« 9月6日 D5-2T (○) | トップページ | 9月9日 D0-3G (●) »

2005/09/13

9月7日 D3-4T (●)

 ドラゴンズは7日、阪神タイガース19回戦を行い、チャンスを活かせず、競り負ける。
 十一回、6番手平井が途中出場の先頭中村豊に左へソロアーチを浴び、決勝点を奪われた。直接対決にふさわしい熱戦。お互いが持ち味を出し尽くし、阪神は継投で攻め、中日は打線が粘った。
 七回は中継ぎエース藤川をとらえ、二死一塁から谷繁が右中間フェンス直撃の二塁打で同点。2点を追う九回は、抑えの久保田を崩した。無死二、三塁とし野選と井上の犠飛で同点。さらに一死満塁としたが、代打渡辺、ウッズが三振に倒れ、サヨナラ機を逸したのが痛かった。

□中日-阪神19回戦(阪神10勝9敗、18時1分、ナゴヤドーム、38、200人)

 阪 神 000 100 011 01-4
 中 日 000 000 102 00-3
 (延長11回)

(勝)久保田59試合5勝4敗23S
(敗)平井46試合4勝4敗1S
(本)(神)金本33号ソロ(4回、川上)、中村豊1号ソロ(11回、平井)


9月7日 試合結果ニッカンスコアー

<監督、選手コメント>
落合監督
「監督で負けた。」
川上投手
「あの一球ですね。先制点をむこうに与えるということは、むこうの勝ちペースにはまってしまうので、こういう試合では絶対に避けなければならないのに、そこが悔しいです。」
谷繁選手
「(7回同点のタイムリー)打ったのはストレート、何とかしたかった。」
平井投手
「打たれた球は高くなったというか内に入ってしまった。(入るか)どうかなと思ったが…。切り替えていくしかない」

|

« 9月6日 D5-2T (○) | トップページ | 9月9日 D0-3G (●) »

野球(ドラゴンズ05 公式戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月7日 D3-4T (●):

« 9月6日 D5-2T (○) | トップページ | 9月9日 D0-3G (●) »