« 9月9日 D0-3G (●) | トップページ | 9月11日 D1-2G (●) »

2005/09/13

9月10日 D5-8G (●)

 ドラゴンズは10日、読売ジャイアンツ18回戦を行い、投打がかみ合わず3連敗。阪神とのゲーム差は5に。
 打線が桑田を打ちあぐねた。二回に森野の適時打で1点、五回は井端、立浪の連続適時打で2点を奪ったが、いずれも相手の失策がらみ。五回は2点を取ってなお二死一、二塁としながらウッズが三振に倒れるなど打ち崩せなかった。
 先発マルティネスは乱調。一回二死三塁から小久保に2ランを浴びて2点を失い、三回にも失策と小久保の2打席連続2ランで3点を奪われた。七回に同点に追い付いた直後には遠藤、高橋聡が打ち込まれて3失点。試合を決められた。(中スポWEB)

□巨人-中日18回戦(中日11勝7敗、18時、東京ドーム、43、841人)

 中 日 010 021 100 5
 巨 人 203 000 30× 8

(勝)久保59試合7勝3敗7S
(S)林50試合2勝2敗15S
(敗)遠藤10試合2勝1敗
(本)(中)森野8号ソロ(6回、桑田)
   (巨)小久保31号2ラン(1回、マルティネス)、
         32号2ラン(3回、マルティネス)



9月10日 試合結果ニッカンスコアー

<監督、選手コメント>
落合監督
「勝つために悪いところはテコ入れしていくよ。」
森野選手
「(2回のタイムリー)打ったのはストレート。チャンスだったし、セカンドランナーを返す事だけ考えていました。
 (6回のホームラン)打ったのはシュート。甘く入ってきてくれました。先っぽだったので感触はありませんでした。入ってくれて良かったです。」
井端選手
「(5回のタイムリー)打ったのはカーブ。意識を右方向にもっていたので、なんとかボールについていくことができました。」
立浪選手
「(5回のタイムリー)打ったのはストレート。次の打者に繋ごうと思っていました。」
ウッズ選手
「(7回のタイムリー)打ったボールはわからない。ランナーを返すためにジャストミートを心がけた。」
マルチネス投手
「ノーコメント。」


<プロ野球の公示(10日)>
【出場選手登録】(↑)小笠原孝投手
【同抹消】    (↓)山本昌投手

|

« 9月9日 D0-3G (●) | トップページ | 9月11日 D1-2G (●) »

野球(ドラゴンズ05 公式戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月10日 D5-8G (●):

» 泣くのはまだ早いよ>自分 [ドラゴンズ愛〜MANA'S DIARY]
お疲れ様でした。。。 色んなこと書いてたんですが… まとめて省略しちゃった。 同点に追いついた時勝てると思ったよ! が、今日の感想。 マルちゃん不調でもピッチャー交代なかった。 あっきーの場面でも。 解説は(監督に敬意を表して?) 「見極めてる」「ポーカーフェイス」と言ってたけど 全然そうは見えなかったよねぇ。 チームは苦しんでいます。 でも、泣いてなんかいられない。 わたしにできる精一杯の�... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 15:53

« 9月9日 D0-3G (●) | トップページ | 9月11日 D1-2G (●) »