« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/09

三井GG賞と速報から吉見獲得

 プロ野球の守備の名手に贈られる『三井ゴールデングラブ賞』が8日発表され、中日からは荒木雅博二塁手(28)、井端弘和遊撃手(30)=ともに2年連続2度目=、福留孝介外野手(28)=2年ぶり3度目=が受賞した。ペナントの連覇こそ逃したが、守りの堅さへの評価は今季も不変。表彰式は30日に東京都内で行われる。

福留、2年ぶり3度目の「三井ゴールデングラブ賞」 」(中スポ)
井端「10割に挑みたい」 」(中スポ)
福留、荒木、井端がゴールデングラブ賞受賞 」(スポニチ)

2005年度三井ゴールデン・グラブ賞 」(公式開票結果)

福留選手
「去年、ボクが逃したものの中で、一番悔しかったのがこの賞です。今回受賞できたことで、またがんばろうと思えます。」
井端選手
「ボクの中ではある意味、ベストナインより重い賞なんです。続けて取れたことには、すごく意味がある。手放したくないですね。」
荒木選手
「最多得票?ありがとうございます。少しずつレベルアップしていると思うし、続けて獲りたい賞です。」

 アライバコンビは見ていて安心だし、孝介が奪回。これからも連続して獲得出来るといいなと、思ってます。


<トライアウト関連>
沖縄・北谷での中日秋季キャンプで、楽天・高村祐投手(36)、西武・鳥谷部健一投手(26)が入団テストを受けることが8日わかった。ともに戦力外通告を受けており、7日に千葉・鎌ヶ谷で行われたトライアウトにも参加。来季の現役続行をかけて、落合竜の門をたたく。2人は9日から練習に合流する。

高村、鳥谷部投手 竜入団テスト受験へ」(中スポモバイルより、WEBなし)

ヤフー名鑑より「高村祐投手」「鳥谷部健一投手


<速報記事より>
2005_1109a
<自由枠で吉見獲得>
 社会人野球、トヨタ自動車の吉見一起投手(21)=181センチ、80キロ、右投右打=は9日、豊田市内で記者会見し、希望入団枠での中日入りを表明した。

吉見が中日入り表明-トヨタ自動車の本格派右腕 」 」(サンスポ)
トヨタ・吉見 中日入り表明 」(スポニチ)

吉見投手
「高校時代から親身に見続けていただいたことと、必要としていただいたことに誠意を感じ、中日への入団を希望します。」

 やっと、決まりましたね。吉見投手の入団で先発陣がよりいっそう強力になった気がします。先発ローテに入ってほしいですね。頑張ってもらいましょう!!
あとは、大社ドラフトで藤井選手や新井選手などを無難に獲得できるでしょうか?


<野口、中日退団へ>
2005_1109b プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言選手の契約交渉が9日、始まり、同日午前に野口茂樹投手が名古屋市内で中日と話し合ったが、他球団への移籍の希望が強く、中日を退団することが濃厚となった。同投手はこの後巨人との交渉に臨んだ。巨人側が提示した具体的な条件については不明だが、今月中に予定する2度目の交渉で入団が合意に達する見込み。

FA選手の契約交渉始まる 野口、中日退団へ 」(中スポ)
野口、巨人入り確実 中日と不調、阪神断念 」(中スポ)
FA選手の契約交渉始まる-野口、中日退団へ 」(サンスポ)
FA野口、巨人に好感触 」(ニッカン)

伊藤一正球団代表
「条件面の話はしていません。ここ2年間、思うような成績が残すことができず(野口が)環境を変えたいと強く思っているように感じた。本人も忸怩(じくじ)たる思いがあったのかもしれない。」
野口投手
「(巨人清武代表との交渉後)方向性は出てきた。(監督の)原さんから電話ももらい、ぜひ一緒にやろうと言っていただいた。うれしかった。自分とすれば活躍できる環境が一番。早く結論を出したいと思っている。」

 形式的なことですがドラも交渉に臨みましたが・・・・。現実に「退団」と記事になると淋しいですね。移籍してもドラ戦しか勝てない投手になってほしくないので頑張ってほしいです。あとは巨人から人的補償含めていい選手を取ってください。


<2006年度 公式戦試合日程>(NPB公式より
 来季の公式戦日程がきまりましたが・・・・、交流戦の煽りを受けて神宮の開催は6月終わりまでないじゃん。4月15日~16日のヤクルト主催松山って(>_<)

| | コメント (9) | トラックバック (5)

2005/11/04

野口の移籍先は巨人が有力?

 フリーエージェント(FA)宣言した野口茂樹投手(31)の巨人移籍が、3日までに決定的となった。獲得に名乗りを上げていた阪神、楽天が相次いで撤退を決定。水面下の調査で野口の『巨人志向』をキャッチしたためで、中日残留の可能性も極めて低い。交渉解禁日の9日を前に、FA左腕を巡る状況は大きく動き出した。

野口、巨人移籍 決定的 相性の良さを重要視 」(中スポ)
虎、FA野口獲り断念“在阪志向なし” 」(なにわWEB)
FA野口の巨人入りが確実に!親しい知人に「希望球団」 」(サンスポ)

野口投手
「(両手で×の字をつくり)FAに関しては…。
(ケガの具合については)8割ぐらい回復しているし、順調です。これまでもネット投げとかもしていたんで、投げるのは問題ない。肩の状態?思ったよりは落ちていないかな。来年への影響?こっちの手(右手)なんで大丈夫ですよ。」
阪神・岡田監督
「若手の機会をつぶす必要もないからな。投手は何人おってもいいんやけど、同じような(先発左腕の)投手がおれば、(若手より)FAを使うからなあ。もう少し、編成部と検討してからになる…」
巨人・原監督
「自分から動くことは惜しまないし、喜んではせ参じます」

中日・伊藤球団代表がFA左腕に激辛エールだ。FA宣言後、貝のように口を閉ざし、自らの意思を伝えようとしない野口の姿勢を問題視、プロとして、一社会人として言葉を発し、ファンへの説明責任を果たすべきだと訴えた。

激辛エール…野口よ大人になれ 」(スポーツナビ)

中日・伊藤球団代表
「彼の場合、性格的なものもあるんだろうけど、これまで10何年、ドラゴンズの選手として多くのファンに支えられてやってきたんだからね。やっぱり、自分の考えというのを言葉にして伝えるべきだろうね。
公示後に交渉する時に、こちらから彼には『自分の考えだけはちゃんとしゃべりなさい』と伝えます。」


 9日以降になってみないと真実味がないですが、巨人が有力になったみたいですね。
巨人ブランド強しといった所でしょうか。阪神も楽天も諦めたっぽいので、すんなり巨人に落ち着きそうな予感がありますね。他球団へ行きそうですが頑張ってほしいです。
 ドラ的には、野口くん対策を取らないと来季は4~5勝を献上しかねないので、しっかりオフを利用し対応してほしいですね。
 来季の巨人は、豊田投手の獲得も視野にいれているみたいで脅威になりそうですね。こちらもしっかり対策を立てておかないと、今年のようには行きそうもないので、しっかり対策をたてて来季も勝ち越してほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/11/03

ブログを始めて1年が経過して

 先月(10月)の28日でブログを始めて1年が経ちました。
TBやコメントを頂いたり、沢山のブロガーの方達と知りあえたことに感謝です。この場を借りて、御礼を申し上げます。

 ありがとうございました!!

 1年が経ったわけですが、当初は続けられるかとか?疑問はありましたが何とかここまで続けられた感はあります(最近は怠けて更新してませんが(^^ゞ)
 とくに、ドラブロガーの方達とドラゴンズを応援したり共感したりと新たな出会いもあり有意義な1年を過ごせたと思ってます。来年の話をすると「○○が笑う」と、言いますが来季こそ日本一になってほしいですね。そこで、みなさんと大いに喜びたいと思います。

 私の方は最近、2~3日置きに提出などが迫ったりして時間の都合が付かない日々が続いておりましたが、何とか更新できそうな雰囲気にもなってきています。これを気に何とか更新していければ・・・。と、思っている限りです。

 そんな中、毎年行われる阿佐ヶ谷のイベント「阿佐谷ジャズストリート」を、今年は堪能と思いきや、気が付けば終ってました(^^ゞ又、来年だね。ちょっと残念です。

 そんな日々を過ごしていますが、とうとうPCの調子がおかしくなり、以前ココログの「トラックバック野郎」でも書いた、Aptiva君を引退させようと思っております。
頂いたデーターが重くてフリーズするし、正直に言うと寿命でしょうかね。それ以前に仕事にならないのが要因です。ここまで使って上げれば元は数倍とったと思うし。ま、いいでしょう。(自分に言い聞かせています)サヨナラAptiva!!
 Aptivaの後継者は、懐事情を考慮して「Dell」に決定してオーダー。今は、国際輸送の手続きをしているとのこと。あと1週間ぐらいで到着するのかな?待ち遠しい限りです。来たら来たでデーターを移行したりソフトを入れたりと時間が取られそうですが、その辺は臨機応変に対応といったところでしょうか。ただ、梱包を解かずにしばらく放置といった状況にならないようにしないと(w
 
 又、長々と支離滅裂な文章になってしいましたが、「こんな感じ」で日々を過ごしていますが、ブログの方も「こんな感じ」で続けていければと思ってます。

 更新しようと思ってココログ管理画面を見たら100MBから5GBに容量が変わっていた(w
最近いかにブログを気にしていなかったのが、はっきりした。かなりヤバイかも。とにかく頑張ろう!!

これからも、よろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »