« M's vs Florida (6/7-6/9) | トップページ | 6月14日 D1-4Bs (●) »

2005/06/14

M's vs Washington (6/10-6/12)

マリナーズは、10日から12日敵地、RFKスタジアムで行われたワシントン・ナショナルズとのインターリーグ戦に3連敗を喫した。
大家投手とイチローとの日本人対決も話題になりましたが大家投手の電撃トレードにより実現せず。

13日は移動日で試合は無し。14日からはフィリーズ3連戦に挑む。


<<ナショナルズ1回戦>>
終盤までリードしていたが、同点で迎えた8回にマウンドへ上がった長谷川滋利投手が先頭のホセ・ギーエン右翼手にヒットを許し、さらに四球、犠打、敬遠で1死満塁のピンチを招くと、連続安打を浴びて3点を献上。再び1死満塁となって降板したあとは、代わったマット・ソーントン投手が連続で押し出しの四球を与えるなどして油に火を注ぎ、この回の大量失点につながった。わずかワンアウトしか取れずに降板した長谷川は、1/3回を投げて3安打、3四球(1敬遠)、6失点。負け投手。

2005/06/10(金) 19時05分、RFKスタジアム(日本時間11日 08時05分)


Final123456789R
Seattle0002010003
Washington00001116X9

[勝] アヤラ6勝3敗

[敗] 長谷川1勝2敗
[本] (マ)セクソン14号ソロ

6月10日試合結果Game Box

イチロー5戦連続1安打でM2、長谷川は乱れて2敗目 」(MAJOR.JP)

長谷川投手
「(2人目の)ジョンソンへのフォアボールがすべて。あれで苦しくなった」


<<ナショナルズ2回戦>>
2死二塁の先制機で迎えた5回の第3打席は、カウント2-2からの6球目を狙いすましたように打つと、打球がファーストを強襲し、ライト前へのヒット。この間に二塁走者のマイク・モース遊撃手が生還し、マリナーズは前日同様、先制点を挙げが、すぐさま同点とされると7回に勝ち越され、1-2で前日に続く敗戦を喫している。負け投手は7回からマウンドに上がったJ.J.プッツ投手で2敗目(1勝)。1イニングを投げて、2安打1失点だった。

2005/06/11(土) 19時05分、RFKスタジアム(日本時間12日 08時05分)

Final123456789R
Seattle0000100001
Washington00001010X2

[勝] パターソン3勝1敗 [S] C・コルデロ18S

[敗] プッツ1勝2敗

6月11日試合結果Game Box

イチローがメジャー通算1000本安打に王手! 」(MAJOR.JP)


<<ナショナルズ3回戦>>
3点を追うマリナーズは6回、先頭のウィリー・ブルームキスト二塁手がセンター前ヒットで出塁。1死後、ライアン・フランクリン投手の代打グレッグ・ドッブスが二塁打を放って1点を返したが、この1死二塁の場面で4回目の打席に立ったイチローは、カウント1-1からの3球目を打ってショートゴロに終わっている。7回にも1点を追加し、1点差に迫ったが攻撃はここまで。序盤の拙攻が響き、2-3で敗戦。ナショナルズを上回る10安打を放ちながら3連敗となった。負け投手は、5回3失点のフランクリンで8敗目(2勝)。

2005/06/12(日) 13時05分、RFKスタジアム(日本時間13日 02時05分)

Final123456789R
Seattle0000011002
Washington02010000X3

[勝] アーマス3勝3敗 [S] C・コルデロ19S

[敗] フランクリン2勝8敗
[本] (ナ)スパイビー6号2ラン

6月12日試合結果Game Box

イチロー1000本安打に足踏み、今季初打率3割切る 」(MAJOR.JP)
1本が出ないイチロー 12年ぶり6月以降の2割台 」(MAJOR.JP)
マリナーズのブーン、61試合目で今季初のスタメン落ち 」(MAJOR.JP)

ハーグローブ監督
「(ブーンについて)精神的にも苦しんでいる。明日は試合がないから2日休むことで調子を戻してもらいたい」
ブーン選手
「欠場となっても、怒ったりしない。気持ちを入れ替えるいい機会になるからね。でも守備固めや代打で出るということになれば完全にリラックスはできないね」

□AL WestWL%GBHomeAwayDivStreak
□LA Angels3626.581---15-1121-1511-6Won 1
□Texas3328.5412.517-1216-169-8Won 1
□Seattle2635.4269.513-1613-196-10Lost 3
□Oakland2537.4031115-1310-247-9Won 1

差が縮まるどころかナショナルズ戦の3連敗が響いてますね。それにしてもライアンは3戦目に登板しましたが勝てませんね。やっぱり一発病が出るので打線のリズムが悪いのかな?2勝(8敗)は大きいです。
ブーンも不調で休養。セクソンは当たりが出たり出なかったりだし、ベルトレイも調子は一向に上がってこない。ここに来てイチローも下降気味ですからチーム状態も上がってこないですね。


<<他MLB情報>>(MAJOR.JP)
<ナショナルズ大家、電撃トレード>
ブルワーズは10日、ナショナルズから大家友和投手(29)を獲得し、ジュニア・スパイビー内野手を出すトレードが成立したと発表した。大家は同日、マリナーズ戦で先発する予定だった。

大家がブルワーズへ トレード成立と発表 」(MAJOR.JP)
「監督との衝突は無関係」 大家放出のナショナルズGM 」(MAJOR.JP)

投手交代をめぐって罰金、罰走。確執はないとは言うけど、確執でしょね。

|

« M's vs Florida (6/7-6/9) | トップページ | 6月14日 D1-4Bs (●) »

野球(マリナーズ05公式戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M's vs Washington (6/10-6/12):

« M's vs Florida (6/7-6/9) | トップページ | 6月14日 D1-4Bs (●) »