« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/18

公式ファンクラブ発足

2006_0218a 日本一へファンのパワーも結集!! 球団創立70周年を機に誕生した「中日ドラゴンズ公式ファンクラブ」の詳細が17日、名古屋市中区の中日パレスで同運営委員会事務局により発表された。会員は1991年4月1日以前に生まれた人が対象。年会費は3800円。受け付けは3月1日から中日新聞販売店を通じて行われる。

公式ファンクラブ発足 竜日本一支援 」(中スポ)
中日ドラゴンズ公式ファンクラブが新たに発足 」(スポニチ)

<特典>
 会員証とカードホルダー、特製ブルーメッシュジャージーに、ピンバッジ。また応援グッズは手元に届いてからのお楽しみだ。会員証を持参すれば、ナゴヤ球場でのウエスタン・リーグの中日主催試合を無料で観戦できる。

<応募要項>
◆申し込み 06年3月1日から受け付け開始。指定の入会申込書に必要事項を記入の上、最寄りの中日新聞販売店にて申し込む(事務局経由で販売店を紹介。遠隔地の場合等は、郵送等も)。なお、インターネットでの受け付けはhttp://dragons‐fc.com(開設は3月31日から)で3月31日から可能に。
◆会員資格 91年4月1日以前に生まれた人。
◆会員資格期間 申込受付日から12月31日まで。
◆年会費 3800円(一部地域ではグッズ配送料700円が別途必要)。
なお入会申し込み方法など問い合わせは、中日ドラゴンズ公式ファンクラブ事務局(〒460 8511 名古屋市中区三の丸一丁目6番1号 (電)052・201・5510)か、最寄りの中日新聞

 やっと詳細が明らかになりましたが、すぐ定員いっぱいになりそうな予感ですね。
私も申し込みたいのですが、ネットだと3月31日からみたいです。早めに処理したいので早速近くの販売店に聞いてみようかな。


<練習試合>
2006_0218b 06年ドラゴンズの“第1号”は新人がかっ飛ばした。中日は17日、韓国のサムスン・ライオンズと練習試合を行った。今年初となる実戦。相手のサムスンは、かつての中日のストッパー・宣銅烈監督(43)が率いる昨季の韓国王者だけあって、若手中心のドラは5-10で完敗。

◇練習試合(17日、北谷)
  サムスン 001242010|10
  中   日 111002000|5

“竜1号” 新井、躍った!宣サムスンと練習試合 」(中スポ)
なで切りフォーク落ちる 高橋聡 」(中スポ)
中日新井が豪快初弾、韓国WBC投手ア然… 」(なにわWEB)
中日・新井弟“プロ1号” サムスン戦にフル出場 」(スポニチ)

新井選手
「興奮していたのであまり覚えてないんです。ガッツポーズしてたらしいんですけど、ボクは覚えてないんです」
広島・新井選手(弟の活躍を聞いて)
「本当ですか。連絡はたまには取りますが、きょうはボクから連絡することはありません。WBCで忙しいですし…」
三星・宣銅烈監督
「新井はいいね。バットスピードが他の選手よりも速い。広島・新井の弟? そうですか。フォームが似ているね」

高橋聡投手
「変化球が良かったです。フォーク、スライダーが低めに決まりました。この時期としてはうまく投げられたんじゃないかと思う」
森バッテリーチーフコーチ(高橋聡について)
「本人が先発やりたいって言っているし、このままならどんどんチャンスを与えるよ。ダメになるまでね」

 新井弟は高評価ですね。キャンプでどんどん成長してほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006/02/04

朝倉健太、日頃の仕返し?

 中日中田、山井、朝倉、高橋聡ら若手投手が日ごろのハードトレーニングの恨み?をぶつけた。節分の3日、鬼の役目を引き受けた森バッテリーチーフコーチに向けて各投手が豆を思い切り投げつけた。森コーチは本気で痛がっていたが、攻撃は止まらない。

日頃の恨み?中日朝倉らがコーチに豆まき 」(なにわWEB)

匿名希望の某投手
「気持ちよかったですよ~!」

 毎年恒例行事になった、ドラ投若手による青鬼への豆まき攻撃(w
TVで見た限りですが、森さんが「イテ。誰だ!落花生を投げたのは?」って、追っかけてました。中でも背番号「14」が直球で投げてましたね。あのバインダー攻撃を、まだ根に持っているのでしょうか(笑


<<沖縄発キャンプ情報第3日目>>
沖縄キャンプ 第1日 (06.2.3) 」(オフィシャル)

2006_0204

<朝倉、規定投球回数を目指す>
 朝倉健太投手(24)の今年のキーワードは「146」だ。開幕から1年間ローテを守り続けることを前提に、規定投球回数の146イニングをクリアし、さらなる上を目指す。

絶対譲れない数字がある 朝倉 146イニング 」(中スポ)

朝倉投手
「今年は開幕から先発ローテで1年間頑張りたい。そうすれば規定投球回数はいけますからね。
去年は100イニングに届かなくて(98イニング1/3)ショックでした。去年の数字(5勝)以上は勝たなきゃいけない。10勝以上? やっぱりそうです。
振りが良かった? いやあ、まだまだです。でも、自主トレでうまく調整できたから、いい感じでキャンプに入れました。これまでのキャンプの中でもいいですね。」


<新井、3日でサク越え40発>
 新井良太内野手(22)=駒大=が3日、フリー打撃でこの日のチーム最多となる12本のサク越えを放った。うち1本は、北谷球場の左翼側ネット最上段に当たる推定飛距離135メートルの超ロングドライブ。飛距離でも1等賞だった。(中スポ抜粋)

新井、飛び抜けてる!! 」(中スポ)

新井選手
「バッティングは楽しいです。実際にプロの投手と対戦するようになれば、また違う。壁にぶち当たると思う。その壁を、どうやって乗り越えていくか、が問題になってくると思う。」
石嶺打撃コーチ
「せっかく遠くに飛ばせる能力がある。大きいのを打てるのなら、それ以外のことは、そこに加えていけばいい。」
阪神・三宅スコアラー
「新井君の打力は魅力があるね。パワーは頭一つ抜けている」

 いつか壁にぶつかるとは思いますが、しっかり振り込んでアピールしてほしいです。


<今キャンプ初の監督ノック>
 沖縄キャンプ恒例の監督ノックが3日、敢行された。落合博満監督(52)が対戦相手に指名したのは井端弘和内野手(30)。2年連続ゴールデングラブ賞受賞遊撃手との対決だったが、雨のため、30分で“降雨ノーゲーム”に終わった。

落合監督と井端 早くもガチンコノック対決 」(中スポ)
中日井端、今キャンプ初の監督ノック 」(なにわWEB)
落合監督“オレ流”鬼ノック! 」(サンスポ)
キャンプだより 中日 井端、軽快な動き 」(毎日新聞)

井端選手
「まだ(対決は)“オープン戦”です。あと1時間は受けられた。慣らしの段階ですね。」

 今年も監督ノックが炸裂中です。とくに井端の場合はオフに手術をしているので、この時期にしっかり慣らしてほしいですね。


<川上、連日の熱投>
 川上が連日の本格的な投球練習を行った。73球を投げた2日に続いて3日は75球。直球のみだったが、力強いボールを投げた。

中日川上75球、連日の熱投 」(なにわWEB)
要警戒!今年は憲伸に気をつけろ 」(デイリー)

川上投手
「今日はあまりよくなかったです。まだまだですね」
阪神・三宅スコアラー
「どうしたんだい今年の憲伸は?ええ球を放ってるし、去年にはなかった力強さがある。彼は今年やるよ、間違いなく。厄介な存在やな。」

<契約問題>
憲伸あす"譲歩サイン"…前回より1000万円増で 」(スポニチ)

川上投手
「次は押します」
西川球団社長
「球団側も彼のエースという立場を考え直した。川上君も分かってくれるでしょう。金額は真ん中ぐらい?それぐらいになるんじゃないかな。」

 少し飛ばしすぎの感はありますが、今年も開幕から頼みます。


<福留、フォーム改造に手応え>
新打法に手応え十分だ。中日・福留孝介外野手(28)がキャンプ3日目のフリー打撃で快音を連発した。81スイング中、安打性の当たりは38本。8本のサク越えも披露した。

中日・福留「新打法」手応え!! 8本のサク越え披露 」(スポニチ)
中日福留が4割宣言 」(なにわWEB)

福留選手
「今やっているスイングが自分の形として固まれば、数字は上がると思う。WBCに行くまで(20日合流)に固めたい。確率を上げてと確実性を伸ばす。」
佐々木恭介氏(元コーチ)
「フォームがコンパクトになりスイングがスムーズになった。ボールをバットに当てる確率は上がる。」

 オフから取り組んでいる改造が着々と出来ている感じですね。WBCもあるのでしっかり間に合わせてくれると思ったます。


<山本昌、ハイペースで調整>
3日、読谷2軍キャンプでブルペンに入り、捕手を立たせたまま約30球を投げた。

山本昌は順調30球、第3クールから1軍合流予定 」(スポニチ)
中日山本、ハイペース調整で復活目指す 」(なにわWEB)

山本昌投手
「例年よりも1週間ぐらい早いかな。もう少ししたらキャッチャーも座らせるよ。読谷でBP(打撃投手)までやって合流します。」

 今年は早いですね。昨年のキャンプは、ほとんど実践がないままシーズンインしたので、その辺の反省もあったのかも?今年は二桁は勝ってもらわないといけないので、上手に調整してほしいです。

<平田にスローイング矯正指令>
 右肩を痛めている中日の高校生1巡目平田良介外野手(17=大阪桐蔭)にスローイング矯正指令が出た。落合監督が佐藤2軍監督に電話で指示。

中日平田にスローイング矯正指令 」(なにわWEB)

佐藤2軍監督
「プロといっても、まだ高校生。ボールの握り方とか、教わっていないことも多いからね。これから徐々にやるよ。」

 治せる所はしっかり直してほしいです。


<練習試合>(サンスポ)
 中日はキャンプ中に韓国プロ野球のサムスンなどと練習試合を行うと発表。
日程
沖縄・北谷球場で午後1時開始予定。
▽17日・サムスン▽18日・SK▽19日、24日・LG。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2006/02/03

キャンプイン

2006_0203a 日本一へ向け、中日の沖縄キャンプが始まった。1日は最後の選手が北谷球場を後にしたのが午後7時20分と、初日からハードな練習になった。

沖縄キャンプ 第1日 (06.2.1) 」(オフィシャル)

参加予定選手 (2/1現在)オフィシャルサイトより
北谷組
★投手:川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀、朝倉健太、中里篤史、
     中田賢一、鈴木義広、チェン、山井大介、石井裕也、
     平井正史、ドミンゴ、マルティネス、石川賢、高橋聡文、
     長峰昌司、小林正人、鳥谷部健一 計18名
★捕手:谷繁元信、小山良男、清水将海、小田幸平 計4名
★内野手:荒木雅博、渡邉博幸、井端弘和、川相昌弘、新井良太、
       森野将彦、ウッズ、森岡良介、鎌田圭司 計9名
★外野手:福留孝介、アレックス、井上一樹、藤井淳志、上田佳範、
       英智、普久原淳一 計7名

読谷組
★投手:佐藤充、川井進、吉見一起、樋口龍美、遠藤政隆、落合英二、
     金剛弘樹、山本昌、斉藤信介、川岸強、小笠原孝、デニー友利、
     佐藤亮太、高江洲拓哉、久本祐一、金本明博、加藤光教 計17名
★捕手:柳沢裕一、前田章宏、小川将俊 計3名
★内野手:高橋光信、立浪和義、中川裕貴、澤井道久、柳田殖生、
       堂上剛裕、竹下哲史 計7名
★外野手:平田良介、中村一生、春田剛、中村公治、櫻井嘉実 計5名

<中スポ2月2日付記事>
中田に「開幕行くか」落合監督ビックリ発言
岩瀬、変えた!!ワインドアップ初披露
立浪 マスコットバットでガンガン打った!!

 昨日更新出来なかったので抜粋程度ですm(__)m

------------------------------------

2006_0203b 今年もサンスポの「森コーチ語録」を私は追いかけます(^^ゞ

名言迷言】(サンスポ)
◆ノックでボールを捕り損ねた自費キャンプ中の川上に
森バッテリーチーフコーチ
(年俸)500万円ダウンな

◆川上と並んで投球していた岩瀬に
森バッテリーチーフコーチ
まんちゃん(岩瀬のアダ名)、こいつが投げていいの? まだ契約していないのに
◆きつ~いジョークに負けじと
川上投手
「練習生でお願いします」

 相変わらずの森語録でした。現在の標的は憲伸かな。
------------------------------------

沖縄キャンプ 第2日 (06.2.2) 」(オフィシャル)

<川上ブルペン入り>
 中日の川上憲伸投手(30)は2日、沖縄県北谷球場のブルペンで、捕手を座らせて本格投球を始めた。主力投手では最多となる70球。今キャンプでは毎日、投げ込む決意を固め、肩のスタミナをつくる。決意の再出発で、不本意に終わった昨季の雪辱を果たす。

皆勤憲伸 毎日投げる!決意の70球 」(中スポ)
中日川上73球、開幕内定 」(なにわWEB)

川上投手
「一応、毎日投げようと思っている。もちろん状態見ながらだけど。今日は肩を使って投げたというよりも、手先だけで投げたという感じですね。この時期に全力で70球投げられればいいんですけど。ボチボチというところですね。」
森バッテリーチーフコーチ
「毎日入る? そんなの当たり前だよ、みんなやってるんだから。(開幕投手について)オレの頭の中ではもう決めているよ」

 今年は昨年後半のような息切れは勘弁してもらって、1年間フル回転してほしいですね。


<藤井強肩アピール>
 中日の沖縄キャンプ2日目、1軍の北谷キャンプに抜てきされたルーキーの藤井淳志外野手(24)=NTT西日本=が外野手守備練習でいきなり“強肩”発動。

藤井の肩「使える」落合監督 右翼争いに参戦 」(中スポ)
藤井、自慢の強肩みせた! 遠投125メートル 」(スポニチ)

藤井選手
「送球練習が2カ月ぶりだったので、自分ではまだまだ。試合のときの送球とは比べものにならないです」
落合監督
「あの肩はいい。十分に使えますよ」
長嶋外野守備作戦コーチ
「いい球投げてたね。でも鍛えれば、これからもっと良くなるよ。うん、福留と遜色ない」
三宅スコアラー(阪神)
「なんや、あれ、福留やないか」

 肩と総力が魅力で獲得したので、どんどんアピールしてほしいです。藤井の影響で英智も負けてられない状態。


<柳田昇格>
 北谷球場が暗闇に包まれた2日午後7時すぎ、練習を終えた柳田殖生内野手(23)=NOMOクラブ=は迎えの車に乗り込んだ。1軍初日が無事終了し、疲れを聞くと、まず手を胸に当てた。

柳田 体も心もパリパリ 」(中スポ)
大学・社会人5巡目柳田、森岡に代わって1軍合流 」(スポニチ)

柳田選手
「こっちの方が疲れてますね。気持ちです。きょうは体も心もパリパリになりました。守備で肩を、走塁で足をアピールしたい。」
高代野手総合チーフコーチ
「自主トレのころから動きを見ていて、上でやっても面白そうだなと思っていた。でも、上の人数が増えてもダメなので2軍にした。」

 アライバを脅かすまで、力を早く付けてほしい。それにしても森岡・・・・。


<中日平井、2日目で141キロ>(なにわWEBより)
平井がキャンプ2日目にしてのブルペン投球で周囲を驚かせた。スコアラーが構えたスピードガンは141キロを計測。

平井投手
「スピードはそんなに意識していない。ただ、この時期にそれだけ出るということは腕が振れているということでしょう」
都スコアラー
「この時期に141キロは速いですね」


<新井外野をテスト>
 期待の表れだった。昨年のセ・リーグ本塁打王、広島・新井の実弟で、大学・社会人ドラフト4巡目の新井良太内野手(22=駒大)が2日、外野練習に臨んだ。

中日・新井弟に外野指令 落合監督期待の表れ 」(スポニチ)
中日・新井の英才教育がスタート! 」(サンスポ)

新井選手
「練習あるのみです」
高代野手総合チーフコーチ
「監督があの打撃力を試合で使いたいから、一塁も三塁も外野も練習させる。でも近い将来、立浪、森野を脅かす存在だよ」

 とにかく1軍に残ってほしいです。若い大砲が伸びやんでいるので、新井には期待が大きいです。


<立浪、桜井に熱血指導>(スポニチより)
2軍キャンプで調整中の立浪が桜井に熱血指導を施した。ティー打撃を行っていた桜井に自ら歩み寄り身ぶり手ぶりを交えて打法を指南。

立浪選手
「一度見てくれと言われていた。こういう機会はなかなかないから」
桜井選手
「めっちゃうれしいです」


<ルーキー平田“投げた” 痛めた右肩驚異の回復力>(スポニチより)
 高校生ドラフト1巡目ルーキー・平田良介外野手(17=大阪桐蔭・写真)が2日、入団後最長となる30メートルの距離でキャッチボールを行った。読谷球場でトレーナーを相手に約10分間。

平田選手
「いいペースで来てます。肩の違和感はまったくない」
亀卦川トレーナー
「体の状態を見て慎重にやってますが、ここまでは予想以上」


<岩瀬の目標>
 目指すはミスターパーフェクト。中日・岩瀬仁紀投手(31)が、究極の目標をブチ上げた。リーグ優勝&日本一奪回とともに求めるのは、救援失敗ゼロ。

「 岩瀬 究極の目標は救援失敗ゼロ 」(デイリー)

岩瀬投手
「やっぱり1回も失敗したくないし、失点しても、ゲームの展開を変えてしまう前に仕事を終えたい。ゼロが理想です。」


<中田投げ込み>
 昨季8勝をマークした中日の2年目右腕・中田が捕手を座らせ、45球投げ込んだ。

2年目右腕・中田が捕手座らせ、45球投げ込み 」(毎日新聞)

中田投手
「まだ腕が振れていない。とばし過ぎても失敗する。意識的に力をセーブしていきたい。」

| | コメント (4) | トラックバック (4)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »