切ってくれました。チームの状態は好不調の選手の差が多くてあまり良くなかったのですが、この成績で4月を乗り切った事が大きいですね。5月も交流戦が始まったりと波はあると思いますが、ひとつひとつ確実に勝利をもぎ取って乗り切ってほしいですね。

| | コメント (8) | トラックバック (9)

4月29日 D9-4YB (○)

ドラゴンズは29日、横浜との公式戦4回戦を行い、一回に井端のソロとアレックスの3ランで主導権を握り、三回はウッズが3戦連続の8号2ラン。六回に1点を加えると七回にも二死から井端、立浪、ウッズ、福留の4連打で2点を追加。川上は球威、制球ともに申し分なく7回無失点で3勝目を挙げた。試合はD9-4YBで勝利。

4月29日(土) 横浜 vs 中日(中日3勝1敗 横浜スタジアム、18:00、18470人)
  123456789
ドラゴンズ4020012009
ベイスターズ0000000224
D:川上、石井、遠藤-谷繁、柳沢
B:三浦、岸本、吉川、木塚、クルーン-相川、鶴岡

[勝] 川上 4試合3勝1敗
[敗] 三浦 5試合1勝2敗
[本] (中)井端1号ソロ(1回、三浦)、アレックス6号3ラン(1回、三浦)、
      ウッズ8号2ラン(3回、三浦)

2005_0430a4月29日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日:貯金を今季最多の8に 」(毎日新聞)
中日ウッズ試合決めた!3戦連続8号 」(ニッカン)
中日 貯金8…川上3勝目 」(デイリー)

<監督、選手コメント>
落合監督
「三浦はよくなかったね。逆に川上はきちんと投げていた。今年一番の楽なゲームだったな」
森コーチ
「順調なんじゃないかな。立ち上がりもうまくいったしね。チームが先に点を取ってくれたので守りにいかないで、攻めていけ!と本人には伝えてある」
川上投手
「今日は初回からしっかりと点を取ってくれたのでこの点を守ろうと思って投げました。谷繁さんにも自分の良いところを引き出してもらったと思います。点差はありましたが僕の中では1点も入っていないつもりで投げていました。横浜でこれだけたくさんのドラゴンズファンの皆さんから声援をもらって本当にうれしいです。これからもどんどん勝っていきたいので応援よろしくお願いします!」(
井端選手
「(1回、ソロホームラン)打ったのはストレート。ツーワンと追い込まれていたことで逆にうまく反応できました」
アレックス選手
「(1回、3ランホームラン)打ったのはストレート。とらえられるボールをうまく打てた。いいスイングができました」
2005_0430bウッズ選手
「(3回のホームランについて)打ったのはまっすぐか、シュートかな?これで乗っていきたいです。(7回のタイムリーについて)打ったのはストレート。うまく打ち返せた。」
福留選手
「(7回、タイムリー)打ったのはストレート。チャンスだったので初球から積極的に振っていこうと思っていました。良いところに落ちてくれました。」


今日は投打が見事に噛みあった試合でしたね。投げては憲伸が7回を無失点に抑える力投で打っては効果的にHRが飛び出す展開でした。

打線も初回から2安打で4得点と相手の四球を絡める形で効果的な展開でスタートし、三回には3試合連続となるタイロンのHRが飛び出すなど久しぶりに序盤から点が取れました。七回には4連打で追加点し打線が繋がりましたね。こう言う試合をしていけばチーム全体が上がってくると思ってます。孝介にもタイムリーが出たし野手組は良かったですね。(荒木だけが心配ですが)

投手陣は憲伸につきます。初回から飛ばしていてスタミナ的に心配のところはありましたがやっぱりドラのエースらしい投球でした。あとは石井くんや遠藤は打たれましたが、次回はしっかり抑えてほしいですね。

明日もこの勢いで勝てれば嬉しいですね。山井の先発が予想されますが前回同様の投球をお願いしたいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (10)

2005/04/29

4月28日 D9-8T (○)

ドラゴンズは28日、阪神との公式戦6回戦を行い、六回を終わって1―8と7点ビハインド。敗色濃厚の中、脅威の追い上げを見せ七回、立浪の中前打で2点を返し二死からアレックスの中飛を赤星が落球し2者が生還して5―8と3点差。八回は二死三塁として、井端の左前打で2点差とし最後はウッズがバックスクリーンへ3点本塁打し逆転に成功した。
投手陣は、先発落合は球威、制球力ともに欠け、三回に4安打を浴びて3失点。四回にも3点を失った。2番手久本も井川に押し出しの四球を与えるなど乱調。その後は平井、岡本と試合を作って最後は守護神岩瀬がピンチを招いたが抑えた。試合は、D9-8Tで7点差をはね返す劇的勝利。

4月28日(木) 阪神 vs 中日(中日4勝2敗 甲子園球場、18:00、47113人)
 123456789
ドラゴンズ0000104409
タイガース0033110008
D:落合、久本、平井、岡本、岩瀬-谷繁
T:井川、橋本、ウィリアムス、久保田、江草-矢野

[勝] 平井 11試合2勝1敗1S  [S] 岩瀬 11試合1勝8S
[敗] 久保田 11試合1勝2敗4S
[本] (D)ウッズ7号3ラン(8回、久保田)

4月28日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0429a<速報記事より>
中日:後半、7点差を逆転勝ち 」(毎日新聞)
落合監督「勝たせてもらった」ウッズV弾 」(ニッカン)
中日ウッズ値千金の一発 」(スポニチ)
信頼応えて岩瀬8S-神-中から 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「今日は負けを覚悟したよ。でも年に何回かあるような試合。去年に無い勝ち方だ。(逆転の原因について)向こうのピッチャーの焦りじゃないの。ウッズがこれで調子を上げてくれればいいんじゃないかな」
2005_0429bウッズ選手
「(5回犠牲フライについて)打ったのはストレート。ランナーを帰す最低限の仕事。(逆転3ランについて)最近は苦しいバッティングが続いていたので何とか当てようと思って打席に立ちました。我々ドラゴンズは試合を最後まで決してあきらめないチームです。今日のような展開の試合に勝つことができて良かったと思います。これからも良い成績が残せるようにがんばりますので球場に応援しに来てください!」
立浪選手
「(7回のタイムリー)打ったのはストレート。こういう展開なんですけど、自分も乗っていかないといけないので、抜けてくれてよかったです」


凄い試合でしたね。今日は敗戦濃厚でしたが阪神側にミスが出て何とか勝利を物にした。と、いった所でしょうかね。
それにしても、やっと4番が仕事をしてくれましたね。これでタイロンもきっかけにを掴んで波に乗ってほしいです。

予想通りなのか英二さんが先発でスタートしましたが・・・。4回持たずに降板。続く久本も6四球と・・・・。この二人で12安打8四球で8失点。大誤算でしたね。
当然の如く負けゲームの所、神様がいたんでしょうかね。野球はミスが付き物ですが、こんなに流れが変わるとは想像も付きませんでした。それに漬け込んだドラゴンズが逆転しましたが、今年は敗戦濃厚な試合をよく拾います。どうなってしまったのか不思議ですね。運も実力とは言いますが、どうなってしまったのか?

勝ったからこそ苦言をいくつか、荒木は5タコ勘弁してほしいですね(最近も同じ事を書いた気がする)孝介はバットに当てず審判をファールチップで裂傷させるは調子は一向に上がらず。岩瀬は腰を痛めてから球威が落ちているし・・・・。(今日は、かなり愚痴になってm(__)m)

明日から横浜3連戦ですが頭を憲伸で何とか取ってGWを迎えてほしいですね。打線は、立浪とタイロンが上がりつつあるので、あとは孝介待ちといったところです。

<プロ野球公示(28日)>
【出場選手登録】 落合英二投手
【同抹消】      鈴木義広投手

| | コメント (9) | トラックバック (8)

2005/04/28

4月27日 D3-6T (●)

ドラゴンズは27日、阪神との公式戦5回戦を行い、先発した朝倉は毎回走者を背負う苦しい投球。2点リードの四回、一死一、二塁から代打町田に左前適時打を許した。赤星の左前打で満塁となった場面では関本を遊ゴロ。併殺かと思われたが、荒木の一塁送球が悪送球となり、逆転を許した。打線は二回、ウッズが右越え6号ソロで先制。三回は二死満塁からアレックスの押し出し死球で2点。七回には福留のタイムリーで2点差までいったが阪神の小刻みなリレーに屈した。試合は、D3-6Tで敗れて連勝4でストップ。

4月27日(水) 阪神 vs 中日(中日3勝2敗 甲子園球場、18:00、43216人)
 123456789
ドラゴンズ0110001003
タイガース00032010X6
D:朝倉、久本、石井、遠藤-谷繁
T:筒井和、橋本、江草、藤川、ウィリアムス、久保田-矢野

[勝] 橋本 11試合1勝   [S] 久保田10試合1勝1敗4S
[敗] 朝倉 4試合1勝1敗
[本] (D)ウッズ6号ソロ(2回、筒井和)
   (T)矢野4号2ラン(5回、朝倉)

4月27日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
敵失誘って逆転、矢野2ラン 中日は連勝ストップ 」(毎日新聞)
ウッズ6試合ぶりHR 神-中から 」(スポーツナビ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「朝倉のかえ時は難しいな。後は、あいつがどうするかが問題だ。4回のショートの守備は井端が大事に行き過ぎたから、ランナーと詰まって併殺打が取れなかった。初歩的なミスだな」
朝倉投手
「毎回毎回、同じことの繰り返しで、野手のみなさんに申し訳ないです」
ウッズ選手
「(二回に先制ソロ)ホッとしているというより、このホームランを打撃成績を上げて行くきっかけにしたい」
福留選手
「(7回のタイムリー)スライダー。リードされているので、後ろに繋ぎたかった。良かったです」
荒木選手
「投げた以上、僕のミスです。左右にだけはブレないようにと思ったんですが…。あれくらい(スライディングは)くると予測していたし。ハッキリしたワンバウンドでとか、捕りやすく投げられたと思います」
高代野手総合チーフコーチ
「今まで相手がああいうことをやって勝ってきた。うちがやっちゃだめだ。トスじゃなく、ショートスローでいくべきだったな。(併殺は)時間と正確性の勝負だから」
森投手チーフコーチ
「(1点差の)5回2死一塁から矢野にホームランを打たれた。何回も同じことの繰り返し。降格?。色々、考えているよ」


今日は朝倉ですかね。5回3失点ぐらいで凌いでくれれば試合になりますがちょっと打たれすぎですね。本当に変え時が難しいですね。次回は頑張ってほしいと思いますがチャンスをくれるのかな?それだけが心配ですね。
今日は久本と遠藤はよく踏ん張ってくれましたね。遠藤も今日は素晴らしい遠藤でした。5-3になった段階で、石井くんの投入もありましたが今日は休ませても良かったのではと思ってます。最近連投ぎみなのが少し心配です。

打線は毎回のごとく残塁が多いですね。今に始まった事ではないので大分慣れてきましたがあと一本がほしいです。3回に出ていれば違った展開になっていたと思うような気がします。タイロンも少しづつですが上がってきているのかな?四球も選べるようになってきているし、復調の兆しが見えればありがたいですね。

明日の先発は誰ですかね?体調が良ければ英二さんが上がって来て投げそうですが、ダメな場合は誰が投げるのかが興味があります。ウエスタンでは21日に投げた野口だと中6日(まだ早いか(^^ゞ)平松、マルちゃんは間隔が空いていますね(この二人も無いかな)1軍では鈴木が21日の広島戦から投げていないので気になります(ケガかも知れませんが)とにかく誰が投げるか解りませんが、明日に関して言えば打線が少し援護してほしいですね。そういう展開になって中継ぎ陣に頑張ってもらいたいです。


<<4月28日付紙面より関連記事>>(追記
ウッズ、ド根性6号 小指の痛みに耐え特打!特打!! 」(中スポ)
朝倉、毎度毎度「申し訳ない」5回5失点KO…2軍落ちピンチ 」(中スポ)
井端“大事にいきすぎた”トス 」(中スポ)

| | コメント (6) | トラックバック (7)

2005/04/27

4月26日 D6-1T (○)

ドラゴンズは26日、阪神との公式戦4回戦を行い、七回、先頭森野が中堅にソロを放って先制。続く谷繁の右中間二塁打を足がかりに無死一、三塁とし、荒木の遊ゴロで2点目。八回は2四球と安打で無死満塁とし森野が押し出し四球を選び、谷繁が右犠飛で続いたて追加点をあげ九回は渡邉の2点本塁打で完全にとどめを差した。先発山本昌はコーナーをていねいに突く投球で7回途中まで5安打1失点。継いだ石井、岡本に最後は岩瀬を投入。試合はD6-1Tで勝利し今季初の4連勝で首位を守った。

4月26日(火) 阪神 vs 中日(中日3勝1敗 甲子園球場、18:02、42488人)
 123456789
ドラゴンズ0000002226
タイガース0000001001
D:山本昌、石井、岡本、岩瀬-谷繁
T:福原、江草、橋本、ダーウィン-矢野

[勝] 山本昌 3試合2勝
[敗] 福原 5試合1勝3敗
[本] (D)森野3号ソロ(7回、福原)、渡邉1号2ラン(9回、ダーウィン)

4月26日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
2005_0427a中日:4連勝で首位守る 」(毎日新聞)
5点差で岩瀬、オレ流で中日首位ガッチリ 」(ニッカン)
中日 守り勝つ野球で首位キープ 」(スポニチ)
神1-6中(26日) 首位中日4連勝 」(共同通信)

<監督、選手コメント>
落合監督
「森野は打つさ。使ってんだから。ただ、今日打ったからといって、明日打つとは限らない。そういうもんだ。まだレギュラーじゃないんだから。石井は良いボールを投げていた。岩瀬は本当はセーブの付く場面で投げさせたかったんだけど、まずは勝つこと優先だ。後で後悔するよりいいだろ。最近、野球の怖さを見せ付けられていたからな。」
森投手チーフコーチ
「勝ちに行くゲームだったから。特に川上、山本昌が投げた時は岩瀬を行かせる」
山本昌投手
「あまり調子が良くなかったのです。相手の投手も良い投手なので、途中ピンチもありましたけど頑張って投げました。7回は、最後まで投げきって終わりたかったので最後の四球が悔やまれます。後はチームに頑張って欲しい。」
2005_0427b森野選手
「(7回先制ホームランについて)前の打席で緩慢な走塁をしてしまったのでそれを取り返すつもりで思い切り自分のバッティングをしようと思っていました。完璧な当たりでした。守備をしっかりやれば打撃に集中できるのでとにかくしっかり守るようにしています。(チームも4連勝ですが)絶対に谷繁さんにつなげようと思って打席に立っています。今日も初戦に勝って明日につながると思います」
谷繁選手
「(犠牲フライについて)ストレート。前のバッターが良いところでまわしてくれるので、1点でも取りたかった。最低限の仕事ができました」


今日は昌さんでしたね。さすが調子が悪いなりにも試合を作ってくれます。
7回は、100球を越えて疲れたのかな?でも頼りになりますね。

最近は投手陣が、頑張ってくれています。打線も残塁が多いですが地道に得点を重ねていってくれている印象です。本日も上位打線は不発ですが下位打線の森野が大当たりで3安打。このままレギュラーを獲得してほしいですね。サードの守備も慣れてきているので、打撃にもいい方向にいっているのかな。

1番から4番までが無安打ですが5番から8番までで頑張ったといったところでしょうか。
孝介が本日は2安打しましたが、明日が解らない状態ですね。このまま行ってほしいと毎回思うのですがなかなか波に乗ってくれない状況なので、引き続き明日も打ってほしいです。あとは荒木ですが5タコは勘弁してほしいですね。らしいで片付けると簡単ですが、四球を選ぶなどして塁に出てほしいかな。

今のチーム状況はあまり良くないですが日替わりでヒーローが登場してますね。その結果勝っているといった所です。このまましばらくは行くと思うので、1試合1試合戦ってほしいです。明日は朝倉だと思うので、大崩せず試合を作ってほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2005/04/26

M's vs Cleveland (4/22-4/24)

マリナーズは、4/22から4/24本拠地セーフコ・フィールドにてクリープランド・インディアンスを迎えて3連戦を戦い1勝2敗と負け越し。

<<インディアンス1回戦>>
先発のメッシュが初回に5点を失い前半からリードを許す嫌な展開。2回に1点を返しただけで、わずか6安打に抑えられると、そのまま1-6で完敗。

05/04/22(金)マリナーズvsインディアンス(19時05分、セーフコ・フィールド 日本時間23日 11時05分)

Final123456789R
Cleveland 5000010006
Seattle 0100000001

[勝]
サバシア1勝

[敗] メッシュ1勝1敗
[本] (イ)ベリヤード4号3ラン

4月22日 試合結果Game Box

イチロー、メモリアルナイトでノーヒット 」(MAJOR.JP)

イチロ選手
「きょうは燃え尽き症候群。試合には出るべきでなかった」


<<インディアンス2回戦>>
マリナーズは中盤以降、再三チャンスを作りながら9回に2点を返すのがやっと。2ー5で敗れて3連敗を喫した。負け投手は6回2/3を3失点と好投したマリナーズ先発のアーロン・シーリーで、2敗目(1勝)となっている。シーリーは低めにボールを集めて好投したが、打線の援護がなかった。

05/04/23(土)マリナーズvsインディアンス(18時05分、セーフコ・フィールド 日本時間24日 10時05分)

Final123456789R
Cleveland 0000003115
Seattle 0000000022

[勝]
リー2勝      [S] ウィックマン5S

[敗] シーリー1勝2敗
[本] (イ)ベリヤード5号ソロ

4月23日 試合結果Game Box

イチロー1安打、マリナーズは終盤の反撃及ばず3連敗 」(MAJOR.JP)


<<インディアンス3回戦>>
8回を投げきったジェイミー・モイヤー投手にマリナーズとしての通算130勝をプレゼントした。8回を投げ、6安打1失点の内容だったモイヤーは、今季負けなしの4連勝。これまで、ランディ・ジョンソン投手(現ヤンキース)が持っていたチームの最多勝利、130勝に42歳にして並んでいる。通算でも196勝となり、200勝も目前だ。

05/04/23(土)マリナーズvsインディアンス(18時05分、セーフコ・フィールド 日本時間24日 10時05分)

Final123456789R
Cleveland 0000001001
Seattle 10000602X9

[勝]
モイヤー4勝

[敗] エラートン1敗
[本] (イ)ブーン3号ソロ

2005_0426a4月24日 試合結果Game Box

イチロー7試合ぶりマルチ、マリナーズは連敗止める 」(MAJOR.JP)

<<M's 情報>>
<イチロー特別表彰式典>
コミッショナー特別表彰のセレモニーで、イチローが2分以上の英語スピーチを披露した。

英語で数分間スピーチ イチロー表彰式 」(MAJOR.JP)
英語に気疲れイチロー 特別表彰の式典で 」(MAJOR.JP)

2005_0426bイチロー選手
「ジョージ・シスラーに感謝したい。わたしがあの最高の瞬間を体験できたのも彼の素晴らしい記録があったから。彼がいなければあの気持ちを味わうこともなかった」
バド・セリグ・コミッショナー
「イチローにテッド(ウィリアムズ)のパワーはないかもしれないが、テッドになかった俊足がある。もしそうなれば本当に素晴らしい」

□AL WestWL%GBHomeAwayDivStreak
□Anaheim118.579---8-53-38-6Won 2
□Texas1010.5001.54-56-55-6Lost 1
□Oakland910.47423-36-75-5Lost 2
□Seattle910.47424-75-33-4Won 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/25

4月24日 D4x-3G (○)

ドラゴンズは24日、巨人との公式戦6回戦を行い、3―3の同点で迎えた十一回、先頭の代打井上が右前打で出塁して代走は沢井。荒木が左前打で続き、失策も絡んで無死二、三塁。巨人は井端を敬遠して満塁策。ここで英智が押し出しの四球を選び勝利。今季3度目のサヨナラゲーム。
先発の中田は立ち上がりから好調。四回まで1安打無得点に抑えたが五回に無死一、三塁から逆転の3点本塁打を浴びた。中田は六回、一死を取ったところで降板。そのあとは磐石の投手リレーで巨人を封じた。試合は、D4-3Gで勝って今季は初の同一カード3連勝を決めた。

4月24日(日) 中日 vs 巨人(中日4勝2敗 ナゴヤドーム、18:00、36900人)
  1234567891011
ジャイアンツ000030000003
ドラゴンズ10000020001x4
G:工藤、シコースキー、林、前田、久保-阿部
D:中田、石井、岡本、平井、岩瀬-谷繁

[勝] 岩瀬 9試合1勝7S
[敗] 久保 8試合1勝1敗4S
[本] (G)阿部6号3ラン(5回、中田)
   (D)荒木1号ソロ(1回、工藤)

4月24日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0425a<速報記事より>
中日、サヨナラ勝ち 中4-3巨 」(中スポ)
押し出し四球で、巨人にサヨナラ勝ち 」(毎日新聞)
サヨナラ勝利呼んだ中日荒木、3安打活躍 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「こういう展開になってから負けたら何にもならないから、勝てて良かった。延長11回でエンドランをしたけど、何をしでかすかわからないことを相手に見せなきゃ。シーズンは長いからね」
井端選手
「3タテがなかったので、今日は是非とも勝ちたいと思いました。こういう接戦は勝つと自身になりますので、明日からも連勝していきたいと思います。後ろにつなごうとは思っていたんですが、荒木が走ってくれて感謝しています。1、2番でドンドン塁に出ていきたいと思います。遅くまで声援ありがとうございます。これからも応援よろしくお願い致します。(7回井端選手タイムリー)スライダー、負けていたので、つなぐことだけを考えていました。」
荒木選手
「もっともっと打てるように頑張ります!井端さんに打点がつくように、気合い入れて走りました。(ファンの皆さん)遅くまで本当にありがとうございました。まだ先は長いですが、一歩一歩着実に頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。(初回先頭打者HRについて)打ったのはストレート。積極的にいこうと思って打席に入りました。会心の当たりでしたね」
中田選手
「調子は悪くなかったと思うのですが、あのホームランを打たれた1球が悔やまれます。今後はもう少し長い回を投げられるようにがんばります」


2005_0425b今日の主役は7回の荒木の走塁もそうですが、高代コーチでしょうかね。あそこはよく回してくれました。これで同点になって、流れがこっちに傾いた感じです。

打線は、工藤を早い回に捕らえる事が出来たと思いますが、試合が長引いたのは4番と5番の非常に良くないことですね。結果、残塁が「14」と・・・。チャンスをもらっているのに生かせないのが原因だと思います。それを荒木と井端で今日はカバーをしてくれた感じですね。英智も攻守に渡って貢献してくれましたね。最後の打席は英智が決めないと点が入る気配を感じませんでしたし、結果は押し出しでしたが良く選んでくれました。

投手陣では中田くんも5回1/3を4安打3失点なら、まずまずではないでしょうかね。あの1球は悔やまれますが、今後の糧にしてもらえばいいですね。大きく崩れる事なく試合を作ってくれました。あとは石井くんも1回2/3を無失点で凌いで岡本、平井と無難に凌いで、あとは守護神の岩瀬に託し11回は2安打されるも何とか抑えてくれました。

何とかこの巨人戦を3タテできたし、勝てる試合は拾って行く事が大事だと思うので、主軸の復調までは全員野球で乗り切ってほしいですね。
火曜日からは、阪神戦ですが初戦は朝倉?昌さん?どっちでしょうかね。この勢いで向っていってほしいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (10)

2005/04/24

4月23日 D6-1G (○)

ドラゴンズは23日、巨人との公式戦5回戦を行い、先発した山井が八回途中まで1失点。で初勝利を挙げた。2番手の石井も好救援。最後は平井が3人で抑えた。打線は四回のアレックス、森野の連続適時打に山井も2点二塁打し五回にもアレックスの適時打で加点した。試合は、D6-1Gで投打がかみ合った中日が連勝。

4月23日(土) 中日 vs 巨人(中日3勝2敗 ナゴヤドーム、18:00、37600人)
  123456789
ジャイアンツ0000001001
ドラゴンズ00051000X6
G:桑田、三木、シコースキー、岡島、佐藤宏-阿部
D:山井、石井、平井-谷繁

[勝] 山井 4試合1勝1敗
[敗] 桑田 3試合1敗

2005_0424a4月23日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日山井今季初勝利「やり返した」 」(ニッカン)
中日:巨人に連勝、貯金は今季最多の5 」(毎日新聞)
最多タイ月間8度目3安打-中-巨から 」(サンスポ)
中日・山井が好投、初勝利 」(スポナビ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「山井は今一番安定している。これで変わるだろう。先発はいいピッチングをしていても勝ちがつかなきゃだめだ。初めのころは硬さがあったが、それがとれてきたのもあるし、本来の山井に戻りつつある。8回は交代してもいいかなと思ったが、二岡までいくと本人が言ったから投げさせた。完投は考えていなかった(石井について)石井はコントロールミスが一番少ないピッチャー。これからもこういう使い方をしていくよ」
山井投手
「この前の東京ドームで負けているので、やり返そうという気持ちで開幕から2試合、立ち上がりが悪かったので、意識を強く持っていきました。今日は納得のいくピッチングができたと思います。打席では、どうしてもヒットが打ちたかったですけど、ホントに打てるとは思わなかった。自分のピッチングをすることで、おのずと結果もついてくると思っています。一試合一試合を大切に自分の仕事をしていきたいと思います」
アレックス選手
「(今日も2本のタイムリーで状態が良さそうですね)いいスイングをいつも心がけていますが、とにかくランナーを帰そうという意識がありました。この良い状態を続けていきたいと思います。自分の記録もさることながら、チームが勝つことができるのが何よりも大切だと思います。(5回アレックス選手タイムリー)フォークかナックルかな。うまいバッティングができたよ」


山井が前回の東京ドームのリベンジをしてくれました。
アレックスが月間タイ8度目の猛打賞達成!!

見事投打が噛みあったドラゴンズです。山井も恐れることなく自分自身の投球をしてくれたと思ってます。序盤は変化球が抜けている感がありましたが、回を追うごとに修正して後半は言う事ない投球で今季初勝利。前回の阪神戦も良かったが打線の援護がなく勝利投手になれなかった分、今日は打線が援護するとともに、自らのタイムリーで追加点。本人にとってもチームにとっても大きかったですね。

打線は6番アレックスから9番の山井まで始まる、ドラゴンズの主軸打線(3~5番打者に対する嫌味です(^^ゞ)が繋がって5点を取り、ゲームの主導権を握った。
アレックスが3年目で本当に進化していますね。現段階で手の付けようがないぐらいに打ってくれています。森野もここに来て打点が付いているので、本人もレギュラーとしての自覚が付いてきたのかな。この6番から8番打者(アレックス、森野、谷繁)は相手に取って脅威ですね。
そうなると、あとは3から5番打者復調してくれたら・・・・。そんな事を思いますが、これが野球の面白さですから好調の人がいて、不調の人がいる。だから成り立つのかなとも思ってます。

再度、投手陣の話ですが、石井くんは監督に信頼をして貰える選手になったんですね。(監督コメント後半参照)勝ち取った信頼をこのまま維持してほしいです。平井は、清原に対して剥きにならなくていいのにと思いましたが・・・(^^ゞそれはそれでいいのかな。

肝心の明日ですが、ローテで行くと昌さんの先発が濃厚ですが、巨人も3連敗は避けたいと言う気持ちでくるので、辺に3タテを意識せず気を付けて立ち上がりを凌いでいってほしいですね。
まさかサプライズで中田くん(私個人は水曜日と予想しています)は無いと思うんですが・・・。

巨人は工藤かな?初回が毎回悪いので打線は、しっかり見極めて行ってほしいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (9)

2005/04/23

M's vs Oakland (4/20-4/21)

アスレチックスをホームに迎えての2連戦を終えて、テキサス・レンジャーズ、ロサンゼルス・エンゼルスといった同じア・リーグ西地区のライバルとの“初顔合わせ”をすべて終えたマリナーズ。


<<アスレチックス1回戦>>
初回に4点を先制したマリナーズは、一度はアスレチックスに追いつかれながらも、7回に一挙3点を奪って勝ち越し。最後は守護神エディー・グアダード投手がソロ本塁打を浴びながらもリードを守り、試合は7ー6で勝利を収めた。

05/04/20(水)マリナーズvsアスレチックス(19時05分、セーフコ・フィールド 日本時間21日 11時05分)

Final123456789R
Oakland0300100116
Seattle 40000030x7

[勝] ピネイロ1勝1敗  [S]
グアルダード1敗5S

[敗] ストリート1勝1敗
[本] (ア)デュラゾ1号ソロ
   (マ)ブーン2号満塁

4月20日 試合結果Game Box

イチロー5の1、今季初めて「4割」切る 」(MAJOR.JP)


<<アスレチックス2回戦>>
先発ライアン・フランクリン投手は、8回を4安打3失点の好投を見せたが、打線の援護に恵まれず2敗目(1勝)を喫した。アスレチックス投手陣の前に打線が沈黙したマリナーズが0-3で完封負け。試合は0-3で敗戦。

05/04/21(木)マリナーズvsアスレチックス(19時05分、セーフコ・フィールド 日本時間22日 11時05分)

Final123456789R
Oakland0120000003
Seattle 0000000000

[勝] ハーデン2勝     [S]
ドテル3S

[敗] フランクリン1勝2敗
[本] (ア)コッツェー2号2ラン

4月21日 試合結果Game Box

イチロー3試合連続ヒットも、今季初の併殺打 」(MAJOR.JP)

<<M's 情報>>
<特別表彰>
昨年、年間最多安打記録を84年ぶりに塗り替えたイチロー外野手に対するコミッショナー特別表彰式典の要項を発表。

イチローを特別表彰 米大リーグ 」(MAJOR.JP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月22日 D5-2G (○)

ドラゴンズは22日、巨人との公式戦4回戦を行い、2週間ぶりに先発登板した川上が最速147キロの直球とカットボール、スライダー、カーブを駆使して球威、制球ともに良く、あと1人で完投は逃したが2失点の力投。打線は、2回にウッズの中前打を皮切りに福留の右二塁打、アレックス四球で無死満塁とし、森野の2点二塁打、谷繁の適時打などで4点を先制し7回にウッズの適時打で突き放した。試合は、D5-2Gで勝利。

4月22日(金) 中日 vs 巨人(中日2勝2敗 ナゴヤドーム、18:00、32400人)
  123456789
ジャイアンツ0010000012
ドラゴンズ04000010X5
G:後藤光、林、前田、シコースキー、岡島-阿部
D:川上、岩瀬-谷繁

[勝] 川上 3試合2勝1敗  [S] 岩瀬 8試合7S
[敗] 後藤光 3試合2敗

4月22日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0423a<速報記事より>
中日川上、鮮やかリベンジ清原も抑えた 」(ニッカン)
川上 途中降板も清原との勝負に誇り 」(スポニチ)
中日 逃げ切り単独首位へ 」(デイリー)
清原との勝負にもこだわる 復帰戦鮮やか、川上 」(スポナビ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(さすが川上?)いや、故障で抹消したわけじゃないから、本当は8回までだった100球を目安にしていたが「向こうの四番と勝負がしたい」と言ってきたら駄目とは言えないだろう。あのまま放らしてもキャプラーで終わっただろうが・・・」
川上投手
「清原さんに一発が出ますと、ジャイアンツがのってしまいすので、とにかく打たさないようにと投げました。ファンの皆さんにドキドキさせてしまいまして、申し訳なかったと思います。先回のことがあるので、今日は何とかリベンジしたいなとそう言う気持ちで頑張りました。(清原選手の記録について)できることなら僕の時には打って欲しくないなと(笑)思って投げました。この一勝を大切にして、連勝できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」
森野選手
「チャンスでしたからね。最初から思い切り振るつもりだった。先制点が取れて良かったです。こんなに自信を持ってシーズンに臨めるのは僕、初めてなんですよ」
ウッズ選手
「(7回のタイムリーについて)打ったのはストレート、打ちごろのボールが来たのでいいスイングが出来た。追加点が取れてよかったよ」
谷繁選手
「追い込まれていたので、最低でも犠飛を、と思っていたよ」
岩瀬投手
「体は大丈夫です。「(肩は)作っていたんですが、あまり簡単に憲伸が2アウトを取るから、スキを見せちゃったかな…」


憲伸が粘りの力投で前回の東京ドームのリベンジ達成!!

今日は憲伸に尽きますね。10日間を上手く調整してくれました。中盤は先頭の打者を出したりしましたが、今日は安心して見ていられましたね。最後は微妙な展開になりましたが岩瀬も何とか凌いで勝って良かったです。

それにしても岩瀬が2試合連続で良くなかったぁー。腰の影響ですかね?球威も無かったしスライダーも良くなかったです。ちょっと心配ですね。最後の打者が江藤だったので勝ちを確信しましたが元木の方が怖かったかな。一発長打で逆転も有りますが繋がれた方が嫌な展開でしたね。

打線は、2回に見事に繋がった印象。森野も肝心の所で打ってくれましたね。あとは好調のシゲも繋いで憲伸の併殺の間に1点と計4点を取って序盤でリードが出来た事も勝因ですね。7回には、半ば諦めムードでしたが、タイロンにもタイムリーが飛び出して追加点。これが大きかったです。

明日もこの調子でいってほしいですね。恐らく山井が先発だと思いますが、初回に気を付けて長いイニングを投げてくれれば、ありがいたいですね。


<プロ野球公示(22日)>
【出場選手登録】 ▽ 川上憲伸投手、遠藤政隆投手、久本祐一投手
【同抹消】    ▽ 金剛弘樹投手、小笠原孝投手、高橋聡文投手

総文・・・。落ちちゃいましたね。森さん怒ってたし・・・。次回上がって来た時には頑張ってほしいです。期待しています。

2005_0423b<<4月22日付紙面より関連記事>>(追記
どやっ!清原さん!!憲伸、復活G倒 」(中スポ)
竜、2回電光石火4点 森野先制二塁打 」(中スポ)
中日岩瀬ヒヤヒヤ7セーブ目 」(なにわWEB)

| | コメント (3) | トラックバック (6)

2005/04/22

M's vs LA Angels (4/18-4/19)

マリナーズは、4/18から4/19に敵地エンゼルスタジアムで行われたロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム戦を1勝1敗とした。

<<エンゼルス1回戦>>
12安打を放ちながら、8回に1点を挙げたのみ。5回以降、マット・ソーントン、長谷川、フリオ・マテオのリリーフ投手3人が、エンゼルスを無失点に抑えていただけに、もう少し何とかしたかった展開。終盤にマリナーズが反撃を試みたが、8回に1点を返すのがやっと。同地区の優勝候補との今季初対決を1-6で落とした。

05/04/18(月)エンゼルスvsマリナーズ(19時05分、エンゼルスタジアム 日本時間19日 11時05分)

Final123456789R
Seattle0000000101
LA Angels 10230000x6

[勝]
バード1勝2敗

[敗] シーリー1勝1敗
[本] (エ)ゲレロ4号2ラン、アースタード2号3ラン

4月18日 試合結果Game Box

イチロー今季2度目のノーヒット、長谷川は1回を無失点 」(MAJOR.JP)


<<エンゼルス2回戦>>
序盤から指名打者リッチー・セクソンの一発などで5点をリード。途中、2点差にまで追い上げられたものの、最後は守護神のエディー・グアダード投手が締めくくった。勝ち投手は、6回を5安打、3失点に抑えたジェイミー・モイヤー投手で3勝目(0敗)試合5-3で逃げ切っって勝利。

05/04/19(火)エンゼルスvsマリナーズ(13時05分、エンゼルスタジアム 日本時間20日 05時05分)

Final123456789R
Seattle4100000005
LA Angels 0101100003

[勝]
モイヤー3勝   [S]グアルダード1敗4S

[敗] グレッグ1勝1敗
[本] (マ)セクソン4号3ラン、イバネス3号ソロ
   (エ)フィンリー2号ソロ、ゲレロ5号ソロ

4月19日 試合結果Game Box

イチロー、1安打2得点で4割キープ 」(MAJOR.JP)


<<M's 情報>>
<モイヤー球団記録にあと1>
ジェイミー・モイヤー投手が、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムを6回を3失点に抑え、今シーズン無傷の3勝目を挙げた。マリナーズでの勝ち星は129となり、ランディ・ジョンソン投手(現ヤンキース)が持つ球団記録の130勝にあと1と迫った。

マリナーズの大ベテラン、ジョンソンの球団記録にあと1 」(MAJOR.JP)

<リード復活の兆し>
リードは開幕3連戦で11打数ノーヒットとまるで打てなかったものの、その後の10試合では打率3割6厘と復調。本来の力を発揮し始めている。

イチローの新相棒リードに復調の兆し 」(MAJOR.JP)

リード選手
「僕はスロースターターだからね。でも最近は大事な場面で打てるようになってきた。成功するためには、辛抱することが大切だね」
マイク・ハーグローブ監督
「スイングがかなり良くなってきた。いい方向に向かっているよ」

<チュー昇格>
20日、左腹斜筋を痛めたスコット・スピージオ内野手を15日間の故障者リスト(DL)に登録。代わって傘下3Aタコマから韓国出身の秋信守(チュー・シンス)外野手をメジャーに昇格。

マリナーズの韓国人外野手がメジャー初昇格 」(MAJOR.JP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月21日 D3-13C (●)

ドラゴンズは21日、広島との公式戦5回戦を行い、前半で投手陣が崩れて、広島の17安打13点の猛攻を受けて敗戦。打線もソロ本塁打3本による3点だけだった。試合はD3-13C敗れて連勝は3でストップ。このカードは2勝1敗の勝ち越し。

4月21日(木) 広島 vs 中日(中日3勝2敗 広島市民球場、18:20、8114人)
  123456789
ドラゴンズ0100101003
カープ02130403X13
D:小笠原、金剛、鈴木、高橋聡-谷繁、柳沢
C:黒田、ベイル-倉

[勝] 黒田 4試合2勝1敗
[敗] 小笠原 2試合2敗
[本] (D)アレックス4号ソロ(2回、黒田)、5号ソロ(7回、黒田)、
      谷繁4号ソロ(5回、黒田)
   (C)新井5号2ラン(2回、小笠原)、6号2ラン(6回、金剛)、
      倉1号2ラン(4回、小笠原)

4月21日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
プロ野球結果 広島13-3中日 」(スポーツナビ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「タイロンの最後のライトポール際への当たり。あれはホームラン。アレックスの内野安打になった当たりは、2度打ちだからファウル。審判が言ったんだからそうなんだろう。負けゲームはウチはこんなもん。この戦力でやるんだから温存しないと146試合もたない。全部温存できた」
森投手チーフコーチ
「きょうの中継ぎ陣?あしたになればいるかわからないぞ。先発は先発、リリーフはリリーフの仕事ができない投手はいらねえ」
アレックス選手
「きょうは自分でもいいスイングができたと思う。でも、負けてしまっては、とてもじゃないがハッピーにはなれないよ。いつも勝利のためにプレーしてるんだ。今日は特に何もないよ」
小笠原投手
「試合を壊してしまった。申し訳ないです」


季節外れの納涼花火大会ですかね?良く飛んだなぁー(笑

投手陣は1人打たれ始めると、連鎖反応ですかね。負け方も今日はドラらしい試合でしたね。小笠原もゲームを作れませんでした。チャンスも貰っているのにもったいない感じで4回7安打6失点。金剛も洗礼を浴びて2回5安打4失点。最後は総文も1回3安打3失点と投手陣はいい所が今日は無かったですね。1人でも3人で切ってくれるといいんですが、なかなか上手くいかないですね。

打線も散発の6安打でその内の3本がソロHRと効率が悪い感じです。黒田に抑えられた感じです。しょうがないですね。負けの中から何かを得てくれればいいですね。

明日からナゴドで巨人戦3連戦ですが、東京ドームの借りを返してほしいです。しまったゲームも期待したいですね。ケガの状態が良ければ憲伸が先発かな?中田くんで行ってほしいけど、どうなるものやら。


<プロ野球公示(21日)>
【出場選手登録】 ▽ 小笠原孝投手
【同抹消】      ▽ 川井進投手


<<4月22日付紙面より関連記事>>(追記
大敗の中にも収穫アリ 落合監督 「こんなもの」 」(中スポ)
アレックス、2発&7度目猛打ショー 」(中スポ)
広島ー中日戦、あわや乱闘!! 」(中スポ)

<憲伸、今日先発?>
川上が22日の巨人戦(ナゴヤドーム)で復帰戦に先発する。

憲伸、清原500号打たさん 」(中スポ)

川上投手
「この10日間で、自分がやれることはやってきたつもりです。投げる気満々というわけではないですけど…」

順当に行くと復帰でしょうかね?前回打ち込まれた借りを返して勝ってほしいですね。

<野口、実戦復帰>
2軍サーパス戦(ナゴヤ球場)に先発。3月13日のオープン戦以来、約1カ月ぶりの実戦登板は初回から3連打を浴びるなど、5回9安打3失点。

ウエスタンリーグ サヨナラ勝ち(対サーパス4回戦) 」(オフィシャル)
中日野口、2軍戦で1カ月ぶり実戦登板 」(なにわWEB)

2005_0422a野口投手
「ボールが指に掛かる事は良かったが、打たれると良く飛んでしまう。ボールが軽いのかな?もう少し重心が上手く乗らないとだめだ。それと、スライダーの空振りがあまり取れなかった。一ヵ月振りだし・・・・仕方ないかな?」

久しぶりに言いますが、「期待をしているしアテにもしています!!」早く戻ってきてほしい。それだけですね。

| | コメント (6) | トラックバック (7)

2005/04/21

4月20日 D3-2C (○)

ドラゴンズは20日、広島との公式戦4回戦を行い、2-2の9回に安打と盗塁などで2死三塁とし、立浪の適時二塁打で勝ち越した。中継ぎ投手陣が好投し、岡本が2勝目。9回を抑えた岩瀬は3戦連続セーブ。先発は、ルーキー川井で初登板を3回1/3を5安打2失点とプロの洗礼を浴びた。試合はD3-2Cで勝利。3連勝でリーグ10勝一番乗り。

4月20日(水) 広島 vs 中日(中日3勝1敗 広島市民球場、18:21、6634人)
  123456789
ドラゴンズ0001100013
カープ1001000002
D:川井、鈴木、石井、平井、岡本、岩瀬-谷繁
C:佐々岡、長谷川、永川-倉

[勝] 岡本 8試合2勝    [S] 岩瀬7試合6S
[敗] 永川 7試合1敗1S
[本] (D)ウッズ5号ソロ(4回、佐々岡)
   (C)前田5号ソロ(4回、川井)

4月20日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0421a<速報記事より>
中日立浪が決勝タイムリー&猛打賞 」(ニッカン)
中日が3連勝で10勝一番乗り 」(スポニチ)
今季初二塁打が殊勲打-広-中から 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「下手なゲームをやってしまった完璧な負けゲーム。ただ選手たちが自分のミスをどう挽回するか必死にやってくれている」
立浪選手
「(決勝タイムリーについて)もう(ヒットを)2本打っていてタイミングが取れていたので絶対にランナーを返してやろうという強い気持ちで打席に立ちました。(最後はピンチでしたが)岩瀬なら大丈夫だと思って見ていました。こういう接戦をものにするドラゴンズの野球が他のチームの脅威になっていくようにがんばりたいです。開幕から自分自身モヤモヤした部分がありましたが今日の試合で吹っ切れました。これで自分もチームも乗っていきたいです。これからも良い場面で打てるようにがんばります」
井端選手
「(5回タイムリーについて)ストレート、同点に追いつきたかったのでよかった」

<立浪、二塁打記録まで>
通算二塁打は442本となり、歴代1位の福本氏にあと7本。


川井くん期待したんですが・・・。洗礼を見事に浴びてしまいました。変える時も少し早かったなぁー。もう少し投げさせたかったけど、しょうがないかな。
でも、ルーキーにはめっぽう強いな広島の前田は・・・。手加減してよ!と言いたいですが、これを乗り切ってこそプロの世界ですから、次回対決は抑えてほしいですね。

悩めるリーダー立浪が本日3安打の猛打賞で復活の兆しを見せてくれました。レフトコンバートなどで最近、元気が少しなかったので、これを機に調子が上向きになってほしいですね。世間では2000本安打やら500号HRの話題で持ち上がってますが、我ら立浪は二塁打記録が掛かってます。少しでも早い達成を目指して頑張ってほしいですね。

投手陣は、川井くんの後を任された、中継ぎ陣(鈴木→石井→平井→岡本→岩瀬)が見事に広島打線に点を与えず勝利を勝ち取ってくれました。石井くんも連夜の好投で勝ちを付けても良いくらいの投球。平井、岡本も調子を上げてきてくれています。あとは岩瀬が軽々と抑えてくれるかと思ったのですが、今日は調子が悪かったですね。スライダーも真中にくるはストレートも高いはで、何とか経験で抑えてくれました。悪いなりにも抑える。これが岩瀬の真骨頂ですね。(少しひやひやしましたが)

今日は、新外国人のFUJII(T)が、ミスターソロを発揮してくれたことも良かったかな。あとはチャンスでもう少し打ってくれると嬉しいです。OP戦の時のようにコンパクトに打つことを心がけてほしいですね。(本日も期待と嫌味で書いてみました)

プロ初打席の澤井は四球で出塁。森野の調子如何では出場も考えられるので、チャンスがいつ来てもいいように、準備しておきましょう。

明日は、川井(↓)小笠原(↑)で先発だと思うので、頑張って6回ぐらいまで抑えてゲームを作ってほしいですね。この勢いそのまま同一カード3連勝出来ればいいですね。川井くんはウエスタンで結果を出して、チャンスを得て再度1軍へ昇格できるように頑張ってほしいです。(恐らく川井が抹消で小笠原が登録だと思うので公示が無いので仮定です)

| | コメント (6) | トラックバック (7)

2005/04/20

4月19日 D8-5C (○)

ドラゴンズは19日、広島との公式戦3回戦を行い、先発した朝倉は2点リードの七回に3連打され5-5の同点の七回二死一、二塁とされ降板。2試合連続で同点の場面で交代。2番手としてマウンドへ上がった石井は前田に四球を与え満塁となったが、続く新井を145キロの直球で空振り三振に仕留めた。3度の登板で早くも2勝目。攻撃陣は八回一死一、三塁から代打高橋光の三ゴロで勝ち越し、谷繁が適時打。九回も1点加えた。試合は、D8-5Cでこのカードの初戦を勝利した。

4月19日(火) 広島 vs 中日(中日2勝1敗 広島市民球場、18:20、7887人)
  123456789
ドラゴンズ0201020218
カープ2000012005
D:朝倉、石井、岡本、岩瀬-谷繁
C:高橋、永川、広池、梅津、佐竹、ロマノ-倉、木村一

[勝] 石井 3試合2勝   [S] 岩瀬6試合5S
[敗] 広池 8試合1敗
[本] (D)福留2号ソロ(4回、高橋)、アレックス3号2ラン(6回、高橋)

2005_0420a4月19日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日、終盤突き放す! 」(ニッカン)
中日の朝倉、また同点で降板 」(サンスポ)
中日・石井が2戦連続で勝ち投手に 」(サンスポ)
中日、同率首位守る=プロ野球・広島-中日 」(スポーツナビ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「接戦をものにしたが、ベンチのミスを選手がみんなで取り戻してくれた典型。朝倉は本当は7回2アウトを取ったところで変えたほうが良かったかもしれないが…」
石井投手
「先頭の前田選手には前回ホームランを打たれているので攻めていったのですがフォアボールを出してしまいました。でも自信を持って攻めのピッチングを心がけました。次の試合もがんばりたいと思います」
朝倉投手
「立ち上がりは丁寧にいきすぎた分、少しおかしかったのですが、2回以降は腕も振れてよかったです。ただ、7回2アウトからやられてしまったので、もう一回、自分の中で考え直して次に生かしたいと思います」
福留選手
「(4回のホームラン)打ったのはシュート。どんぴしゃ、いいタイミングで打てました」
アレックス選手
「(6回ホームランについて)打ったのはスライダー、うまく反応できた。快心の当たりだったね」
谷繁選手
「(8回のタイムリー)どうしても、もう1点欲しかったので必死だった」


石井くんが連日の勝利投手です。チームの勝ち頭になってます。

朝倉も立ち上がりに捕まる悪い癖が出てしまいどうなるかな?と思ってましたが2回から6回までは良かったのかなと思ってます。疲れが見えてきた7回に捕まった所で降板。変え時が難しい投手ですから次回は、もう少し丁寧に投げてほしいですね。石井くんは、1/3を四球と三振という内容ですが、今後も前田には苦労しそうですね。最初の印象が悪かったからかな?次回対戦では、抑えてほしいですね。あとは、岡本も徐々に調子を上げてきてくれている感じです。岩瀬は1回を投げましたので、腰は大分いいのかな?じっくりやってほしいですね。

打線は8点もよく取ったといった感じです。最近、小休止していたアレックスも久しぶりに当たりが戻って4安打1HR2打点。孝介くんも不調脱出かな?と思わせる場外弾と乗ってきてくれた印象。広島戦にめっぽう強いシゲもここと言う場面で仕事をしっかりやってくれています。

レフトにコンバートした立浪が元気がないのが気がかりですね。レフトに行ってから2試合ノーヒット。守備が逆に重荷にならないといいけど・・・・。

最後に物凄く気になった、藤井(笑。Tです)打てない分を背中でファンにアピールといったところでしょうか(爆)忘れたか、届かなかったは知りませんが。ケガしてでも出場しているわけだから打ってアピールしてほしいかな(タイロンには今日はきつめの物言い)

少なくとも、初戦を取ったのは大きいので明日は川井でも取りたいですね。先日とちょっと違う言い方ですが、私個人ちょっと欲が出ました。頑張れ!川井!!応援してます。

<<4月20日付紙面より関連記事>>(追記
ウッズがユニホームを忘れ、藤井ブルペン捕手の背番号97を借りて広島戦に出場した。

中日ウッズ、背番号「97」で出場 」(なにわWEB)

2005_0420bウッズ選手
「たまには忘れ物もするよ」

ユニと共に打撃も忘れてしまったかな?←ジョークです!!
今日は、川井を助けてね!

<関連記事抜粋>
福留、場外弾 復活ノロシ!! 」(中スポ)
アレックス、4安打で4割 再び打率トップに 」(中スポ)
石井、すごい プロ初勝利から連戦連勝 」(中スポ)

| | コメント (5) | トラックバック (9)

2005/04/19

4月18日 移動日

ドラゴンズは移動日、午後に広島に向った。火曜日からの広島3連戦に向けて各々が調整。広島戦の先発予定は、朝倉、川井、小笠原の順番かな?しっかりゲームを作ってほしいですね。初戦の朝倉がこけると3つ取られる可能性もあるだけに、期待以上の投球を見せてほしいです。

朝倉投手(1戦目予想先発)
「とにかくどの試合も勝てるように頑張るだけです」
小笠原投手(3戦目予想先発)
「投げるチャンスが与えられれば、ムダな球をなくしたい。ファームではそれが多かったですから」

<川井、広島戦先発へ>
4巡目入団の川井進投手に、新人投手陣で5人目の1軍デビューが迫ってきた。19日からの広島3連戦(広島)の第2戦(20日)での先発が濃厚。

川井、あす1軍デビュー初先発 」(中スポ)
落合竜「新人・川井で勝つ」あす広島戦デビュー 」(スポニチ)

2005_0419川井投手
「(1軍に)負傷者が出て、たまたま巡ってきたけど、これもチャンスですから。自分の仕事をしたい。(市民球場について)球場が大きくないから、低めに集めてゴロを打たせたい。(他のルーキーズについて)刺激というより、逆にうれしいです。(流れに)乗っていきたいなと思っています。」

ひょんな事から密かに応援しています。チャンスを得たので頑張ってほしいですね。
気負わず自分自身の投球をしてほしいです。5回くらい投げてくれれば御の字かな?打線が援護してくれて勝ちが付くとなお嬉しいですが、緊張するだろうけど頑張ってほしい!!

<憲伸、ブルペン入り>
右手親指痛で登録抹消中の中日・川上憲伸投手が18日、ナゴヤドームでブルペン投球を再開。回復ぶりは順調で再登録が可能となる22日の巨人戦(ナゴヤD)での復帰が見えてきた。

川上、負傷後初めてブルペン入り「軽く20球」 」(スポニチ)
中日川上ブルペン20球、最短復帰微妙 」(なにわWEB)
中日・川上は順調に回復…22日巨人戦での復帰も 」(サンスポ)
中日・川上、回復遅れG戦回避か 」(報知)

川上投手
「軽く投げました。球数? 20球くらいです。感覚? 普通でしたね。痛みはもうないです」
森投手チーフコーチ
「川上? 順調じゃないの」

各誌、微妙な言い回しですね。10日で復帰できるか?でG戦に先発できるのかな?

<中日岩瀬、慎重に調整>(なにわWEB)
腰に不安を抱える中日岩瀬がナゴヤドームで調整を行った。ランニング、キャッチボールなどで汗を流した。

岩瀬投手
「体を動かしたかったのできたんです」

あまり無理せず調整してほしいですね。

<森野、最大のチャンス>
19日からの広島3連戦(広島市民球場)の結果次第では、待望のレギュラーの座も見えてくる。

森野、三塁定着のチャンス 思いもよらない立浪の左翼転向直訴で 」(中スポ)

森野選手
「どんな状況でも、自分にとって試合に出られるというのはチャンスですから。思い切りやろうと思った。どこでもいい。試合に出られるのなら。オープン戦からずっと打撃の調子がいい。自分では(打撃に)波がなくなって、高いレベルを維持できるようになったと思う」

今年こそブレイクしてほしいですね。勝負どころですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/18

M's vs Chicago WSox (4/15-4/17)

マリナーズは、4/15から4/17に敵地USセルラー・フィールドで行われたシカゴ・ホワイトソックスとの3連戦を1勝2敗と負け越し。

2005_0418b日本でも両チーム合わせて4人の日本人プレイヤーが出場するとあってメディアでも話題になったカードです。

M'sは4番セクソンの欠場も響いたかな?腹痛と言っていたけど実際はどうなんでしょうかね?4番がいないとちょっとキツイ展開になってしまいます。
明るい話題として、先週タコマで投げたピネーロがやっと戻って来てくれた事とライアンが2戦続けて頑張ってくれていることですね。(一発病は今年も健在ですが)打線もあと一本が出ないで苦しい展開ですが、明日からエンゼルス2連戦に望んでほしいです。先発はシーリーなので、ゲームを作ってほしいですね。


<<ホワイトソックス1回戦>>
9回表、2-6と4点を追うマリナーズは、先頭のイチローがヒットを放ち、リードもセンター前ポテンヒットで続くと、1死後、4番のイバニェスが死球で1死満塁。続くブーンが高津からタイムリーなどを放って2点差までいくも最後はスピージオと代打ダブスがたおれ接戦を落とした。又今季初登板となったDL明けのピネーロが6回途中で降板し敗戦投手。試合は4-6で敗れた。

05/04/15(金)ホワイトソックスvsマリナーズ(19時05分、USセルラー・フィールド 日本時間16日 09時05分)

Final123456789R
Seattle0000002024
Chicago WSox 01020201x6

[勝] ガーランド2勝  [S]
ハーマンソン2S

[敗] ピネイロ1敗
[本] (ホ)ウリーベ1号2ラン、ダイ2号ソロ

4月15日 試合結果Game Box

イチロー1安打で打率4割、井口3三振と振るわず 」(MAJOR.JP)

イチロー選手
「(9回の攻撃について)3人で終わってしまうよりずっといい。これ(粘り)が早い時期に見えれば、選手が可能性を感じるから。こういう試合があと何試合か見えないと。1試合だけなら、どのチームにもある。一時的なものでは確信を得ることはできない」


<<ホワイトソックス2回戦>>
先発したフランクリンが8回まで2被弾で2失点と一発病が・・・。打線も9回に1点を取るのがやっとといった感じでバーリーに3安打完投を許した。イチローが3安打と好調を維持してますが他の選手は本日ヒット無し。試合は1ー2で敗れる。

05/04/16(土)ホワイトソックスvsマリナーズ (13時05分、USセルラー・フィールド 日本時間18日 03時05分)

Final123456789R
Seattle0000000011
Chicago WSox 01000010x2

[勝]
バーリー2勝1敗

[敗] フランクリン1勝1敗
[本] (ホ)コナーコ5号ソロ、6号ソロ

4月16日 試合結果Game Box

イチロー今季初の「猛打賞」、井口はノーヒット 」(MAJOR.JP)
1時間39分で試合終了 ホワイトソックス対マリナーズ 」(MAJOR.JP)
イチロー3安打なければノーヒッター 完投のバーリー 」(MAJOR.JP)

マイク・ハーグローブ監督
「早かったね。こんなに早く試合が終わるなんて、今まで記憶にない」
イチロー選手
「(対戦相手のバーリーについて)あれだけ球種があって、その全部でストライクが取れるので、確かに狙い球が絞りづらい。あのテンポにはまると、打ちたくない球も打ってしまう。そこを我慢できる気持ちが大事」
バーリー投手(対戦相手
「イチロー? 誰のことだい?あいつを封じる方法を知っている人がいたらいいのにね…。(イチローを)抑えられる気がしない。対戦した中で最高のバッターだ」


<<ホワイトソックス3回戦>>
イチローのソロで先制したマリナーズがいったんは井口の適時打などで逆転を許したが、5回にベルトレイのタイムリーで再逆転した。9回裏、ホワイトソックスは1点を返すも、マリナーズの守護神グアルダードがなんとか反撃を凌いで試合終了。勝ち投手は先発し今季最長の6回2/3を投げたメッシュ。敗戦投手は元同僚のガルシア。試合結果は、5-4で勝利。

05/04/17(日)ホワイトソックスvsマリナーズ (14時05分、USセルラー・フィールド 日本時間18日 04時05分)

Final123456789R
Seattle0200300005
Chicago WSox 0030000014

[勝]
メッシュ1勝 [S] グアルダード1敗3S

[敗] ガルシア1勝1敗
[本] (マ)イチロー1号ソロ、イバニエス2号ソロ
   (ホ)エベレット2号2ラン

4月17日 試合結果Game Box

イチロー今季1号含む2安打、井口も「猛打賞」の活躍 」(MAJOR.JP)
イチロー、先頭打者アーチは自身メジャー13回目 」(MAJOR.JP)

マイク・ハーグローブ監督
「打撃練習を見ていると、あいつがいかに数多く快音を響かせているかが分かるよ。試合中に甘い球が来たら、それを見逃さずホームランにできる。とにかく、特別なバッターだ」
イチロー選手
「(先頭打者HRについて)カウント次第だった。1球目がストライクだったら、そういう気持ちになっていない。(先発のガルシアについて)そりゃ、見てるからある程度は知っている」

□AL WestWL%GBHomeAway Div Streak
□Anaheim66.500---3-33-35-4Lost 2
□Oakland66.500---3-33-32-1Won 2
□Seattle66.500---2-44-21-2Won 1
□Texas67 .4621/23-43-34-5Won 1

<<M's 情報(3Aタコマ)>>
<木田4失点>
17日、フレズノとのダブルヘッダー1試合目の3回途中から2番手で登板し、4回2/3を投げて1本塁打を浴びるなど4安打4失点。

木田が4失点 マリナーズ傘下3Aタコマ 」(MAJOR.JP)

<<他MLB情報>>(MAJOR.JP)
シェフィールド、「フェンウェイ大騒動」のお咎めなしか
ヤンキース、リーグ最低勝率に 緊急ミーティング実施
今季の本拠地開幕戦、平均観客数は約4万5000人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月17日 D2-1T (○)

ドラゴンズは17日、阪神との公式戦3回戦を行い、1点を追う8回、二死満塁で不信が続いていあた福留が右前に2点適時打を放って逆転。7回から登板した3番手の新人・石井がプロ初勝利。先発した山本昌も5回7安打を打たれたが1失点で凌いだ。試合はD2-1Tで勝利しこのカード2勝1敗とした。

4月17日(日) 中日 vs 阪神(中日2勝1敗 ナゴヤドーム、14:00、35000人)
 123456789
タイガース0000100001
ドラゴンズ00000002X2
T:能見、江草、橋本、藤川、ウィリアムス、久保田-矢野
D:山本昌、金剛、石井、岡本、岩瀬-谷繁

[勝] 石井 2試合1勝 [S] 岩瀬 5試合4S
[敗] ウィリアムス7試合1勝1敗
[本] (T)浅井1号ソロ(5回、山本昌)

4月17日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0418a<速報記事より>
不振だった中日福留が8回逆転打 」(ニッカン)
中日新人石井、障害乗り越えプロ初勝利 」(ニッカン)
中日ウッズ、左手小指骨折も4の1 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(山本昌5回降板について)山はあれで限界。(立浪レフトについて)外せないからレフトにやっただけ。(福留について)悪かったらスタメンを外すと言っていた。今後は本人しだい。これで低迷を脱したかは分からない。(石井の初勝利について)中田が勝って石井が勝って次は誰かな。石井はオープン戦の最後から比べれば球の走りが格段にいい。(ウッズが出場するかについて)おまえ次第だ」
石井投手
「お立ち台に上ったことは恥ずかしかった。今日は早めにブルペンに入って気持ちを高めた。(この時期にプロ初勝利について)早いとは思わない。負けたくなかった。自分の気持ちのいっぱいつまったウイニングボールは実家に送ります。初勝利はうれしいし気持ちいい。」
福留選手
「これだけ打てない中でもファンの方々が応援してくれるので最後の場面は何とかしようと打席に立ちました。今日打てなかったらスタメン落ちも覚悟して試合に臨みました。やるべきことはまだまだたくさんあるので、今日だけでなくこれからもがんばっていきたいと思います」
山本昌投手
「カウントを悪くして、もったいないホームランを打たれたのが残念」
岩瀬投手
「もう大丈夫。チームに迷惑をかけたから。その分これから取り返さないとね」
ウッズ選手
「打撃や守備のときに多少痛みはあるが、出場登録されている以上ベンチに座るつもりはない。試合には出る」


今日は、石井くんのプロ初勝利ですね。嬉しいです。これからも、どんどん貢献してくれると思ってます。

ドラ的にも話題が多かったですね。タイロンの骨折や孝介くんタイムリーと岩瀬の登板。さらにレフト立浪!!!

試合の方は、映像で見てないので逐一携帯でチェックしてましたが、昌さんもあまり良くなかったのかな?ランナーを背負ってピンチの投球が続いていた感じですね。それで5回を最小の1点(浅井HR)で抑えたことが、こういう接戦の展開になったのかな。先発投手としての仕事はまずまずと言った所でしょうか。そのあとは、金剛は四球を出しましたが抑え、石井くんも何とか2回を凌ぎ、岡本が2人に対して2三振と結果を出し、最後が腰の状態が気がかりな岩瀬が町田を打ち取り逃げ切る形である意味ドラの形ですね。

打線は2回にまずい責めで得点を出来ず、8回にワンアウト満塁で悩める2人は登場。ウッズは三振ですが孝介くんがタイムリーで逆転。これでやっと、クリーンアップの得点圏打率「.000」が無くなった。孝介くんも、これを気に復調してくれるとありがたいですが、火曜日からの広島戦でどうなるか?と言ったところでしょうかね。タイロンも小指骨折でも、出場し続けているので、どうなるか?注目したいです。あとは、監督、今日は動きましたね。まさか立浪をレフトで起用するとは、今季始まって14試合で4個のエラーが付いているので、その辺を今日は懸念したのかな?本当の真意は解りませんが今後、レフト起用か。サード起用かにも注目したいですね。

火曜日からの広島戦も2勝1敗でいってくれるとありがたいですね。初戦をまず取れるかに掛かっています。先発は朝倉だと思いますが、今度はもうちょっと頑張ってほしいですね。期待は常に持っているので7回までは投げてゲームを作ってほしいです。


<<4月18日付紙面より関連記事>>(追記
<立浪左翼転向>
00年9月6日の横浜戦(ナゴヤドーム)以来、5年ぶりとなる左翼守備についた。ここまで4失策と三塁の守備で不安を見せていたため、左翼「転向」を直訴。

中日立浪、志願の左翼守備 」(なにわWEB)
立浪がレフト起用…今季内野で4失策、自ら希望 」(スポニチ)

立浪選手
「自分から言いました。最近自分の守備がひどいんで。捕れるはずのボールが捕れなかったり、送球がおかしかったり。これからもこのままでいきます。(レフトは)無難にできたと思います」
高代野手総合チーフコーチ
「あれだけの選手が言ってきたわけだから、よくよくのことだろう。本人が(三塁に戻りたいと)言ってくるまではそのまま(左翼)になるんじゃないか」

監督が動いたのではなく、本人の希望だそうですね。
投手がピンチの時に、サードからマウンドに来て、立浪のアドバイスは効くんですが・・・。立浪本人もサードの守備について自信喪失気味なのかな?確かにエラーがちょっと目立っていたので、その辺は心配してましたが、こうなるとは、思わなかったですね。しばらくはレフト起用だと思うのである意味、気分転換になればいいかな?とも思ってます。

<関連記事抜粋>
石井、初勝利 難聴のハンディ克服 」(中スポ)
ご心配おかけしました 福留、逆転2点打 」(中スポ)
岩瀬、ソロリ1人斬り 腰の張りと“相談”しながら… 」(中スポ)
中日にニューヒーロー誕生!D6巡目・石井が初勝利 」(サンスポ)

| | コメント (8) | トラックバック (12)

2005/04/17

4月16日 D1-2T (●)

ドラゴンズは16日、阪神との公式戦2回戦を行い、先発した山井が8回3安打1失点の好投を見せたが、打線が援護できず助けることが出来なかった。延長10回から登板した高橋総文がシーツに勝ち越し打を許し万事休す。打線もチャンスは作るが本日もあと一本が出ず接戦をせり負ける形になった。試合は、D1-2Tで敗戦。

4月16日(土) 中日 vs 阪神(中日1勝1敗 ナゴヤドーム、15:00、33500人)
  12345678910
タイガース00000100012
ドラゴンズ00010000001
T:安藤、藤川、ウィリアムス、久保田-矢野
D:山井、岡本、高橋聡-谷繁

[勝] 久保田 5試合1勝1敗1S
[敗] 高橋聡 7試合1勝1敗

4月16日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日山井8回1失点も初勝利ならず 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「山井はよかったんじゃないの。あのくらいやれれば大丈夫。光のないピッチャーじゃないんだから野手もピッチャーもそんな簡単に落ち着かないよ。野球にミスはつき物。それで点がとられる。それが野球だから。みんなうまくいったら100以上になるよ。」
山井投手
「この前の2試合と同じことをしないように心がけていきました。前の試合で初回からゲームをつぶしているので、ゲームを作って野手のほうに少しは恩返しのピッチングができたと思いますが、あの一球が悔やまれます。」


山井に勝ちを付けてあげたかったですね。残念です。

チャンスは作るけど活かせない状態が続いています。昨日のように打線が繋がれば問題ないと思うのですが一晩たったら、選手が忘れてしまった模様です(本日もちょっとだけ嫌味です)

チャンスを潰している間に、6回の立浪のエラーから流れが徐々に阪神側に向った感じです。普通の事を普通にできない状態で、チームの状態が上がってきませんね。その影響で投手陣にも影響している感じがします。

打線も、荒木、井端が機能しないとちょっと厳しい印象ですね。タイロンや孝介は、まだまだ時間が掛かりそうですから脇を固める立浪とアレックスに頑張ってもらうしかありません。

まだまだチーム自体がバタバタしていますが、明日は気を取り直して頑張ってほしいです。あとは昌さん次第ですね。6~7回ぐらいまでゲームを作ってくれることを信じたいです。

明日は所用で出かけているので、中スポ・モバイルが大活躍しそう(^^ゞ
それで勝ってくれればスポーツニュースを見るのが楽しみになるので、勝ってほしい!!

| | コメント (7) | トラックバック (7)

2005/04/16

4月15日 D6-5T (○)

ドラゴンズは15日、阪神との公式戦1回戦を行い、ルーキー中田が力のこもった真っすぐとスピードを殺した変化球で阪神打線を翻ろう。8回までは三塁を踏ませなかった。4点リードの9回にマウンドを譲りはしたが8回0/3を6安打2失点の好投でプロ初勝利。打線も一回に立浪、ウッズが連続適時打、二回は谷繁の2ランと序盤から援護し6回には井端の2塁打で加点。試合は、D6-5Tで勝利。

4月15日(金) 中日 vs 阪神(中日1勝 ナゴヤドーム、18:03、27700人)
 123456789
タイガース0000000055
ドラゴンズ22000200X6
T:太陽、中村泰、吉野-矢野
D:中田、鈴木、平井-谷繁

[勝] 中田 2試合1勝1敗  [S] 平井 7試合1勝1敗1S
[敗] 太陽2試合1勝1敗
[本] (T)金本4号2ラン(9回、中田)、矢野2号3ラン(9回、平井)
   (D)谷繁3号2ラン(2回、太陽)


4月15日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0416a<速報記事より>
中日ルーキー中田、緊張の初白星 」(ニッカン)
中日の新人中田、プロ初勝利 」(スポニチ)
ルーキー中田が好投 阪神は3連敗 」(毎日新聞)

<監督、選手コメント>
落合監督
「いつも言っている通り野球は生きものだ。鈴木には5点やってもいいから6点をやるなとマウンドで声をかけたが、その通りになったな。打たれたなら仕方ないが、四球ではな。自分で克服しないとプロでは飯が食えない」
中田投手(プロ初勝利)
「最後はみんなを信じて勝てることだけを考えていました。(ウイニングボールの感触は)いつも通りのボールですが気持ちがこもっているのでうれしいです。今日は谷繁さんのミットだけを見て投げたことが結果につながったと思います。5回からはフォームのバランスを修正するためにセットポジションで投げました。この勝利は両親に報告したいです。こんなに大勢の方に応援されて投げたことはなかったので今日は勝つことができてすごく気持ち良かったです!」
井端選手(6回のタイムリー)
「打ったのはストレート、追加点が取れてよかったです」
ウッズ選手
「ストレート。まあまあのバッティングができたんじゃないかな。結果が出て嬉しい」
立浪選手
「今シーズン初打点で嬉しい。(ファールで粘って7球目)色々なボールに対応しないといけないバッティングだった」


中田くん初勝利おめでとう!!OP戦の借りも返しましたね。
贅沢を言えば、2点取られても最後まで行ってほしかったですね。ちょっとバテたかな?少なくともこれで、ローテで使ってくれるでしょう。次回も頑張ってほしいですね。

それにしても、試合は楽な展開でそのまま終わると思いきや・・・・。中継ぎ陣が見事に打たれて結果は1点差の辛勝で勝つ当たりはドラゴンズらしいです(ちょっとだけ皮肉です)最後のセカンドゴロも危なかったし・・・。セカンドが荒木、ファーストがナベさんで本当に良かったです。鈴木は中田くんが好投してて、勝ちが付く所で必ず抑えなくてはと力んだかな?平井に関しては言う事がありません。しっかりしてほしいと思うぐらいです。

打線は初回から4連打で2点ですが5番で切れてしまう展開ですね。あと一押しがほしいです。その中でもタイロンが2安打1打点とし復調ののろしで、得点圏打率が「.000」からの脱却がやっと出来ましたね。残るはあと1人ですよ。孝介くん。アレックスが下降気味も気がかりです。

明日はもっと楽な展開で勝ってほしいですね。それにしても9回の残りの3点は余計だったなぁー。明日に響かないといいけど・・・・。取り合えず良いゲームをして勝ってほしいですね。

<プロ野球の公示 15日>
出場選手登録  川井進投手
同抹消       落合英二投手

| | コメント (6) | トラックバック (10)

2005/04/15

4月14日 移動日

ドラゴンズは、ナゴヤドームで各々練習。立浪は休養にあてた。今日から首位阪神との戦がドームでスタート。

<落合監督「これ以上悪くなることない」>(スポニチ)
落合監督
「野手も投手もどん底の状態。これ以上悪くなることはない。こんな状態でも去年と同じ成績なんだからいいんじゃないか。これからだよ」

<タイロン、特打&特守>
14日、志願の特打・特守を行った。目下、12打席安打なしで打率は・190まで転落。拙守も度重なり、スランプに陥っている。

ウッズ、こんなものじゃない 志願の特打&特守 」(中スポ)
中日ウッズ志願、休日返上で特打&特守 」(なにわWEB)
中日・ウッズ“練習の虫”オレ流に適応 」(スポニチ)

ウッズ選手
「この数試合、確かに結果は出ていない。タイロンらしくない、とみんな思っているかもしれない。でも、これは本当のタイロンじゃないんだ。死球の影響は少なからずある。でも、それより新しいチームで1試合にホームランを2本打たなきゃいけない、と力み過ぎていたように思う。それでリズムを崩してしまった。落合監督やアレックスにいろいろ教えてもらっているよ。自分の弱点をそのままにしておくわけにはいかないからね。自分の良くない部分に関して目をつぶりたくはないんだ。でも、おかげで守備も打撃も調子は良くなりつつある。そろそろ打てそうな予感がするよ」
落合監督
「あいつの責任感はすごいよ。今は打つのと守るのがチグハグだけど、これなら不協和音にはならない。打つ方がよくなれば、(守備も)落ち着いてくる」

やる気が違いますね。期待度が大きいだけに可愛そうな気がしますが、何とか復調してくれることを信じたいですね。

<中田、本日先発へ>
15日からナゴヤドームで首位・阪神を迎えての3連戦に臨む。その第1戦で、中田が先発登板する。

中田、虎を撃て きょう憲伸の大役マウンド 」(中スポ)
ルーキー・中田「首位攻防戦」先陣切る! 」(スポニチ)

中田投手
「そうなんですか? 初めて聞きました。でも、どこで投げるにしてもしっかり投げないといけませんから…。通用する自信? そういうのはないです。ただ、谷繁さんがリードした通りに、自分が投げられれば抑えられると思います」

中田くん今日は、OP戦の借りを返しましょう。何とか凌いでとは言わないので、おもいっきり今日は投げて、勝ってローテを手中にいれてほしいです。頑張れ!!

| | コメント (2) | トラックバック (3)

M's vs Kansas City (4/11-4/14)

マリナーズは、4/11から4/14に敵地カウフマン・スタジアムで行われたカンザスシティー・ロイヤルズとの3連戦を3連勝とした。

3連戦全て先発投手が踏ん張り勝ち投手となった。初戦のライアンが勢いに乗せた感じですね。この影響で中継ぎ陣も崩壊せず、3連戦を5失点に抑えた投手陣が勝利を呼び込んだ形になり投手陣の頑張りで勝てるそんな感じがします。打線もビッグイニングを作るなど新打線が機能し、イチローの得点も増えている状態です。

明日からホワイトソックス3連戦と注目のカードです。井口、高津といますのでスポーツニュースでも取り上げることが多くなりそうですが、ロイヤルズ戦の勢いをそのままに勝ち進んでほしいですね。又、ピネーロがやっとDLから戻って来てくれます。今季初登板で初戦の先発を勤める予定です。期待していますよ!!


<<ロイヤルズ1回戦>>
左肩を痛めて故障者リスト入りしたボビー・マドリッチ投手に代わって先発復帰を果たしたライアン・フランクリン投手が8回2/3を被安打5、失点2、わずか83球の好投を披露。打線は4回にブーンのタイムリーで先制。8回にはベルトレイが移籍後初の本塁打。打撃不振だったオリーボのタイムリーが出るなど、一挙7得点のビッグイニングで試合を決めた。試合結果はマリナーズが8-2と快勝して連敗を止めた。

05/04/11(月)ロイヤルズvsマリナーズ(13時10分、カウフマン・スタジアム 日本時間12日 05時10分)

Final123456789R
Seattle0001000708
Kansas City 0000000022

[勝] フランクリン1勝

[敗] ヘルナンデス1勝1敗
[本] (マ)ベルトレイ1号2ラン

2005_0415a4月11日 試合結果Game Box

イチロー、2安打2打点で7試合連続ヒット! 」(MAJOR.JP)

フランクリン投手
「このチャンスを生かさなくては、と思った。今日はストレートの制球が良かった。投げた球の7、8割はストレートだったんじゃないかな。たった83球? 自分でもビックリだ」
イチロー選手(ここまでの安打について)
「説明できないものはない」


<<ロイヤルズ2回戦>>
先発のアーロン・シーリー7回裏先頭の元中日ドラゴンズ、マット・ステアーズ右翼手にセンターオーバーの三塁打を浴び、続く指名打者カルビン・ピカリングのレフトへの犠牲フライで1点差に追い上げられたところで降板。6回1/3を3安打1失点と好投。続く長谷川も1回1/3を無安打無失点で凌ぎ最後はグアルダードで逃げ切る本来の形で締めくくった。打線は7回ブーンのヒットを足がかりにオリーボのタイムリーで2得点し接戦を制した。試合は2─1で勝ち、4勝4敗の五分に戻した。

05/04/13(水)ロイヤルズvsマリナーズ(11時10分、カウフマン・スタジアム 日本時間14日 03時10分)

Final123456789R
Seattle0000002002
Kansas City 0000001001

[勝] シーリー1勝  [S] グアルダード1敗2S

[敗] セルダ1敗

2005_0415b4月13日 試合結果Game Box

イチロー今季初の音なしも、マリナーズは接戦制し連勝 」(MAJOR.JP)

イチロー選手(無安打について)
「自分は結果を残せなかったがチームが勝ったからそれでよい、というのでは甘い。だって結果を出せないと選手として終わってしまうでしょ。自信があるからそう思うのでしょうね」
長谷川投手
「力を入れていない分だけ思ったところに球がいく。8割くらいの力で投げている」
ハーグローブ監督(メジャー史上51人目の1000勝監督になって)
「本当に名誉なことだと思っている。これまで支えてくれた家族に感謝したい。でも、まずは今日勝ってロイヤルズとのシリーズに勝ち越せたのが良かった。今は本当に嬉しいね」


<<ロイヤルズ3回戦>>
2-2の同点で迎えた4回、マリナーズは1死満塁からバルデスの2点タイムリー二塁打でボーティスタをノックアウト。イチローが歩かされて再び満塁となると、今度はリードが走者一掃のタイムリーツーベースを放ち、一気にリードを広げた。6回にもセクソンの3号2ランで追加点。投げては先発モイヤーが9安打を浴びながらも7回2失点と粘りの投球を展開。試合は10-2で大勝しロイヤルズ戦3連勝とした。

05/04/14(木)ロイヤルズvsマリナーズ(11時10分、カウフマン・スタジアム 日本時間15日 03時10分)

Final123456789R
Seattle0001000708
Kansas City 0000000022

[勝] モイヤー2勝

[敗] ボーティスタ1勝1敗
[本] (マ)セクソン3号2ラン

2005_0415c4月14日 試合結果Game Box

イチロー早くも今季7度目のマルチ、マリナーズは3連勝 」(MAJOR.JP)
9戦で3度目の敬遠 得点も伸びるイチロー 」(MAJOR.JP)

イチロー選手
「(4回、敬遠について)まあ、考えられないこともないですね。(新打線について)得点の入り方が違うでしょ。去年との違いは明らかです」


□AL WestWL%GBHomeAwayDivStreak
□Anaheim54.556---3-32-1 4-2Lost 1
□Seattle54.556---2-43-01-2Won 3
□Oakland45.44411-23-3 0-0Won1
□Texas46.4001.51-33-34-5Lost 1


<<M's 情報>>
<ベルトレイ途中交代>
3回戦で、新規加入したエイドリアン・ベルトレイが腰を痛めて途中交代するというアクシデントが発生した。現時点ではけがの程度など詳しい情報は明らかになっていない。

マリナーズの新主砲が腰を痛めて途中交代 」(MAJOR.JP)

大丈夫でしょうかね?

<マドリッチ、じん帯裂傷>
前日故障者リストに登録した先発左腕ボビー・マドリッチ投手が左肩のじん帯に裂傷を負っていたと発表。少なくとも3週間以上は戦列に復帰できない見通しであることを明らかにした。

DL入りのマリナーズ左腕、じん帯裂傷と判明 」(MAJOR.JP)

3週間とは言っていますが、かなり掛かりそうな予感がします。しっかり治してから復帰してほしいですね。

<M's 移籍情報>
ヤクルトの新外国人、リック・ガトームソン投手(28)=前マリナーズ傘下3Aタコマ=が11日、正式契約。
故障者続出の“ヤクル投”に救世主!ガトームソンと契約 」(サンスポ)

巨人は昨年横浜に所属し、現マリナーズ傘下3Aタコマのスコット・マレン投手(30)を調査対象から近日中に契約を完了することになったそうです。
巨人が元横浜マレン獲得へ 」(デイリー)
マレン4月下旬に来日 」(報知)

前横浜のマレンがタコマに居たのは、まったく気が付きませんでした(^^ゞ
ガトームソンはスプリングキャンプの時から話があったので、やっと決まったのかなと言う感じです。

<<他MLB情報>>(MAJOR.JP)
ナショナルズ、34年ぶりの「首都決戦」に勝利
薬物使用のDレイズ外野手が戦列復帰

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

4月13日 D7-8C (●)

ドラゴンズは13日、広島との公式戦2回戦を行い、2度目の先発となった落合は3点リードの五回、先頭打者に四球を許してから崩れて3安打を浴び3失点。変わった中継ぎ陣も失点し合計8失点。9回に相手の失策やスクイズなどで3点差を追いついたが、7-7の延長10回2死二塁から平井が代打浅井に決勝の左中間二塁打を放たれて勝ち越された。試合は、D7-8Cで敗戦。

4月13日(水) 中日 vs 広島(中日1勝1敗 豊橋、18:00、11500人)
 12345678910
カープ00003101218
ドラゴンズ03000100307
C:佐々岡、広池、梅津、佐竹、永川、ベイル、ロマノ-倉
D:落合、石井、岡本、高橋聡、平井-谷繁

[勝] ベイル 4試合1勝2S [S] ロマノ 4試合1勝1S
[敗] 平井 6試合1勝1敗
[本] (広)前田3号ソロ(6回、石井)、4号ソロ(9回、高橋聡)

4月13日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0414<速報記事より>
守備乱れて失点 中-広 」(共同通信社)
2度目も5回3失点-中-広から 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督(ウッズの守備に関して)
「そんなことで、目くじらたてるな」
落合投手
「やられ方が悪かったです・・・。申し訳ない・・・。」
井端選手(2回のタイムリーについて)
「カーブ、追い込まれていたのでボールにくらいつきました」
谷繁選手(6回のタイムリーについて)
「とにかくストライクゾーンへきたら、積極的に打っていこうと思っていただけです。(5回の1球について)審判も必死でやってくれているのは分かっているけど、あの1球は特に…」
福留選手(7回の捕殺について)
「チャージするのは確かに難しい状況ではありました。風や芝も含めてグラウンドコンディションは最悪でしたね」
平井投手
「二死から失策でピンチを招く不運? そんなことより打たれたことが悪いんです」
岡本投手
「うーん…。カウントを悪くして打たれちゃねぇ…。変化球の曲がりが悪くなっているのかも…。まあ、次だよ、次、次!」
石井投手(プロ初登板)
「真っすぐです。ちょっと高めに浮いてしまいました。(緊張は)はい、してたと思います。いいところもあったと思う。この体験を生かして次は必ず抑えます」
国光通訳(ウッズを気遣い)
「きょうは何も話したくないと思うよ」
高代野手総合チーフコーチ(ウッズについて)
「バッティングのことで頭がいっぱいなんだろう。考え過ぎているのと違うかな」


ミスが出たほうが負けるとは言いますが、両チームともミスが多かったですね(^^ゞ
昨日に続いて勝ちを拾えなかったという所でしょうかね。今日は中継ぎ陣も崩壊して出た投手の全員に失点が付いています。流れから言うと一人でも0に抑えれば変わったかなとも思っています。

広島が17安打でドラが7安打、スコアーは8対7ですから、広島がワンサイドになってもおかしくない展開ですが・・・・。どういう試合運びを両チームがしているかについては敢えて言いませんけど、もう少ししまった試合が見たいですね。

投手陣では、英二さんが5回3失点と普通なら、まずまずですが6~7回まで持ってくれるとありがたいですね。あとは先発の数をこなせば、その位はいける気がします。初登板となった、石井も初球を前田に被弾するなど2四球と緊張しちゃったかな?本来の投球を心がけて、今回の事を糧に次回は頑張ってくれると思ってます。岡本は、登板過多を少し気にしてしまいますね。何とか復活してほしいです。

打線では、タイロン、孝介と乗ってこないですね。タイロンは今が底ですね。それで守備にも影響している気がします。復活まで気長に待ちたいですね。孝介は巨人戦から乗ってくると思ったのですが、いまいち乗り切れませんね。この二人には本当に頑張ってもらわないといけないので、気を取り直して望んでほしいです。

金曜日から阪神戦ですが、この嫌な雰囲気を払拭してくれる試合を初戦からしてほしいです。

<<4月14日付紙面より関連記事>>(追記)
打てない守れない 乗れないウッ・・・ズ 」(中スポ)
岡本が心配 同点マウンド守れず 」(中スポ)
石井プロ初球被弾「この体験生かします」 」(中スポ)
中日が脅威の粘りも惜敗…ウッズ打てない守れない 」(サンスポ)


<投球再開>
右手親指第一関節の負傷で選手登録枠から抹消された川上は13日、ナゴヤドームで通常のランニングメニューをこなした。右肩痛でノースロー調整を続けていたドミンゴはこの日、ナゴヤドームの室内ブルペンで立ち投げを開始。

中日川上ノースロー、ドミンゴは軽い投球 」(なにわWEB)

川上投手
「痛みはある。いつかは決まってないけど近々(ボールを)投げると思います」
ドミンゴ投手
「軽く投げた。だんだんよくなっているが(実戦で)いつ投げるかは分からない」

| | コメント (6) | トラックバック (6)

2005/04/13

4月12日 D3-1C (○)

ドラゴンズは12日、広島との公式戦1回戦を行い、先発した朝倉が6回2/3を1失点で凌いで反撃を待ち、1-1の7回1死三塁から井端の遊ゴロが失策となり勝ち越し。8回にも1点を加えた。2番手の高橋聡はプロ初勝利。試合は、D3-1Cで勝利。

4月12日(火) 中日 vs 広島(中日1勝 ナゴヤドーム、18:00、29500人)
 123456789
カープ1000000001
ドラゴンズ00100011X3
C:長谷川、佐竹、フェリシアーノ、梅津-倉、木村一
D:朝倉、高橋聡、平井、岩瀬-谷繁

[勝] 高橋聡 5試合1勝  [S] 岩瀬 4試合3S
[敗] 長谷川 2試合2敗

4月12日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0413a<速報記事より>
接戦勝利も落合監督「不思議な試合」 」(ニッカン)
中日、七回に勝ち越す 高橋聡初勝利 」(スポニチ)
高橋聡がうれしいプロ初勝利-中-広 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「不思議な試合だな。両方のピッチャーがひどい出来だったのに、よくああゆう試合になったな。うちのチームに限らず、これが勝ちパターンだろう。広島が前半に点をとれそうだったのにもたもたしていたし、うちが負ける気はしなかった。こういう試合は大敗するか、競った試合になるかどっちか。」
高橋聡文投手(プロ初勝利)
「(前田選手にいきなり大きなヒットを打たれた時)あれは広島市民球場だったら逆に負け投手になっていたと思います。初めてのお立ち台は緊張しました。自分で何を言っているのかわかりませんでした。ウイニングボールは富山の実家に送ります。」
朝倉投手
今日は変化球のコントロールが定まらず、苦しかったのですが、気合だけで投げました。次回はもっといいピッチングができるように調整していきたいです。
福留選手(4回ライトゴロについて)
「それまでも長谷川はこっち(右翼)にファールを打っていたから、ライトに飛んだら、(ライトゴロを)狙おうとタイロンとも打ち合わせをしてた。タイロンの反応もよかったし、うまくいきました」
井上選手(7回、代打で二塁打について)
「たまたま。たまたまいい方向に飛んで、たまたまいいヒットになった。チームが勝つことが一番大事ですから。それが何よりうれしいことですよ。これからも与えられた役割をしっかりやるだけですよ。チャンスは必ずきますからね」
アレックス(今季5度目の猛打賞について)
「すごく競った試合でみんな大変だったけど、勝てたことが何よりだよ」
石井投手(1軍昇格について)
「1軍に上がれてうれしいです。結果を残せるように頑張りたい」

今日は、聡文がプロ初勝利!おめでとう!!

試合はカープに助けられた感じがしますね。朝倉は6安打6四死球と制球が乱れすぎていますね。初回は3連打されて併殺の間に1点を失って、その後は得点圏にランナーを背負った投球。もう少し制球を磨いてほしいのだけれど、朝倉らしいですね(^^ゞ次回の登板では、野手のリズムが崩れないような投球をしてほしいです。

聡文は、わず7球で初勝利。初登板の時を考えると、その時に上げたかったけど、ちょうど1年遅れですね。でも、プロで1勝するのは大変だと思ったことでしょう。これを励みに頑張ってほしいですね。

打線は本当に地味に得点を重ねて3点を取り何とか勝ったという印象です。(3回ウッズの併殺の間に1点。ショート失策で1点。8回は犠飛で1点)タイムリーがでませんね。東京ドーム3戦目の流れをうまく掴めていません。そんな状況です。何とか打線の繋がりがほしい所です。と言う所で、ちょっとチェックしてみました。今日で10試合終了しましたがウッズ、孝介と得点圏打率が「.000」です(涙)明日からは気を取り直してやってほしいです。

勝ち方的には、ドラらしい点の取り方だと思いますが、何とか頑張ってこの4月を乗り切ってほしいです。

<憲伸、1軍登録抹消>
川上憲伸投手が12日、出場選手登録から外れた。再登録ができるのは22日以降。
8日の巨人戦(東京ドーム)で右手を負傷したとみられる。代わって新人の石井裕也投手が昇格した。

中日川上が登録抹消、右手の負傷か 」(ニッカン)
中日・川上が1軍を外れる-巨人戦で右手を負傷か 」(サンスポ)

川上投手
「(1カ月くらいかかるかとの質問)それはないと思う。(10日ほどかの問い)それくらいでしょう」
落合監督
「何も知らない」

今日は、この話題ですね。憲伸はやっぱり隔年ですかね?ケガした事は、しょうがないのでローテを1回飛ばしぐらいで戻ってきてほしいです。憲伸にはしっかりしてほしいですが、中田くんチャンス到来ですよ!!

<<4月13日付紙面より関連記事>>(追記
朝倉、ガマン勝ち 毎回走者許すも1失点 」(中スポ)
福留、出ました今季初! 得意の右翼ゴロ 」(中スポ)
やっぱり井上! 代打二塁打で勝ち呼んだ 」(中スポ)
高橋聡、ヒヤリ初勝利 救援直後フェンス直撃打 」(中スポ)
憲伸抹消、ガマンの時 復帰は最短で22日 」(中スポ)
中日石井、初の1軍昇格 」(なにわWEB)
オレ竜に暗雲…エース・川上が右手親指負傷で登録抹消 」(サンスポ)

| | コメント (5) | トラックバック (9)

2005/04/12

4月11日 移動日

ドラゴンズは東京から名古屋への移動日で試合は休みです。11日は、ナゴヤドームで練習を行い、12日からの広島2連戦、15日からの阪神3連戦に備えた。

<カープ戦先発候補>
朝倉は、6時間もドーム内にこもって、ウエートトレーニングや対戦相手のチェックを済ませ、準備に余念なし。2戦目(豊橋)に先発が予想される落合英はノースローで調整。

朝倉が落合が… 打率トップの赤ヘル止める 」(中スポ)
中日朝倉、ローテ死守宣言 」(なにわWEB)
朝倉、きょう先発!広島打線を入念にチェック 」(スポニチ)

朝倉投手
「ウエートトレなどをやっていました。やり残したことがないか? いつもやり残したことがない状態で試合に臨んでます。(広島戦について)抑えるだけです。先発ローテーションを守れるように頑張ります。」
落合投手
「(6日のヤクルト戦で)1試合先発して、落ち着いてきた部分はある。(広島打線については)ボクは広島戦で投げるの?尾形は(日大の)後輩だからね」

中田くんは中継ぎのようなので、英二さんには立ち上がりを注意してもらってゲームを作ってほしいですね。健太はやるしかないでしょう!!

<中田リリーフで出番待つ>(中スポWEBなし)
中田投手
「調整間隔を確かめるようにブルペンに入っています。いつでも投げられるようにはしています。1年間、上(1軍)の状態で経験したいですね」

英二さんを1回飛ばして2戦目の豊橋で先発かなと思いましたが中継ぎですかねぇー?まだ4月だし先発で使ってほしいなと思ったのですが・・・・。今度、先発のチャンスをもらったら、その時は頑張ってほしいですね。

<ウッズ特性手袋>
9試合で受けた死球がすでに「2」となった中日の主砲、タイロン・ウッズ内野手が11日、デッドボール対策にパット入りの打撃用手袋を使用する。

乱闘覚悟、ウッズ 死球禍に温厚な男も怒り 」(中スポ)

ウッズ選手
「厳しい攻めというのはある程度覚悟してたけど…。大切なことは自分のバッティング。何があってもそれだけは崩されたくないんだ。死球は許せないけど、内角を攻めても無駄だということを対戦投手には分からせたい。内角は苦手じゃないんだ。絶対に打つよ」

気持ちナーバスになっている気がするので、この移動日で気持ちの切り替えが出来ればいいかな?

<山井、休日返上>
山井大介投手が11日、休日返上で森投手チーフコーチにノックを志願。

中日山井、汚名返上へ森コーチのメス 」(なにわWEB)
中日・山井「ノックトレ」で投球フォーム修正だ 」(スポニチ)

山井投手
「感覚の部分で、おかしいなって思っていたところもありましたから。他にも調整法の見直しとかいろいろとやっていかないといけないと思っています」
森投手チーフコーチ
「ノックを受けた後、送球するときの足の運び方で、体が早く開くとか、開かないということが少しは分かると思う」

昨年の投球を思い出して頑張ってほしいですね。山井は、序盤を何とか凌げばリズムに乗れると思うんだけど・・・・。

<ドミンゴ、復帰延期>
右肩痛で2軍調整中の中日ドミンゴ・グスマン投手の戦線復帰がさらに延期。

中日ドミンゴ、右肩完治せず復帰延期 」(なにわWEB)

関係者
「ドミンゴはまだ肩を気にしているようだ」

(関係者の話を総合すると4月中の再開は厳しい状況)との記事。関係者って誰だろうか?

<ファーム情報>
中日2軍は10日、兵庫・北神戸球場でサーパスと対戦。1-0で勝った。
先発したドラフト4巡目の川井は、6イニングで107球を投げて5安打、3奪三振、3四球、失点0で勝利投手。2番手で登板したドラフト6巡目・石井裕也投手が奪三振ショー。2イニングで32球を投げ6連続奪三振。

川井 白星も反省しきり 」(中スポ)
石井 圧巻6連続奪三振 」(中スポ)

川井投手
「また今日も立ち上がり、球が上ずった。カーブが抜ける」
石井投手
「今日はストレート、カーブ、スライダー、シンカーとどの球も良かった」
佐藤道郎2軍監督(石井について)
「素晴らしい。課題は何もない。三重丸です」

ルーキーズが、頑張ってます。川井も立ち上がりについて反省しつつ失点0に抑えるなど試合を作っているし、石井は「サイレントK」を発揮して6奪三振は圧巻。1軍では久本も落ちたので、左の中継ぎほしい所、もしかしたらチャンスがあるかも!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/04/11

M's vs Texas (4/8-4/10)

マリナーズは、本拠地セーフコ・フィールドでレンジャースとの3連戦を行い1勝2敗と負け越し。1戦目は逆転で勝ったものの2、3戦目は一時は逆転したが中継ぎ投手陣が崩れて逆転負け。ミスも多くてリズムが悪い感じです。打線は点を取っているので投手陣の踏ん張りに期待したいですね。
時節はカウフマン・スタジアムでロイヤルズとの3連戦。初戦はライアンが今季初先発。一発病を堪えて6~7回ぐらいまで持ち応えてゲームを作ってほしいですね。

<<レンジャース1回戦>>
8回に指名打者ラウル・イバ二エスの2ランなどで逆転。9回表は、開幕戦で復活したエディー・グアダード投手がマウンドへ。1死からハンク・ブレーロック三塁手に二塁打を許したものの、後続を抑えて、久々のセーブ。乱戦を締めくくっている。試合9-6で勝利。

05/04/08(金)マリナーズvsレンジャース(19時05分、セーフコ・フィールド 日本時間9日 11時05分)

Final123456789R
Texas 2000020206
Seattle 00003024x9

[勝] プッツ1勝   [S]
グアルダード1S

[敗] レジリオ1敗
[本] (マ)イバニエス1号2ラン

4月8日 試合結果Game Log

イチロー、4試合連続マルチで打率5割3分3厘 」(MAJOR.JP)

イチロー選手
「あのまま負けていたら、最悪だった。(昨年は)だいたい1回ひっくり返されると、そのままいってましたから。今日は2回ひっくり返されて、3回やっている(逆転)わけですから、ちょっと違うような気はします…。違うといいと思います。ただ、不安材料もたくさんあるでしょうから、それは詰めていかなければいけないところです」


<<レンジャース2回戦>>
9回1死、ソリアーノの当たりはセカンド正面のゴロ。ややバウンドが変わったものの、ブーンがトンネルしてしまったあとに、ブレーロックの2ランが飛び出し、その後ヒダルゴが左中間に逆転2ラン。守護神のエディー・グアダード投手が4点を失う。9回2死からイチローが四球で歩き、続くリードもライト前ヒットで一、三塁としたが、ベルトレがセンターフライに倒れて試合終了。試合は6-7で敗戦。

05/04/09(土)マリナーズvsレンジャース(13時05分、セーフコ・フィールド 日本時間10日 05時05分)

Final123456789R
Texas 0002010047
Seattle 0001001406

[勝] ブロケール1勝  [S]
コルデロ1S

[敗] グアルダード1敗
[本] (レ)ブレーロック1号2ラン、ヒダルゴ2号2ラン

2005_0411b4月9日 試合結果Game Log

イチロー5戦連続マルチ安打! 長谷川は好リリーフ 」(MAJOR.JP)

ブーン選手(グアルダードに)
「おれのミスだ、申し訳ない」
グアルダード(ブーンに)
「おれのミス。お前じゃない」
イチロー選手
「特別な気持ちにはならなかった。今は準備期間という気持ちは持っている。それは変わらない」
長谷川選手
「スピードはなかったが、コーナーに、だいたい思った通りにいった」


<<レンジャース3回戦>>
先発メッシュが2試合連続で突如崩れ、引き継いだソーントンも同じく炎上。4回で5点を追う展開になったが4、5回裏にセクソンなどの活躍で一時逆転したが、7回表、デルーチに逆転本塁打され終了。試合は前日に引き続き6-7で敗戦。

05/04/10(日)マリナーズvsレンジャース(13時05分、セーフコ・フィールド 日本時間11日 05時05分)

Final123456789R
Texas 0005002007
Seattle 0003300006

[勝] リリー1勝  [S]
コルデロ2S

[敗] ソーントン2敗
[本] (レ)デルーチ1号2ラン

2005_0411c4月10日 試合結果Game Log

イチロー、連続マルチストップも6試合連続安打 」(MAJOR.JP)


イチロー選手
「(ストライクの判定について)(自信が)なかったら見逃していない。(ファウルボールについては)心理的には仕方がないと思う。でも、問題はその後。あれから点を取られなければあれでよし、だった」


□AL WestWL%GBHomeAwayDivStreak
□Anaheim11.500---3-30-0 2-1Lost 1
□Oakland33.500---0-03-3 0-0Won 1
□Texas33.500---0-03-3 3-3Won2
□Seattle24.33312-40-01-2Lost 2

<監督分析>
本拠地セーフコ・フィールドで開幕6連戦を消化したシアトル・マリナーズ。マイク・ハーグローブ監督は、この日の試合前、昨シーズン貧打に苦しんだ打線が、今年は上々の滑り出しを見せたことに気を良くしていた。

マリナーズ打線、上々の滑り出しに指揮官もご機嫌 」(MAJOR.JP)

ハーグローブ監督
「まだまだ、改善できるところはある。少なくとも最初の40~50試合を終えた段階にならないと、チームの出来がいいと判断するのは難しい」

<マドリッチDL入り>
先発3番手のボビー・マドリッチ投手を15日間の故障者リストに登録した。7日にさかのぼって適用される。代わって、ジャスティン・リオーネ内野手を傘下3Aタコマから昇格させている。

マリナーズ期待の先発左腕が戦線離脱 」(MAJOR.JP)

<<他MLB情報>>(MAJOR.JP)
ピネラ監督も称賛の好投 野茂、白星で11年目へ
藪の起用は慎重に 経験必要とモッカ監督

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月10日 D10-0G (○)

ドラゴンズは10日、巨人との公式戦3回戦を行い、先発した山本昌は緩急を巧みに織り交ぜた投球術で7回を3安打無失点。中日は1回に押し出し死球などで2点を先制。6回に森野、谷繁の連打で3点、8回は6連打で5点を加えた。打線は18安打の猛攻で10得点。試合は、D10-0Gで勝利し連敗を3で止めた。

山本昌投手は、巨人戦は通算100試合目の区切りの登板で33勝目(35敗)をマーク。球団歴代2位の星野仙一氏(現阪神SD)の巨人戦35勝も見えてきた。

4月10日(日) 巨人 vs 中日(中日1勝2敗 東京ドーム、17:00、42395人)
 123456789
ドラゴンズ20000305010
ジャイアンツ000 0000000
D:山本昌、平井、岩瀬-谷繁
G:後藤光、伊達、ミセリ-阿部、小田

[勝] 山本昌1試合1勝
[敗] 後藤光1試合1敗
[本](中)森野2号2ラン(8回、伊達)

2005_0411a4月10日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日山本昌、巧みな投球術で7回無失点 」(ニッカン)
山本昌 味のある投球で7回無失点 」(スポニチ)
連敗3で止める-森野が2安打3打点 」(サンスポ)
0―10! 巨人投手陣大炎上 」(報知)

<監督、選手コメント>
落合監督
「山本昌は満を持して、ベテランの投球をしてくれた。6回無死一二塁は森野のバントは考えなかった。山本昌に打順が回っても替える気はなかった。山本昌を相手は嫌がっていた。まあ、ひとまわり各チームと当たるまでまだまだこれから」
山本昌投手
「やっぱり勝つって言うのは最高です。ベンチでは安心して、ノンビリしていました。序盤、すごい緊張して、力が入っていてバラバラだったのですが、球もまとまってきました。とにかく飛ばしていきましたので、最後はバテバテで、代えてもらいました。(足について)もう何ともないです。調整期間があったことで、今日の結果があったと思います。良い結果がだせて良かったなと思います。今シーズンも頑張っていきたいと思います」
荒木選手
「第一打席は初球から積極的にいこうと思っていた。右方向を意識したわけではないけど、自然にバットが出た。ちょっと安心しました」
森野選手
「(6回、タイムリー二塁打について)ストレート。チャンスにランナーを返せてよかった。(8回、2号ツーランホームランについて)ストレート。完璧なバッティングだった」

昨年同様、4連敗はしないですね。何はともあれ勝って良かったです。
予想では、中田くんだと思ってましたが昌さんが先発。炎上しないようにと思ってましたが、良かったですね。さすが昌さんです。これで先発投手陣も落ち着きを取り戻しそうな雰囲気です。変わった平井も調整登板ですが本日はベストピッチ。岩瀬は、あまり良く無そうでしたが1安打を許すも抑えてくれました。

打線は、繋がりましたね。とくに荒木は第一打席でヒットを打つと固め打ちするし、止められない状態で4安打。調子が良いのか、悪いのか、未だに良く解りません。井端も3安打と1、2番が塁に出ると試合展開はいいですね。アレックスも好調を維持して3安打。谷繁も3安打と合計で18安打の猛攻で10得点するなど、たまにはこういった展開もいいですね。何せ3連敗中だったので、すっきりしました。

本日は、出先で中スポ・モバイルが大活躍で帰宅後、何とか8回の攻撃は見れました。6連打が素晴らしかったです。ニュース関連も気持ち良く本日は見させて頂きました。

今日の勝ちで来週からのナゴドでの広島戦に弾みが付けばいいですね。この勢いで連勝といってもらいたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2005/04/10

4月9日 D3-5G (●)

ドラゴンズは9日、巨人との公式戦2回戦を行い、先発した山井が計3本の本塁打を打たれるなどして6回6安打5失点と敗戦投手。9回谷繁の2号2ランで2点差まで追い上げ、その後ツーアウト満塁とチャンスを作ったが巨人リリーフ陣に抑えられた。打撃陣では福留が2安打を放つなど連日から当たりを見せ初めているのが好材料。試合は、D3-5Gで敗れて今季初の3連敗。

4月9日(土) 巨人 vs 中日(中日2敗 東京ドーム、18:00、43207人)
  123456789
ドラゴンズ0100000023
ジャイアンツ40100000X5
D:山井、金剛、久本-谷繁
G:内海、シコースキー、佐藤宏、久保、林-阿部

[勝] 内海 2試合1勝1敗   [S] 林 6試合1S
[敗] 山井 2試合1敗
[本] (D)谷繁2号2ラン(9回、久保)
   (G)清原2号3ラン(1回、山井)、ローズ3号ソロ(1回、山井)、
      高橋由4号ソロ(3回、山井)

4月9日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
9回凡退も中日福留「最後は紙一重の差」 」(ニッカン)
プロ野球結果 巨人5-3中日 」(共同通信社)

福留選手
「あそこは自分のできることをやるだけ。追い詰めたけど、最後は紙一重の差。最後まであきらめない粘りを見せられたのは良かったんじゃないかな」
山井投手
「前回の登板と同じ事をしてしまいました。立ち上がりからしっかり腕が振れるようにしないとだめですね」
落合監督
「(最後は追い詰めましたが)「たられば」の話には答えられない」

今季初の3連敗ですね。
この巨人戦、2試合は先発(憲伸、山井)が序盤に崩れているケースですね。ここと言う所で簡単にHRを打たれています。この失点を防げれば大量失点にはならないと思ってますが、なかかな難しいですね。

ゲームの方は、初回のHRを含む4連打で一気に4点を失ったのが大きいですね。昨日の憲伸同様、山井も腕が振れずに球が高かった感じでした。2回以降は6回までは、2安打1失点ですから、そこそこ持ち直した印象です。ゲーム中の談話でも「同じ事をしてしまった」(山井談)と反省しているみたいですから、次回登板ではしっかり投げてくれる事に期待したいですね。金剛、久本もランナーは出しましたが何とか0に抑えた印象ですね。

打線の方は、孝介くんの調子が上がってきた事が良かったかな(最終回は残念でしたが)ちょっと気になっているのは、昨日HRを打ちましたがタイロンが下降気味でしょうかね。荒木に関しては、昨年のような打撃が戻って来る事を気長にお待ちしております。

全体的に見ると、投手も打線もリズムが狂っている感じですね。この2戦を見ると打線はチャンスを作るんですが、あと一本のヒットが出ない状態。投手陣はランナーを貯めて一発を貰っている感じです。

昨年同様、4連敗はしない事を信じて明日の戦いに備えてくれればいいですね。明日は中田くんかな?この雰囲気で登板するのは、かわいそうな気がしますが未来のエースになるのが使命ですから、何とか序盤を切り抜けて試合を作ってほしいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2005/04/09

4月8日 D4-6G (●)

ドラゴンズは8日、巨人との公式戦1回戦を行い、先発した川上が制球に苦しみ3回1死満塁の場面では巨人小久保にフルカウントから変化球を本塁打されるなど、5回6失点でマウンドを降りた。打線は不調だった福留が先制本塁打を打つなど猛打賞で明るい要素があり、8回にはウッズが本塁打を打って2点差まで追いついたが結果的に敗れた。試合はD4-6Gで逆転負け。

4月8日(金) 巨人 vs 中日(中日1敗 東京ドーム、18:00、41903人)
 123456789
ドラゴンズ0200000204
ジャイアンツ00501000X6
D:川上、鈴木、金剛、高橋聡-谷繁
G:上原、林、久保-阿部

[勝] 上原 2試合1勝    [S] 久保3試合1勝1S
[敗] 川上 2試合1勝1敗
[本] (D)福留1号ソロ(2回、上原)、ウッズ4号ソロ(8回、林)
   (G)小久保1号満塁(3回、川上)、ローズ2号ソロ(5回、川上)

4月8日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0409a<速報記事より>
中日川上、エースの役割果たせず6失点 」(ニッカン)
プロ野球結果 巨人6-4中日 」(共同通信社)

川上投手
「厳しいコースというより、威力のあるボールを投げたかった。甘いところにいってしまった。中継ぎを結構使っていたので、1人で投げ抜きたかった」

残念ですね。今年、初観戦でしたが・・・・。
憲伸は初回から、良くなかったですね。巨人中心の映像しか写さないオーロラビジョンで投球内容を確認していましたが、勝負どころでは甘い球が多かったです。ひょっとすると早い回に捕まりそうな予感がありましたが、やっぱり3回に捕まってしまいそのあと大きな流れがドラゴンズに来なかったかなと思っています。

ドラの勝負どころは6回の1アウト2、3塁の所と8回の1アウト1、3塁の所でしょうかね。6回の大友の所で動いても良かったかなとも思いますが、シーズンが始まってから間もないので致し方ないのかな?8回は谷繁の犠飛がヒットでも出ていれば形勢逆転といった感じでしょうか。

相手の上原自体も見ている限り良く無さそうなので、捕らえる事ができたかも知れませんが、エースと称されている投手なので、悪いなりに最小失点で抑えた感じです。

打撃陣は明るい話題が一つ、孝介くんが猛打賞。最初のHRも内野を越えた当たりから伸びだしスタンドイン。2本のヒットも良かったです。前に突っ込んでいた状態も修正できていましたね。これから大丈夫だと思っています。ウッズも2三振しましたが、最終打席の当たりは凄かったです。あとレフトスタンドからは「T」コールがあったのが印象的でした。

ジンクスは怖いですね。孝介くんは打つんですけど試合には負ける。昨年から巨人戦観戦4連敗です。ドラファンの方々申し訳ない・・・。

<監督、選手コメント>
落合監督
「(川上の出来について問われると)そういうことは聞くな。まだ先は長い。あと139試合もあるんだから」
森投手チーフコーチ
「(川上の投球に)アイツはかばわない。(三回は)清原への死球が痛かった。本塁打は仕方ない。小久保はうまく打ったよ。あそこで満塁にしたことが問題。川上が一番、分かってるんだから」
福留選手
「左への弾丸ライナー? 久々にしんに当たったから。思い切っていくことだけを考えていた。ボールを振っていたわけではないし、むちゃくちゃ悪かったわけでもない。自分の感覚を取り戻せば、何とかなると思っていた。自分の中の誤差を少なくしていけばいいから。監督やコーチの意見?自分で見えていないこともあるからね」
ウッズ選手(8回、右中間への4号ソロについて)
「ずっとジャストミートすることを心がけていたが、やっとバットの芯でとらえることができたね」
金剛投手
「いや、何を投げたかよく覚えてないんです。谷繁さんのミット目がけて投げましたから。クリーンアップは名の知れている人ばかり。でも、それを気にしないように投げました。やっぱり自分の名前がコールされた時はうれしかったです」

関連記事
憲伸、プロ2度目の屈辱 99年以来の満塁被弾 」(中スポ)
福留、目覚めの猛打賞 G戦黒星スタート…でもご安心を 」(中スポ)
金剛、1軍昇格即ローズ斬り 最強打線に直球通じた 」(中スポ)

<楽天から心配のニュース>
楽天山崎、死球で途中退場 」(ニッカン)
大丈夫かな?

| | コメント (8) | トラックバック (8)

2005/04/08

4月7日 D2-4S (●)

ドラゴンズは7日、ヤクルトとの公式戦3回戦を行い、先発小笠原が1-1の6回1死三塁から岩村の二ゴロの間に勝ち越しを許し、続く7回には岡本が古田、城石の2本の適時二塁打で2点を加え突き放された。9回に抑えの五十嵐を攻めて2点差まで追いあげるも連日の逆転勝利とはいかなかった。試合は、D2-4Sで敗れヤクルトとのこのカード対戦成績は2勝1敗となった。

4月7日(木) ヤクルト vs 中日(中日2勝1敗 神宮、18:22、15991人)
  123456789
ドラゴンズ0100000012
スワローズ01000120X4
D:小笠原、岡本、鈴木、久本-谷繁
S:館山、坂元、石井、五十嵐-古田

[勝] 坂元 3試合1勝1敗 [S] 五十嵐 3試合1敗1S
[敗] 小笠原 1試合1敗
[本] (S)ラミレス2号ソロ(2回、小笠原)

2005_0408c4月7日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
プロ野球結果 ヤクルト4-2中日 」(共同通信社)

選手コメントが今日は届きませんね(涙
スポーツ関連のニュースコーナーも古田デーと言った感じです。しょうがありませんね。

今日は昌さん回避で小笠原が先発。5回1/3を5安打2失点とまずまずの内容でしたが、打線が援護できず敗戦投手になってしまいました。中継ぎ陣では岡本も本日はあまり良くなく1回を3安打2失点と結果を出せず、鈴木は短いイニングですが6試合で4回の登板とちょっと連投も気になっております。
打撃陣は昨日、死球を受けたタイロンが元気な姿で先発出場してくれていて安心しました。アレックスは連夜の猛打賞と調子を維持しています。明日からの読売3連戦も期待できそうな感じですね。

あとは9回でしょうか?五十嵐が登板と言う事で、レフトスタンドも昨夜のようになってほしいと盛り上がったと思いますが、もう一押しが出来ませんでした。結果は敗戦となってしまいましたが明日からの3連戦は気を取り直して戦ってほしいですね。

※追記:一夜明け監督、選手コメントが届きました。

<監督、選手コメント>
落合監督
「今日は勝てない。でも簡単には負けないよ、簡単にはね。小笠原はあれだけ投げればいいんじゃないかな。(6回の守備位置について)こっちは1点勝負だとは思っていないもん。お前ら(報道陣)の考えているような野球とは違うっていうことだよ。そんなには勝てないということ」
高代野手総合チーフコーチ(6回の守備位置について)
「結果論で言えばあそこは前進守備で1点も与えない作戦が正しかったのかもしれない。けど、正解はないんだ。あの時点でベンチにはヤクルト投手陣から点を奪えるという確信があった。だから定位置という指示をした。そういうことだ」
森投手チーフコーチ(小笠原について)
「先発は仕事をしている。いいんじゃないのか?」
小笠原投手
「先発として試合はつくれた、と思います。今日のような投球をこれからもしていきたいですね。(ラミレスへの被弾について)高めにいってしまった。低め低めと思っていたのに、あれでは打たれてしまいますよね。それが一番悔やまれます…」
ウッズ選手
「痛みはまだ残っているけど大丈夫。プレーに影響はない」
谷繁選手(先制の右前適時打について)
「先制のチャンスだったし、何とか走者を返したかった。うまく打てたね」
森野選手
「五十嵐が出てきて、いけるという雰囲気はあったけど…。(前日と投球の)組み立て方が違っていた」

関連記事
また3連勝逃す、落合監督 ヤ投攻略を確信…あと一歩 」(中スポ)
小笠原、先発ローテ入り前進 6回途中5安打2失点もコーチ及第点 」(中スポ)
中日ウッズ、左手小指に死球も大丈夫 」(なにわWEB)
簡単に負けない!前夜の再現ならずも竜打線が意地 」(サンスポ)

| | コメント (5) | トラックバック (7)

M's vs Minnesota (4/5-4/6)

マリナーズはツインズとの開幕シリーズを1勝2敗と負け越し、その中でもイチローが3試合連続のマルチヒットを放つなど目だった。又新戦力のセクソン、ベルトレーともに活躍もしたが開幕戦を勝ったものの2連敗。明日からのテキサス・レンジャース3連戦に挑む。

<<ツインズ2回戦>>
マリナーズは5回表、先発のギル・メッシュ投手が突如ピンチを招き、無死満塁から2点を失ったところで降板。2番手のマット・ソーントン投手も1死を取っただけで、2ランを浴びるなど7点を奪われて逆転された。試合は、マリナーズが4-8で敗れた。

05/04/05(火)マリナーズvsツインズ (19時05分、セーフコ・フィールド 日本時間6日 11時05分)

Final12345 6789R
Minnesota 0000701008
Seattle 4000000004

[勝] サンタナ1勝

[敗] ソーントン1敗
[本] (ツ)Jc・ジョーンズ1号2ラン

4月5日 試合結果Game Wrapup

イチローは2安打し、2試合連続の複数安打を記録した。第1、4打席で内野安打し、4打数2安打だった。また、長谷川が3番手で今季初登板、2回1/3で3安打1失点だった。

イチロー選手
「バッター有利の球が少なかった。その中で2本のヒットは、満足している。第1打席のヒットだって、スプリングトレーニングで打った30本以上のヒットよりうれしい」
長谷川投手
「7回、最初の打者にだけは球が高かったですけど、あとはだいたい思い通りにいきました」

2005_0408a初回のサンタナはもの凄く悪くて、もう少し責めていれば良かったのですが、責めあぐねている間にメッシュが・・・・。しかも2番手のソーントンの乱丁で試合になりませんでした。セクソン、ベルトレーとチャンスで打ってくれたので、あとはブーン待ちと言った所でしょうか。明日6日(現地時間)はマドリッチの先発。頑張ってほしいですね。

関連記事
イチロー2戦連続マルチに初盗塁、長谷川は初登板 」(MAJOR.JP)
イチロー“神業”2内野安打!初の開幕2戦連続マルチ 」(サンスポ)


<<ツインズ3回戦>>
2回にブーンのソロで1点を先制するも、4回にマドリッチがレクロイの3ランで逆転され8回にも追加点を奪われ逆転負け。試合は、マリナーズが1-4で敗れた。

05/04/06(水)マリナーズvsツインズ(15時35分、セーフコ・フィールド 日本時間7日 07時35分)

Final123456789R
Minnesota 0003000104
Seattle 0100000001

[勝] シルバ1勝   [S] ネーサン1S

[敗] マドリッチ1敗
[本] (ツ)レクロイ1号3ラン (マ)ブーン1号ソロ

4月6日 試合結果Game Wrapup

イチロー外野手は1番・右翼で先発出場し、4打数2安打で開幕から3戦連続マルチ安打を記録。

イチロー選手
「1球(スライダーを)見たことでその軌道が分かったが、次にそこに来るとも限らないからね」

2005_0408b肩を痛めて4回途中で降板したマドリッチは、被安打4、失点3で負け投手。直後に行った検査の結果「大きなダメージではない」と球団側から発表されたが復帰予定などは決まっていない。

先制点を取るんですが、先発が持ち応えられず2連敗。打線もブーンとウィンが今シーズン初安打を放つも繋がりが、あまりよくなく期待をしているリードも安打がでていない状況。投手陣はもう少し頑張ってほしいかな。ただ、マドリッチが肩に違和感を発生した模様で戦線離脱となれば、かなり痛手ですね。その分ライアンが頑張ってほしいですね。

関連記事
イチロー3戦連続マルチ! 拙攻続きのマリナーズは連敗 」(MAJOR.JP)


□AL WestWL%GBHomeAway Div Streak
□Anaheim11.500---1-10-01-1Lost 1
□Oakland11.500---0-01-10-0Won 1
□Texas11.500---0-01-11-1Won 1
□Seattle12.3331/21-20-00-0Lost 2

<<他MLB情報>>(MAJOR.JP)
5日(日本時間6日)の日本人選手情報一覧
6日(日本時間7日)の日本人選手情報一覧
ナショナルズのウィルカーソン、「球団初」のサイクル安打

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

4月6日 D4-3S (○)

ドラゴンズは6日、ヤクルトとの公式戦2回戦を行い、3点をリードされた9回、代打森野が起死回生の同点3ランを放った。ヤクルト投手陣の前に三振の山を築きながら、9回2死無走者からゲームを振り出しに戻した。勢いは止まらず延長10回には福留が押し出しの四球を選び、9回2死まで、ほぼ負け試合だったゲームを勝ちゲームに変えた。試合はD4-3Sで逆転勝利。

4月6日(水) ヤクルト vs 中日(中日2勝 神宮、18:22、16157人)
 12345678910
ドラゴンズ00000000314
スワローズ20001000003
D:落合、鈴木、高橋聡、久本、平井、岩瀬-谷繁
S:藤井、石井、五十嵐-古田

[勝] 平井 3試合1勝    [S]岩瀬2試合2S
[敗] 五十嵐 2試合1敗
[本] (D)森野1号3ラン(9回、五十嵐)
    (S)青木1号ソロ(1回、落合)、岩村1号ソロ(1回、落合)

4月6日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0407a<速報記事より>
中日森野、起死回生の同点3ラン 」(ニッカン)
代打森野が同点3ラン 」(デイリー)
野球は怖いと森野 ヤ-中から 」(共同通信社)
中日が終盤逆転=プロ野球・ヤクルト-中日 」(時事通信)


落合監督
「野球は怖い。こういうことが起こるんだな」
森野選手
「(同点3ランについて)完璧でした。ストレートに振り負けないように的を絞って打ちました。本当に嬉しいです。いつでも行けるように常に準備はしているので気負いなく打席に立てました。これからもファンのみなさんに良いゲーム、すばらしいプレーを見てもらえるようにがんばります」
落合投手
「立ち上がりですね。また、同じことを失敗している・・・・・。チャンスがあればがんばります・・・。」


森野、素晴らしいです!!
開幕から劇的な試合展開が続きすぎですね。

試合の方は4回表まで映像で見ていましたが、ヤクルト藤井と主審のストライクゾーンが見事にマッチしていて、しばらくは点を取れそうな雰囲気が無かったですね。ゾーンもそうですが藤井の投球も初速と終速が同じような感じで、いわゆる球が伸びていたといった感じですね。それで高めのボールを見事に振らされていた感じです。それでドラ打線は三振の山を築いてしまった要因でしょうか。

なぜか五十嵐投入で、もしや奇跡が起きるかなと思っていましたが、野球はツーアウトからと言うのでしょうか。見事な攻撃で同点に追いつきました。こうなれば自然と流れはドラの方に傾いてくるので10回に押し出しながらも得点し勝利。負け試合を勝ち試合にする事が大きいですね。監督曰く「野球は怖い」この言葉に集約されそうです。

<ウッズは打撲 ヤ-中から>(共同通信社)
ウッズが延長10回、五十嵐から左手に投球を受け、途中交代した。トレーナーは「小指の付け根にボールが当たった」と話した。試合後、病院で「打撲」と診断された。

凄く心配しましたね。昨年の孝介の件もあるので・・・。打撲で良かったです。

<不名誉な三振記録>
中日が19三振のセ新記録 」(スポニチ)

荒木2、井端4、立浪4、ウッズ3、福留1、英智2、谷繁3
ま、こんな感じです(苦笑

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2005/04/06

4月5日 D4-3S (○)

ドラゴンズは5日、ヤクルトとの公式戦1回戦を行い、ウッズの先制2ラン、谷繁のソロでリードを奪い、1点差と迫られた6回は、ウッズがこの日2本目の3号ソロ。投手陣では先発の朝倉が5回0/3を3失点。2番手岡本が2回を4三振、無失点。最後は守護神岩瀬が抑えた。試合はD4-3Sで勝利。

4月5日(火) ヤクルト vs 中日(中日1勝 神宮、18:21、20244人)

 123456789
ドラゴンズ20001 10004
スワローズ00 002 10003
D:朝倉、岡本、平井、岩瀬-谷繁
S:石堂、坂元、河端-古田

[勝] 朝倉1試合1勝  [S] 岩瀬1試合1S
[敗] 石堂1試合1敗
[本] (中)ウッズ2号2ラン(1回、石堂)、3号ソロ(6回、石堂)、
       谷繁1号ソロ(5回、石堂)
   (ヤ)鈴木1号ソロ(6回、朝倉)

2005_0406a4月1日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日が一発攻勢=プロ野球・ヤクルト-中日 」(時事通信)
効果的な2発、中日ウッズ主砲の意地 」(ニッカン)
ウッズ、主砲の輝き-価値ある2発で存在感 」(サンスポ)
ウッズの2発で競り勝ち 」(デイリー)

落合監督
「去年と似たような試合展開だが点の取り方が違う。ピッチャーも厳しい展開の中よく抑えてくれた。投げるべき人が投げて打つべき人が打つという試合だった。これからはもっと落ち着いたゲームができると思う。」
ウッズ選手
「(1本目のホームランについて)ストレート、とにかく強い打球を打とうと思った。ジャストミートのいいスイングができたよヤクルトのピッチャーは変化球を中心としたボールで勝負してくるのでそれを予想していました。
(2本目は)あの場面ではインサイドの真っ直ぐが来ると読んでいたので、読みが当たって良いバッティングができました。あまりホームランを意識せずにチームの勝利を第一に考えてプレーしています。開幕からここまでは投手陣に助けられている部分があるのでこれからは打撃陣もがんばっていきたいと思います。ファンのみなさんも球場に来て応援してください。これからも優勝目指してがんばります。」
谷繁選手(5回のHRにちて、試合途中談話)
「 ストレート、追加点が取れてよかったです。でも、まだ試合は続くし、5イニングあるので・・・・。そっちですよ。 」
立浪選手
「相手投手がぼくを四球で出したくない。だから勝負してくるところを積極的に打っていきたい」
朝倉投手
「緊張しましたけど、自分の役割は果たせたと思います。課題も見つかったので、次回の登板までには修正したいと思います」

勝ちましたね。ドラゴンズらしからぬ一発攻勢です。
タイロンの加入でここまでチームが変わるとは、恐れ入りました。補強とは足りない部分を補うといったところですかね。これが顕著にでたと思います。
先発の朝倉も取りあえず最小失点で抑えてくれましたし、本人も次回の登板は課題を修正してと言っているので、次回はもう少し良い投球をしてくれると思ってます。圧巻は岡本が良かったですね。少し調子を落とし気味でしたが、本日は素晴らしかったです。

<関さん1000安打達成>
楽天の関川外野手は5日、福島で行われた日本ハム1回戦の8回、鎌倉から三塁打を放ち、プロ228人目の通算1000安打を達成した。

関川が通算1000安打=プロ野球・楽天 」(時事通信)

嬉しい話題も楽天から届いてます。おめでとうございます!!

| | コメント (8) | トラックバック (7)

2005/04/05

MLBマリナーズ開幕戦勝利

マリナーズは4日、本拠地セーフコ・フィールドで行われたミネソタ・ツインズとの2005年開幕ゲームに今季から加わったリッチー・セクソン一塁手の連続本塁打などで序盤からリードし、先発したモイヤーが5回2/3を投げて1失点で勝利投手。9回、故障のため一時は開幕までの復帰が危ぶまれていた守護神のエディー・グアルダードが1回打者3人に対して、三振2つという復活ぶり、イチロー外野手は、初回の第1打席でいきなりヒットを放つなど、4打数2安打、1得点。試合は5-1で勝利。
マリナーズの開幕戦勝利は、イチローが加入してシーズン116勝を挙げた2001年以来4年ぶり。

05/04/04(月) マリナーズvsツインズ (14時05分、セーフコ・フィールド 日本時間5日 06時05分)

Final 123456789R
Minnesota 0000100 001
Seattle 30200000x5

[勝] モイヤー1勝

[敗] ラドキー1敗
[本] (マ)セクソン1号3ラン、2号2ラン

4月4日 試合結果ニッカンスコアー

Mariners 2005 roster 」(Official Site

2005_0405aイチローがマルチ発進! 4年ぶり開幕白星 」(MAJOR.JP)
イチロー、「新しい挑戦」の始まり 」(ニッカン)
セクソン球団史上初の開幕戦2発 」(ニッカン)
イチロー、開幕戦からマルチ安打!快勝発進 」(サンスポ)

イチロー選手
「もう何度も言ってきましたが、去年の確認作業をしている段階と今はまったく違う。100%ではないし(第1打席は)打たなくていい球だったかも知れない。でも初めての打席は興奮して通常の気持ちでは立てない。そう考えると結果は悪くない。(完ぺきでなければと)考える必要もないでしょう。去年を忘れてプレーすることは不可能だし、これからもその数字(262安打)を背負ってプレーしていくと思う。でもそれが新しい挑戦」

マイク・ハーグローブ監督(モイヤーについて)
「春先だし、100球以上投げさせたくなかった」

2005_0405bいよいよMLBも開幕。そして開幕戦勝利ですね。移籍してきたセクソンの2打席連続HRで始まり、先発したモイヤーが見事な投球。さらにグアルダードの復活と願ったり適ったりの状況にシアトルのファンは相当喜んでいると思う。イチローもOP戦の調子を維持して本日マルチヒットで好発進とチームを引っ張ってくれている。
問題は明日ですね。サンタナを攻略できるか?と言う事とメッシュがどれだけ耐えてくれるかに掛かっていますね。
今年は打線も期待できそうですし、投手陣の頑張りがあればチーム自体も昨年のような事はないと思っています。

OP戦途中から記事の更新を怠っていたマリナーズ情報ですが随時書いていこうかなとも思ってます。多分3日に1回ぐらい、まとめてになる可能性も(笑

<<他MLB情報>>(MAJOR.JP)
4日(日本時間5日)の日本人選手情報一覧
新生ナ軍、初戦飾れず 大リーグ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/04

4月3日 D6-14YB (●)

ドラゴンズは3日、横浜との公式戦3回戦を行い、プロ初登板初先発となった新人の中田が3点リードの5回に突如崩れ、敗戦投手となった。試合はD6-14YBで逆転負けで今季初黒星を喫した。

4月3日(日) 中日 vs 横浜(中日2勝1敗 ナゴヤドーム、18:01、32800人)
 123456789
ベイスターズ01007 320114
ドラゴンズ022000 0116
B:吉川、川村、ホルツ、クルーン、岸本、佐々木-相川
D:中田、鈴木、高橋聡、チェン、平井、久本-谷繁、柳沢

[勝] 川村 2試合1勝
[敗] 中田 1試合1敗
[本](横)古木1号3ラン(5回、高橋聡)
   (中)アレックス2号ソロ(2回、吉川)、井上1号ソロ(2回、吉川)

4月3日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0404竜3連勝ならず 中田“あと1球”の洗礼 」(中スポ)
中田“収穫1敗”…“温情サイ配”が裏目 」(スポニチ)
中日中田に試練、苦い初登板 」(なにわWEB)
中田が悔しい初黒星…目前で勝利逃げた 」(サンスポ)

落合監督
「2度とやってはいけないゲーム。(中田に)勝たせてやりたかったけどそういう考えは邪魔になる。去年も同じことしているのにこっちに学習能力がないということだ。勝ちゲームだったのに…。ベンチの責任だよ」
中田投手
「特に勝利投手だとか、そういうことは意識しなかったんですが…。死球? ボール自体は納得いくボールでした。試合前は緊張したけど、いつもと変わらない感じで投げられました。ただ、四死球が余計。1つのプレーの大切さ、ですね。次への課題です」

今日は、いい経験をしたと思って次回は5回を投げきってほしいですね。

<恐怖の6、7番>
アレックス・オチョア外野手と井上一樹外野手の6、7番コンビがアベックホームランだ。

恐怖の6、7番2人で4打点 アレックス、井上 連ダーン 」(中スポ)

アレックス選手
「スライダーを待っていたわけじゃないけどいい反応ができたよ。ジャストミートを心掛けているんだ。打順に関係なく、自分の仕事はランナーを返すことと、ヒットを打つことなんだ」
井上選手
「アレックスに続けて良かったです。開幕して初めてバットのしんに当たった」

この二人が好調ですね。アレックスと井上が元気だと下位打線が活発になり点を取れそうな雰囲気になってきました。

<中日福留、初安打も3三振>(なにわWEB)
福留の打撃が心配だ。3回の第2打席。一、二塁間をゴロで破り、待望の今季初安打が出た。しかし、それ以外では3三振を喫するなど依然として精彩がない。4番ウッズの後を打つ5番福留の復調がない限り、大量点にはつながらない。
福留選手
「自分のやってきたことを信じるだけです」

うーん。ヒットが出たけど、まだ調子が上がってきませんね。チャンスで孝介が打つと打線が線になるんですが、もう少しかかりそうですね。

<チェンも“ホロ苦”デビュー>(サンスポ)
台湾出身の19歳・チェンがホロ苦い一軍初登板。大差の六回から登板するとボールが高めに浮いて2回5安打5失点(自責4)。来日2年目の左腕は好調だったオープン戦のように結果を残すことはできなかった。この日は台湾から家族、恩師ら総勢11人が観戦に訪れていただけに肩を落とした。
チェン投手
「コントロールが悪かった。二軍と一軍の打者は全然違う。つぎは抑えたい」

昨日は1軍のマウンドで投げた事が良かったのかな。どんどん経験を積んでいってほしいです。

<各選手コメント抜粋>
井端選手(5打数3安打)
「ヒットが少しずつ出てきたんで、この流れを切らさないようにしたいですね」

<総評>
こんな展開もあるのかなと思っております。毎回勝てるわけではないので、開幕シリーズを2勝1敗で乗り切ったのが良かったと思っております。中継ぎ陣が崩壊しましたがあまり良くなかった投手は、今日のことを糧に生かした投球を心がけてほしいですね。
次回、5日から関東シリーズですが、健太、昌さん、英二さんが踏ん張れるかが見所でしょうかね。打線の方は、安打が出始めてきたので孝介次第でしょうか。今週は4勝2敗ぐらいで行ってくれるとありがたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2005/04/03

4月2日 D5x-4YB (○)

ドラゴンズは2日、横浜との公式戦2回戦を行い連夜の劇的な幕切れにナゴヤドームは興奮のるつぼと化した。1点を追う9回1死一塁。佐々木の初球を高橋光がたたくと打球はライナーで左翼席に突き刺さった。土壇場の劇的な一発で地元で開幕2連勝。ウッズに移籍後初アーチが出て、救援の岡本が今季初勝利。試合はD5x-4YBで2夜連続のサヨナラで勝利した。

4月2日(土) 中日 vs 横浜(中日2勝 ナゴヤドーム、18:00、34200人)
 123456789
ベイスターズ21000 00104
ドラゴンズ00001 1012x5
B:斎藤、川村、木塚、クルーン、佐々木-相川
D:山井、高橋聡、鈴木、岡本-谷繁

[勝] 岡本1試合1勝
[敗] 佐々木1試合1敗
[本] (中)ウッズ1号ソロ(6回、川村)、高橋光1号2ラン(9回、佐々木)

4月2日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0403<速報記事より>
中日代打切り札・高橋光が逆転サヨナラ弾 」(ニッカン)
中日連夜のサヨナラ 高橋光逆転弾 」(スポニチ)
代打高橋光、サヨナラ弾 」(デイリー)

落合監督
「ピッチャーがよく繋いで投げてくれた。最終回の攻撃は谷繁のヒットがポイントになった。とにかくこの2連勝で選手たちも落ち着いてくれるだろう。」
高橋光選手
「みなさんの声援が伝わりました。ありがとうございます!初球から思い切り振ろうと思って打席に立ちましたが打った自分が一番びっくりしています。ファンのみなさんの声援がこの結果を生んだと思います。明日からも球場で暖かいご声援をよろしくお願いします!」

荒木選手(5回犠飛について)
「スライダー、最低限の仕事ですが、各ランナーを進めることができたので、よかったですね」
ウッズ選手(HRについて)
「ストレート、1号ホームランが出てうれしい。でも、何よりとにかく今日も勝ちたいね。」
山井投手
「昨日の流れを今日も続けたかったのですが、自分で一人だけ空回りしてしまった気がします・・・・。」

本日も劇的勝利!!こんな事があるんですね。試合展開からいくと今日はやばいなぁーと思ってましたが、光信がHRを打ってくれるとは。2夜連続でこんな勝ち方をしてくれると興奮しすぎて今日も浅い眠りになりそうです。
本日のトーチュー紙面ではジャッキー先発予想でしたが、山井と言う事で少し安心して見れそうな感はありましたが、始まって見ると前半に失点して今日は追う展開。5回をよく3失点で抑えたかなと思ってます。初登板となった、聡文と鈴木は良かったですね。岡本に関しては今年も付きをもってそうすね。
打撃のほうはタイロンにも一発が出て、あとは犠打はあるにしろ孝介待ちですかね。ちょっと気になったのはアレックスのは入ったいたのか?入っていなかったのかどっちなのでしょうかね?
それにしても、今日の勝ちは大きいですね。敗戦濃厚からひっくり返したわけですから、この勢いで明日も勝って昨年同様、地元3連勝といきたいですね。

| | コメント (7) | トラックバック (9)

2005/04/02

4月1日 D4x-0YB (○)開幕戦

プロ野球中日が球団初の2連覇と51年ぶりの日本一へ向け1日、ナゴヤドームに横浜を迎えて今季をスタート。愛知万博(愛・地球博)の日本館総館長を務める女優の竹下景子さんの始球式で、シーズンの幕が開いた。試合は0-0の9回、先頭立浪が三塁打の後、ウッズ、福留の敬遠で無死満塁。ここでアレックスが左翼に劇的な本塁打を放った。投げては川上が6安打完封。結果はD4x-0Yで開幕戦をサヨナラで勝利した。

4月1日(金) 中日 vs 横浜(中日1勝 ナゴヤドーム、18:02、36200人)
 123456789
ベイスターズ00000 00000
ドラゴンズ000000 004x4
Y:三浦-相川
D:川上-谷繁

[勝] 川上 1試合1勝
[敗] 三浦 1試合1敗
[本](中)アレックス1号満塁(9回、三浦)

4月1日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0402a<速報記事より>
中日、連覇へ劇的発進 プロ野球、セも開幕 」(中スポ)
中日、劇的サヨナラ=プロ野球・中日-横浜 」(時事通信)
中日アレックス、自身初のサヨナラ満塁弾 」(ニッカン)
アレックスがサヨナラ満塁弾 」(デイリー)

落合監督
「今日は守り勝ち。開幕戦の硬さもあっただろうがみんながよく守った。アレックスも粘ってくれたし川上もよく我慢してくれたと思う。」
アレックス選手
「みなさんの応援に心から感謝します。開幕戦は本当にエキサイティングです。相手のピッチャーも良かったのですが最後の打席はファールで粘って良いバッティングできたと思います。新しいメンバーも加わってすばらしいチームであることは間違いないのでこれからも今日のような良い勝ち方をしていきたいと思います。サヨナラ満塁本塁打は初めて。ぼくのキャリアで初めてだ。もっと早く点を取っておかないといけない試合。本塁打もいいけど、開幕戦で勝てたことが一番うれしいね」
川上投手
「本当にすばらしいゲームをファンの皆さんに見てもらえて幸せに思います。(今日のピッチングを振り返って)ファンの皆さんの応援がしっかりと聞こえていました。その後押しがあったからこそ今日のピッチングができたと思います。次もしっかりとしたピッチングをして勝っていきたいです。自分とアレックスがヒーローになったけど、井端のファインプレイや谷繁さんがピンチの時に盗塁を刺してくれたりと全員の勝利だと思います。三浦さんがいいボールを投げていたので、自分にもより一層気合いが入った」

9回までは三浦に見事に抑えらてましたが、何とか9回に反撃して勝利!!
ある意味チャンスを作った立浪に感謝ですね。(横浜、鈴木尚にも感謝してますけど)アレックス6番が開幕戦で見事に発揮しましたね。これもタイロン効果でしょうか。憲伸も毎回のごとく我慢の投球をしいられていますが、さすがエースですね。今年も打線は湿っているのかなと思う今日この頃ですが、三浦が良かったと思う事にして、明日はもう少し楽な展開で勝ってほしいかな。

<中日の山本昌が左足痛める>(サンスポ)
山本昌投手が1日、鳴尾浜球場で行われたウエスタン・リーグの阪神戦で先発したが、一回に一塁ベースカバーに入る際に左足を痛め、大事をとってわずか3人の対戦だけで降板した。

山本昌投手
「大丈夫。投げると言ったが、佐藤(2軍)監督からやめろと言われた。(公式戦の登板日は)変わりはない」

ちょっと心配しましたが、大丈夫そうなので安心しました。ヤクルト戦は頼みますよ!

| | コメント (11) | トラックバック (12)

2005/04/01

05開幕!Road To Victory!!

セ・リーグペナントレースは1日、一斉に開幕する。ナゴヤドームに横浜を迎え、05年のスタートを切る。

落合監督 自然体で日本一 プロ野球セ・リーグきょう開幕 」(中スポ)
中日落合監督、日本一へ自信 」(なにわWEB)
落合監督は自信「日本一になる」 」(デイリー)

落合監督
「心境? 何もない。シーズンが始まるというだけだから。普通のことを普通にやってくれれば負けることはないよ。開幕ダッシュはまったく考えていない。8月くらいまではダンゴレースでいいと思っている。やってみなければ分からないから、交流戦も最低限で五分ならいいと思っている。選手に気持ちよくグラウンドに出てもらって、気持ちよく野球をしてもらうことが監督の仕事。やるのは選手たちだから」
井端選手
「相手がどこでも、自分達の野球をやるだけでしょう。一人ひとりが、試合に勝つために何をしなければならないかを考えていればいい。自分自身の役割を果たせば結果は出るでしょう」
福留選手
「久々だけど、去年の開幕前とそんなに気持ちは変わらないかな。いつもと一緒。調子はいいんでね。いい状態で開幕を迎えられるのは間違いない」
荒木選手
「(横浜、三浦について)それは去年で終わったこと。ほかのことも含めてリセットされています」

待ちに待ったセリーグ開幕。昨年の悔しさをバネに連覇へ向かってほしいです。一部ではセリーグの連覇は厳しいと囁かれていますが、戦力は十分にあると思うし、監督が言うように普通にやれば勝てると思う。あとケガだけは注意して選手一人ひとり、1年間頑張ってくれれば言う事ないですね。

<開幕投手は憲伸?>
2年ぶり3度目の開幕投手が有力な川上憲伸投手はこの日、ランニングやキャッチボールなど軽めの調整。

憲伸 以心伝心…監督の信頼に重圧?早すぎです 」(中スポ)
中日・憲伸、開幕投手サプライズ不要 」(スポニチ)
竜開幕投手、今年は川上「重圧に負けぬ」 」(なにわWEB)

川上投手
「煙に巻くわけじゃないですけど何も聞いてません。でも監督の意志とこっちの意志がハッキリしていないと先が見えなくなる。(開幕投手は)今さら言わなくても分かっているだろうと言うことかも知れない」

普通に考えたら、開幕投手はやっぱり憲伸でしょう。頼みますよ!

<ウッズ55本狙う>
新4番タイロン・ウッズ内野手(35)が日本記録の55本塁打を今季の目標に掲げた。昨年まで在籍した横浜を本拠地ナゴヤドームに迎えての開幕戦でまず勝利に直結する1発を狙う。

ウッズ、古巣・横浜を挑発 」(スポニチ)
中日ウッズ目標55本!新4番吠えた 」(なにわWEB)
ウッズが古巣・三浦を挑発!「オレを怖がっている」 」(サンスポ)
ウッズ、清原バットで量産 」(報知)

ウッズ選手
「特定の数字を意識すると力んでしまうから…。ただローズ、カブレラが打てたのは後ろにすごい打者がいたから。その点では福留が5番を打ってくれれば僕にも可能性があると思う」

40本ぐらい打ってくれればいいかな。大きいのもそうですが、今年は広角に打てる打撃で率も残してほしいですね。

<野口、左肩再検査も特に異常なし>(スポニチ)
左肩違和感で3月30日に名古屋市内の病院で再検査を受けた中日の野口茂樹投手(30)は診断の結果、特に異常は見られず、きょう1日からネット投げを開始する。

ドミンゴ同様、5月ぐらいまでに戻って来てくれるとありがたいですね。でもゆっくりちゃんと治してほしい。

<登録名変更>(サンスポ)
桜井好実外野手(20)の登録名が桜井嘉実に変更された。

<川相が少年野球チームを招待>
ナゴヤドームに少年野球チームを招待する。5月14日のソフトバンク戦など10試合が対象。

川相ボックス招待について 」(オフィシャル)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »