« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/30

9月29日 D5-4YB (○)

2005_0930 ドラゴンズは29日、横浜ベイスターズ21回戦を行い、延長戦を制し、2位確定。
 延長十回、森野の左中間二塁打と送りバントで一死三塁とし、谷繁のスクイズで決勝点を奪った。先発の佐藤は6回3失点と粘ったが、2番手岡本が誤算だった。最後は岩瀬が締め44セーブ目。(中スポWEB)


□横浜-中日21回戦(中日13勝7敗1分、18時、横浜、8、895人)

 中 日 000 003 100 1‐5
 横 浜 200 100 100 0‐4
 (延長10回)

 ▽勝 鈴木43試合5勝3敗
 ▽S 岩瀬58試合1勝2敗44S
 ▽敗 クルーン52試合3勝2敗25S
 ▽本塁打 佐伯19号(2)(佐藤)


9月29日 試合結果ニッカンスコアー

<記事一覧>
落合監督、「来季頑張る」 」(中スポ)
100打点コンビ誕生!球団初だ!福留&ウッズ 」(中スポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(決勝点のスクイズは初球のフルスイングの空振りがいい撒餌になりましたね、という記者から質問に対して)無警戒だったからな。
(阪神の優勝について)今年のペナントはこれで終わったようなものだ。明日から来年に向けた戦いになる。メンバーは、そうは変わらないよ。足りなかったものはこれから分析して、キャンプに備える。持っている力は出したと思うよ。
(投手陣の整備に関する質問に対して)今いる奴で頑張ってもらうしかない。来年、誰が出てくるかわからないよ。」
佐藤投手
「今日は自分のミスで点を取られてしまったので、野手の方に申し訳なかったです。皆さんに助けられて、何とかゲームは作れてよかったのですが、点を取られたのは全部自分のミスなので、しっかり反省して、次に活かしたいと思います。」
アレックス選手
「(6回のタイムリーについて)打ったのはスライダー。ランナーを返すように集中力をもって打ったよ。いいところを抜けてくれたね。」
谷繁選手
「(6回の犠牲フライについて)打ったのはストレート。最低限の仕事ですね。
(決勝点となったスクイズについて)1球目はサインでした。うまく決められたと思います。
シーズン最後までみんな精一杯戦います。また来年に向けて頑張っていきたいと思います。」
ウッズ選手
「(7回のタイムリーツーベースについて)強く振ることだけを心がけていたんだ。」


 えーと、まずは大塚地区優勝おめでとう!!あとはトラファンの方達もおめでとう(^^ゞ

 最近更新を怠っている間に、いろいろとありましたね。2番ショート三輪とか(w)4番FUJIIに継ぐ出来事でした。まっくんの暴挙に始まり、野口くんの骨折と・・・・。悪いことも多々ありましたが、まとめて6試合分を更新するのも大変なことに気づきました(^^ゞ5試合分は、結果のみですm(__)m

 前回ジャイアンツに3連敗を喫しリベンジに臨んだナゴドではきっちりお返しをしてジャアンツ戦を見事にスウィープ。久しぶりに勝ち越しを決めたりと良い事はありましたね。

 さて、昨日のハマ戦は勝って何とか意地は見せた感はあるのですが、同時に阪神も勝って優勝。ドラとしては悔しい限りですが、連覇というものは難しいと実感しました。今年は、ちょっとケガ人が多すぎましたね。来期はしっかり身体をケアして1年間戦える耐力作りをこのオフにしてほしいです。

 あとは個人記録と若手の育成に臨んでほしい。かな?

 岩瀬の最多セーブ記録と孝介の首位打者と出塁率。何とか取ってほしいです。
若手ではハム太郎!!最近は代走ばかりの悲しい状況。昨日は10回立浪さん四球のあとに1塁へ・・・。微妙なところはありましたが・・・・。打席に立たせてほしいなぁー。監督!!

 投手陣では、エースばりに頑張る中田くんも、もう1勝してほしいかな。カバちゃんも昨日は佐伯選手1人にやられた感はありますが、何とか試合を作って来期に繋がる内容。ここに来て若手の投手が粋がいいので来期は投手王国復建に臨んでほしいです。石井くんにも期待してますし、聡文が予備軍で先発をして内容が良かったみたいですから、本当に楽しみです。

 あとは、中里くんかな。ナゴドのカープ戦では登板するのでしょうか?

中里 1軍へ加速 あるぞ30日広島戦マウンド 」(中スポ、ファーム情報より)

見てみたい反面、無理は禁物といったところ。でも楽しみが増えましたね。

 いろいろと投手陣は明るい話題が多い今日この頃。憲伸がちょっと心配かな。

今、そんなことを思ってますが、まだシーズンは残っているのでもう少し頑張ってもらいましょう。


<FA権取得の谷繁とシーズン終了後に交渉>(サンスポより)
中日がシーズン終了後に今年8月に3度目のFA権を取得した谷繁元信捕手(34)とFAに関する交渉を行うことが、明らかになった。伊藤球団代表が明かしたもので本人の意思を確認、場合によっては引きとめ交渉を行う。

昨日のヒーローインタビューで声が小さかったですが、来期は頑張りますと発言。どうするのかな?抜けられると痛いですが、前田や小山に期待して育ててもらいたいとも思う。難しいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (6)

9月28日 D1-6YB (●)

 ドラゴンズは28日、横浜ベイスターズ20回戦を行い、川上が打ち込まれ、連勝は4でストップ。
 川上は五回まで1失点で踏ん張ったが、六回に崩れた。一死から5連打で2点を失い、さらに二死満塁から門倉に走者一掃の適時二塁打を浴びてこの回5失点。打線もわずか3安打1得点に抑えられた。(中スポWEB)

□横浜-中日20回戦(中日12勝7敗1分、18時、横浜、8、437人)

 中 日 000 000 100-1
 横 浜 001 005 00×-6

▽勝 門倉26試合11勝7敗
▽敗 川上25試合11勝8敗
▽本塁打 小池18号(1)(川上


9月28日 試合結果ニッカンスコアー


<監督、選手コメント>
落合監督
「そんなに、憲伸ひとりに責任をおわせるな。他にも働いていないピッチャーが何人もいるだろう。ここまで11勝という勝ち星は不満だと思うけど、2年続けて(二ケタ)勝ったことがないピッチャーが続けて仕事をしたんだから、来年につながるよ。もちろん憲伸は秋のキャンプに連れて行く、秋は休ませない。たっぷり走りこませる。勝てなきゃ練習で強くするしかしょうがないんだから。そうとうきつい練習が待っているんじゃないか。」
川上投手
「いろいろ試しているんですが…。今まで自分がやっていた事と同じ事をやろうとしているんだけど、リズムが悪いので何か変えようとしても、その結果打たれてしまって、やってる方向性があってるかどうか迷ってしまう。我慢するしかないですね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月27日 D5-2YB (○)

 ドラゴンズは27日、横浜ベイスターズ19回戦を行い、中田が好投し、4連勝。
 先発中田は直球に切れがあった。7回2/3を5安打1失点に抑え、6連勝で8勝目を飾った。打線は福留が好調で、三回に先制左越え二塁打を放つと、六回も28号ソロ本塁打。抑えの岩瀬は43セーブ目を挙げた。(中スポWEB)


□横浜-中日19回戦(中日12勝6敗1分、18時1分、横浜、7、679人)

 中 日 003 000 020-5
 横 浜 000 001 001-2

 ▽勝 中田14試合8勝2敗
 ▽S 岩瀬57試合1勝2敗43S
 ▽敗 三浦26試合10勝9敗
 ▽本塁打 アレックス18号(2)(三浦)福留28号(1)(三浦)


9月27日 試合結果ニッカンスコアー


<監督、選手コメント>
落合監督
中田投手は前回の反省点を生かしましたね?との質問に)ピッチャーに聞いて。どこをどう修正したかは知りません。ただ、前回よりは良かった。ピッチャーのことはわかりません。ただ、成長はしているのは確かだ。今は成長する年齢でもある。
(岩瀬投手のセーブ記録について)セーブの付く展開なら出すよ。43セーブだろ?大負けしていたら出せない。大勝ちをしていても出せないよ。セーブの付く展開じゃないとね。」
中田投手
「腕は良く振れていたと思いますが、コントロールは今一つだったように思えます。四球を出さないようにと思っていたのですが・・・・・。反省点が多いので、次に生かしたいと思います。
コントロールが今ひとつだったのでフォアボールを出さないように気をつけました。ただ腕は振れていたので思い切って投げることができたと思います。今日は自分の思うところにボールが行かなかったので納得できる投球ではありませんでしたが勝つことができてうれしいです。登板を重ねてだんだんと自分のピッチングができてきた思います。次は完投できるようにがんばります。」
福留選手
「(3回の先制タイムリーについて)打ったのはストレート。井端さんによく走ってもらいました。
(8回のホームランについて)打ったのはストレート。良い打ち方ができました。」
アレックス選手
「打ったのはシュート。集中力を高めて、思い切り振ったよ。良いスイングだったね。」
岩瀬投手
「(シーズン最多記録にあと「2」について)試合展開もあるから」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月25日 D3-0G (○)

 ドラゴンズは25日、読売ジャイアンツ20回戦を行い、先発山井の好投で3連勝。
 先発山井は一回一死一、二塁を併殺で切り抜けて波に乗った。直球とスライダーがさえ、8回を3安打無失点。打線は六回に福留の先制2ラン、八回にもウッズの適時打で1点を加えた。山井は3勝目。九回を締めた岩瀬が42セーブ目を挙げた。(中スポWEB)

□中日-巨人最終戦(中日14勝8敗、18時、ナゴヤドーム、35、300人)

 巨 人000000000-0
 中 日00000201X-3

 ▽勝 山井27試合3勝5敗1S
 ▽S 岩瀬56試合1勝2敗42S
 ▽敗 上原26試合8勝12敗
 ▽本塁打 福留27号(2)(上原)


9月25日 試合結果ニッカンスコアー


<監督、選手コメント>

落合監督
「(山井について、今日は良かったですねの問いに対して)できるというより、これくらいはしてもらわないと困る。これで一皮剥けるんじゃないか。でもキャンプをやっていないから仕方ないわな。中継ぎに回って何かをつかんだという事もあるかもしれないな。」
福留選手
「(6回のホームラン)打ったのはストレート。初回のチャンスをつぶしたから何とかしようと思った。狙っていました。
手応えはよかったです。山井が頑張って0に抑えていたので、何とかして先制点をプレゼントしてやろうと思って。上原さんから打てたことが良い自信になります。
(100打点について)目標にしていたので、もっと上積みできるようにがんばります。1日1日大切に頑張っていきます。」
山井投手
「勝つことしか考えていませんでした。ひとりひとり大事に自分のピッチングをすることだけ心がけました。
与えられた仕事を、必死にやろうと思いました。先発の時は、自分のミスで負けてしまうことが多かったので、できることを必死にやろうと思います。1イニング1イニング必死に投げていきます。最後まで必死に戦いますので、応援よろしくお願いします。」
岩瀬投手
「(プロ野球記録にあと3となる42セーブ)記録?試合展開もあるし自分のやることをやるだけ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月24日 D11-5G (○)

 ドラゴンズは24日、読売ジャイアンツ21回戦を行い、投打に巨人を圧倒し2連勝。
 プロ初先発の石井は力のある直球を主体に5回を4安打無失点。打っても四回一死二、三塁で右翼線2点二塁打と活躍した。打線も17安打11得点と新人左腕を援護。(中スポWEB)

□中日-巨人21回戦(中日13勝8敗、18時、ナゴヤドーム、38、200人)

 巨 人 000 000 032  5
 中 日 100 214 30X 11

 ▽勝 石井23試合3勝1敗
 ▽敗 西村11試合2勝3敗
 ▽本塁打 ウッズ36号(1)(岡島)小久保34号(3)(金剛)

9月23日 試合結果ニッカンスコアー


<監督、選手コメント>
落合監督
「(石井投手について)これぐらいやれると思っている。ただスタミナがないからな。その練習をしていないから仕方がない。これから時間があるから、いくらでも練習出来る。4回辺りから投げ方が悪くなった。課題は、その辺りだな。もう1つ球種があればいいんじゃないかな。この後どういう使い方になるか分からない。
これから先ゲームは勝ちに行く。テストケースの登板は、させない。お客さんに失礼だ。オープン戦じゃあるまい。そんなのしたらお客さんが来なくなるよ。」
石井投手
「プロに入って初めて先発を任されたけど、自分の気持ちを負けないように集中して、思い切り投げました。
ありがとうございます。先発をやってみたい気持ちがあったので、今日の良いピッチングができて良かったです。谷繁さんのリードのおかげです。
自分の気持ちを強くもって投げました。これからも頑張っていきたいと思います。」
立浪選手
「(1回先制タイムリーについて)打ったのは、ストレート。良い所に飛んでくれたので、ラッキーでした。」
ウッズ選手
「(5回ソロホームランについて)ストレート。2ストライクと追い込まれたので、プレート付近のボールは思い切り振ろうと思っていた。会心の当たりだね。(6回タイムリーについて)カーブ。ジャストミートを心がけた。ランナーを返せて良かったね。」
井端選手
「(6回タイムリーについて)カーブ。その前打ててなかったので、チャンスで打てて良かったです。」

★立浪が途中交代
立浪和義内野手(36)が巨人戦(ナゴヤD)での試合中に左太もも裏の違和感を訴えて途中退場。三回の守備機会で痛めたものでこの日は病院にはいかず、25日の出場は様子をみて決める。

<プロ野球の公示(24日)>
【出場選手登録】(↑)川井進投手
【同抹消】   (↓)久本祐一投手

 頼むぞ川井!応援してるぞ!!久本はいい物を持っているのですが・・・。正念場だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月23日 D10-6G (○)

 ドラゴンズは23日、読売ジャイアンツ20回戦を行い、10得点の大勝で巨人戦今季勝ち越し。
 打線は一回、無死二、三塁から福留の左越え3ランで先制。さらにウッズのソロ、谷繁の適時打でこの回5点を奪った。二回はアレックスの適時二塁打などで3得点。三回も谷繁の右前打に荒木の犠打などを絡めて2点を加え、試合を決めた。
 先発マルティネスは6者連続を含む10奪三振の好投。7回を1失点に抑えて7勝目を挙げた。(中スポWEB)

□中日-巨人20回戦(中日12勝8敗、18時、ナゴヤドーム、37、900人)

 巨 人 000 001 050-6
 中 日 532 000 00×-10

 ▽勝 マルティネス17試合7勝4敗
 ▽敗 酒井8試合1敗
 ▽本塁打 福留26号(3)(酒井)ウッズ35号(1)(酒井)

9月23日 試合結果ニッカンスコアー


<監督、選手コメント>
落合監督
今日の収穫は久本だよ。見ての通りだよ。あと一週間で本人がどう考えるかだな。本人が自覚するという意味では最高の収穫だ。」
マルティネス投手
「今日は体調もよかったし、自分としては、いいピッチングができたと思う。
今日はぜひとも勝ちたいと思っていマウンドに立ちました。昨夜はよく眠れなかったんですけれども、それは別として一生懸命投げました。今日は良いピッチングができたと思います。」
福留選手
「(1回のホームランについて)打ったのはストレート。外野フライでいいと思ったら入りました。
今年ナゴヤドームであまり打てていないので、今日は打てて良かったです。
たくさんのお客さんが最後まで残って応援してくれていました。僕らも最後まで頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。」
ウッズ選手
「(1回のホームランについて)打ったのはストレート。強く振ることを心がけた。いいスイングができたと思う。」

<プロ野球の公示(23日)>
【出場選手登録】(↑)アレックス外野手

アレックス選手
「(1軍首脳陣に)言われたことはやったし、ベストを尽くすだけだよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/22

9月21日 D0-4T (●)

2005_0922 ドラゴンズは21日、阪神タイガース22回戦を行い、完封負けで阪神のマジックナンバーは6に。
 エース川上が打たれた。二回、先頭金本に右中間へ先制ソロ。手痛い一発を浴びた。四回には連打で無死一、三塁から暴投で2点目。さらに桧山に適時打された。七回には二死三塁から、関本に適時打を許し、ダメを押された。
 打線は相手の継投に沈黙。7安打完封された。これが今季阪神最終戦。11勝11敗の五分で終えた。(中スポWEB)

□阪神-中日22回戦、最終戦(中日11勝11敗、18時、甲子園、47、298人)

 中 日 000 000 000-0
 阪 神 010 200 10×-4

 ▽勝 下柳22試合13勝3敗
 ▽敗 川上24試合11勝7敗
 ▽本塁打 金本38号(1)(川上)


9月21日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日:中日は川上が踏ん張れず 」(毎日新聞)
中日川上「いつもと同じ」痛恨の4失点 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「下柳は昨年は勝ったが、今年は勝てなかった。それだけのこと。川上は自分自身で結果を考えないといけない。それはエースだろうが新人だろうが同じ。
優勝をあきらめるような選手は、このチームにはいない。」
川上投手
「制球に苦しんだのは、甘い球を真ん中周辺に投げたくはなかったから。いつもと気持ちは変わらなかったけど、金本さんは来年なんとか抑えたい。」


 3タテして夢を見せてほしかったのですが・・・・。中田くんとカバちゃんがせっかく勝って連勝してくれたのに、憲伸がねぇー。イガー状態(Tファンの方m(__)m)淋しい限りです。

 打線も毎度の下柳投手を打てない状態。下柳投手は年俸をドラゴンズ戦で稼いでいる感じ。て、言うか、ドラゴンズが払っているのといっしょです。来年は打てるように努力してほしいですね。

 とくに今日はこれといった内容もありませんが、5回一死2塁と6回一死1、3塁をいかせなかったのが勝てなかった原因でしょうかね。5回はチャンスで8、9番に打順が回ったことと、6回のタイロンの打球は強い当たりのセカンド正面のゲッツーでつきがなかった感じ。勝てない時はこんな感じですね。

 今日のハム太郎は9回代走のみ・・・・。残念!!

 英智はランナーがとっくにホームを駆け抜けているのに矢のような送球で、バックホームしてベンチの笑いを取ってるし(^^ゞ(本当に凄い送球でした)一番ビックリしていたのは、2塁塁上にいた今岡選手かな?

 やっぱり今日は憲伸の出来でしょうかね。7回の1失点が非常に大きかったのもありますが、兄貴金本にここまで打たれているのも異常な状態。打撃投手と勘違いするほど。単純に相性ですかね。真中にくればスタンドインでコースに決まれば上手く合わされてヒットと成すすべ無し。改善策が見当たりませんね。こちらも来年は押さえてね。

 憲伸については、8月の段階で完全にスタミナが切れてしまったのかな?球威が無いのと変化球が決まらないのが勝てない理由かも?次回はどうなんだろうか?

 試合の体勢が決まった状態で投げた金剛は2三振と1回を無難に押さえたのが今後に繋がってほしいところ。前回は悔しい思いをしたので今日で吹っ切れてほしいです。

 今日の敗戦でマジックが「6」になりましたので、時間の問題かも知れませんが、ドラとしては、一戦一戦を目標を持って大事に戦ってほしいですね。緊張の糸が切れないことを願うのと、野球は何が起こるか解らないスポーツですから、諦めずに頑張ってほしい。頑張れドラゴンズ!!

| | コメント (7) | トラックバック (15)

2005/09/21

9月20日 D5-2T (○)

2005_0921 ドラゴンズは19日、阪神タイガース19回戦を行い、本塁打3本で阪神に快勝。
 福留の一発が効き目があった。同点の六回、右中間へ勝ち越しの2ラン。七回には谷繁がバックスクリーンへ運び、勝負を決めた。
 岡本が復帰し、中継ぎ陣に厚みが増した。リードした直後の六回、先発中田が2四球で一死一、二塁として降板。鳥谷を石井が抑え、代打関本を岡本が封じ、ピンチを脱した。中田は5連勝で7勝目。岩瀬は41セーブ。(中スポWEB)

□阪神-中日21回戦(中日11勝10敗、18時、甲子園、47、303人)

 中 日 020 002 100-5
 阪 神 011 000 000-2

 ▽勝 中田13試合7勝2敗
 ▽S 岩瀬55試合1勝2敗41S
 ▽敗 井川25試合12勝8敗
 ▽本塁打 森野9号(2)(井川)福留25号(2)(井川)
         谷繁14号(1)(藤川)


9月20日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日:着実に加点し連勝 」(毎日新聞)
中日福留V弾!「最後までやることやる」 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「向こうは今日の負けは何てことない。こっちにしたら、相手がどこであれ、この勝利は浮上する良いキッカケになる。先発の中田は一番悪かった。よく2点に抑えてくれた。投げるたびに成長している。あの山を乗り越えてくれると、もっと成長してくれる。勢いだけだと、短期間しか勝てないな。最後は練習した者が勝つんだ。それだけやってきている。この後、勝てるピッチャーになるんじゃないかな。」
中田投手
「今日は自分の思ったところに投げることができなかった。反省点が多すぎるので、同じ間違いをしないように、次もまた頑張ります。」
森野選手
「(2回の先制ホームランについて)打ったのはストレート、完璧でした。」
福留選手
「(勝ち越し2ランホームランについて)前の打席でランナーを進められずにダブルプレーだったので、次につなぐつもりで打席に立ちました。久しぶりに気持ちの良いホームランでした。
最後まであきらめずに自分たちのやるべきことをやって意地を見せたいと思います。明日もファンのみなさんに良い試合を見せられるようにがんばります!」
谷繁選手
「(7回のホームランについて)打ったのはストレート、完璧なバッティングができた。」


 久しぶりに連勝!!相手は阪神なので嬉しさ倍増です。昨日と違って今日は一発攻勢で得点。中田くんも悪いなりに試合を作るあたりは、やっぱり背番号が「20」と、いったところ。

 打線は昨日の打ちすぎが、どうなるか心配されましたが、HRで有効に加点する理想的な展開。孝介も中田くんが投げている時によく打ってくれましたし、シゲのHRは、あの藤川投手からだったので大きいですね。森野は当たれば飛んでいくし!
 先発で出場した英智は最初からバットを少し短く持って打席に入って合わせてくれればいいのですが・・・。足があるので転がせばチャンスが増えるんだけど。あとハム太郎くん頑張ろうよ!!

 投手陣は中田くんが8四死球と内容が悪かったのですが、よく凌いでくれました。(相手にも助けられたのもありますが)今日は逆転されずに試合を作ったことが評価できますね。
 もう1人は、岡本!!帰ってきてくれて心強いです。無理せず残りを頑張ってほしいですね。平井も大きいのを打たれずに今日は押さえたし、岩瀬も3人でしっかり押さえてくれました。
 この2戦のシゲのリードは変化球主体みたいな感じが印象的。結果阪神打線を最小失点で押さえているので何かデータがあるのかな?明日も引き続きお願いします。

 明日は出来ればスウィープしたいところ。問題は憲伸が立ち直ってくれるかがポイント。オールスター以降はどうもピリッとしないので、最後の大一番は本気を出してほしいですね。今度こそ頼みますよ!!
阪神は恐らく下柳投手だと思うので、何とか1点づつ取っていってほしいと思うのですが・・・。苦手意識があるのか?まったく打てないのが、ちょっと気がかりですね。とにかく勝ってほしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (20)

2005/09/20

9月19日 D12-2T (○)

2005_0920 ドラゴンズは19日、阪神タイガース19回戦を行い、今季最多の20安打を放ち連敗を4で止めた。
福留が打線を引っ張った。一回一死二塁から一、二塁間を破る先制打。二回には立浪、荒木の適時打に続き、中前への適時打でつないだ。さらにウッズの2点打などで一挙6点。八回も、福留の安打をきっかけに4点を奪った。
 プロ初先発の2年目佐藤が、五回を2失点。プロ初勝利を手にした。(中スポWEB)

□阪神-中日20回戦(中日10勝0敗、14時、甲子園、47、315人)

 中 日 160 010 040-12
 阪 神 000 020 000- 2

▽勝 佐藤1試合1勝
▽敗 杉山21試合8勝6敗


9月19日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日:佐藤、プロ初先発で初勝利 」(毎日新聞)
中日20安打大勝!落合監督「大きな1勝」 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「佐藤は今年一番期待していた投手、ローテに入ってくれるくらいに思ってた。遠回りしたけど、本当の力はまだこんなものじゃない。来年はもっと期待できる。
(打線爆発について)野球というのはこんなもの、向こうにとって大きな負けじゃないかもしれないが、うちにとっては大きな1勝。」
佐藤投手
「(プロ入り初先発初勝利について)まだ実感はないです。これから試合を思いだしていくうちに、こみ上げてくると思います。自分にとって、今季初登板。大事な試合に投げさせてもらって、気持ちが入りました。結果として5回2失点の内容は、最低限の仕事が出来たと思いますが、最後くずれて反省点も出ました。次も投げさせてもらえるよう、しっかり練習したいです。
(プロ入り初ヒットについて)あれはたまたま飛んだコースがよかっただけです。それよりも、その後打たれたことが反省点です。
(チームの代表としてひとこと)今日の勢いを明日、あさってにつなげていきたいです。」
福留選手
「(初回先制タイムリー)打ったのはフォーク、(社会人も含めて)後輩がはじめて投げているので、早めに点をとって楽にしてあげたかった。
(2回タイムリー)打ったのはスライダー、満塁だったので気楽にいきました。」
ウッズ選手
「(2回2点タイムリー2ベース)いつものように、ジャストミートを心がけた。できれば大きいのを打ちたかったが、結果的に点が入って良かった。」


 久しぶりにスカッとした!!カバちゃんも良かったし打線も孝介、タイロン、立浪さんと打ってくれました。今日は落ち着いて見れたのが本当に久しぶり。やっぱり勝つと気持ちがいいです。

 初先発のカバちゃんが好投してくれました。ケガさえなければ今年は期待大だったので、やっとといった感じ。今日はバラツキもありましたが要所は押さえて5回2失点ですから先発としては十分すぎる出来。5回はいろいろとありましたが・・・・。前の打席で初安打の時、手がしびれていたこともあるのかな?シゲのリードも急に変化球大目になったのも理由かも?でも、今日の勝ちをいかして、このままの勝ち運を持って次回も臨んでほしいです。
投手陣の中では6回、金剛があたふたしましたが山井も良かったですし鈴木に関しては、毎日毎日登板してくれてご苦労様といったところ。少し休みを上げたいですね。

 打線は打ちましたね。毎回こう言う風に打ってくれるとありがたいのですが(^^ゞ
荒木、孝介、タイロン、立浪さんと猛打賞!!2回と8回はつながりましたね。井端が少し下降気味な気配がありますが「ブルース・リー」が機能すれば頼もしい打線ですね。この打ちまくった打線に引っ張られるように英智まで久しぶりにヒット(笑)打点もオマケで付いたりして、もうすぐ打率が1割に乗る感じで願ったり適ったり。
 こういった展開で必ず出る蚊帳の外はピンキー。明日は打ってね。あと、ハム太郎は、変化球にちょっと付いてこれてない気がしたのが思い当たる点。ただ、代打のみでは無く、使いつづけて育ててほしいと思います。明日は井川投手ですのでチャンスがほしい! 

 阪神に取ってはたかが1敗ですがドラとしては一つ一つ白星を取ってほしいです。
問題は明日の打撃陣。4試合分ヒットを打って3試合分以上の得点を挙げてしまったので、打ち疲れが気になるところ。中田くんを援護出来るか?明日もこの調子で打ってほしい!!

※どうでもいい事なのですが、明日の中スポWEB版のカバちゃんの写真ファイル名に注目したいです。どうくる中スポスタッフ!!「t-kaba」か「satoh」か?
(私自信お疲れ気味なので、全体的にしょうもないことを書いていますが、お許しくださいm(__)m)
 

<プロ野球の公示(19日)>
【出場選手登録】(↑)岡本真也投手、佐藤充投手、久本祐一投手、金剛弘樹投手
【同抹消】     (↓)遠藤政隆投手、川岸強投手、小笠原孝投手、高橋聡文投手、
              沢井道久内野手

 前代未聞の入れ替え。金剛、もうちょっと頑張ろう!!岡本は登板過多だけ心配。英二さんについては明日以降かな?

| | コメント (6) | トラックバック (15)

2005/09/19

9月18日 D8-10C (●)

2005_0919 ドラゴンズは18日、広島東洋カープ19回戦を行い、チームに覇気がなく、4連敗。
 両チームあわせて7本塁打の乱戦。四回、福留の逆転3ランもはずみにはならなかった。1点リードの七回、無死一塁から緒方の投前犠打を鈴木が二塁へ送って野選。悪送球も重なって一、三塁から、代打野村の二ゴロで同点。ここで荒木の二塁送球が悪送球となり、オールセーフ。その後、嶋の勝ち越し3ランが飛び出した。(中スポWEB)

□広島-中日19回戦(中日12勝7敗、13時30分、広島、13、296人)

 中 日 011 400 011  8
 広 島 004 010 50× 10

 ▽勝 佐々岡29試合1勝5敗
 ▽S ベイル45試合2勝21S
 ▽敗 鈴木38試合4勝3敗
 ▽本塁打 ウッズ34号(1)(長谷川)栗原13号(4)(石井)
      福留23号(3)(佐竹)24号(1)(ベイル)新井41号(1)(川岸)
      嶋23号(3)(高橋聡)谷繁13号(1)(永川)


9月18日 試合結果ニッカンスコアー

<監督、選手コメント>
落合監督
「野球っていうのはこんなもんだよ。打線が打てなければこうなる、ピッチャーが抑えなければこうなる。試合は9回まであるからどうなるかわからないがトータルでどれだけ苦しめられるか、そのバランスが崩れるとこうなる。何回のミスがどうのこうのではない。それを立て直していくのが俺たちの仕事。」
荒木選手
「(2回の犠飛)打ったのはストレート、まずは先制点が取れてよかったです。」
ウッズ選手
「(3回のホームラン)いつものようにジャストミートを心がけた。うまく入ってくれたね。ずいぶん久しぶりだな。」
福留選手
「(4回のホームラン)打ったのはスライダー、前の打席で満塁で打てなかったから、何とかしたかった。犠牲フライでもいいと思っていたのですが、追い込まれた分、素直にバットが出てくれました。」
井上選手
「(4回のタイムリー)打ったのはストレート、いい局面で回ってきたので、結果が出せてよかったです。」
谷繁選手
「(8回のホームラン)自分の力を尽くすだけです。」
森投手チーフコーチ
「意地が見せられないヤツは(2軍と)入れ替える」
高代野手総合チーフコーチ
「勝ちたいという気持ちが強すぎてエラーになってしまう」

★中日・小笠原が負傷交代 中日の小笠原孝投手(28)は18日の広島戦に先発したが、一回に嶋の打球を左手に受け、そのまま降板した。


 そろそろ勝たないとツバメに抜かれそうな雰囲気。どうなるのかな?

 完全に目的を失っているドラゴンズ。勝ちたい気持ちはファンもいっしょ。もう一分張り力を出してやってほしいです。その中で来期に繋がる物を何か見つけてほしいですね。

 今日から最後の阪神との直接対決最終ラウンド。ここは意地だけでも出して戦ってほしいです。とにかく頑張ろうドラゴンズ。今日こそは、久しぶりに勝ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

9月17日 D2-4C (●)

2005_0918 ドラゴンズは17日、広島東洋カープ18回戦を行い、投打かみ合わず、3連敗。
 制球に苦しんだ広島レイボーンから二回、井上が10号ソロ本塁打を放ったが、その後は淡泊な攻撃。中押しができず、先発マルティネスを援護できなかった。五回まで被安打2本と好投していたマルティネスも六回、二死一、三塁から嶋に同点右前打を浴び、続く前田に死球を与えて降板。救援した鈴木も栗原に押し出し四球、木村拓に2点左前打を許した。(中スポWEB)

□広島-中日18回戦(中日12勝6敗、14時、広島、11、279人)

 中 日 010 000 100 2
 広 島 000 004 00× 4

 ▽勝 レイボーン9試合3勝4敗
 ▽S ベイル44試合2勝20S
 ▽敗 マルティネス16試合6勝4敗
 ▽本塁打 井上10号(1)(レイボーン)


9月17日 試合結果ニッカンスコアー

<監督、選手コメント>
落合監督
「人が良いわな。今までよそから貰った貯金を全部返している。これを立て直していかないとなぁ。
(打線について)誰にしても、良い奴を使うと言うだけ。今そのポジションにいても来年もと言う訳じゃない。今良い奴を使う。」
マルティネス投手
「ノーコメント・・・。」
井上選手
「(2回先制ホームランについて)打ったのは、ストレート。完璧なバッティングが出来た。」
荒木選手
「(7回タイムリーについて)打ったのは、スライダー。このところ、良い所で打ててなかったので、チャンスで打てて良かったです。」

結果のみです。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/17

9月15日 D3-6YB (●)

2005_0917b ドラゴンズは15日、横浜ベイスターズ18回戦を行い、抑えの切り札、岩瀬が打たれ連敗。
 一死後、小池に左前打され、金城には一塁強襲安打。打球処理のミスが重なって二、三塁となり、佐伯は死球で満塁。二死までこぎ着けたが、種田に右翼線へ走者一掃の三塁打を浴び、勝負が決した。
 立浪に代わって3番に入った福留が、一回に先制二塁打。1点をリードされた七回には、右中間に同点ソロ本塁打を放ち、ひとり気を吐いた。(中スポWEB)

□中日-横浜18回戦(中日11勝6敗1分、18時、ナゴヤドーム、25、800人)

 横 浜 000 001 203-6
 中 日 200 000 100-3

 ▽勝 川村47試合5勝6敗
 ▽S クルーン49試合2勝1敗24S
 ▽敗 岩瀬54試合1勝2敗40S
 ▽本塁打 福留22号(1)(加藤)

9月15日 試合結果ニッカンスコアー

竜の守護神、岩瀬でも負けた 」(中スポWEB)

<監督、選手コメント>
落合監督
「別段なにってことはないな。聞くことないだろっ今日はっ!」
山井投手
「先発でというより、中継ぎの感覚で、1イニング1イニング大事にいけるところまでいこうと思いました。あとはチームが勝つことを願っています。」
福留選手
「(1回タイムリー)打ったのは、スライダー、チャンスでまわってきたし、いいカウントだったから、思い切っていくことだけ考えていました。
(7回22号ソロHR)フォークかシンカーだと思う。うまく打てました。」
森野選手
「(1回タイムリー)打ったのはストレート、チャンスで打ててよかったです。」


 勝ちそうな雰囲気が無いですね。淋しい限りですが明日からの広島戦はどうなるのでしょうかね。出来れば2つ勝って阪神との対戦に臨みたいところです。

 現状では、打線の組替えなどを含めいろいろと試していますが、機能しないのが現状。(昨日の初回だけは見事にはまりましたが)
打線を組替えてもチャンスで立浪さんに回って来るあたりは、奮起を期待するのか?悪い流れなのかわかりません。ただ、打ってくれれば、立浪さん自信も乗れると思うし、チームも上がってくると思うのですが・・・・。

 投手陣は先発が大きく失点すると中継ぎ陣が良く、先発が踏ん張って試合を作ると中継ぎ陣が崩れるといった感じで、なかなか上手くいかない状況。聡文は疲れかな?とも思ってます。

 ドラゴンズは調子を崩すとズルズルといってしまう事があるのですが、勝ちだすと勢いが付いてしばらくは連勝。と、いったところ。交流戦の時も状態が上がるのに半月から1ヶ月掛かっているので20日前後ぐらいには勝ちだすと思うのですが?どうですかね。

 明日は市民球場ということもあって、荒れそうな雰囲気はありますが、取り合えず目的を持って戦ってほしいです。あとは、元気を出してほしいかな?1週間に1勝は辛いので、そろそろ勝ってほしい!!そんなところです。

<日程>
プレーオフなら初戦甲子園、以降ナゴヤD 」(ニッカン)

 希望は捨ててません!!勝ち進んでほしい!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

9月14日 D2-5YB (●)

2005_0917a ドラゴンズは14日、横浜ベイスターズ17回戦を行い、川上が打ち込まれて完敗。
 川上は二回に崩れた。制球が甘くなり、先頭佐伯の中前打を皮切りに多村、種田に連続二塁打、村田には中越え三塁打を浴びて3失点。さらに相川の犠飛でこの回計4点を失った。
 打線は四回、無死三塁から井端の適時打で1点。八回には井上のソロで追い上げたが、序盤の失点が重すぎた。(中スポWEB)

□中日-横浜17回戦(中日11勝5敗1分、18時、ナゴヤドーム、27、700人)

 横 浜 040 000 010-5
 中 日 000 100 010-2

▽勝 三浦24試合9勝8敗
▽S クルーン48試合2勝1敗23S
▽敗 川上23試合11勝6敗
▽本塁打 井上9号(1)

9月14日 試合結果ニッカンスコアー

凡打凡打にD党タメ息 」(中スポWEB)

<監督、選手コメント>
落合監督
「今日は負けた。それが現実だ。取り返しがつかないことだ。ピッチャーを助けるのが打線、打線を助けるのがピッチャー。どちらかがよくないと勝てない。お互いが助けあわないといけない。ここにきて、それが崩れている。で、この結果になった。
(川上投手について)ボール自体はこの間よりいい。それと結果は別問題。
(阪神に優勝マジック13がつきましたが)[怒りながら]しるか!わかっていること。そんなこと聞くな!!」
川上投手
「ゲームを作ることができなかったので、悔いが残ります。ここまできたら、悔いだとか反省だとかいっている場合じゃないので、本当に申し訳ないです。」
井端選手
「(4回のタイムリーについて)打ったのはストレート。ランナー3塁で、後ろに守っていたので、内野ゴロでもいいぐらいの気持ちでいけたのがよかったです。」
井上選手
「(8回のホームランについて)打ったのはストレート。強振することだけ考えました。」


 結果のみですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/14

9月13日 D5-2YB (○)

2005_0913a ドラゴンズは13日、横浜ベイスターズ16回戦を行い、連敗を4でストップ。
 先発中田が要所で持ちこたえ、勝利を手繰り寄せた。立ち上がりは完ぺきな投球。二回に井上の適時打で先制した後の三回、突然崩れた。無死二塁から、相川に左適時打で同点とされ、二死後に3連打を浴びてもう1点を失った。四球を出して満塁としたが、多村を空振り三振でピンチを脱した。四回は死球と自らの失策で一死一、二塁としたものの踏ん張り、八回二死一、二塁を抑えて降板。その直後、打線が若い投手の奮投に反応した。先頭谷繁が左へ勝ち越しのソロ本塁打。さらに荒木、井端の連打とウッズの四球で二死満塁とし、横浜先発の斎藤隆をKO。代わったホルツから福留が左越え2点二塁打を放って試合を決めた。
 中田は4連勝で6勝目。九回を締めた岩瀬は40セーブ。今季横浜戦の勝ち越しも決めた。(中スポWEB)

□中日-横浜16回戦(中日11勝4敗1分、18時、ナゴヤドーム、27、400人)

 横 浜 002 000 000-2
 中 日 010 100 03X-5

 ▽勝 中田12試合6勝2敗
 ▽S 岩瀬53試合1勝1敗40S
 ▽敗 斎藤18試合1勝4敗
 ▽本塁打 谷繁12号(1)(斎藤)

9月13日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日:連敗を4で止め阪神のM点灯阻止 」(毎日新聞)
ルーキー中田救った!中日がM点灯阻止 」(ニッカン)
連敗止まるも苦境変わらず-6差に素っ気ない落合監督 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「今日は連敗が止まったというだけ。中田は全体のコントロールは悪くないが、いつもよりカーブのコントロールが悪かった。中田に怖いのは怪我だけ。来年のローテにきっちり入ってくれるのを楽しみにしている。」
中田投手
「前回の登板と同じように負けることは考えずに投げました。序盤は調子が悪かったのですが後半は徐々に自分のピッチングを取り戻すことができました。
(3回のピンチでは)何とか最小失点で食い止めてベンチに帰ろうと思って投げました。それ以降は次の1点を取られないように心がけました。
(谷繁選手のホームランについて)打った瞬間に入ったと思いました。うれしかったです。
まだまだがんばりますのでこれからも応援よろしくお願いします!」
井上選手
「(2回タイムリーについて)打ったのはフォーク。返すことだけ考えました。」
福留選手
「(4回タイムリーについて)打ったのはストレート。タイロンがよく走ってくれました。」
谷繁選手
「(8回ホームランについて)うまくたたけた。狙ったわけではないが、たまたまホームランになりました。」
岩瀬投手
「(40セーブ目)セーブの数は終わってからの話。今はそんなこと言ってられない」


 何とか勝ち!!久しぶりの勝利は素直に嬉しいですね。「最近の記事」の項目にも(○)がやっと入ったし、これから仕事の手も進みます(w

 食事しながら8回の途中から見てましたが、中田くんはよく凌いでくれましたね。序盤は調子が悪かった模様ですが徐々に調整して試合を作ってくれました。勝つという雰囲気があります。現投手陣の中では一番安定してますね。孝行息子とでもいいましょうか。この調子で投げてくれればしばらくは大丈夫だと思いました。監督の言う怪我だけが心配ですね。
 継いだ岩瀬がいきなり二塁打を許しましたが後続を押さえて40S。最近見ていなかったので岩瀬の顔を忘れる所でしたが・・・・・。調子自体は良くないかも知れませんが、残りのシーズンもお願いします。

 打線は、いつもと変わらずといった感じ。立浪さんがキーになるなぁーと。打てば大量点、打てないと接戦といった感じでしょうかね。今日はシゲが久しぶりにジャストミート。いい場面で打ってくれました。孝介も猛打賞と相性の良さを発揮したり、これからも打ってほしいです。

 取り合えず勝って連敗を脱出。ここから波に乗ってほしいところですが、明日こそ勝利投手になってほしい憲伸が先発。大丈夫か?頑張らないと中田くんにエースの座を奪われちゃうよ!!憲伸、意地でも勝て!


<プロ野球の公示(13日)>
【出場選手登録】(↑)沢井道久内野手

 レギュラーを掴むつもりで頑張れ!!澤井!!

| | コメント (6) | トラックバック (16)

2005/09/13

9月11日 D1-2G (●)

 ドラゴンズは11日、読売ジャイアンツ19回戦を行い、上原に抑え込まれ、4連敗。
 同点の八回。2番手鈴木が、先頭阿部に右翼に24号ソロを打たれて決勝点を許した。先発小笠原は5回を清水のソロによる1失点だけで切り抜けた。
 打線は三回二死二塁から、荒木の中前適時打で挙げた1点だけだった。(中スポWEB)

□巨人-中日19回戦(中日11勝8敗、18時、東京ドーム、40、366人)

 中 日 001 000 000 1
 巨 人 000 010 01× 2

(勝)上原24試合8勝11敗
(敗)鈴木34試合4勝2敗
(本)(巨)清水14号ソロ(5回、小笠原)、
      阿部24号ソロ(8回、鈴木)


9月11日 試合結果ニッカンスコアー

<監督、選手コメント>
落合監督
「まぁ、小笠原はまぁまぁのものは、見せてくれたな。ま、相手がエースだから勝っても負けても接戦になるとは思っていた。でも、俺は全然諦めていないよ。まだ手は打つ。」
小笠原投手
「今日は先に点をやらないようにと思って、一人一人を抑える自分の役割を考えて投げました。ホームランの1球は悔やまれます。」
荒木選手
「(3回タイムリーについて)打ったのはストレート。先に点が取れてよかったです。」
中村公選手
「(6回代打で今季初打席初安打となる左前打)フォークです。食らいついていった。」
鈴木投手
「あそこは一発だけは避けなきゃいけない場面でした」

<プロ野球の公示(11日)>
【出場選手登録】(↑)中村公治外野手
【同抹消】    (↓)アレックス外野手

アレックス選手(広報を通じてコメント)
「リラックスできるように(2軍に)出してもらった。最短で帰ってこられるように頑張るだけ」

アレックスまで・・・・・。10日の日は現地で見てましたが状態が非常に悪かったのでスタメン落ちかな?とは思いましたが、降格するとは思わなかったです。ただ、今オフに肉体改造した中村ハム君に頑張ってもらいたいですね。ヒットも打ったし期待も大きいですから、このチャンスはいかしてほしいです。頑張れハム君!!

<プロ野球の公示(12日)>
【出場選手登録抹消】(↓)堂上剛裕内野手

初球から思い切り振ったけど三球三振でしたが、バットを振ったことがいいですね。ただ、抹消か・・・・。残念!!レフトスタンドの声援は大きかったですよ。経験を積んだんので次回のチャンスでは打ってほしいですね。


 最近、極度の多忙状態・・・・。私は、あんまり寝ていないのですがドラゴンズは眠ってしまった模様(>_<)

10日のジャイアンツ戦はチケットを持っていたいたこともあり観戦したのですが、逆転できずに敗戦・・・・・。勝つと思ったのですが、一度歯車が噛み合わないとズルズル行ってしまいますね。タイガース戦の延長で敗れたことがここまで響くとは思ってもいなかったので、単に残念としか言い様がないです。今年は連勝もするけど連敗もするといった感じです。

 6差はちょっと難しい状況ですが、勝利数でタイガースを越えるような努力がほしいところ。監督も考えて色々とやってますが、なかなか上手く行かないですね。ここに来て主力組みの降格とか。降竜戦の状態に近いのが気がかりです。

 私は、まだまだ多忙注意報継続中で試合は見れないかと思いますが、、明日からは一つ一つ勝っていってほしいです。最後まで諦めない姿勢も見せてほしいですね。頑張れドラゴンズ!!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

9月10日 D5-8G (●)

 ドラゴンズは10日、読売ジャイアンツ18回戦を行い、投打がかみ合わず3連敗。阪神とのゲーム差は5に。
 打線が桑田を打ちあぐねた。二回に森野の適時打で1点、五回は井端、立浪の連続適時打で2点を奪ったが、いずれも相手の失策がらみ。五回は2点を取ってなお二死一、二塁としながらウッズが三振に倒れるなど打ち崩せなかった。
 先発マルティネスは乱調。一回二死三塁から小久保に2ランを浴びて2点を失い、三回にも失策と小久保の2打席連続2ランで3点を奪われた。七回に同点に追い付いた直後には遠藤、高橋聡が打ち込まれて3失点。試合を決められた。(中スポWEB)

□巨人-中日18回戦(中日11勝7敗、18時、東京ドーム、43、841人)

 中 日 010 021 100 5
 巨 人 203 000 30× 8

(勝)久保59試合7勝3敗7S
(S)林50試合2勝2敗15S
(敗)遠藤10試合2勝1敗
(本)(中)森野8号ソロ(6回、桑田)
   (巨)小久保31号2ラン(1回、マルティネス)、
         32号2ラン(3回、マルティネス)



9月10日 試合結果ニッカンスコアー

<監督、選手コメント>
落合監督
「勝つために悪いところはテコ入れしていくよ。」
森野選手
「(2回のタイムリー)打ったのはストレート。チャンスだったし、セカンドランナーを返す事だけ考えていました。
 (6回のホームラン)打ったのはシュート。甘く入ってきてくれました。先っぽだったので感触はありませんでした。入ってくれて良かったです。」
井端選手
「(5回のタイムリー)打ったのはカーブ。意識を右方向にもっていたので、なんとかボールについていくことができました。」
立浪選手
「(5回のタイムリー)打ったのはストレート。次の打者に繋ごうと思っていました。」
ウッズ選手
「(7回のタイムリー)打ったボールはわからない。ランナーを返すためにジャストミートを心がけた。」
マルチネス投手
「ノーコメント。」


<プロ野球の公示(10日)>
【出場選手登録】(↑)小笠原孝投手
【同抹消】    (↓)山本昌投手

| | コメント (0) | トラックバック (1)

9月9日 D0-3G (●)

 ドラゴンズは9日、読売ジャイアンツ17回戦を行い、完封負し、阪神と4ゲーム差に。
 先発の山本昌が大誤算だった。持ち前の制球が甘く、一回は一死三塁から二岡に三遊間を破られ先制点を献上。二回は無死一、二塁から工藤の投手前のバントを三塁に野選し、無死満塁。清水に中前適時打を浴び、わずか1回で降板した。
 山井ら中継ぎ陣が試合を立て直したが、打線は工藤の緩急自在の投球にほんろうされた。シコースキーが登板した七回、二死満塁としたが、代打高橋光は見逃し三振で逸機。(中スポWEB)

□巨人-中日17回戦(中日11勝6敗、18時、東京ドーム、40、077人)

 中 日 000 000 000-0
 巨 人 110 010 00×-3

(勝)工藤23試合11勝8敗
(S)林49試合2勝2敗14S
(敗)山本昌22試合7勝8敗


9月9日 試合結果ニッカンスコアー

<監督、選手コメント>
落合監督
「(4ゲーム差になったことについて)一番面白い差になった。話せば長くなるのでやめておくけど、これからはシンプルなゲームをやっていく。それで活路を見出せると思う。」
山本昌投手
「今日は何もないよ・・・。」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

9月7日 D3-4T (●)

 ドラゴンズは7日、阪神タイガース19回戦を行い、チャンスを活かせず、競り負ける。
 十一回、6番手平井が途中出場の先頭中村豊に左へソロアーチを浴び、決勝点を奪われた。直接対決にふさわしい熱戦。お互いが持ち味を出し尽くし、阪神は継投で攻め、中日は打線が粘った。
 七回は中継ぎエース藤川をとらえ、二死一塁から谷繁が右中間フェンス直撃の二塁打で同点。2点を追う九回は、抑えの久保田を崩した。無死二、三塁とし野選と井上の犠飛で同点。さらに一死満塁としたが、代打渡辺、ウッズが三振に倒れ、サヨナラ機を逸したのが痛かった。

□中日-阪神19回戦(阪神10勝9敗、18時1分、ナゴヤドーム、38、200人)

 阪 神 000 100 011 01-4
 中 日 000 000 102 00-3
 (延長11回)

(勝)久保田59試合5勝4敗23S
(敗)平井46試合4勝4敗1S
(本)(神)金本33号ソロ(4回、川上)、中村豊1号ソロ(11回、平井)


9月7日 試合結果ニッカンスコアー

<監督、選手コメント>
落合監督
「監督で負けた。」
川上投手
「あの一球ですね。先制点をむこうに与えるということは、むこうの勝ちペースにはまってしまうので、こういう試合では絶対に避けなければならないのに、そこが悔しいです。」
谷繁選手
「(7回同点のタイムリー)打ったのはストレート、何とかしたかった。」
平井投手
「打たれた球は高くなったというか内に入ってしまった。(入るか)どうかなと思ったが…。切り替えていくしかない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

9月6日 D5-2T (○)

2005_0907 ドラゴンズは6日、阪神タイガース18回戦を行い、新人中田の踏ん張りに打線がこたえる。
新人中田が快投。首位阪神に2差と迫った。中田は完投こそ逃したが、11三振を奪い、5勝目を手にした。立ち上がりから危なげない投球だった。威力のある直球を軸にフォークボールを有効に使って、阪神打線に的を絞らせなかった。二回一死三塁から桧山、矢野を内野ゴロに打ち取り、四回は二死二、三塁で桧山を空振り三振。九回一死一、二塁から、矢野に適時打を許して降板した。その後は岩瀬が抑え、シーズンチーム新記録となる39セーブをマークした。
 若い投手の踏ん張りに打線がこたえた。一回は福留が押し出し四球を選んで先制。三回は立浪のソロ本塁打で追加点を挙げた。効き目があったのは四回の1点。安打の荒木を一塁に置き、井端が左翼線へ二塁打。スタートを切っていた荒木は一気に生還し、突き放した。

□中日-阪神18回戦(9勝9敗、18時1分、ナゴヤドーム、38、200人)

 阪 神 000 000 002-2
 中 日 101 102 00X-5

(勝)中田11試合5勝2敗
(S)岩瀬51試合1勝1敗39S
(敗)井川23試合11勝7敗
(本)(中)立浪8号ソロ(3回、井川)、9号ソロ(6回、桟原)、
      井端6号ソロ(6回、桟原)


9月6日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日:首位・阪神の追い上げかわし、ゲーム差2に縮める 」(毎日新聞)
ルーキー中田が救った!中日2差接近! 」(ニッカン)
新人中田、堂々の虎退治-竜、再び2差に接近 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「中田は勢いだけではない。勢いだけなら3試合も続かない。頭の良い子だ。攻めどころ引きどころを知っている。これから経験を積んでもっとよくなっていくだろう。攻撃は、昨年のスタイルが戻ってきた」
立浪選手
「(3回のホームランについて)打ったのはツーシームだと思う。うまく回転できました。
(6回のホームランについて)打ったのはカットボール。うまく打てました。
打てなくていろいろ変えている。試合で打つことでつかめる感触もある」
井端選手
「(4回のタイムリーツーベースについて)打ったのはストレート。チャンスを広げようと思っただけです。
(6回のホームランについて)打ったのはストレート。手ごたえありました。」
中田投手
「こんなに大きな声援がもらえて嬉しいです。今日は一人一人のバッターに集中して勝つことだけを考えて投げました。完封は逃しましたがまた次しっかり投げます。大事な一戦を前にいつになく緊張しましたが試合が始まると落ちつきました。今日はフォークが良かったと思います。自分にできる仕事をこなしてその結果勝つことができたので本当に嬉しいですね。今日もたくさんの応援ありがとうございます!次の試合もがんばりますので応援よろしくお願いします!!

岩瀬投手
「(39セーブの球団新について)うれしいけど、今は勝つことに必死です」


 何とか勝ちましたね。竜投で今一番頼りになる中田くんが9回途中まで完封ペース。打撃陣では立浪さんも目覚めてくれたかな?

 今日は何と言っても先発の中田くんですね。2回のボークは微妙な気がしますが、あそこの1アウト3塁を抑えたのが勝因でしょうかね。8回2/3を2失点ですから、見事なピッチングでした。
中田くんはピンチになっても動じず、よく頑張りましたね。9回は疲れと完封を少し意識しちゃったかな?運悪く矢野選手に回ったのが痛かったですね。(何せドラ戦はよく打つ打者なので・・・・。)完投、完封は次回までお預けになってしまいましたが、今後も楽しみですね。
 9回のピンチで登板した守護神は、慌てて肩を作ったのかな?作っていたとは思いますが、ボールが多くてあまり良くなかったですね。毎回良いわけではないのでしょうがないかな。

 打線は・・・・。拙攻続きで困ったものですね。残塁12で満塁のチャンスを何回も潰して。(監督は昨年に戻りつつあるとは言ってますが)

勝てばいいと言いますが、ちょっと良くないです。大量得点で勝つよりは、明日に取っておいたと思うようにしたいですね。谷繁さん。そうですよね!明日こそは頼みますよ!!
 かなり明るいのが立浪さん。久しぶりの猛打賞で2本のHR。1本は明日に取っておいても良かったのですが、いい所で打ってくれました。こういう試合で打つのが立浪さんだと思うし、明日もよろしくお願いします。
 井端に関しては頭が下がるばかりです。どんどん頼みます。4回のタイムリーは見事です。明日もチームを引っ張って行ってくださいね。
 アレックスは2安打しましたが、得点圏では今ひとつといったところ。ただ、ヒットは出ているのでもう少しといったところでしょうか?そういえば、打撃フォームは戻っていたけど・・・・。大丈夫かな。

 今日、勝って2差まで戻りましたが、問題は明日の憲伸。どうかなぁー?阪神は苦手意識ないだろうし、アニキ金本には打たれまくっているし・・・・。不安だけど、一様エース何だから前回の不甲斐ない投球でも勝ち投手にしてもらった打線にも感謝し、明日こそしっかり投げて自信の力で勝利投手になってほしいですね。

 阪神戦のカードは初戦を取るけど後が続かないし、ここという時に負けてしまう癖があるので明日こそは何とかして勝ってほしいですね。

| | コメント (7) | トラックバック (23)

2005/09/06

9月4日 D4-5S (●)

2005_0906 ドラゴンズは4日、ヤクルトスワローズ19回戦を行い、逆転負けで阪神とのゲーム差は3に広がる。
 二回、谷繁の11号ソロで先制したものの、先発野口が乱調。三回、一死三塁から宮本に四球を与え、続く岩村に中越え25号3ランを浴びた。
 打線は藤井に沈黙。三回から八回まで打者3人ずつで終わる淡泊な攻撃だった。4点差の九回、荒木の2号ソロ、ウッズの33号2ランで1点差まで追い上げたが、最後は石井に振り切られた。

□中日-ヤクルト19回戦(中日12勝7敗、14時、ナゴヤドーム、34、300人)

 ヤクルト 003 000 002-5
 中  日 010 000 003-4

(勝)藤井22試合9勝8敗
(S)石井52試合4勝3敗33S
(敗)野口13試合3勝6敗
(本)(ヤ)岩村25号3ラン(3回、野口)、リグス9号2ラン(9回、平井)
   (中)谷繁11号ソロ(2回、藤井)、荒木2号ソロ(9回、藤井)、
      ウッズ33号2ラン(9回、石井)


9月4日 試合結果ニッカンスコアー

<監督、選手コメント>
落合監督
「何をしゃべるかは考えてきたよ。
(先発陣について)大幅にテコ入れしなきゃいかんな。みんな若いのにしちゃうか。(山井ですか?)山井にしたら中(継ぎ)がなくなっちゃうじゃん。
(野口について)先発はもうない。1点をやりたくなくて3点をやってしまった、あのフォアボールが全てだ。自分の中に恐怖心があるやつは使えないし、これからそんな選手が出てきたら使わない。」
高代野手総合チーフコーチ
「(藤井について)いい投手はそう簡単には打てんわな」
谷繁選手
「(2回のホームランについて)打ったのはストレート。先制できてよかった。」
ウッズ選手
「(33号2ラン)強く振ることだけを頭に置いてスイングした」
野口投手
「申し訳ありません・・・。」


 一昨日は、まったく見ていないので何とも言い様がないのですが・・・・。夕方、携帯でチェックしたら負けているし。帰ってきたら豪雨で大変だったし・・・・。近所、冠水してるし。今頃先日の試合分の更新といった感じです。

 一昨日は関東地方の1時間に100㎜以上の大雨は凄かったです。近所の町の消防団が大活躍といった感じでしたが、ドラの打線は藤井投手にやられたみたいですし。勝たなければいけない試合を落としてしまった模様。9回に粘りを見せて1点差まで行きましたが9回の平井の被弾も大きかったですね。

 野口くんも監督から・・・・。どうすんだ来年。

 先発が早期に崩れた場合は、セブンと鈴木が頑張ってくれていたのが大きいですね。中継ぎ陣の踏ん張りがあれば、又首位阪神との戦いには希望が見えるし、その点は良かったのかな。ただ、先発が崩れると痛いですね。なるべく頑張って、マルちゃんみたいに好投してくれればいいのですが、なかなか上手くいきませんね。

 今回のヤクルト戦は苦手ナゴドと言う事で、1勝2敗と負け越し。地元の利を生かしてほしいのですがなぜか、ナゴドで勝てないドラ。今日からの阪神戦も気が重いです。
 初戦の先発は、中田くんが濃厚ですが若さで乗り切ってほしいですね。あとは打線が援護してくれればいいのですが。井川投手を攻略できるでしょうか?
 とにかく負けが許されない状況になってきたので、何とか勝ってほしいのですが気負わず戦ってくれればいいかな?とも思ってます。


<プロ野球の公示(4日)>
【出場選手登録】(↑)堂上剛裕内野手
【同抹消】    (↓)朝倉健太投手

<プロ野球の公示(5日)>
【自由契約選手】  ブラウン投手、ベロア内野手
【出場選手登録抹消】(↓)野口茂樹投手

<プロ野球の公示(6日)>
【出場選手登録】(↑)遠藤政隆投手


 健太が抹消で・・・・。早く治してほしいですね。堂上は頑張れ!チャンス!!一昨日、監督の逆鱗に触れた野口くんも抹消。このままだとFA移籍決定かな。うーん、って感じだだけど・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/09/04

9月3日 D10-1S (○)

2005_0904 ドラゴンズは3日、ヤクルトスワローズ18回戦を行い、集中打で大勝するもゲーム差は2のまま。
二回、相手の先発館山を攻めた。ウッズの左前打を皮切りに福留、アレックスの連打で無死満塁。森野はおよぎながらも左犠飛を打ち上げてまず1点。その後、二死満塁となったところで、荒木が左前に2点適時打。井端、立浪も連続適時打で続いた。この回打者10人で単打ばかりの7安打を集め、5点をあげた。五回は一死一、三塁で、福留が代わった杉本から右中間に21号の3点本塁打。谷繁も6試合ぶりの適時打を放った。七回にウッズの32号ソロで得点を二けたに乗せた。
 先発マルティネスは直球の伸び、チャンジアップの切れが冴えた。まったく危なげない内容で7回を散発5安打で宮出のソロのみの1失点に抑え、7月30日以来の6勝目を上げた。川岸は2回を無失点。

□中日-ヤクルト18回戦(中日12勝6敗、15時1分、ナゴヤドーム、34、900人)

 ヤクルト 000 100 000- 1
 中  日 050 040 10×-10

(勝)マルティネス14試合6勝3敗
(敗)館山20試合8勝5敗
(本)(ヤ)宮出8号ソロ(4回、マルティネス)
   (中)福留21号3ラン(5回、杉本)、ウッズ32号ソロ(7回、本間)


9月3日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日:大勝し連敗止める 」(毎日新聞)
中日2回一気5点!うっぷん晴らした! 」(ニッカン)
中日、大勝で再び上昇へ-うっぷん一掃、一気5点 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「今日の収穫は、アレックス。アレックスが打ち始めたら点が取れる。これで攻撃は、心配がなくなった。
(マルティネスについて)投手は、何度か投げれば良い投球をするわな。次回をお楽しみに・・・。」
マルティネス投手
「今日は、良いゲームが出来たと思う。チームのみんながバッティングで助けてくれて嬉しいね。
久しぶりの勝利でしたがこれは神様、そしてファンの皆さんが与えてくれた勝利だと思います。登板間隔があいて休養は十分でしたし、森コーチをはじめトレーナーの皆さんのサポートもあって良いコンディションで投げることができました。今日はバッターの皆さんの援護もあって良い試合ができたと思います。これからもがんばります。ありがとうございます!」
森野選手
「(2回先制犠牲フライについて)打ったのは、フォーク。最低限の仕事が出来たと思う。」
荒木選手
「(2回タイムリーについて)打ったのは、スライダー。ラッキーでした。ちょっと跳ねたから、抜けてくれました。」
井端選手
「(2回タイムリーについて)打ったのは、ストレート。詰まったけど、良い所に落ちてくれました。」
立浪選手
「(2回タイムリーについて)打ったのは、シンカー。追い込まれたのですが、久々に良いバッティングが出来ました。
福留選手
「(5回ホームランについて)打ったのは、カットボールかな。あの場面だから、外野フライでも良いと、楽な気持ちで打席に入れました。ホームランは、たまたまです。」
谷繁選手
「(5回タイムリーについて)打ったのは、ストレート。自分にとっても、良いヒットだった。」
川岸投手
「(6月25日以来の登板。2回を無失点)少し緊張しましたが、マウンドに上がったら落ち着きました」

 ※今日は、監督、選手のコメントが多い(^^ゞ毎試合そうだと嬉しいのですが(^o^)


 今日はよく打ちました。昨日の敗戦がウソのような打線のつながり。そしてお返しのビッグイニングでニッカンスコアーの赤が目立つ。先発が試合を作って打線が投手を援護する理想的な展開。

 まずは打線から、野手全員安打で15安打。1~6番、8番がマルチヒットという感じです。中でも、アレックスが良くなりましたね。試合前に監督からの助言が良かったのかな?打撃フォームを少し変えて前に突っ込まなくなってます。フォームが落ち着くまで、どうなるか解りませんが状態がいいので、しばらくこのままで行ってほしいですね。アレックスが6番でしっかり打てば打線が本当に線になるし。
 あとは、立浪さんも良くなってますね。守備でも動きが軽快になってきたし、調子は上向きと見てます。明日も打ってほしいのですが、今日の打ち疲れで拙攻とかは勘弁でお願いします。

 投手陣はマルちゃんの好投で中継ぎ陣を休ませる事が出来たのも大きいですね。やっと先発が試合を崩さない形も出来たし、今日はマルちゃん、ありがとう!!昇格即登板の川岸も2回をしっかり抑えたし、良かったですね。昨日の鈴木の奮闘が川岸に刺激になってほしいと思う。

 今日は、阪神も勝ったのでゲーム差は縮まらず2のまま。ドラとしてはしっかり明日も勝って、火曜日からの阪神戦に臨みたいので先発には頑張ってほしい。その先発は野口くんでしょうか?それとも中田くんでしょうか?とにかく、7回を投げきる気持ちで抑えてほしいです。
 ヤクルトは因縁の藤井投手でしょうか?タイロンは舌をだされても、藤井投手をくれぐれもヒットしないでね。バットでヒットを打ってね(不謹慎でm(__)m)あとは、立浪さんとアレックス頼みます。
 
 明日は朝から所用で見れないので、夕方携帯で見たら勝利!!これが理想です。頑張れドラゴンズ。ベイも勝て!!


<プロ野球の公示(3日)>
【出場選手登録】(↑)川岸強投手
【同抹消】     (↓)小林正人投手

 小林残念・・・・。次回のチャンスはいかしてほしい。川岸は前回上がって来た時のような神がかりの好投に期待。

| | コメント (5) | トラックバック (12)

2005/09/03

9月2日 D3-6S (●)

2005_0903 ドラゴンズは2日、ヤクルトスワローズ17回戦を行い、先発朝倉が誤算、逆転負けで連敗。
 三回二死を取ってから、崩れた。青木に二塁打のあと宮本には四球。岩村に追い込んでから中前へはじき返されて同点。一、三塁からラミレスに勝ち越し内野安打を許した。さらに宮出の2点二塁打など5連続適時打を浴び、一気に6点を失った。
 打線はチャンスで3併殺を喫し、追い上げはかなわなかった。(中スポWEB)

□中日-ヤクルト17回戦(中日11勝6敗、18時、ナゴヤドーム、23、200人)

 ヤクルト 006 000 000-6
 中  日 100 000 200-3

(勝)石川22試合9勝6敗
(S)石井51試合4勝3敗32S
(敗)朝倉15試合5勝6敗
(本)(中)アレックス17号2ラン(7回、石川)


9月2日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
朝倉乱調、中日連敗で遠のく虎の背中 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「朝倉はボールそのものは悪くなかった。(好投した)前の2試合とそんなに変わっていないよ。野球に一番大事な慎重さ、かつ大胆さがなかったな。(6点を取られた3回も)2アウトランナーなしだったんだから、もう少し注意を払っていかないと、あれでは、ピッチャーもなかなか代えづらいよな。残り28試合で、どこまで先発陣が奮起するかだな。中継ぎピッチャーをこんな使い方していたらもたないよ。」
立浪選手
「(1回犠飛について)打ったのはスライダー、追い込まれてからは、何とか外野フライでもと思っていました。」
朝倉投手
「申し訳ありません・・・。」
アレックス選手
「(7回ホームランについて)打ったのはストレート、久しぶりにホームランが出てうれしいね。インサイドのボールをうまくさばけたよ。」


 連勝が止まると、あっさり負けてしまいますね。反動が大きいです。連勝もあれば連敗もある。今年はそんな感じですね。試合の方は、健太が3回にエアポケットに完全にはまった模様。

 前半は少し見ましたが、後半は見ることは出来なかったのですが、健太の炎上ぶりは、しっかり見ました。
3回は、2死から四球を挟むなど連打をくらって6失点・・・。打たれ始めた時に間が悪かったですね。ヤクルトは早いカウントから今日は打ってきていたので、ベンチから指示があったのでしょうか?完全に攻略されたと思う。もうちょっと、バッテリーは警戒したりした方が良かったかな。連打中は立浪さんぐらいしかマウンドに行かなかったのですが、コーチ含め出て行っても良かったかな?とも思います。一呼吸おいてほしかったです。(ヤクルトは4回のピンチでマウンドに集まって確認してたし)
 健太降板後は鈴木が奮闘して失点せず、毎度の大量失点で負けるという形にはならなかったのですが、中継ぎ陣の登板が多いですね。やっぱり先発ですね。誰か先発炎上の歯止めを掛けてほしいです。

 打線は・・・・。併殺は勘弁!!当たりは悪くないけどツキが無いだけで片付けてほしくないですね。

 初回はいい感じで点を取ったので、もったいないです。
アレックスもHRを打ちましたが、本当はヒットの方が良かったかな。4回の併殺でへこんで、HRで気持ちを良くしている状態だと思うので、明日は気持ちを良くしている、いい形でいってほしいです。

 今日、負けてゲーム差が2。離されないようしてほしいですね。チームの状態は流れが悪くなっているので、ここは踏ん張りどころ。明日の先発はマルちゃんか野口くん。解りませんが中継ぎ陣を休ませるような快投を期待したいですね。

 前回のカープ戦は、たまたま勝ち越したけど、やっぱりナゴドは苦手?そんな風に思いたくないので明日は、しっかり勝ってほしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (14)

2005/09/02

9月1日 D1-8T (●)

2005_0902 ドラゴンズは1日、阪神タイガース17回戦を行い連勝7で止まり、阪神と再び1・5差に。
打線は一回、一死から井端の右中間二塁打などで一、三塁とし、ウッズの遊ゴロ併殺崩れの間に1点を先制。しかし、先発の山本昌がぴりっとしなかった。制球、変化球の切れがもう一つ。三回一死二塁でシーツに同点左前打を許すと、今岡には左中間へ勝ち越し2ランを浴びた。五回、一死一、三塁としたところで降板したが、2番手の鈴木が今岡に2打席連続となる3ランを打たれ、試合の流れが決まった。

□阪神-中日17回戦(阪神9勝8敗、18時、甲子園、47、293人)

 中 日 100 000 000-1
 阪 神 003 030 20×-8

(勝)下柳19試合11勝3敗
(敗)山本昌21試合7勝7敗
(本)(神)今岡23号2ラン(3回、山本昌)、24号3ラン(5回、鈴木)


9月1日 試合結果ニッカンスコアー

<速報記事より>
中日:中日は連勝7でストップ 」(毎日新聞)
中日首位取り失敗、再び1・5差に 」(ニッカン)
首位取り失敗の中日-次のヤマ場は6日から 」(サンスポ)
中日の小林が危険球退場 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「1勝1敗? OKなんじゃない。それでいい。
(小林投手の危険球で乱闘騒ぎになったことについて)現役時代にさんざん危ないところを攻められた俺が、そんな所に投げろと言う訳ないだろ。岡田監督も危険球と、すっぽ抜けの区別ぐらいしてくれないと困る。」
高代野手総合チーフコーチ
「いつも勝てるわけじゃない。またあした(2日)ですよ」。
山本昌投手
「何もありません・・・。」


 今日は勝ってほしかったのですが残念ですね。昌さんも良くなかったみたいですし、打線も4安打に抑えられているし、良いところ無しといった感じでしょうかね。

 前半は見れたのですが、仕事が貯まってしまってヤフー速報で随時結果はチャックしてましたが昌さんは切れが無かったのかリズムが悪かったのか?今日はよく打たれましたね。変え時が難しかったのかな。変わった直後に鈴木も被弾するしで負けるときは、あっさり。
 プロ初出場の小林がどういう投球をするのかと思いましたが・・・・。(結果は(>_<))甲子園の異様なムードは、ちょっと無理があったかな?経験は積んだので今後に生かしてほしいですね。

 打線は明るい話題が一つ、立浪さんが久しぶりにマルチだった模様。極端に悪い時期は過ぎたかな?少し続いてくれるといいですね。
チーム自体は併殺崩れで1点と4安打ですから、あとは無いかな。
 やっぱりアレックスが心配。第一打席は右方向の打球(一ライナー)だったので、今日はいいかな?と、思いましたが、あとは引っ張ってますね。今が底かな?長いトンネルにならなければと・・・。

 気を取り直して明日から戦ってほしいですね。健太は大丈夫かな?先発がここ2試合、安打製造機になっているので、しっかり抑えてほしいですね。
阪神は試合がないので、しっかり勝ち星を拾ってほしいです。

| | コメント (6) | トラックバック (14)

2005/09/01

8月31日 D7-5T (○)

2005_0901a ドラゴンズは31日、阪神タイガース16回戦を行い首位阪神との直接対決制し0・5差。
 逆転勝ちで連勝を伸ばしてきた打線が、好調さを持続した。3点をリードされた直後の三回。一気に試合をひっくり返した。先頭荒木が敵失で出塁。安打と四球で無死満塁からウッズが右へ逆転の満塁アーチ。福留もソロ本塁打で続いた。四回には荒木、井端の連打で無死一、三塁として、阪神先発の井川をKO。2番手橋本からウッズの犠飛と暴投で2点を加え、突き放した。
 先発川上は六回途中で降板し、本塁打3本を浴びるなど5失点。エースにはもの足りない内容だったが、7月29日以来約一カ月ぶりの勝ち星で11勝目。2番手以降は小刻みな継投で、九回は岩瀬が締めた。

□阪神-中日16回戦(8勝8敗、18時1分、甲子園、47、285人)

 中 日 005200000-7
 阪 神 030011000-5

(勝)川上21試合11勝5敗
(S)岩瀬50試合1勝1敗38S
(敗)井川22試合11勝6敗
(本)(中)ウッズ31号満塁(3回、井川)、福留20号ソロ(3回、井川)
   (神)今岡22号2ラン(2回、川上)、矢野14号ソロ(2回、川上)、
      桧山7号ソロ(6回、川上)


8月31日 試合結果ニッカンスコアー

2005_0901b<速報記事より>
中日:7連勝 阪神とのゲーム差0.5に 」(毎日新聞)
中日逆転勝ち、虎に0・5差だ 」(ニッカン)
中日0・5差阪神にピタリ─連覇へのシナリオ着々 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「勝つことに対する執念、集中力が素晴らしかった。改めていいメンバーがそろっているチームだと思った。誰がというのではなくベンチにいるみんなだよ。」
川上投手
「チームに迷惑をかけているみたいで、申し訳ないです。せっかく打線がいい形で援護してくれているので、自分としてはもう少しがんばらなければいけないのに…。そこが悔いが残ります。」
ウッズ選手
「大事な試合で良い仕事ができてとても気持ちが良いです。相手投手もすばらしいピッチングをしていましたが3回は変化球の制球に苦しんでいたようなので自分はストレートを待ちました。この試合の大切さを考えるととても意義のあるホームランになったと思います。
(3回の満塁ホームランについて)打ったのはストレート。いいボールを流さず強く振ろうと思っていた。」
福留選手
「(3回の二者連続ソロホームランについて)打ったのはストレート。有利なカウントだったから思い切っていきました。」


 何とか勝ったという感じでしょうか?中盤以降は攻められっぱなしでしたが・・・。タイロンはいいところで4番の仕事をきっちりしてくれましたし、9回の川相先生のダイビングキャッチは素晴らしいです。岩瀬を救いましたね。

 打線の方は、先制されてやっとエンジンが掛かってくる感じでしょうか。井端の4安打が大きいですね。荒木が3つと立浪さんが2つと、タイロンの前でランナーに出てくれました。ランナーが貯まれば大量点になるということですね。とにかくタイロンのグランドスラムが良かったです。井川投手は気落ちしたのか知れませんが、孝介もHRで5点目。3回の総攻撃は見事でした。
 アレックスがちょっと気になるのですが、急に固め打ちするので謎ですが、打席で迷いがあるのかな?タイミングが合ってなかったので・・・。
 全体的にもう少し点は取れそうでしたが、毎度の拙攻もありもう少し繋がってほしいかな?と、いう贅沢な悩みです。ただ点は取れているので、しばらくはこの調子で行ってほしいですね。

 投手陣はエースがピリッとしませんね。間隔が空いていたかも知れませんが、次回にも不安の残る内容。今日は、逆球で中に入ったところをHRされる感じで悪かったですね。憲伸がやってくれないといけないのですが次回の登板では修正できるかな?今日は良くなかったですが「勝ち」が付いたので、きっかけになってくれればいいですね。次回はしっかり頼みますよ!!
 明るい話題は中継ぎ陣ですね。石井くんも良かったですし、岡本不在の間は頑張ってほしい山井が抑えたりといい感じですね。聡文の金本選手斬りも良かったです。(7回の継投は、そのまま石井くんでも。とも思いましたが)
7連投が気になった岩瀬も昨日の中止で休めたので、かえって昨日の中止はドラに取って良かったかも。

 問題は明日の先発ですが、昌さんで行くのか?健太で行くのか?解りませんが試合をしっかり作ってほしいですね。(相性なども含めると昌さんかな?)打線も下柳投手(?)を攻略してほしいです。

 今日、勝ってゲーム差が0.5になったので明日も勝って一気に逆転してほしいですね。月も変わってそろそろ首位に立ってもいい頃だと思うし、もう一踏ん張りしてほしいですね。

| | コメント (9) | トラックバック (21)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »