« 立浪、サード復帰 | トップページ | 6月21日 D3-4T (●) »

2005/06/21

M's vs NY Mets (6/17-6/19)

マリナーズは、17日から19日本拠地セーフコ・フィールドで行われたニューヨーク・メッツとのインターリーグ戦を3連勝と申し分の無い内容。2戦目のペドロ攻略は良かったですね。
時節は明日(20日)から同地区オークランド4連戦。ここは勝ち越しして最下位との差を広めてほしいところ。先発はシーリー。前回同様な投球でお願いしたいですね。


<<メッツ1回戦>>
2005_0621aイチロー外野手は、メッツ先発の石井一久投手から先制の5号3ラン本塁打を放つなど4打数3安打、4打点、1得点の活躍。
イチローの一発で先制したマリナーズが、その後もイチローのタイムリーなどで加点。投げては先発のジェイミー・モイヤー投手が8回途中までメッツ打線を無失点に抑える好投を見せ、5-0で快勝している。勝ち投手は、7回2/3を投げて6安打無失点のモイヤーで6勝目(2敗)。

2005/06/17(金) 19時05分、セーフコ・フィールド(日本時間18日 11時05分)

Final123456789R
NY Mets0000000000
Seattle03001100x5

[勝] モイヤー6勝2敗 [S]
ネルソン1S

[敗] 石井1勝6敗
[本] (マ)イチロー5号3ラン

6月17日試合結果Game Box

イチロー、石井から先制3ラン含む3安打4打点! 」(MAJOR.JP)
マリナーズ監督、「イチローのアーチで楽になった」 」(MAJOR.JP)
3安打で石井粉砕 カギは高い適応能力 」(MAJOR.JP)

ハーグローブ監督
「イチローの2回の先制ホームランで我々は楽になった。それにジェイミーは本当に最高だったね。「(イチローは)ここ2日よりもバットがよく振れているね」
イチロー選手
「うーん、ホームランの感触はなかったですね。越えてほしいと思ったけど、(実際に)越えるとは思ってなかった」


<<メッツ2回戦>>
メッツの先発マウンドに立った。ペドロは“マリナーズキラー”としても知られ、これまでマリナーズ戦の成績は13勝負けなし。
見せ場は続く4回。マリナーズはジェレミー・リード中堅手、ホセ・ロペス二塁手の連打で無死二、三塁のチャンスを作る。ここから、マイク・モース遊撃手、デーブ・ハンセン三塁手の連続タイムリーで2点を先制。さらにウィンのタイムリーで2点を追加して計4点。その4点を守った。メッツに連勝。8回を5安打1失点に抑えたライアン・フランクリン投手で5月8日以来の今季3勝目(8敗)を挙げ、9回に登板した守護神エディー・グアダード投手が19セーブ目をマークしている。

2005/06/18(土) 19時05分、セーフコ・フィールド(日本時間19日 11時05分)

Final123456789R
NY Mets0000001001
Seattle00040000x4

[勝] フランクリン3勝8敗 [S] グアルダード1敗19S

[敗] マルティネス7勝2敗

6月18日試合結果Game Box

イチローが4の0も、マリナーズはペドロに初勝利 」(MAJOR.JP)
マ軍、マルティネスを攻略 イチローはかく乱される 」(MAJOR.JP)


<<メッツ3回戦>>
序盤からマリナーズのペース。6回表に1点差まで迫られたものの、その裏にすかさず4点を追加してメッツを突き放した。結局、17安打を放ったマリナーズが11ー5で大勝し、メッツをスイープ(シリーズ全勝)している勝ち投手は、5回1/3を投げて8安打、5失点のギル・メッシュ投手で7勝目(4敗)。

2005/06/19(日) 13時05分、セーフコ・フィールド(日本時間20日 05時05分)

Final123456789R
NY Mets0100040005
Seattle21300410x11

[勝] メッシュ7勝4敗

[敗] グラビン4勝7敗
[本](メ)フロイド16号ソロ
   (マ)セクソン15号2ラン

6月19日試合結果Game Box

イチロー「猛打賞」で3割復帰 マリナーズはメッツを3タテ 」(MAJOR.JP)
イチロー3割復帰 1試合3安打 」(MAJOR.JP)


□AL WestWL%GBHomeAwayDivStreak
□LA Angels3929.574---18-1421-1511-6Lost 1
□Texas3730.5521.521-1416-169-8Lost 1
□Seattle3136.4637.518-1713-196-10Won 3
□Oakland2939.4261019-1510-247-9Won 2

2005_0621b この3連戦でハーグローブ監督も重い腰を徐々に動かした印象。
不振のベルトレイとブーンを交互に休ませて、若手で期待が大きい、モースとロペスを起用したりしていますね。いい事です!!

 ベルトレイに関しては、昨年ドジャースでブレイクしましたが移籍してきてからは、ア・リーグには合わないのかが疑問。ちょっとシリーロと被る嫌な匂いを感じ始めました。ブーンは年齢からくる衰えとは思いたくないので調子を上げてほしいです。ケガで出遅れたロペスがやっと復帰してくれてチームの活性化が進んでいます。

今回のメッツ3タテは初戦、石井投手を攻略したのが波に乗った印象。2戦目は苦手ペドロからやっと勝利。毎回、負けを見ていたので正直嬉しいですね。(正直結果を見るまで信じてなかったです)
これで借金があと5つ。徐々に返して、まずはテキサスの尻尾を掴んでほしいです。何とか最後はアナハイムを交わしてほしいですね。


<<他MLB情報>>(MAJOR.JP)
46歳フランコ、2打席連発でメジャー新記録樹立
メッツがキャメロンのヤンキース移籍を完全否定
前巨人のミセリ、古巣ロッキーズでメジャー復帰

実質50とも噂されているフランコ凄いですね。
ミセリは決まった模様(笑

|

« 立浪、サード復帰 | トップページ | 6月21日 D3-4T (●) »

野球(マリナーズ05公式戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M's vs NY Mets (6/17-6/19):

» アマチュアまで必要なのか、ロッキーズ [SEABLOGスポーツ]
 巨人を解雇されたミセリ投手がロッキーズでメジャーリーグに昇格したそうだ。 [続きを読む]

受信: 2005/06/21 11:38

« 立浪、サード復帰 | トップページ | 6月21日 D3-4T (●) »