« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/31

5月30日 D3-1Bs(○)

2006_0531_1 先発川上の好投で3連勝、2位に浮上。
川上は制球に苦しみ、一回から四回まで毎回走者を背負いながら粘りの投球。1点リードの四回二死一、三塁で塩崎に同点適時打を浴びたが、失点はこの1点だけ。中盤以降は立ち直り、五回から八回まで無安打で8回を1失点に抑えた。
打線は同点の七回二死二塁から渡辺が右中間に二塁打を放って勝ち越し。英智も中前適時打で続き、2点のリードを奪った。九回は岩瀬が締めて14セーブ目。川上は6勝目を挙げた。(中スポ)

□交流戦 オリックス-中日4回戦(中日4勝、18時、スカイマーク、15672人)

 中   日 000100200-3
 オリクッス 000100000-1

 ▽勝 川上10試合6勝1敗
 ▽S 岩瀬18試合2敗14S
 ▽敗 オバミュラー5試合1勝3敗

5月30日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:効率的な攻めで3連勝 オリックスは継投が裏目 」(毎日新聞)
川上が6勝目でチームは2位浮上 」(ニッカン)
森岡が復調のヒントをつかむ 」(ニッカン)
借りを返した川上 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「高校野球みたいに手堅い攻撃だろ。何人か状態が上がってこないうちはこれでいくよ。ずっとピッチャーも良いしな。いまは投手が元気だから。打撃の状態が上がればまた違ってくる」
森バッテリーチーフコーチ
「(先発川上投手について)今日は良くも悪くもない。ただ低めにボールが集まっているからいいんじゃないか。後半調子が良くなるのはわかっていたよ」
川上投手
「野外で投げるのは久しぶりなので最初は少し緊張しました。1点を先取してもらったので何とかそれを守ろうと思っていました。その後も良い形で追加点を取ってくれたので落ちついて投げることができました。
今日のような試合は一球一球集中力が高まります。これからもどんどん勝って上のチームを追い越したいので応援よろしくお願いします。」
森野選手
「(4回タイムリーについて)スライダー。ラッキーなヒットです。」
渡邉選手
「(7回タイムリーについて)ストレート。2打席やられていたので初球からいい球が来たら思い切っていこうと思った。」
英智選手
「(7回タイムリーについて)ストレート。昨日の練習の成果ですね。皆さんに手伝って頂いたおかげです。」
岩瀬投手
「(14セーブ目について)憲伸(川上)の後を投げるのは久しぶり。いい球が投げられたと思う」


 カードの初戦でしっかりと取れたのは大きいですね。
今日は打線も何とか援護出来たし、憲伸に勝ちが付いたのは大きいです。

 今日の憲伸ですが野外球場ということもあり、序盤はストライクとボールが少しハッキリしていたので、あまり良くなかった感じです。
4回も味方が点を先に取ってくれたので乗って行ってくれると思ったのですが、すぐに同点になる形でした。一瞬失点病が再発かと思いましたが、逆に5回からは見違える投球に変わりました。結果、味方打線もやっと7回に援護してそのまま勝ち投手になりました。
 憲伸のあとは守護神、岩瀬が登場。岩瀬もランナーを出しましたが何とか抑えて14S目。
水口選手の所で2ナッシングから簡単に行き過ぎたり、ちょっとヒヤヒヤしましたが、それが今年の岩瀬の醍醐味ですかね。(でも、あまりヒヤヒヤさせないでね)

 打線は、先発がデイビーかと思っていたのか?オバミュラーだったのでビックリしたのではないかと思いますが、なかなか捕まえる事が出来なくて、4回にやっと3連打で先制。
7回は立浪さんが死球後に犠打で送って、チャンスの場面でナベさん登場。バファローズもここで投手を交代。この交代で流れが変わったのでしょうか?

 ナベさんが起死回生の勝ち越しタイムリー。

続く英智もタイムリーで付き離しました。この英智のタイムリーは大きかったですね。欲を言えば井端が続いてくれれば良かったのですが・・・。次回に期待ですかね。

 打線もワンチャンスをしっかりものにしましたが、森野が一昨日に引き継いでだいぶ良くなってます。この調子で明日以降も打って感覚を取り戻してほしいです。

 井端がまだまだといった感じですが、1、2番も英智が良いので、しばらくはこのオーダーですかね。とにかく孝介、タイロンの前に塁を貯めてほしいですね。

 この流れを明日にも引き継いでほしい所。先発はマルちゃんかと思いますが、打線の方ももう少し早い回で援護してほしいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (15)

2006/05/28

5月28日 D9-1H(○)

2006_0528_1 小笠原のプロ初完投の好投に、中軸がこたえて大勝。3カードぶりの勝ち越しで、交流戦の成績をタイに戻した。
先発小笠原はカーブの制球が冴えた。一回二死三塁から松中に三塁線を破られる適時二塁打で先制された。だが、二回以降は危なげない投球で三塁を踏ませなかった。結局6安打1失点で9回を投げきって今季初勝利を挙げた。
打線は五回に渡辺の中前適時打で同点に追いつき、六回にアレックスが左翼に勝ち越しの2点本塁打。七、八回に上位打線の集中打で突き放した。(中スポ)

□交流戦 ソフトバンク-中日3回戦(中日2勝1敗、13時1分、ヤフードーム、29335人

 中    日 000012330-9
 ソフトバンク 100000000-1

 ▽勝 小笠原3試合1勝1敗
 ▽敗 杉内10試合6勝2敗
 ▽本塁打 アレックス8号(2)(杉内)

5月28日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
プロ8年目の小笠原が初完投勝利 」(ニッカン)
アレックスが勝ち越し8号2ラン 」(ニッカン)
中日が猛打で快勝-期待に応えた中軸打線 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(交流戦一回りを終えて9勝9敗の結果に)去年は4勝14敗だっただろ。これからだ。
(9回ウラにマウンドに向かったことについて)完投するか聞いた。プロ初完投だから代えなかった。
(打線について)野球というのは3番4番5番が打つと勝つものなんだ。」
森バッテリーチーフコーチ
「(先発小笠原投手について)1点は取られたけど、リズムと変化球のコントロールがまずまずじゃないかな。後は、追加点を取られないように粘り強く投げることだ。」
小笠原投手
「(プロ初完投について)初めてのことなので最後まで気を抜かずにしっかりと投げようと思いました。
最初はゲームを作ることができればと思って粘り強く投げました。ランナーをためないように低めにコントロールすることを心がけていました。特に今日はカーブが良かったと思います。
これからも期待に応えられるように良いピッチングを一つ一つ積み重ねていきたいです。ありがとうございました!」
渡邉選手
「(5回タイムリーについて)ストレート。ODA(小田)がいいバントをしたので何とかランナーを還したかった。」
アレックス選手
「(6回ホームランについて)カーブかスライダー。ソフトバンク戦では結果が出てなかったので、打てて良かった。ヒット狙いがたまたまホームランになったよ。
(7回タイムリーについて)シュート。カットボールを待ってて、シュートがきたけれども上手く反応が出来たよ。
(8回犠飛について)スライダー。ランナーを還そうと心がけたよ。」
福留選手
「(7回タイムリーについて)シュート。チャンスだったのでランナーを還せて良かったです。
(8回タイムリーについて)フォークかな。いいところに飛んでくれました。」
立浪選手
「(7回タイムリーについて)カーブ。久しぶりにヒットが出て良かったです。」
ウッズ選手
「(8回タイムリーについて)スライダー。久しぶりの気持ちいいヒットだよ。
監督に必要とされるのはうれしい。これからも期待に応えたい。」
英智選手
「(2犠打について)後ろが打ってくれると思って、つなぐ意識だった」


 日曜日。勝ちましたね!!月曜日を気分良く迎えられます。
小笠原もプロ初完投おめでとう!!打線も良く打って援護してくれました。

 今日は、小笠原が何点取られるかと思う初回の投球。球が高く変化球も浮いた所を松中選手にタイムリーを打たれて先制ただ、後続は抑えました。2回以降どうなるの?と、思いましたが1点を取られてから見違える投球。
2回からストレートもサイドに投げ分け変化球も低めに決まる最高の投球に変貌。2回以降は安心して見ていられました。8回終わって120球だったので最近投げていない投手を調整登板させるかと思いましたが、小笠原が続投。9回は1安打されますが、後続を落ち着いて斬って、今季初勝利と初完投のオマケ付。

 小笠原、良く頑張った!おめでとう!!

 小田との呼吸も上手く合っていたのか、相性が良かったみたいです。何球かサインに首を振っていましたが、小田もいい所で間合いを取りにマウンドへ行くなど目に見えないところで、小笠原の良さを出すように上手なリードをしました。

 打線も今日は見事に繋がって9得点。OP戦など杉内投手には結構打っている印象があるのでその辺も影響したのでしょうか?(個人的に、打っているという印象があります)
とにかく3、4、5番にどうやって繋ぐかがポイントのドラゴンズですが、井端の2安打も良かったし、ナベさんの貴重な同点タイムリーも流れを変えました。ただナベさんの場合は、

 2四死球を選んだのが大きかったですね。

これがあったので、上手く上位打線に繋がって結果、孝介、タイロン、アレックスが結果を出す展開。今、求められている理想の攻撃ができました。
欲を言うと7回、森野に1本欲しかったです。ただ、森野は1軍に上がって来た時よりバットが振れるようになって来た印象。球に逆らわず逆方向に森野らしい打球が行くようになってきました。もう少しですね。

 ここからは今日の森さん・・・・(^^ゞ

小笠原に対しては、背中をポーンとバインダー攻撃。(いつも通り)

ここの所、終了後の行動を研究していたのですが、(そんな事研究するな!とか、言わないでね(^^ゞ)
投手を向かえる時、右手は握手用、左手はバインダーを持っている状態。
ようは、右手は握手で塞がっているので、左手は空いた状態でそのまま背中にタッチする感じになるのでバインダー攻撃になる。そういう時は、

 バインダーをベンチに置いてグランドに出て来い!!

置いてくればソフトタッチに見えるから。って、こんな事を書いていると名誉毀損などで訴えられるかな?森さんm(__)m

 どうでもいい話は、この辺にして交流戦前半を9勝9敗の5分で終了。
5連勝のあとに5連敗と印象的には5連敗が「降竜戦」というイメージを与えてしまいましたが、結果は5割と良い形で前半は乗り切ったと思います。
昨年と違って投壊現象が無く投手陣が安定しているので、こういう形になったと思います。
打線の方は、いい投手に当たった時はしょうがないですか、繋がればしっかり点が取れるので後半戦も繋ぎに徹した野球をしてほしいと思います。
一つ言える事は荒木の離脱は大きいですが、森野や森岡、ナベさんと穴を埋めていると思いますので、この調子で後半戦を戦って欲しいと思います。

 後半戦スタートの火曜日、オリックス戦は憲伸でしっかり勝って波に乗りたいですね。


<プロ野球の公示(28日)>
【出場選手登録】   (↑)上田佳範外野手
【出場選手登録抹消】(↓)荒木雅博内野手

 正直、荒木の離脱は大きいですが、まだシーズンは2/3は残っているのでじっくり治療に専念する事が大事です。気長にお待ちしてます。
上田は、もう落球しないでね!!

| | コメント (6) | トラックバック (16)

5月27日 D4-3H(○)

 福留の4打点を挙げる活躍で競り勝つ。
一回一死二塁で福留が左前打を放ち、先制。福留は同点の三回にもソロ。逆転された直後の五回には一死一、三塁から左中間に適時三塁打を放って2者を迎え入れ、1点を勝ち越した。
先発朝倉は一回に1失点、四回も無死一塁でズレータに一発を浴びて2点を失った。打線が逆転した後は打たせて取る投球で七回まで無失点。八回は平井、九回は岩瀬とつないで逃げ切った。朝倉は4勝目。岩瀬は13セーブ目を挙げた。(中スポ)

□交流戦 ソフトバンク-中日2回戦(中日1勝1敗、18時、ヤフードーム、27080人)

 中    日 101020000-4
 ソフトバンク 100200000-3

 ▽勝 朝倉8試合4勝1敗
 ▽S 岩瀬17試合2敗13S
 ▽敗 寺原7試合2勝4敗
 ▽本塁打 福留12号(1)(寺原)ズレータ12号(2)(朝倉)

5月27日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:シーソーゲーム制す ソフトバンクは寺原の乱調誤算 」(ニッカン)
福留が全得点たたき出す 」(ニッカン)
中日・福留4打点でチーム救う…先制、勝ち越し、逆転 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(荒木が負傷で欠場し)これからは3・4・5番に打ってもらわないと。当初の予定よりメンバーがいなくなったんだから。今日から出発だ。」
福留選手
「(3安打4打点)良いところで打てたと思います。チームのみんなのつなごうという気持ちの中で出たバッティングでした。
(ホームランについて)久しぶりに気持ちの良い当たりでした。
サイクルヒットも狙いにいきましたが何よりチームの勝利が一番です。今みんなが必死にもがいています。その努力でチームも良い方向に進んでいくと思います。」
(1回タイムリーについて)スライダー。チャンスに打てて良かった。これからですよ。」
(3回ホームランについて)シュート。カウントが良かったので思い切って行きました。」
(5回タイムリーについて)ストレート。追い込まれていたので何とか外野フライでもと思っていた。」
朝倉投手
「ボールが少し高かったけど、粘り強く投げる事が出来た。野手の方に助けられました。」


 やっと接戦を物にするドラゴンズらしい勝ち方でしたね。
それにしても、今日は孝介に感謝です。良く打ってくれました!!

 日替わりオーダーになっているドラゴンズですが、今日は1番に英智、2番に井端、9番には渡邉を起用。井端が2番だと落ち着きますね。(ただ、7回はバントでもいいと思ったけど・・・。)

 初回、英智が出て井端がきっちり送って得点圏にする形がやっと成立。こういう形で孝介に回したのが大きいです。そこでしっかり孝介も仕事をする辺りが好調の証拠でしょうか。3回にも一時勝ちこしになるHRを放って、5回には逆転タイムリー。本日の全打点を稼ぐ大仕事。

 サイクルはちょっと残念。(1回やってるから)

5回に残念なのは、孝介のあとタイロン、アレックスでもう1点がほしかったですが、ホークスの中継ぎ陣に押さえ込まれ追加点無し。でも、ホークスの中継ぎ陣は良いですね。打てそうになかったです。とくに

 篠原投手は99年の嫌な思い出が・・・・。

でも、明日はホークス中継ぎ陣からしっかり打ってほしいです。

 投手陣では健太、平井、岩瀬の黄金の継投。
健太は、大崩を本当にしなくなりましたね。「朝倉劇場」とか言われてましたが、何か安心して見ていられる投手になってきました。今日も球が高かったりしましたが、良く7回を3失点で凌ぎました。ちょっとズレータへの1球が素直過ぎましたね。
8回は平井が登板。全体的に球がこちらも高かったですが、何とか凌ぎました。こちらもズレータへの1球は一瞬ヒヤッとしましたが。
9回は岩瀬が登場。中8日と間隔が空いたのでどうかな?と、思いましたが、そこは守護神。危なげなく3人できっちり抑えてゲームセット。最後の打者は田上とオマケが付く結果。

 森さん、又やってくれたよ~~!!
終了後にバインダーではなく、健太の尻にケリ・・・・。頼むよ~~。
(試合終了後、どうしても森さんをおっかけてしまう私・・・・(>_<))

 問題は明日の小笠原(^^ゞ大丈夫かな?前回のマリーンズ戦ぐらい投げてくれると助かりますが、中継陣と打線の援護が必須。
とにかく交流戦前半終了の試合をしっかり勝って5分で折り返してほしいですね。


<荒木抹消へ>
 右脇腹を痛めている中日の荒木が28日に出場選手登録を外れることが決まった。

中日・荒木、右脇腹痛で抹消へ 」(報知)
上田が1軍再合流 」(ニッカン)

高代野手総合チーフコーチ
「荒木は(登録を)抹消する。遠征に連れて行くのはかわいそう」
上田選
「昨日、(1軍合流を)言われました。頑張ります」

 荒木についてですが、決断が遅いです。結局、無理をして先日のスタメン出場で悪化した模様。
荒木自身も辛いと思いますがしっかり治して戻ってきてほしいです。
取り合えず上田はハムの分まで頑張ってほしいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (11)

2006/05/27

5月26日 D0-5H(●)

2006_0527 好投の山本昌を援護できず、完封を許して完敗。
打線は二回、先頭アレックスが四球で出塁したが、高橋光から3者三振。少ない好機にも走者を進められず、散発4安打の9三振に終わった。
先発山本昌は三回一死一、三塁で川崎のスクイズを外したが、暴投となって先制点を与えた。その後は踏ん張ったものの、八回一死一、二塁で降板。岡本が本間に適時打を浴びるなど、防ぎきれなかった。山本昌は今季4敗目。
ソフトバンクは3連勝で斉藤和は今季6勝目。(中スポ)

□交流戦 ソフトバンク-中日1回戦(中日1敗、18時3分、ヤフードーム、23747人)

 中    日 000000000-0
 ソフトバンク 00100004X-5

 ▽勝 斉藤和10試合6勝2敗
 ▽敗 山本昌8試合2勝4敗

5月26日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
ソフトバンク:斉藤が中日を5-0完封で6勝目 」(ニッカン)
散発4安打で、三塁も踏めず 」(ニッカン)
福岡移動は飛行機?新幹線? 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「斉藤がセ・リーグにいないタイプ? そんなことはないよ。
また(打線は山本昌に)借りが一つできた。次は倍にして返してくれるでしょう。」


 そういえば今日は、金曜日でしたね。「魔の金曜日」ただ、笑うしかありません。
昨日、宮越ではなくて松坂投手だったらと思うとゾッとします。

 昌さんは、200勝できるのかなぁ~!!

昌さんに又、援護無し状態。この調子だと良い投球をしても勝てませんから単純に可愛そうですね。次回はちゃんと打線の方も援護して上げてください。
 でも、今日も昌さんを引っ張りすぎの感は否めませんが、岡本も調子が悪かったですね。
ズレータを歩かせた段階で、柴原選手の所で継投でも良かった気がしますが・・・・。結果大量点になってしまいました。最近の負けパターンでしょうか?投手が後半に来て抑えが効かなくなってしまう感じです。

 打線に関しては一言、打ちましょう!!

斉藤投手も良かったと思いますが、早打ちしかり何かもったいない攻撃。もう少し策を立ててもいいかな?と思います。打てないなら、セフティーバントするとか、どんな形でも良いので明日は出塁しましょう。

 本日の負けを見直し、次は誰がグランドにボウズで来るかな!!

その位の気迫がほしい今日この頃。そろそろ打線は何とかしましょうよ!
先発の健太も打線が点を取るまでガマンして投げてほしいですね。


<プロ野球の公示(26日)>
【出場選手登録】   (↑)高橋聡文投手
【出場選手登録抹消】(↓)藤井淳志外野手

 藤井は、くじけず予備軍で出場して打撃の方も向上してほしいですね。
ただ、藤井の起用方法は昨年の澤井と同じでしたね。

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2006/05/26

5月25日 D9-0L(○)

2006_0526 16安打9得点の圧勝で連敗を5で止める。
一回、井端、森野の連打で無死一、二塁。福留が右中間を割る二塁打を放ち、2点を先制した。さらに一死三塁から暴投で1点を加え、三回にはウッズのソロで1点を追加。五回にも4安打を集めて2点、六回も1点を奪い、中盤で試合を決めた。
援護をもらった先発佐藤充は伸びのある直球を武器に好投した。9回を投げ切り、9安打無失点。プロ初完封で今季2勝目を挙げた。(中スポ)

□交流戦 中日-西武3回戦(中日1勝2敗、18時、ナゴヤドーム、25594人)

 西 武 000000000-0
 中 日 30102102X-9

 ▽勝 佐藤充4試合2勝
 ▽敗 宮越9試合3敗
 ▽本塁打 ウッズ11号(1)(宮越)

5月25日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:佐藤充がプロ初完封 西武、三塁踏めず 」(毎日新聞)
3年目佐藤充が初完投を完封 」(ニッカン)
福留が連敗中の打線に活気呼ぶ 」(ニッカン)
岡本が丸刈り急増に困惑? 」(ニッカン)
中日・佐藤充がプロ3年目の初完封 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「先発、佐藤充は良くはなっていると思う。だけど、スタミナはまだまだだな。5回の2点がなかったら完投も完封も、なかっただろうな。という意味では打線がピッチャーを完封させた試合は今年初めてじゃないかな。
あと荒木を使えたことも良かった。」
森バッテリーチーフコーチ
「(先発佐藤充投手について、3回終了時)今までの中で一番いいんじゃないかな。後は、大量点を取られないように一回一回を大事に投げて欲しいな。」
佐藤充投手
「本当に余裕がなくてバックに助けてもらいました。打線も点を取ってくれたので自分のリズムで投げることができたと思います。とにかく何とかアウトを取りたいと思って投げていました。あとは結果オーライです。
チームの状態が良くなかったので行ける所まで行って後につないでいくつもりでした。見ている方はハラハラした内容だったと思いますが結果的に0点に抑えられたということは大きな自信になります。
投げる試合はゲームを作って勝っていきたいと思いますのでこれからも応援よろしくお願いします。」
福留選手
「(1回タイムリーについて)チェンジアップ。1・2番がつないで塁に出たので何とかランナーを進めるバッティングを心がけた。」
ウッズ選手
「(3回ホームランについて)カーブ。集中して強く振る事だけを心がけたよ。」
(8回タイムリーについて)ナックル。ランナーを還したかったよ。」
アレックス選手
「(5回タイムリーについて)スライダー。いつものようにランナーを還す事だけを心がけた。上手くジャストミート出来たよ。」
高橋光選手
「(5回タイムリーについて)カットボール。初球からストライクが来たら積極的に行こうと思った。」
岡本投手
「(坊主頭について)チームで流行っているのか? でも、そんな話は聞いたことないし…。みんなそれぞれ好きだからやっているんじゃないの。オレはしないよ!」


 やっと勝ちました(^_^)長かったですね。投手が抑えて、打つべき人が打てば勝てる。
と、言うことでしょうかね。

 今日は、外出していて携帯でチェック状態。自宅に戻ったのが8回表でしたので、最後は何とか見れました。よって途中はニッカンスコアー及びヤフーにてチェック。

 今日は打線の繋がりが久しぶりにありました。宮越には悪いけど(^^ゞ
初回には念願だった1、2番の出塁に始まり孝介の先制タイムリー。やっと繋がりましたね初回に。ここ2試合は「初回無失点病」でしたからね。この3点は非常に重かったです。

 3回にはタイロンがソロHR。
 5回にはアレックス、坊主頭光信のタイムリーで中押し点。
 6回もタイロン。
 8回にもタイロンでダメ押し。

コツコツと得点して16安打の計9得点。やっと1本が出ない呪縛から開放されて嬉しい限りです。打線もこれで波に乗っていけるとありがたいです。

 森野が、やっと馴れてきた模様で猛打賞。井端も2安打と波に乗れない選手が打ったのも大きいです。クリンナップが好調なだけに、やっぱり1、2番なんですね。あとは、シゲ待ち!!

 投手陣はカバちゃんの踏ん張りですね。初完投が完封と願ったり適ったりの状態。前回は完封ペースでしたが途中交代させられていたので、今日の完封は格別に嬉しかったのではないでしょうか。あとは、もう少しスタミナが付けば1年間ローテを死守出来そうです。次回も頑張ってくださいね。

 森さんも9回にマウンドへ激を入れに行ったりと、終了後はカバちゃんの背中にバインダー攻撃。健太の時とは違った攻撃方法まで披露。これも愛情表現でしょうか?

 MLBボストン顔負けの坊主軍団が発生したそうで、今日は光信を初め近藤さんまでも頭を丸めた模様。
他にも敢えて坊主頭にした方がいいんじゃない?と、いう選手はいますが、ここでは記しません。ただ、光信は効果が出たのでしょうかね。

 問題は明日でしょうかね。この良い流れを福岡に持って行ってほしいところ。先発の昌さんが前回のマリーンズ戦のような投球をしてくれる事を願いたいですね。
又、平田君を明日から緊急昇格させるのか?荒木もスタメンで行くのか?とか、ありますが打線も今日のように線になって繋がってほしいです。

 個人的に明日は出張で見れませんが、携帯でチェックしたら勝っているのが理想です。明日も勝ってねドラゴンズ!!
(TB,コメント等の返信が遅れるかも知れません。ご了承願いますm(__)m)

| | コメント (4) | トラックバック (15)

2006/05/25

5月24日 D4-5L(●)

 今季初の5連敗し2カード連続負け越す。
打線は一回、来日初登板のギッセルを二死満塁と攻めたが、立浪が三ゴロ。二回以降は六回まで1人の走者も出せず。七回にウッズ、アレックスの連続二塁打、八回に福留の11号2点本塁打で1点差に追い上げたものの、届かなかった。
先発マルティネスは粘り強く投げたが、七回に根負けして平尾に3点本塁打を浴びた。7回5失点で今季4敗目。
ギッセルは初勝利。(中スポ)

□交流戦 中日-西武2回戦(中日2敗、18時1分、ナゴヤドーム、25232人)

 西 武 001010300-5
 中 日 000000220-4

 ▽勝 ギッセル1試合1勝
 ▽S 小野寺20試合12S
 ▽敗 マルティネス9試合3勝4

5月24日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
西武:ギッセルが来日初登板で初勝利 中日5連敗 」(毎日新聞)
落合監督 「完敗、5月病」 」(ニッカン)
中日中田2軍逆戻りも先発復帰調整? 」(ニッカン)
オレ竜ついに5連敗…川相の先発起用も不発 」(サンスポ)
川相3年ぶり先発も実らず中日5連敗 」(報知)

<監督、選手コメント>
落合監督
「こういうゲームを完敗というんだ。5-4のスコアになっているが、手の打ちようがない。
長いシーズン連敗はあるけど、いつも5月だな。こういうのを5月病っていうんだろ。
これで使える選手と使えない選手がはっきりしてきた。使えない奴はファームに行ってもらう。明日までは様子を見るが、何かを感じてくれるだろう。
カンフル剤として(大阪桐蔭高出身で新人の)平田を(1軍に)上げようと思っている。楽しみにしているんだ。」
森バッテリーチーフコーチ
「(マルティネスについて)調子は悪くないが、先頭打者を簡単に出しすぎた。」
川相選手
「(一回のセーフティーバントについて)オープン戦でギッセルがバントを一塁に悪送球していたので…。
自分のできることを一生懸命やった。結果は出なかったが…。
流れを変えたかったが、結果が伴わなかった。選手が必死になって持てる力を出すしかない。あがくだけあがけばいい。簡単には勝てない。」
中田投手
「(ナゴヤ球場での調整について)うーん、何とも言えません…」


 いつもの負けパターンのドランゴンズですが、いつ勝ってくれるのでしょうか?
ガマンと言われてますが、そろそろ限界に近い状態・・・・・。寂しいなぁ~~!!でも、5連勝のあとに5連敗。単純にその貯金を吐き出しただけ。たいした事ないじゃん!!と、自分自身を慰めてみる(^^ゞ

 本日の奇襲は、2番川相MA、7番藤井・・・・・・・。本日も機能せず。
 (しかも、二人とも途中で代打を送られているし(>_<))

1番井端、2番川相MAについて木俣氏に言われてましたけど(苦笑)
やっぱり井端を1番に戻したんですね。現状は出塁率が悪く打線が井端で切れるので、繋ぎに徹する形を取らせる為に2番でいいと思いますけど。
1番については、若さでガムシャラを買って単純に森岡を1番でいいんじゃないかなぁ~。

 今日、森岡のスタメン外しも判らないですが、やっぱり荒木が戻るまでの単に繋ぎとしか考えてないのかなぁ~。育ててほしい選手ですけどね。

 藤井についてですが、スタメンで出ていきなりヒットを打って活躍しろと言うのは、ちょっと酷でしょうね。ベンチに座っている時間の方が今まで長かったし、試合に出ても代走。活きたボールは打ってませんしね。(試合前の打撃練習のみなので)今のままではプラスではないと思うので、出れる場(予備軍)でしっかり打撃を練習してほしいです。

 遠まわしにハム太郎を、と言うことではないですよ!!

監督の談話だと平田くんを昇格しようと思っているみたい・・・・。あるとすると福岡からかな?
ケガの件もあるので慎重にしてほしいのですが、ただ、ファンは見たい!!と、言う気持ちがあるのも事実。どうなるんでしょうかね?

 気になったのが、荒木の分でここと言うときの代打が足りません。
前回の小田の時も思ったのですが、試合に出れる選手をベンチに入れて置いた方が効率が良いと思うんですけどね。

 投手陣の方では、マルちゃんが悪いなりにも投げてましたが、7回に捕まってしまいしたね。
最近の傾向として先発を引っ張りすぎる事が多いので100球を超えた辺りで追加点を与えてしまう形になってます。6回が替え時だったかも知れません。

 最近、岩瀬の顔を忘れてきた・・・。そりゃそうか勝ちゲームじゃないし(苦笑)

明日辺りに顔が見たいですね。もちろん勝っている場面ですよ!!

 今日は、7回の点の取り方が良かったので、負けたけど形が出来てきました。
タイロン、アレックスの二塁打で1点。立浪さんは進塁打。森野が待望の犠飛で得点。最低限ですが繋ぎが出来ました。こういうのの積み重ねだと思うので、明日もこのような形が出ると打線が徐々に繋がって行くと思います。あとは、先発のカバちゃんに期待しましょう!!

| | コメント (5) | トラックバック (14)

2006/05/24

5月23日 D1-4L(●)

2006_0524 川上が今季初黒星を喫し4連敗。
直球に切れ、威力がなかった。一回、先頭の福地に三塁打。高木浩の中犠飛で1点を失うと、三回も福地にソロ本塁打を許すなど、9回4失点。井上を1番に起用した打線は一回に一死満塁と先発涌井を攻めたが、逸機。六回、立浪の中前打で1点を返すのが精いっぱいで、星野、小野寺の継投に振り切られた。
西武は涌井が5勝目。(中スポ)

□交流戦 中日-西武1回戦(中日1敗、18時、ナゴヤドーム、25459人)

 西 武 101100010-4
 中 日 000001000-1

 ▽勝 涌井9試合5勝3敗
 ▽S 小野寺19試合11S
 ▽敗 川上9試合5勝1敗
 ▽本塁打 福地2号(1)(川上)和田7号(1)(川上)

5月23日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
西武:涌井の好投で連敗止める 中日は今季初の4連敗 」(毎日新聞)
エース川上で敗れ、4連敗 」(ニッカン)
荒木が守備練習を再開 」(ニッカン)
中日、4連敗に落合監督「我慢しとこう」 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「打線は5試合も打ってないんだからそのうち打つだろう。
(川上について)それは長いことやっていたら、打たれることもある。
(井上の一番について)一番がいなかっただけ。荒木待ち。」
(荒木の状態について)まだ出さない。出すときは、もう一人で大丈夫と言ったとき。そのへんが戻ってくれば、きちっとした野球ができるだろう。それまで我慢。」
高代野手総合チーフコーチ
「(不振の打線に)チームも自分たちも、いまは我慢の時」
井上選手
「チームを活気づけたかったが、期待に応えられなかった」
川上投手
「特にないです」


 貧打ですねぇ~!!とにかく打線の方が重症ですね。今に始まった事ではないですが寂しい限りです。憲伸も調子自体はそんなに良くなかったけど9回まで投げさすとは・・・。でも、頑張ってくれました。

 打順をちょっと組み替えてきたのですが機能せず・・・・・。

流れを変える効果か?1番に選手会長、2番井端の布陣で始まりました。
2番に井端を戻したのはいいと思いますが、1番、選手会長って・・・・。監督の考える事は、謎が多いので、どう考えているのかコメントが聞きたいです。(後ほどCBCでアップされるかな?・・・・単に1番がいないかららしい)打順に関しては、シゲも8番の方がいいと思うんだけど。ま、いいや!!

 井端ですが、どうも三振を怖がっているいる感があるんですが、早いカウントで、しかもバッター有利の時に、簡単に打ってしまう傾向が出ていると思います。昨年まで好調の時は、ツースリーまで持って行ってファールで粘ったり、四球を選んだり、甘いボールをヒットしていましたが、その辺を今年は出来ていないと思いました。目の影響でしょうかね。

 初回に何とかしていればとは言いますが、マリーンズ戦の悪い流れを引っ張っている感じ。
選手もやる事が裏目裏目に出ていますね。チャンスになると気負いが先に出てしまっているんですかね?どうもボール球ばかりに手を出す傾向があります。四球でも塁に出れるわけですし、選手一人一人がその変を改善していけば、又、打線が繋がると思います。

 タラレバ論を言ってもしょうがないので、マルちゃんが投げると援護がないので明日こそは何とか打線が繋がってくれるとありがたいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (14)

2006/05/22

5月21日 D2-3M(●)

2006_0521a_1 守りが乱れ、今季初の3連敗。
一回一死一、二塁からウッズ、アレックスの連打で2点を先制。先発小笠原もいい立ち上がりを見せたが、四、五回に右翼への飛球を福留が落球(記録は二塁打)、ピンチを広げて得点を許した。六回は左前打のベニーを暴投、盗塁で三進させ、サブローに決勝の中犠飛を打ち上げられた。中日はロッテ戦8連敗。
ロッテは全得点をそつなく犠飛で奪い9連勝。(中スポ)

□交流戦 ロッテ-中日3回戦(中日3敗、13時、千葉、28107人)

 中 日 200000000-2
 ロッテ 00011100×-3

 ▽勝 渡辺俊8試合3勝3敗
 ▽S 小林雅21試合4勝16S
 ▽敗 小笠原2試合1敗

5月21日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
ロッテ:9連勝で単独首位キープ 中日は打線がつながらず 」(毎日新聞)
交流戦でロッテに昨年から8連敗 」(ニッカン)
中日、初の3連敗-守りにほころび、逆転負け 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(風の影響と見られる守備の乱れに)影響はあるでしょう。この球場じゃ。でもミスはつきもので、それをどう回避するかが問題。日本シリーズじゃなきゃこの球場こないんだから、それまでに何とかしておこう。」
長嶋作戦外野守備走塁コーチ
「(球場特有の強風に)ここの風は難しい。日によって巻き方とかが違うし、強さだけの問題じゃない」
福留選手
「おれのミス。ヒットにしてはピッチャーに悪い」
ウッズ選手
「(1回のタイムリーについて)追い込まれていたのでジャストミートを心掛けていた。先取点が取れてよかった」
小笠原投手
「(6回3失点について)立ち上がりは良かったが、もう少し低めに投げられれば…。」


2006_0521b_1 マリンスタジアムから帰りの道が長いし気分が重いし・・・・。悔しい!!
ちょっとした事が上手く行きませんでした。でも3連敗は痛いですね。

 初回に2点を取って勝てると思ったのですが、ただもう少し点を取って置けばと思いました。
今日の試合の流れですが3回裏のパスクチの打った打球が森岡、孝介、英智のお見合いが出て2塁打になったところから流れがマリーンズに行ってしまった模様。
孝介の2つの落球(記録はヒット)も響いた感じで、それが点に結びつきましたし、6回の勝ち越しもワイルドピッチ(パスボール?)でスコアリングポジションに行ったのが運の付き。
その回終了後にシゲが怒ってバックネットにボールを投げた音が「ガシャーン」って外野スタンドにまで響いてました。

 打線の方は、今日も1本が出ない状況。
9回のアレックス2塁打のあと、光信そのままでも良かったかなぁー。ピッチャーも変わったので打てそうな気がしていたのですが、代打川相MA。MAが出たらバントと言う事で、しっかり送って森野に託しましたが・・・・

 三振・・・・。

続く代打の立浪さんは外野フライで万事休す。もったいなかったですね。

 森野の所で立浪さんだと思ったのですが、森野に掛けた落合監督。森野は、もう少し時間がやっぱり必要でしょうね。使って馴れさす考えでしょうか?

投手陣では、大方の予想通り小笠原でした。裏をかいて鈴木予想が見事に外れた(^^ゞ
小笠原は、何度か球場でも見ましたが3~4点は取られると思っていたので6回3失点はまずまずと言った所でしょうかね。守備に足を引っ張られてしまって少し可愛そうでしたが。
 岡本は完全に復調したと思ったのですが・・・。いかがでしょうか?とにかく心配の種が一つ減ったと思います。

 今日の試合の中で、森岡の守備が良かったですね。しっかり予備軍で練習して成長していたんだと思いました。どんどん使い続けてほしいですね。下手をすれば森野はしっかりやらないと追い抜かれる可能性があると思うので二人で切磋琢磨してほしいですね。

 そんなこんなで、今年初の観戦は黒星スタートになりましたが、次回観戦予定のインボイスは勝ちを見たいです。
久しぶりに何かグッズを買いたかったのですが、マリンスタジアムでの戦利品はプログラムのみ。目ぼしい物がなかったです。

 FCメッシュユニも何人かの方が着ていましたが、まだ行き渡ってないのですね。「もう届いたんですか」って声を掛けられましたが
軽い優越感があったのは言うまでもありません(^^ゞ

 気分を入れ替えて火曜日からの戦いに備えてほしいですね。

| | コメント (7) | トラックバック (13)

2006/05/20

5月20日 D0-5M(●)

 守りのミスから失点して完敗、2連敗で3カードぶりの負け越し。
先発朝倉は好調な滑り出し。しかし四回一死、大松の三振振り逃げで、球を追った谷繁が緩慢な動きで二塁まで進まれた。その後二死一、二塁から簡単な一ゴロをウッズが捕り損ねて先制点を献上。五回は3連打とスクイズで加点された。
打線は清水直に4安打完封を許した。五回の二死二、三塁は井端が凡退するなど、少ない好機をものにできなかった。
朝倉は今季初黒星。(中スポ)

□交流戦 ロッテ-中日2回戦(中日2敗、13時、千葉、23322人)

 中 日 000000000-0
 ロッテ 00012002×-5

 ▽勝 清水8試合4勝3敗
 ▽敗 朝倉7試合3勝1敗

5月20日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
昨季から交流戦、ロッテに7連敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「見ての通り」


 これから出かけなくてはいけないので手短にm(__)m
(帰宅後時間があった場合は、追記します)

 打合せで目を離しているうちに0-3になっていました。今のドラゴンズには3点差は非常に重たいです。

 それにしても、投手陣が頑張っているので打線が何とかしないといけませんね。水物とはいいますが、淡白と言うか。チャンスでの巡り合わせも良くないです。
チャンスは作っているので1本が出ない状況も悪い流れなのでしょうか?

 こういう時は、打順を元に戻しませんか?

立浪さんの2番は、やっぱり違和感があると・・・・。下位打線が機能しないし6番がいいような気がします。
アレックスとタイロンは完全にデータ通りにはまっているし、これを打破するのはやっぱりボール球をガマンして振らないことでしょうか。

 こういう悪い流れは、なかなか元に戻らないので若い選手が大暴れしてくれるといいんですけど。2日続いてチャンスで代打を出された森岡にもチャンスを上げてほしいですね。

 先発の健太は良かったと思いますが失策などにも足をすくわれましたが。7回まで良く投げたと思います。今回も期待できる内容かな?今年は大崩れしないので二桁は行けそうな気がします。
 
 8回からの継投に関しては触れません!!が、デニーはどうすんの?落合監督!!!

 明日は、どうなるか判りませんが先発がとにかくガマンして失点を防ぐしかありませんので、と、言っても誰が先発でしょうかね?中田くんが復帰するのか?小笠原か?

 ただ、鈴木とみた(当たるかな?)

マリーンズもそろそろ負けるかな?とか思うので、打線も何とかしましょう!!

| | コメント (6) | トラックバック (17)

5月19日 D1-2xM(●)

 今季3度目のサヨナラ負け、連勝は5でストップ。
九回一死一、三塁からウッズが同点中前打を放ったが、その裏、山本昌が力尽きた。先頭の西岡に遊撃内野安打を許し、続く今江に左越えサヨナラ二塁打を浴びた。
山本昌はスクリューボールの制球が良く、今季最高の出来。四回に先制点を許してチームの連続イニング無失点は「43」で止まったが、その後も好投。打線の援護が遅すぎた。ロッテは7連勝。(中スポ)


□交流戦 ロッテ-中日1回戦(中日1敗、18時15分、千葉、14285人)

 中 日 000000001-1
 ロッテ 000100001x-2

 ▽勝 小林雅20試合4勝15S
 ▽敗 山本昌7試合2勝3敗

5月19日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
ロッテ:サヨナラ勝ちで7連勝 中日は連勝5でストップ 」(毎日新聞)
連勝も記録もストップ… 」(ニッカン)
連続無失点43イニングの球団記録 」(ニッカン)
離脱中の中日荒木がキャッチボール再開 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(山本昌は好投したが、とたずねられ)見ての通りだ。
(打線の組み替え理由をたずねられ)勝手に想像してくれ。」
高代野手総合チーフコーチ
「小林宏が完ぺきだった。きょうのピッチングをされたら打てない」
山本昌投手
「(5安打2失点と好投しながら敗戦) 負けちゃ、しょうがない。
(今江に打たれた直球について)あの場面(カウント0-2)では、0-3にするわけにはいかない。あそこ(真ん中)に投げるしかなかった。」


 サヨナラ負け~(>_<)9回に勝ち越し出来なかったのが痛い・・・。今日は、あと1本が出ませんでした。残念。こういう日もしょうがないかな。ただ、昌さんが可愛そうでした。
 
 久しぶりに昌さんは良かったんですけどね。ストライクゾーも狭い印象でしたが、内外角に決まっていたし申し分のない内容でした。

 9回は、ちょっと引っ張りすぎかな~と・・・・。

中継ぎ陣も最近登板していなかったので継投でも良かった気がしますが、いかんせん今日は打線の援護もなく200勝への道のりも遠いですね。

 打線はベンチから早打ちの支持が出ていたのか?出ていないのか?判りませんが、今日は、見事なぐらいに早打ちとボール球を降って相手の小林宏投手を助けた感じです。(小林宏投手も良かったのは事実ですが)

「ここから今日のタラレバ炒め」
 6回は小田二塁打のあと森岡が送って井端と立浪さんが簡単に初球をポップフライも響いたし、8回のチャンスも無失点。9回タイロンのタイムリーで一時は同点に追いつくも続くアレックスが最悪のゲッツー・・・・。

 今日のアレックスはタイミングが全然あってませんでした。
 森野も少し出すの早いかなぁー。(高代さん一昨日言ってたけど、どう思う?)

以上、今日のタラレバ炒めでしたm(__)m

 今年、負ける時はセオリー過ぎて負けるのが多い気がするんですよね。

バントで進めるのも良いんですけど、9回は井端二塁打のあと、立浪さんがバント・・・・。2番に入れてるのであればヒッティングでも良かったかなと。ちょっともったいない気がします。(立浪さんが自らバントしたのかも知れませんが)
逆にマリーンズの方は9回のチャンスで打たせ成功と結果が出ましたね。カウントによりますけど、ドラゴンズの方も、たまにはバスターエンドランとか冒険してもいいかな?何て少し思いました。

 気を取り直して明日は勝ってほしいですね。雨かも知れませんが健太が投げるかと思いますので、立ち上がりに気をつけて抑えて行ってほしいですね。打線の方も2試合は湿ったままですから、明日は繋がってほしいです。 

 ところで、みなさん、お気づきでしょうか?「魔の金曜日」がある事を・・・・。

3月31日(金) ● 0 - 2 vs. 広島
4月 7日(金) ○ 5 - 1 vs. 巨人
4月28日(金) ● 3 - 5 vs. 巨人
5月 5日(金) ● 5 - 9 vs. 広島
5月12日(金) ● 4 - 5 vs. 楽天
5月19日(金) ● 1 - 2 vs. ロッテ

 実は、日曜日の呪縛が開放されても「金曜日の呪縛」は続いたままなんですぅ(涙)
金曜日は日程の上で試合が少なかった事もありますが、ジャイアンツ戦で立浪さんのサヨナラHRで勝って以来白星無しなんです(>_<)それにしても金曜日は1勝5敗って・・・・。
今年は相手チームより曜日が最大の敵になりかも?そんな事を思っちゃいました(^^ゞ

 来週の金曜日は勝ちましょう!!

| | コメント (5) | トラックバック (15)

2006/05/19

5月18日 D1-0Bs(○)

2006_0519 プロ野球記録に並ぶ4試合連続の完封勝ち。
佐藤充は立ち上がりからストライクを先行させるテンポの良い投球。一回一死一塁を併殺で切り抜け、波に乗った。四回無死一、二塁のピンチではガルシアを三振、中村は投ゴロ併殺打。五回二死満塁は、村松を左飛に打ち取った。
打線は五回まで吉井の前に無安打。六回一死二塁から井端が右中間二塁打を放ち、決勝の1点を奪った。佐藤充は8回を7安打無失点で今季初勝利。九回を締めた岩瀬は12セーブ目を挙げた。(中スポ)

□交流戦 中日-オリックス3回戦(中日3勝、18時、ナゴヤドーム、25416人)

 オリックス 000000000-0
 中   日 00000100×-1

 ▽勝 佐藤充3試合1勝
 ▽S 岩瀬16試合2敗12S
 ▽敗 吉井8試合3勝2敗

5月18日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:オリックスに零封勝ち 今季初の5連勝 」(毎日新聞)
中日・佐藤充が省エネ投球で初勝利 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「ピッチャーがゼロで抑えれば試合は勝つ。それしか言うことはないだろう。」
森バッテリーチーフコーチ
「(先発佐藤充投手について、3回終了時)立ち上がりはストライク先攻で落ち着いて投げている。味方が点を取ってくれるまで、先に点を取られないように頑張って投げて欲しい。」
佐藤充投手
「うれしいの一言です。内容に関しては上出来だと思います。先のことを考えずにバッター一人一人を打ち取ることだけを考えて投げました。
今自分にできることは一生懸命投げることだと思っています。その結果として0点に抑えられたということを自分自身うれしく思います。
今日はスタンドの皆さんの声援に後押しされて良いピッチングができました。今回のピッチングがたまたまだと言われないように次からもがんばりますので球場に足を運んで応援してください。よろしくお願いします!」
井端選手
「(タイムリー二塁打について)あまり打てていなかったので来た球は全部打つつもりで打席に立ちました。ストライクゾーンに来たので思いきって振ったら良い結果につながりました。チャンスでは第一ストライクから積極的に打っていくことを心がけているので今日の結果は自信になります。
これからも5連勝と言わず10連勝、20連勝できるようにがんばりますので応援よろしくお願いします。」


<記録>
 中日が4試合連続無失点勝利=プロ野球記録タイ 中日は18日のオリックス戦(ナゴヤ)に1-0で勝ち、4試合連続無失点勝利を達成。同じ記録は多数あるが、中日としては1956年8月9日の巨人戦から同14日の阪神戦以来、50年ぶり2回目。

球団50年ぶりの4戦連続完封勝利 」(ニッカン)
中日、プロ野球タイの4戦連続無失点勝利 」(サンスポ)


 4試合連続完封勝利達成。カバちゃんも良く投げたし打線もワンチャンスをしっかりものにしましたね。

 今日はカバちゃんにつきますね。8回、被安打7でしたが無四球で無失点。
4、5回とピンチになりましたが、オリックスの拙攻にも助けられた感じです。球数が84球だったので、9回も投げさすのかなぁ~と、思いましたが、いつも通りの森継投炸裂(馴れましたが)カバちゃんは次回のチャンスで完封を狙ってみましょう。それにしても今季初勝利おめでとうございます。
これでしばらくはローテを勝ち取ったと思います。

 9回は岩瀬登場。最近の岩瀬はどうも3人でサックと終わらせたくないのか、軽い劇場を毎回披露。今回は登板間隔が空いていたので、しょうがないのかな?と、思いますが次回は3人斬りでお願いします。

 打線は、吉井投手に大苦戦状態。あわやノーヒットノーランを食らうのかと思いましたが、6回、森岡の内野安打が初安打となり、続くカバちゃんがしっかり送って井端がタイムリーで待望の先取点が転がり込んできました。続く代打光信が繋いで孝介という場面がありましたが併殺でチャンス終了。

 この貴重な1点を守って勝利。4試合連続完封というオマケまで付いた嬉しい勝利となりました。本当に打線が打てないときは、しっかり投手陣がカバーしていますので、しばらくはこの状態を維持してほしいですね。

 明日からは、千葉マリンでマリーンズ戦。昨年の交流戦では大きく負け越したので今年はしっかり借りを返してほしいです。
先発は昌さんが予想されますが、最小失点(無失点記録とかは言いません!!)で防いで打線の援護を待ってほしいですね。打線も明日は大爆発してほしいですね。


<プロ野球の公示(18日)>
【出場選手登録】   (↑)森野将彦内野手
【出場選手登録抹消】(↓)上田佳範外野手

森野が約2カ月ぶりに1軍合流 」(ニッカン)

森野選手
「(約2カ月ぶりの復帰に)体は元気。課題を持って打席に入っている」

 森野戻ってきましたね!!まだ早いような気はしますが、遅れを取り戻してほしいです。
上田は、2つの失策が響きましたね。もう1回這い上がってきてほしいです。


<ファーム情報>
 右手中指のつめが割れて、2軍で調整中だった中日の中田が18日、ウエスタン・リーグ阪神戦(ナゴヤドーム)に登板した。

2軍調整中の中日・中田が実戦登板 」(ニッカン)

中田投手
「不安もなく、思い切り投げられました。結果が出るかどうかは別にして体は万全です」

 週末のマリーンズ戦はどうなんでしょうかね?無理はしてほしくないけど頑張ってほしいです。

| | コメント (6) | トラックバック (16)

2006/05/18

5月17日 D7-0Bs(○)

2006_0518_1 投打の主役が活躍し4連勝。
一回、一死三塁から福留、ウッズの連続適時打で2点を先制。ウッズはチャンスに強く、五回に中越え9号3ラン、七回も2打席連続の2ランと6打点を挙げた。
先発マルティネスは走者を出してから粘りがあった。8回を投げて8安打4四球を許しながら要所をしめて3勝目。またチームは3試合連続の完封勝ち。
オリックスは拙攻が響き4連敗。(中スポ)

□交流戦 中日-オリックス2回戦(中日2勝、18時、ナゴヤドーム、28303人)

 オリックス 000000000-0
 中   日 20003020X-7

 ▽勝 マルティネス8試合3勝3敗
 ▽敗 オバミュラー3試合2敗
 ▽本塁打 ウッズ9号(3)(萩原)10号(2)(ユウキ)

5月17日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:4連勝、ウッズ2本塁打6打点 オリックスは4連敗 」(毎日新聞)
3試合連続完封で4連勝 」(ニッカン)
豪快2発、乗ってる中日・ウッズ-右への打球が好調さ証明 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「投手が0で抑えて、クリーンアップが打ってくれればいいの。何も言うことはないよ。」
森バッテリーチーフコーチ
「(先発マルティネス投手について、試合中)テンポ、コントロールともにいい。一球一球、大事に投げている。初回に点を取ってもらったので落ち着いているね。追加点を取るまでこのまま頑張って欲しいね。」
ウッズ選手
「とても気分が良いです。常に前向きな気持ちでプレーしたことが良い結果につながったと思います。
1本目はストレートでバットの先でしたがよく飛んでくれました。
2本目はカーブでしたがバットの良い所に当たってくれて良かったです。
この勝利はピッチャーの活躍があったからだと思います。彼らのすばらしいピッチングがバッターに良いリズムを与えてくれました。
これからも今日のような試合を続けていきたいと思います。」
(1回タイムリーについて)ランナーを還す事だけ考えて思いっきり振った。打てて良かったよ。」
(5回ホームランについて)ストレート。追加点を取るチャンスで打てて良かったね。会心の当たりだったよ。」
(7回ホームランについて)カーブ。いい感じで打てたよ。」
福留選手
「(1回タイムリーについて)スライダー。ランナーが3塁にいたので楽な気持ちで打席に入ることができました。」
マルティネス投手
「今日はコントロール重視でチームの勝利を最優先に考えて投げました。ピンチもありましたが何とか切り抜けることができたと思います。
打撃陣、特にウッズ選手には助けてもらいました。昨日の川上投手の後で自分も良いピッチングができてチームに貢献できたと思います。
これからもこの調子でがんばります。」


 9時過ぎに打合せが終わって途中経過を携帯でチェックしたら経過ではなく結果でした!!それにしても投打が完全に噛み合いましたね!!

 2日続けてタイロンが4番の大仕事でした。
1打席目タイムリー。3打席目スリーラン。4打席目、ツーラン。計6打点の大活躍でした。奥さんと愛犬が来日してリラックス出来たのでしょうかね。4番が打つと勝利がぐぐっと近づきます。
 昨年のこの時期はタイロンが居なかったので交流戦を乗り切れませんでしたが、今年は4番にしっかり座ってくれているので、本当に心強いです。明日も豪快にお願いしますよ!!
タイロンの好調に刺激されたか、孝介もタイムリーを含む2安打、2四球と全打席で出塁していり辺りは、打線に繋がりが出ている証拠でしょうかね。

 投手陣では先発のマルちゃんですが毎回のようにランナーを出しているので調子自体はあまり良くなったのでしょうかね。味方打線の援護もあったので、少しは楽に投げられたのかな?と、思います。
8回126球でしたので、球数的に完封は次回にお預けといった所。でも、マルちゃんが投げている時に久しぶりに打線の援護があったので良かったです。
9回は今季初マウンドの小笠原。打者3人をしっかり抑えてアピールしてくれましたね。で、小笠原が今日投げたということは、週末は中田くんでしょうかね。

 明日の先発は、カバちゃんでしょうかね。立ち上がりをまずは気を付けて今季初勝利を狙って頑張ってほしいです。打線も早い回に援護して楽に投げさせてほしいですね。


<ファーム情報>
 中日の高校生ドラフト1巡目ルーキー平田良介内野手(18=大阪桐蔭)がプロ初適時打を放った。

ウエスタンリーグ 最新レポート 」(オフィシャル)
中日平田が2軍戦でプロ初タイムリー 」(ニッカン)

平田選手
「初球から振ろうと思っていました。あれだけの速球を打てたのは自信になります。」

 貧打のファームから嬉しいニュースですね。平田くんは何かやっぱり持っていますね。まずは肩の件もありますが、予備軍でどんどん成長して近い将来は4番に入ってほしいです。

オフィシャルのHPから一部抜粋
 途中から守備に入っていた平田。カウント1-1から右中間に3塁打。2点タイムリー放つ。21イニング目の得点。肩に荷が下りたのか中村(公)、堂上などがタイムリー放ち、5点を奪いゲームを決めた。

 ハム太郎がタイムリーを打ってます!嬉しいですね!!

| | コメント (6) | トラックバック (11)

2006/05/17

5月16日 D2-0Bs(○)

2006_0517 川上の圧巻の完封劇で3連勝。
先発川上は球威、制球とも抜群。カットファストボールを有効に使い、二塁を踏ませたのは四回だけだった。九回に先頭牧田を内野安打で出したが、落ち着いて後続を断ち、結局4安打無四球の8三振。今季負けなしの5勝目で、無四球完封は5月2日の横浜戦に次いで早くも二度目。
打線は一回、ウッズの犠飛で先制し、三回にもウッズの適時打で加点。その後はデイビーを打ちあぐねたが、好守で川上を援護した。(中スポ)

□交流戦 中日-オリックス1回戦(中日1勝、18時1分、ナゴヤドーム、27643人)

 オリックス 000000000-0
 中   日 10100000×-2

 ▽勝 川上8試合5勝
 ▽敗 デイビー8試合3勝3敗

5月16日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:エース川上がオリックスを完封、3連勝 」(毎日新聞)
川上が無四球完封で5連勝 」(ニッカン)
福留が日本代表にエール 」(ニッカン)
締めは気合のガッツポーズ-昨年2敗の借り返した川上 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「何も言うことはない。文句のつけようがない、非の打ちどころのないゲームだ。」
森バッテリーチーフコーチ
「(先発川上投手について、4回終了時)コントロール、球威ともにいい。初回に点を取ってもらったので落ち着いて投げている。このまま調子で投げて欲しいね。」
川上投手
「(無四球完封勝利)できすぎだと思います。完封は予想以上の結果です。
相手投手も良かったのでできるだけ点をやらないように心がけていました。気合だけがとりえなので今日も気持ちを入れてしっかりと投げました。
昨年は自分のピッチングでリズムを悪くしてしまったので借りを返したいと思っていました。
交流戦はまだ始まったばかりですがファンの方々の力強い声援をもらってできるだけ多く勝っていきたいと思います。
これからも今日のようなピッチングができるようにしっかりがんばりますので応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました!」
ウッズ選手
「(1回犠飛について)スライダー。3塁ランナーを何とか還すバッティングを心がけたよ。」
(3回タイムリーについて)ストレート。上手く打てたよ。いい仕事が出来た。」


 エースが投げて4番が打つ理想の展開で3連勝。昨年の交流戦の初戦オリックス戦は嫌な思い出でしたが、今日は見事に借りを返してくれましたね。

 今日は、やっぱりエースの力投でしょうかね。気合も入ってました。
憲伸は、初回球が少し高かったのですが、1点を貰って落ち着いた感じで2回以降は完璧でした。
今日はピンチらしいピンチもなく105球、被安打4、無四球で完封。前回の日ハム戦は、よほど悔しかったらしく本人にとっても納得のいく形でしょうかね。今月あと2回投げると思うので、この調子を維持してほしいですね。

 打線は、初回にタイロンが犠飛で先制。3回は二死から孝介が出て、タイロンの二塁打で加点。この2点目は大きかったですね。とくに二死から。
 タイロンは初回、3回と逆らわない打撃が出来ていたので好結果となりました。孝介も一時の大振りから脱却してくれた感じで、孝介らしい安打が出てきました。
クリーンナップが調子を上げてくれているので、あとは1、2番の出塁次第ですね。

 明日は、マルちゃんが今日の憲伸同様な投球をしてくれると、ありがたいです。打線の方も、ワンチャンスを活かして点をもぎ取ってほしいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (18)

2006/05/15

5月14日 D5-0E(○)

2006_0515 先発朝倉の好投に打線がこたえ、投打がかみ合って快勝。
朝倉は立ち上がりから球威、制球とも抜群。三回までは完全に抑え、四回以降は走者を出しながらも粘り強く打ち取った。八回を無四球無失点。
荒木をけがで欠いた打線は同点の四回、福留が左中間に先制10号ソロ。六回は福留の左二塁打を足がかりにアレックスの適時打などで2点。七回も福留の適時打などで2点を追加した。
朝倉は今季負けなしの3勝目。(中スポ)

□交流戦 中日-楽天3回戦(中日2勝1敗、14時、ナゴヤドーム、35266人)

 楽 天 000000000-0
 中 日 00010220×-5

 ▽勝 朝倉6試合3勝
 ▽敗 一場9試合3勝6敗
 ▽本塁打 福留10号(1)(一場)

5月14日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:零封リレーで楽天に連勝 楽天、借金は18に 」(毎日新聞)
福留2打点、朝倉3勝目 」(ニッカン)
中日・朝倉、強気に3併殺-新武器シュートが窮地救う 」(サンスポ)
中日の荒木が欠場=プロ野球 」(スポナビ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「やっと日曜日の連敗が止まった。朝倉は本当に安心して見ていられる内容だった。マウンドで落ち着きが出てきたな。一皮むけた。せいぜい7回までだと思っていたので、完投させてもよかったんだけど、球数のこともあったので、8回で降板させた。」
森バッテリーチーフコーチ
「(先発朝倉投手について、3回終了時)立ち上がりもいいし、落ち着いて投げている。今の調子で味方が先に点を取るまで頑張って投げて欲しい。」
朝倉投手
「完封したかったんですが、次は(最後まで)投げたいと思います。今日は自分のピッチングができました。低めに投げることを心がけたことが良い結果につながったと思います。与えられたチャンスを自分のものにできるように必死にプレーしています。
これからもできるだけ長いイニングを投げてチームの勝利に貢献できるようにがんばります!」
福留選手
「(ホームランについて)打ったときの感触は良かったんですがよく入ってくれました。一打席目で三振していたので何とか同じボールを打ちたくて狙っていました。
ケンタ(朝倉投手)もがんばっていたので先に点を入れて楽に投げさせてやりたいと思っていました。
今日も大勢のお客さんが見に来てくれているのでグランドの中で楽しく野球をさせてもらっています。
日ハム戦からのいやな気持ちは吹っ切れたのであとは思いきっていくだけです!」
(4回ホームランについて)スライダー。前の打席でやられてたので、狙っていました。うまく打てました。」
(7回タイムリーについて)ストレート。英智さんが送ってくれたので、何とかランナーを還して次につなげたかった。」
立浪選手
「(6回犠飛について)スライダー。追い込まれていたので、最低外野フライでも打ちたかった。」
アレックス選手
「(6回タイムリーについて)スライダー。好球を待っていてカウントがよかったので思い切って振ったよ。」
(7回タイムリーについて)2アウトだったけれども、ランナーが3塁にいたので還したかったよ。」


 日曜日の「呪縛」からやっと脱出ですね。
開幕カードに勝ってから本当に長かったです。憂鬱な月曜日からやっと、おさらば出来ますね。試合の方は、7回表までTVで見ていたのですが、用事が入ってその後は携帯チェック状態でした。

 今日は健太に付きますかね。4、5、7回と軽い劇場もありましたが、得意の併殺で切り抜ける辺りは健太らしいです。8回を98球で交代でしたが、最終回も健太で良かったのかな?と、思います。(森さんの考えはイマイチ不明ですが)
今日の投球でしばらくはローテ安泰でしょうかね。1年間しっかり守ってほしいというのが本音です。次回も頼みますよ!!
9回は平井が登板。ちょっと、この点差で登板は?(森さんの考えはイマイチ不明ですが)、しっかり抑えてゲームセット。

 打線は、4回まで一場投手に抑えられてましたが、孝介のHRで均衡を破ると、7回にはアレックスのタイムリーや立浪さんの犠飛で加点し8回も孝介、アレックスのタイムリーで加点。
日ハム戦の鬱憤を、この土日でしっかり晴らしてくれましたね。今後も、しっかり打線が繋がってほしいです。

 今日は、荒木が欠場と言う事で、1、2番は井端、英智、7番がシゲで8番が森岡。こういう形でしばらくは行くのでしょうかね?個人的に森岡を1番に上げて8番シゲの方がいいように思うのですが、まだ、森岡1番は早いのかな?

 これで、交流戦は3勝3敗となり、投手陣が安定しているので今後も打撃陣の踏ん張りに期待したいと思います。あとは、火曜日の憲伸にしっかり勝ちを付けてほしいですね。あと憲伸、打席にもは入れるから頑張ってね!!


<プロ野球の公示(14日)>
【出場選手登録】    (↑)小笠原孝投手
【出場選手登録抹消】 (↓)ドミンゴ投手

 やっぱりドミンゴはどっか悪かったんですかね。来週の土曜日は誰が先発でしょうか?
中田くんが戻れば嬉しいのですが、足の故障ですからしっかり治してからの方が良いので、現段階では小笠原に期待ですね。とにかく頑張れ!!

| | コメント (6) | トラックバック (14)

2006/05/14

5月13日 D10-1E(○)

2006_0514_1 今季最多となる17安打、10得点の猛攻で大勝した。
一回二死、福留が左中間二塁打で口火を切ると、ウッズが中前先制打。立浪の右翼線適時二塁打、井上の左前打など6連打で4点を奪った。勢いづいた打線は四回も5安打を集めて3得点。先発ドミンゴは大量リードを背に、4月2日以来となる2勝目を挙げた。
楽天はナゴヤドームでの連勝が4で止まった。(中スポ)

□交流戦 中日-楽天(中日1勝1敗、15時、ナゴヤドーム、34093人)

 楽 天 000010000- 1
 中 日 40031101×-10

 ▽勝 ドミンゴ4試合2勝2敗
 ▽S 久本3試合1S
 ▽敗 青山18試合2敗
 ▽本塁打 ウッズ8号(1)(藤崎)

5月13日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:17安打10得点で快勝 楽天は投打に精彩欠く 」(毎日新聞)
拙攻続きから一転、猛攻で快勝 」(ニッカン)
荒木が右脇腹痛め交代 」(ニッカン)
立浪が猛打賞回数で王監督抜く 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「こういう試合をあと1、2試合やってくれりゃあな。それで変わるでしょ。」
森バッテリーチーフコーチ
「(先発ドミンゴ投手について試合中)調子は悪くはない。後は追加点を取るまで頑張って欲しいね。」
高代野手総合チーフコーチ
「(荒木について)右脇腹痛のため大事を取った。今後の出場は状態を見て決める。」
井上選手
「交流戦が始まってから曇る日が多かったんですが今日で吹っ切れてこれからは良いドラゴンズをお見せできます。
ナゴヤドームでスターティングメンバーに名を連ねたいという気持ちを持ってプレーしていますのでこれからは皆さんを喜ばせるようなかっこいい打点をあげられると思います。
今は僕が代表してここに上がっていますが今日はみんながヒーローです。
今日は本当に大勢のお客さんが入ってくれてうれしいです。僕は選手でありながら営業も兼ねていますので少しでも空席があると心配になります。ですからナゴヤドームが常に満員になるように選手は技を見せます。ファンの方は選手たちに力をください。そして最終的に良い形にしていきたいと思っています。
僕もちょくちょくここに立てるように、もっと見ている人の心を打てるようにがんばります!
選手は一生懸命プレーしています。三振してもエラーしても下を向かずにやっていこうとミーティングをしました。これからもっとアグレッシブにがんばっていきますのでぜひ球場に来てください!」
(1回井上選手タイムリー)スライダー。初打点なので嬉しいです(笑顔で)。」
(6回井上選手タイムリー)嬉しいです。これでチームも自分ものっていければいいですね。」
ウッズ選手
「(1回タイムリー)カットボール。ランナーを還そうと思って積極的に行った。先制点が欲しかった。」
「(4回タイムリー)カーブ。ランナーを還したいと思って打っている」
立浪選手
「(1回タイムリー)ストレート。打てるボールが来たら積極的に打っていこうと思ってました。」
(猛打賞記録について)初猛打賞が)遅くて情けないですね。今年は猛打賞は至難の業だったんで…。王さんを抜いた? まあ、長くやっていますからね。」
森岡選手
「(4回タイムリー)打ったボールはわかりません。一生懸命に、くらいついていくだけです。」
井端選手
「(4回タイムリー)ストレート。1番から8番までで僕だけが打ててなかったので打って良かったです。」
高橋光選手
「(5回タイムリー)スライダー。とにかく打ちたかった。結果が出て良かったです。」
ドミンゴ投手
「自分なりのピッチングが出来た。」


 やっと、やっと気持ち良く打線が繋がりました。ここ最近の嫌な流れを今日で払拭してほしいです。
それにしても17安打10得点。今季初の二桁得点。素直に嬉しいですね。監督、選手コメントがこれだけ聞けるのも嬉しい限りです。

 今日は、何と行っても打線ですね。
初回3番から8番まで怒涛の6連打で4点。4回にも5本の長短打を含め3点。5、6回と1点づつ加えて仕上げは、ブラッシュボール後のタイロン怒りのHRが炸裂で計10点。
こんなに繋がってくれると気分がいいです。今日は、歯車が噛み合いました。

 タイロン、立浪さん、営業部長兼選手会長、シゲも猛打賞で貢献。

営業部長も英智と違ったお立ち台を見せてくれました。(それにしても話しは長かったけど(笑))
試合に出られず腐ることなく練習やファンサービスと駆け回ってくれて野球の神様も微笑んでくれましたね。
立浪さんもダブル2つと「らしさ」が現れ、昨日悔しかったのかシゲも打つとは思いもよらぬ。本当に良かったです。そんな中で、ちょっと心配なのが、

 どうも荒木が故障した模様?大事に至らないといいけど。
(あの回の横っ飛びの時でしょうかね?)

ただ、途中出場した森岡が初打点付のタイムリー。こういう機会で無いとなかなか出場出来なかったのでこのチャンスをしっかり物にしてほしいです。
フィールディングもまずまずでしたし、鍛えれば面白いです。左腕の有銘投手にはタイミングが合わなかったですが、左投手対策も今後しっかりやって行きましょう!!

 投手陣ではドミンゴ。今日はランナーもあまり出さなかった事もあり、イライラ病が出なくて良かったです。5回を1失点で68球という内容でしたが、いきなり6回で交代。

 故障でもしたのか?とか、思いましたが・・・・。

どうなんでしょうね?あと2回は投げれたはずですが、ちょと判りません。
6回からは背水の陣で久本登板。相変わらず球にバラつきがあって点差がありましたから、普通に見てられましたが、9回は完全にヘバッていた模様。四球もあったりと計79球と先発投手並の球数。4イニング投げさせたのはロングリリーフとして試したかったのか?本日の謎でした。

 今日は、打線が機能してこれだけ点が入った事は嬉しいですが、問題は明日ですかね。
「惨デー」と申しますか日曜日は分が悪いし相手投手は、あの一場投手ですから明日こそが打線の繋がりがほしい所です。今日のような展開になってほしいです。先発も健太が劇場回数を減らして投球してくれる事を希望します。

 明日も勝とう!ドラゴンズ!!


<プロ野球の公示(13日)>
【出場選手登録】  (↑)森岡良介内野手
【出場選手登録抹消】(↓)清水将海捕手

 将海・・・・。1回のミスで・・・・。かわいそうです。腐らず頑張ってほしいです。
森岡、良くやった!明日も頼んだよ!!

| | コメント (5) | トラックバック (12)

2006/05/13

5月12日 D4-5E(●)

2006_0513 終盤の粘りも届かず2連敗。
先発山本昌の乱調が響いた。二回二死二、三塁から高須に中前打を浴びて2点を先制され、四回にも投手の朝井に適時打を浴びて1失点。五回は先頭佐竹の二塁打をきっかけに無死満塁のピンチを招くと、リックに中前適時打を浴びて2点を失い、6回5失点で降板した。
打線は毎回走者を出しながら四回まで無得点。五回に福留の適時二塁打で1点。3点差の九回にはウッズの適時二塁打で1点差に詰め寄り、九回も一死二塁の同点機を作ったが上田、代打谷繁が凡退した。(中スポ)

□交流戦 中日-楽天1回戦(中日1敗、18時、ナゴヤドーム、26252人)

 楽 天 020120000-5
 中 日 000010120-4

 ▽勝 朝井7試合2勝5敗
 ▽S 福盛15試合7S
 ▽敗 山本昌6試合2勝2敗

5月12日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
楽天:小刻みな継投策で逃げ切る 中日・山本昌が乱調 」(毎日新聞)
連夜の拙攻に落合監督苦笑い 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>

落合監督
「北海道の3試合よりはいいよ。その程度のもんだね。今日の試合は、山本昌の球数が多かった。次頑張ってくれるでしょう。期待しております。俺、負けたからっていちいちしょげていないからな。」
高代野手総合チーフコーチ
「あと1本がなかなかねえ。」
森バッテリーチーフコーチ
「(山本昌について)球数が多いし、ストライクがとれなかった」
山本昌投手
「3連戦の初戦を任されたのに無様な投球で本当に申し訳ありません。1点でも2点でも少なく抑えていれば勝機もあったのに。次、頑張ります。」
渡邉選手
「(交流戦について)昨年はオープン戦みたいな感覚で、ぼーっとしていた。ことしはベンチに緊張感があり、雰囲気が全然違う」


 今日は、帰宅したのが10時過ぎでしたが9回裏の攻撃のみ見れました。
(そのまま、見ない方が良かったのかもとかは禁句です(w))ただ、10時を回って9回の攻撃をまだやっている現実に少し驚きです。

全体的な雰囲気が判りませんのでヤフーやらニッカンスコアーでチェック。

 昌さんの出来が悪かったのか?小田のリードが良くなかったのか?は、判りませんが昌さん自体9安打、4四死球という内容で相手投手にもタイムリーを打たれている所を見ると調子がイマイチだったのかな?
中継陣の鈴木、岡本はランナー(四球で)を出してますが抑えている辺りは、そんなに悪くないのかなぁーと思います。

 ただ、5点のビハインドは今のドラ打線には、おも~い失点です。

打線の方は、今日もチャンスを沢山作っての拙攻、残塁のオンパレード。
あと1本が本日も出ない状況ですかね。これは最近の流れで変わっていない模様。(見慣れましたが・・・・。って、見慣れてはいけないんだけど。)

 9回裏の攻撃を見ての一言ですが、選手も監督、コーチを含め何か焦っているのが伝わってきます。
立浪さんがヒットで出て、将海の時。初球ワイルドピッチで2塁に進塁したのですが、

 2球目にあっさりバントして失敗。

これなんか、北海道でのバント失敗の経緯があるのを思い出せば、普通1球待ちでしょう。だいちバントをする前に高代さんが将海を呼んで流れを切っているし。その辺も将海にとって、失敗出来ないという相当なプレッシャーにもなったはず。流れを切ったので間を置く為にもカウント1-1からすればいいのにねぇー。次の上田も昨日のミスもあってか・・・・。

 気が付いた。何で「たられば」論を列挙しているんだろう!!
 (筆者(当ブログ管理人の私)は、相当悔しかったらしい(笑))

ま、とにかく早くドラゴンズらしい戦いが出来るといいと思っているので前向きに考えていきたいですね。
チャンスも沢山作っているし、そのチャンスの時に1本出て大量点でも入れば、歯車が又噛み合うと思うのでその時を待ちたいですね。

 って!!凄い前向きになっている(笑)そろそろ勝ちましょうよ!!

| | コメント (5) | トラックバック (11)

2006/05/12

5月11日 D3-4xF(●)

 延長戦でサヨナラ負け 交流戦最初のカードを負け越す。
同点の十回。デニー友利が一死から森本に左前打を浴び、マシーアスのバント安打で一、二塁。代わった久本が小笠原に中前打を打たれて満塁とし、セギノールに押し出しの四球を与えた。
打線は拙攻の連続。3点差を追う四回は敵失から2点を奪い、六回に高橋光の犠飛で同点。なお一死一、三塁の勝ち越し機を作ったが後続が倒れた。九回も一死満塁とするなど終盤の好機にもあと1本が出なかった。(中スポ)

□交流戦 日本ハム-中日3回戦(中日1勝2敗、18時1分、札幌ドーム、11822人)

 中 日  0002001000-3
 日ハム 3000000001x-4
 (延長10回)

 ▽勝 マイケル中村20試合1勝10S
 ▽敗 デニー友利9試合1敗

5月11日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
日本ハム:中日にサヨナラ勝ち 6年ぶりの単独首位 」(毎日新聞)
敗戦後、緊急ミーティング 」(ニッカン)
立浪2372安打で「落合超え」 」(ニッカン)
井上選手会長が交流戦打法伝授 」(ニッカン)
「3日間同じ試合」-ぼやく中日・落合監督 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(15分間のミーティング後)3日間同じ。気持ちを切り替えるしかない?それは選手に聞いてくれや。」
高橋光選手
「(七回に同点となる中犠飛)チェンジアップです。(安打を)打って還したかったんだけど、最低限の仕事ができました。」
立浪選手
「(落合監督を抜く歴代単独9位の2372安打達成について)勝てればよかったですけど。やっぱり野球が好きですから。記録はできるだけ続けていきたい。」
井上選手
「(交流戦アレルギーについて)みんな慎重にいこうとしている。調子が悪い時はどうしてもそうなるけど、初球から積極的にいった方がいい結果が出る」


 勝ちたくないのかなぁ~~!!相手がチャンスを沢山くれているのですが、どうも点が入らないですね。取りたくないのかも知れませんね。
この3連戦は3連勝出来たし、逆に言うと3連敗も可能性があったと思う。

 「12」、「11」、「10」この数字。3連戦の残塁数・・・(T_T)

明日から、これを何とかしてほしいです。

 投手陣では、カバちゃんが初回に捕まって3失点。初回はストレート、変化球の制球がまとまらず、とくに変化球を狙われた感じ。2回以降はストレート中心に変えて良かったと思います。5回2/3を投げて結果3失点。球数も100にいってなかったので、もう1回は引っ張れた気がします。その分、延長で枚数が足りなかった感じです。
鈴木、岡本、平井としっかり抑えたまでは良かったのですが、10回裏デニー、久本で大崩・・・。

 やっと、デニーにも自責点が付いたけど・・・。
 (この言い方は、よくないかな?)

ただ、この3連戦は投手陣はよく頑張りましたね。何とか形はできました。

 問題は、打線ですね。巡り合わせも悪く不調の選手の所にチャンスが来る悪循環。
隣の芝生が青いではないですが、スワローズ打線が羨ましいです。とにかく、明日から打線が何とかしないとピッチャーが夏場には崩壊しちゃうので、何とかしてほしいです。

 明日からは、ナゴドでイーグルス戦です。昨年は見事にスウィープされた苦い過去がありますが、今年は何とかしてほしいところ。打撃陣が危機感を持って戦ってほしいです。
イーグルスも鉄平(ケガで)に代わって上がってきた関さんが好調です。何か初回から関さんに翻弄されなければいいのですが。

 ちょっと明日は出張で、試合展開が携帯チェックになりそうなので、見たらリードしていて帰宅したら勝っているのが理想です!!ま、とにかく、勝ちましょうよ!!

| | コメント (3) | トラックバック (12)

2006/05/11

5月10日 D4-3F(○)

2006_0511_1 暴投で決勝点を上げ、接戦をものにした。
十一回は先頭英智が左中間二塁打。一死後、井端の時に岡島が暴投。英智が一気に二塁から返り、貴重な勝ち越し点をもぎ取った。
1点をリードされた九回二死一、三塁で福留が右前に適時打を放ち、土壇場で同点に追い付いた。
先発マルティネスは7回3失点。八回から平井が2回を、岡本が1回をきっちり抑え、同点から勝ち越しへの流れをつくった。最後は岩瀬が締めくくり、11セーブ目を上げた。(中スポ)

□交流戦 日本ハム-中日2回戦(中日1勝1敗、18時、札幌ドーム、11737人)

 中 日  00200000101-4
 日ハム 10001010000-3
 (延長11回)

 ▽勝 岡本10試合1勝
 ▽S 岩瀬15試合2敗11S
 ▽敗 岡島7試合1敗1S
 ▽本塁打 新庄6号(1)(マルティネス)

5月10日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:延長戦制す 日本ハムの連勝5で止まる 」(毎日新聞)
歯切れの悪い監督も、2位浮上 」(ニッカン)
不振井端を落合監督が直接指導 」(ニッカン)
英智が二塁から暴投で生還で中日勝ち越し 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「昨日と今日は全く同じ。ただ昨日は負けて、今日は勝った。選手の心理状態はわからないけど、いい経験をしているんじゃないかな。」
森バッテリーチーフコーチ
「(先発マルティネス投手について、試合中の談話)全体的には悪くないけど、ちょっとストライクとボールがはっきりしているかな。後は味方が点を取るまで粘り強く投げて欲しい。」
英智選手
「井上さんから強い気持ちをもらった。井上さんの二塁打もそうだし、何でもいいから塁に出ろという言葉のおかげで打つことができた。ホームインはグランドの広さも頭に入っていた。」(CBC)
「(2塁打について)ピッチャーに向かう気持ちをカズキさん(井上選手)の打席からもらいました。「何でもいいから塁に出ろ」と声をかけられて勇気が出ました。
(2塁から一気にホームへ)けん制があって変化球があると思ったのでリードを大きくとって良いスタートが切れたと思います。最初からホームをねらうつもりで3塁を回りました。
悔しさや悲しさ、去年の借りを返すという気持ちを忘れずに毎日バッティングに取り組んでいる結果が監督の期待に応えることにつながっていると思います。もう弱い気持ちで打席に入ることは決してないので自分と戦うのではなく相手と戦って勝っていきたいと思います。
これからも活躍してお立ち台に立てるように一生懸命プレーしますので球場に足を運んで応援してください。」(オフィシャル)
立浪選手
「打ったのはストレート。最初の打席で打てなかったので積極的に行った。ランナーが還せてよかったです。」
福留選手
「打ったのはチェンジアップ。同点のランナーを還せて良かったです。昨日から情けないスイングをしていたので何とかしたかった。」
マルティネス投手
「自分の投球ができた。チームが勝って嬉しい。」


 取り合えず、どんな形であれ交流戦今季初勝利は素直に嬉しいです。
昨日と同じ展開で延長になって嫌な雰囲気が漂いましたが、英智は良く打ったし走ってくれました。

 インタビューでも英智の勝ちたいと言う気持ちも伝わってきているし!!
 (選手会長の粋なコメントもいいですね!)

9回は、シゲの所で代打選手会長。監督の決断は良かったですね。まさか代打は無いと思っていたし選手会長もヒットを打つとは。小田が出れそうなので決断したのかな。選手会長は見事な二塁打です。

 荒木が倒れて嫌な展開でしたが、

やっと孝介が得点圏で仕事。見事なタイムリーで同点になりました。(欲を言えば続くタイロンが試合を決めてほしかったのですが)11回は英智の二塁打のあと

 荒木が倒れて嫌な展開でしたが、

ワイルドピッチで英智の好走塁で勝ち越し。こういう感じじゃないと点が入りそうでなかったので、どんな形でも嬉しいですね。

 投手陣では、先発がカバちゃんではなくマルちゃんでした。7回3失点ですから仕事をしたといった所ですね。それにしても、マルちゃんが投げると打線は援護してくれない事が多いですね。
8、9回と平井がしっかり抑えて10回は岡本がこれもしっかり抑えてリズムを作った感じです。11回は昨日敗戦投手になった岩瀬でしたが1本ヒットを打たれるものの後続を押さえてゲームセット。

 小田は平井、岡本、岩瀬と持ち味を出させたリードでした。
 (ちょっとヒイキ目の発言かな(^^ゞシゲに発奮してほしいので)

明日は、打線が繋がってほしいと思いますが、カバちゃんの頑張りに期待ですね。
井端も5月12日に照準を合わせ初めて今日は猛打賞。このまま、乗って行ってほしいです。
後は荒木!!明日は頼みます!!上田も落ち込まず頑張ってほしいですね!!

| | コメント (3) | トラックバック (13)

2006/05/10

5月9日 D2-3xF(●)

2006_0510 12残塁の拙攻が響いて今季初のサヨナラ負け。昨年に続いて交流戦初戦を落とした。
1点差を追う四回にアレックスの二塁打で同点。六回には高橋光の適時二塁打で1点を勝ち越したが、終盤は拙攻を繰り返した。七回は無死二塁としながら無得点。その裏に同点とされ、八回は一死二、三塁の好機を作ったが後続が倒れた。十回も無死一、二塁。代打渡辺の送りバントは併殺打となり、勝ち越しの絶好機をつぶした。
先発川上は9回を3安打2失点。十回に登板した岩瀬が一死から4連打を浴びてサヨナラの1点を失った。(中スポ)

□交流戦 日本ハム-中日1回戦(中日1敗、18時1分、札幌ドーム、10864人)

 中 日 0001010000-2
 日ハム 0100001001x-3
 (延長10回)

 ▽勝 建山19試合1勝1敗
 ▽敗 岩瀬14試合2敗10S
 ▽本塁打 稲葉6号(1)(川上)

5月9日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
日本ハム:サヨナラ勝ち、今季初の5連勝 中日は惜敗 」(毎日新聞)
交流戦2年連続黒星スタート 」(ニッカン)
上田は「古巣」との対決にも冷静 」(ニッカン)
負ける典型の試合だ 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「らしくないゲームだった。こういう展開をしていれば負けるという典型的なゲームだった。」
アレックス選手
「(4回2死一塁で同点の適時二塁打)打ったのはストレート。自分にとって、いいボールがくるのを待っていた。ランナーをかえすことだけを考えて強く振った」
高橋光選手
「(六回タイムリーについて)打ててよかった。」
川上投手
「(投球内容を問われて)9回2失点で何が悪いんですか。僕のことなんかどうでもいい。反省なんかしていない。」
岩瀬投手(延長十回に4連打を浴びて2敗目)
「(サヨナラ打は)ボール自体は悪くなかったが、低めにいかないと、打ち取った当たりもヒットになる」
渡邉選手
「(延長十回に代打でバントが併殺となり)バットを引くか、迷った。投手前に転がせば何とかなると思ったが」
上田選手
「(古巣日ハム戦について)相手のことを意識しすぎずに、自分のやれることをやりたいですね。」


 又、今年もかよ~!!と、思わせる内容の負け方です(>_<)
後に、響かないといいんだけどなぁ~。(そう、思いたくないです)

 今日は、憲伸が良く投げてくれましたね。9回を3安打2失点。カットボールの出し入れなど上手くいった感じでしたが、7回の稲葉選手の一発が大きかったですね。アレさえ無ければと、言った感じです。

 ヨッシャー談ですが、今年の憲伸はOP戦で小田とのコンビで外角にもカットボールを使って成功したとの事。
なかなかやるじゃない小田!!早くケガを治そう!!

 10回からは岩瀬が出てきて一死から4連打・・・・。

相変わらず、「開幕」と付く試合は苦手みたいです。同点で出てきて2度失敗か。痛い。
中嶋選手、田中幸選手には追い込んでから打たれるもったいない攻め。これで、

 シゲがパニックにならないといいけど・・・。

 打線は、拙攻、拙攻のオンパレード・・・・。
バントは出来ないは、犠牲フライすら打てない状態。こんな日は何をやっても上手く行かないという事なんでしょうかね。

 打撃陣には、言いたい事が山ほどあるのですが・・・・。
 (そろそろ井端、何とかしようよ!孝介、得点圏で打とうよ!とか)

憲伸は今日ほど打席に立ちたかった日はないんじゃないのかな(笑)

とにかく、気を取り直して明日の戦いに臨んでほしいです。カバちゃんも打線の援護を気にせず普段通り投げてほしいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (12)

2006/05/07

5月7日 D3-5C(●)

2006_0508 先発が崩れ、逆転負け。
先発ドミンゴの乱調がすべてだった。アレックスの7号本塁打で2点リードしていたが、五回、突然崩れた。無死一、二塁から倉のバントを三塁に適時悪送球。制球も甘くなり、二、三塁から代打末永に中前逆転打を許すなど、この回6安打を浴びて5点を失った。
広島は先発ロマノが三回に退場したものの、中継ぎ陣が踏ん張った。(中スポ)

□広島-中日8回戦(4勝4敗、13時30分、広島、12984人)

 中 日 000200001-3
 広 島 00005000×-5

 ▽勝 広池10試合2勝
 ▽S ベイル12試合5S
 ▽敗 ドミンゴ3試合1勝2敗
 ▽本塁打 アレックス7号(2)(広池)ウッズ7号(1)(ベイル)

5月7日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
広島:代打・末永が逆転打 中日、ドミンゴは突如崩れる 」(毎日新聞)
ドミンゴ乱調逆転負け 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「ドミンゴはこんなもんじゃないか。(5回途中でマウンドを降りたが)あれくらい投げられれば十分だよ。あと1、2回投げてくれればね。ランナーを出してからの悪い癖も修正できていたと思う。あと1、2回1軍で投げれば大丈夫だろう。1軍で投げるスタミナと2軍で投げるスタミナは違うんだから。」
アレックス選手
「ホームランを狙ったわけではなく、ランナーを進塁させるためのバッティングを心がけた。」
ドミンゴ投手
「(広報を通して)立ち上がりはよかったが、自分のミスで…」


 やっぱり日曜日ですね。大敗はしませんでしたが日曜日は5連敗・・・。
痛いですね。勝って交流戦に弾みをつけたかったのですが・・・。残念!!

 今日は、退場者が出たりするなど落ち着かない展開。
先発のドミンゴは4回までは良かったのですが、5回に自らの失策を含め6安打され5失点。不運の当たりが続きましたが、

 独り相撲状態で自滅・・・・。

ランナーを背負って、やっぱり課題が多いですね。ドミンゴに関しては投手の交代時期が難しいです。
注目は、5回のピンチに登場した岡本が連投を含めどういう風に処理をするかといった感じでしたが、5回の場面は栗原選手を投ゴロで抑えて良い感じでした。6回に関しては、ランナーを出したりしましたが無失点に抑えたので、これで落ち着きそうですね。
岡本の後は、今季初登板の久本。カウントを悪くしてしまう所もありましたが7回は3人で打ち取り、8回の2本のヒットは、追い込んでから打たれる悪い展開。ただ、久本は全体的に良かったと思う。しいて言えば緩急を覚えたら久本は化けそうな感じがします。
鈴木は良かったですね。昨年の調子の良かった頃に戻りつつあります。今日の結果で大事な場面での登板が増えそうです。

 打線の方は2本のHRによる3点のみでした。
アレックスの右方向のHRは素晴らしかったです。あの打ち方が出来れば率は昨年のように急降下することがないと思うので火曜日からも実践してほしいですね。
気になったのは立浪さん。打球を引っ張れないですね。7回の代打の場面で遊ゴロ併殺。あそこは引っ張って最悪2、3塁に進めてほしかったです。状態が良くないのかな?

 全体的に悔いの残る敗戦でした。

 これでセ・リーグとの試合は交流戦が入るため6月下旬までありません。
交流戦前を16勝10敗と貯金が6つ。本調子で無いチーム状況の中、よく頑張って戦ったと思います。

 火曜日から昨年負け越した交流戦が始まり、その中でどんな展開になるか楽しみですね。
荒木、井端の1、2番が何かきっかけを作ってほしいと思います。逆に言うと、この1、2番が調子を戻さない限りドラゴンズの戦いは厳しくなるので、チームの為に復活してほしいですね。
今年は、4番にしっかりタイロンが初戦から座りますし主軸は問題ないと思います。あとは、中継ぎ陣が多少整備され先発が長い回を投げてくれれば何とかなるとも思います。
大事なのは初戦に、ファイターズ戦の憲伸が躓くことなく勝ってくれれば波に乗れそうですし、今年はもう「降竜戦」なんて言葉は死後にしてほしいですね。

 頑張れドラゴンズ!!今年の交流戦は貯金しましょう!!

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2006/05/06

5月6日 D6-1C(○)

2006_0507 効率よく得点を重ねて快勝。
四回、荒木、福留の単打と四球で二死満塁。上田が代わった高橋から右中間を割る走者一掃の適時二塁打を放ち、3点を先制した。五回は井端の1号2ランで2点を追加。七回にも谷繁のソロで加点した。
今季初先発の朝倉は走者を背負いながら粘りの投球。二回無死満塁は石原を投ゴロ併殺打に打ち取って切り抜け、六回も1点を失った後の一死満塁では再び石原を遊ゴロ併殺打。6回を1失点に抑え、今季2勝目を挙げた。(中スポ)

□広島-中日7回戦(中日4勝3敗、13時30分、広島、20361人)

 中 日 000320100-6
 広 島 000001000-1

 ▽勝 朝倉5試合2勝
 ▽敗 大竹4試合4敗
 ▽本塁打 井端1号(2)(高橋)谷繁2号(1)(長谷川)

5月6日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:中盤に大量点、広島に6-1で快勝 」(毎日新聞)
今季初先発の朝倉が2勝目 」(ニッカン)
中日・朝倉が2勝目-今季初先発で好投 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
森バッテリーチーフコーチ
「(先発朝倉投手について)追い込んでからの変化球が甘い。ボールにするぐらい低めに意識しなといかん。真っ直ぐのコントロールがいいんだから。」
上田選手
「(4回タイムリーについて)ストレート。最初のバッターボックスでダブルプレーになってしまったし、取り返したかった。左対左(広島投手は高橋)だったので代打を送られるかと思ったけど、自分は行く気満々でした。あの場面で打席に立たせてもらい結果が出て良かったです。あそこで点を取らないと流れが悪くなると思いました。」
井端選手
「(5回ホームランについて)ストレート。朝倉をもっと楽にするために追加点が欲しかった。ホームランはたまたまだけど、この一本をきっかけに乗って行きたい。」
谷繁選手
「(7回ホームランについて)ストレート。手ごたえは十分ありました。打った瞬間、入ると思いました。」
朝倉投手
「初めての先発だったけど、中継ぎで行く時と同じ気持ちで行きました。満塁のピンチが2回ありましたが、ゴロを打たせてやろうと強気で投げられました。あとはイニングの先頭打者を抑えようと心がけました。自分なりに打たせてとるピッチングが出来たと思う。味方が点をとってくれたので気持ちが楽になった。」


 今日は、今季初先発の健太の頑張りでしょうかね。昨日は嫌な負け方をしたので、何とか勝ってホッとしてます。

 ESPNだと見れないので、ネットで状況を把握する形でしたが、今日は先発の健太が6回、99球、8被安打3与四死球なのに取られた点は、わずか1失点と。踏ん張ったと言うか、カープ打線の拙攻に助けれた感は否めませんが、2、3、5、6回と

 朝倉劇場が炸裂!!

これがないと健太ではありませんが、もっと楽に抑えてほしいと言った所ですかね。
ただ、今季初先発で白星が付いたのは本人に取って大きいと思います。もう1回、チャンスは貰えるはずですから、そこもしっかり抑えて先発の座を掴んでほしいですね。
6回で健太が降りたので、7回からは本日復帰したばかりの岡本登場。9番から始まる打線を見事3人斬りで復活を成し遂げてくれました。

 戻ってきてくれてありがとう!岡本!!

8回は点差が付いていましたが平井が登板して、3者三振と抜群の制球。これで7、8回の形ができました。9回は鈴木登板で3人で打ち取りゲームセット。

 打線は4回。荒木が出て孝介で繋がってチャンスを作り、二死満塁のチャンスで上田が走者一掃のタイムリー二塁打で3点を先制。なにげに

 上田は得点圏打率.750の驚異的アベレージ!

5回には不振の井端がHRで追加点をし、7回は市民球場大好きのシゲが駄目押しHRで加点しました。今日は6安打6得点と理想の展開で得点が出来たと思います。

 明日は天候の方が微妙ですが、ドミンゴの改心次第ですかね。あとは鬼門の日曜日。
打線の方も繋がってほしいです。今日は石原選手に打たれなかった事が勝因だと思うので明日は栗原選手を抑えましょう。
交流戦前最後のセ・リーグとの試合ですから、きっちり勝って交流戦に臨めるような戦い方を希望します。明日も頑張れ!ドラゴンズ!!


<プロ野球の公示(6日)>
【出場選手登録】    (↑)岡本真也投手、久本祐一投手、ドミンゴ投手
【出場選手登録抹消】 (↓)高橋聡文投手、小林正人投手

 聡文は、もう一度這い上がって来てほしいですね。久本はチャンスを活かしてほしいです。
抹消の所にデニーの名前がないんですけど・・。こんな事を書いたら怒られるかな(^^ゞ

| | コメント (5) | トラックバック (13)

2006/05/05

5月5日 D5-9C(●)

2006_0506 継投に失敗し、逆転負け。
先発の山本昌が一回に4点を失ったものの、打線はウッズの6号ソロ本塁打などで反撃し、五回に勝ち越した。しかし、七回に2番手の高橋聡がいきなりの連続四球。デニー友利が新井に左前同点打を浴びるなど2点を失い、八回も小林が2死球などで自滅した。広島は今季初の3連勝。(中スポ)
【写真】七回、新井に同点打を許し肩を落とすデニー友利(左)と谷繁の中日バッテリー。

□広島-中日6回戦(3勝3敗、13時30分、広島、30151人)

 中 日 012020000-5
 広 島 40000023×-9

 ▽勝 広池9試合1勝
 ▽敗 高橋聡8試合1敗
 ▽本塁打 ウッズ6号(1)(ダグラス)

5月5日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
広島:逆転で3連勝 中日は中継ぎ陣不調、連勝3で止まる 」(毎日新聞)
中継ぎ陣崩れ連勝ストップ 」(ニッカン)
中日・落合監督、乱調の投手陣に「やり直してもらう」 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(2者連続四球で降板した高橋聡について)使った俺が悪いんだ。明日からは、2人(高橋聡と小林)ともいないから心配するな。(2軍で)やり直してもらう。長いシーズン必要なピッチャーなんだから。
(2軍で好投している)岡本に関しては、これから報告を聞くよ。岡本が上がるか誰が上がるか分からんけどな。」
山本昌投手
「1回の4失点が痛かった。そのあとなんとかゲームになったが失点がもう少し少なければ…」
ウッズ選手
「(2回のホームランについて)打ったのは、ストレート。先に4点を取られて嫌な流れだったので、このホームランを良いキッカケにしたい。」
荒木選手
「(3回、打球がイレギュラーして2点目となる適時打)今日はついてます。このツキに乗っていきたいですね」


 痛い敗戦・・・。逆転して途中までいいズムで行っていたのですが、7回から「らしい」野球が出来なかったですね。

 それにしても、監督のコメント!コワッ!!コワコワくん状態!!!

先発の昌さんは初回、何点取られるのかと思いましたが、よく4失点で凌いだと言った感じです。徐々に昌さんらしい投球になりました。6回に捕まりかけた所、孝介の守備に救われて無失点。
6回を4失点ですから先発としては最低限の仕事をしたのかなと思います。ただ、7回もう1イニング引張っても良かったんじゃないかな?とか、結果論ですがね。

昌さん降板後は、お話にならない展開。聡文は連続四球で自滅。続くデニーは、いつものように、火に油状態。8回の小林に至っては四死球連発で最後には長打を打たれる最悪の展開。

 中継ぎ陣の大崩壊でした!!

それにしても四死球が計8個(その内の5が死球)。これでは話しになりませんし、平井、岩瀬に繋ぐセットアッパーが居ない状況が今日は出てしまった感じです。聡文には、その役目をやってほしいのですが、なかなか上手く回りませんね。(聡文は降格らしい)岡本が復調して早く戻ってきてほしいです(明日、来るかな?)

 打線の方は、好不調の選手が激しいこと。

タイロンが、お目覚めのようで、3番、孝介。4番、タイロンと核が出来てきたのですが両脇の選手が不調。
井端に関しては、いい時と悪い時がハッキリ出てますし、3回、7回と井端らしくないです。9回に久しぶりにいい当たりのヒットが出たので、明日に活かしてほしいです。

 完全に下降気味になってしまったのがアレックス・・・・。

雰囲気が非常に悪いですね。ボールの見極めが出来なくなってますし、悪い時の引っ掛ける打撃が顔を出し始めました。明日からは、右打ちを心掛けて打席に入ってくれるとありがたいですね。

 投手陣が自滅した事もありますが、カープ打線が非常に振れているし、新井、栗原両選手は相変わらずドラゴンズ戦は鬼打ちですし、これに石原選手が出場した日には目も当てられなく可能性があるので、明日はしっかりその辺を対策して臨んでほしいですね。

 先発は健太?ドミンゴ?どっちでしょうかね。言える事は、リード頼みますよシゲ!!

| | コメント (4) | トラックバック (14)

5月4日 D3-1YB(○)

2006_0505 同一カード3連勝で貯金を今季最多の7に伸ばす。
先発マルティネスは制球がさえ、立ち上がりからテンポ良く投げた。五回まで1人の走者も出さず完ぺきな投球。六回に吉村にソロを浴び先制を許したものの、7回を1安打1失点に抑えた。
打線もマルティネスを援護した。1点差を追う六回、荒木の左前打をきっかけに二死二塁からウッズの左中間二塁打で同点。さらに敵失などで二死満塁として英智が中前に決勝の2点適時打を放った。マルティネスは1カ月ぶりの2勝目、岩瀬が10セーブ目を挙げた。(中スポ)

□中日-横浜5回戦(中日4勝1分、14時、ナゴヤドーム、37741人)

 横 浜 000001000-1
 中 日 00000300×-3

 ▽勝 マルティネス6試合2勝3敗
 ▽S 岩瀬13試合1敗10S
 ▽敗 高宮7試合1勝2敗
 ▽本塁打 吉村5号(1)(マルティネス)

5月4日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:貯金最多の7に 横浜、打線振るわず2安打 」(毎日新聞)
英智が連日の活躍で3連勝 」(ニッカン)
中日・英智が連日のお立ち台「2度あることは3度あるように頑張る」 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「こういう苦しいゲームをやらせてはいけない。もう少し楽に行けたのに、こっちの采配の失敗があっても勝った。
(英智について)運もつきも実力のうち。
(マルティネスについて)ずっと、40球・50球しかほおってないので7回で変えた。もう一回行ってくれれば楽だけど、その分平井が汚名返上してくれた、自分で行くと名乗りをあげてそれでちゃんと抑えてくれるんだから。」
英智選手
「(勝ち越しタイムリーについて)ストレート。ストレートを待っていた三振を覚悟で思いっきり振っていきました。今日は打席に入るときにベンチを見ずに自信を持って入りました。自分のスタイルでストレートを打ちにいったことが良い結果につながったと思います。前の打席の失敗を繰り返さないように心がけました。
今日もまた大勢のお客さんの前でプレーができて気持ち良いです。2度あることは3度あるということで、またこのお立ち台に登れるようにがんばります!」
ウッズ選手
「(6回タイムリーについて)ストレートかな。いつものように強く振る事だけを考えて打席に入った。結果的にいい流れになった。」
マルティネス投手
「(前回の投球の反省を活かして)腕の位置を上げた。
(7回82球で交代について)十二回まで投げるよ。」


 2日続けて逆転勝利!同一カード今季初の3連勝!!

今日は先発のマルちゃんが完璧な投球でしたね。吉村選手に一発を打たれましたが7回82球1安打と素晴らしい投球。2試合続けて序盤にノックアウトされていたので気合が入っていました。出来れば8回まで投げてほしかったのですが、あとは方程式にお任せといった所でしょうかね。
監督と森さんが7回終表了時にベンチで話していたので継投の事でしょうかね。昨日のリベンジを平井にすぐさせるという意図でしょうか。
8回は、平井投入。今日は3人でしっかり斬り。昨日の借りを返してくれました。9回は守護神登場。石井選手に2塁打を打たれ若干ピンチになり続く種田選手の当たりは三遊間へ・・・・。抜けたかぁー。と、思いましたが

 川相MA横っ飛び!!素早い送球でアウト!!
(立浪さんだったらと思うと・・・m(__)m)

岩瀬を救いましたね。最後は金城選手を遊ゴロに取ってゲームセット。

 打撃陣は再三のチャンスがありましたが、1点を失った6回裏反撃に転じて荒木ヒットのあと井端の時にエンドランをかけチャンスを作り、4番タイロンが同点の二塁打。アレックス四球、立浪さんが遊ゴロ失策で出たあと、昨日のヒーロー英智登場。二死満塁の厳しい状況の中センターへ弾き返し勝ち越しに成功。

 これで、本日もヒデノリ・ワールドが聞ける!!

それにしても巡り合わせですね。2日続けてチャンスに英智に打席が回る辺りは野球の神様がこの3連戦は英智に味方した感じです。
今日は、マルちゃんにも勝ちが付いたし、平井も尾を引かない形にもなったし良かったです。

 気になるのはランディ山北かな?

 勝って3連勝になり気分良く広島に迎えそうです。カープは、スワローズ戦に勝ち越していい雰囲気になっているので、ドラゴンズとしては気を抜かず戦ってほしいところ。
4月23日(日)に大敗しているので、しっかりリベンジしてほしいです。とにかく、一つ一つ勝って、こちらも交流戦に弾みを付けてほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (16)

2006/05/04

5月3日 D6-4YB(○)

2006_0504 粘る横浜を振り切って2連勝。
1―1の五回に二死一、三塁から福留の3ランで勝ち越したが、八回に6番手平井が2点を失って4―4の同点に追い付かれた。その直後に井端、福留の連打などで一死満塁の好機。代打井上は三振に倒れたものの、二死から英智が中前打を放ち決勝の2点を奪った。
今季初登板の先発佐藤は毎回走者を背負いながら粘りの投球で六回途中まで2失点。終盤は小刻みにつなぎ、勝ち越した後の九回は岩瀬が三者三振で締めくくった。(中スポ)

□中日-横浜4回戦(中日3勝1分、15時、ナゴヤドーム、37740人)

 横 浜 010001020-4
 中 日 01003002×-6

 ▽勝 平井12試合2勝
 ▽S 岩瀬12試合1敗9S
 ▽敗 川村10試合2敗
 ▽本塁打 内川2号(1)(佐藤充)福留9号(3)(門倉)
        吉村4号(1)(佐藤充)


5月3日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:接戦制して2連勝 横浜は追いつくも及ばず借金10 」(毎日新聞)
横浜に3連勝、今季最多の貯金6 」(ニッカン)
福留9号3ランなどで勝利に貢献 」(ニッカン)
中日の英智、打力アップ実を結ぶ-“守備の人”が決勝打 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「苦労した試合。こんなに苦労せず、すんなりといってくれればいいのに。まぁ中には、こんなこともある。心配はしていないけど。
(英智について)もう去年のヒット数を越えているんだから変えるつもりはなかった。英智は、ボール球だけど、うまく当てた。秋から練習した甲斐があった。
(先発の佐藤充について)先発佐藤はバテが早かったが、まぁまぁ。初めてだから、合格点を与えてもいい。
(福留について)ホームランもすばらしいが8回に打ったヒットも評価するべきだろう。」
谷繁選手
「(2回犠飛について)ストレート。最低限の仕事ですよ。」
福留選手
「(5回のホームランについて)打ったのはストレート。完璧に打てました。」
佐藤充投手
「(今季初先発について)気持ちばかり先走ってしまった。守りに助けてもらった。後半は変化球が浮いてしまいました。」
英智選手
「(8回のタイムリーについて)交代させられるかと思ったけど、監督が出てこなかったので、心を決めた。ツースリーでまっすぐを待っていたけど、変化球にうまく反応できた。本当にうれしかったです。」(CBC)
「(勝ち越しタイムリーについて)打った球は変化球でした。去年までの自分なら代打を送られていた場面でしたが結果が出てうれしいです。
慣れないことをしたので実感がわきませんが、たまにはこういう日があってもいいと思います。去年は自分を取材してくれた記者の方は一人だったんですがこれで増えると思います。
今日みたいに大勢のお客さんの中で試合がしたいですね。このまま連勝を続けて巨人を追い抜きたいのでこれからも応援よろしくお願いします!」(オフィシャル)


 良く勝ちました!英智ありがとう!!

今日は、先発のカバちゃんが初先発の中、どこまで投げられるかと思って見ていましたが、内容的には、アップアップの中、5回を2失点で先発の役目を果たしてくれました。と、言う所でしょうか。
予備軍で投げてから投球間隔が空いていたので、調整が難しかったと思いますが、スタミナが少しなかったですね。
1軍のマウンドですから神経的にも疲れた感じです。失点がHR被弾ですから今後は1球1球を大事にしていきましょう!

 カバちゃんがマウンドを降りてから必要以上の継投策に出たベンチ。小林は見事な投球で古木選手、石井選手と左打者を打ち取り、右の種田選手にはデニーという具合の継投。7回も聡文、鈴木と継投して8回からは勝利の方程式で平井へ。ここで横浜打線に捕まり同点になってしまいました。

 平井もそろそ打たれる頃かな?

調子が本当に悪かったですね。球威が無かったのと内に入ってしまう悪循環でした。カバちゃんの初勝利を消してしまいましたが、次回はしっかり頼みますよ。逆転してからは、守護神岩瀬が登場。

 今日の岩瀬は、完璧三者三振の投球!!

今季初めてぐらいの素晴らしい投球でしたね。本来の岩瀬でした。

 打線は5回、二死からアライバコンビがチャンスを作って孝介が完璧に捕らえる勝ち越しスリーランHR。待ちに待った理想の攻撃ができました。

 ファンは、この形を待っていました!!

やっぱり、荒木、井端が出ると得点能力が上がりますね。同点に追いつかれた直後の8回にはここまでも井端がチャンスを作るなど、調子が上向きの予感。続く孝介が繋いで4番のタイロン。

 決めてくれると思ったのですが、見逃し三振・・・・。

続くアレックスは敬遠され、一死満塁の美味しい場面で代打選手会長。

 決めてくれると思ったのですが、空振り三振・・・・。

二死満塁となり英智。2004年はこういうチャンスで良く打ったなぁーとか、思っていたら値千金の勝ち越しタイムリー。

 決めてくれると思ったよ!英智!!

強いチームの特徴である8回裏に勝ち越して、そのまま勝利するパターンが出来ました。それにしても英智良く打ってくれた。

 こうなると早く「英智のヒーローインタビュー」が聞きたい!!

9回は上記でも書きましたが、岩瀬が抑えてゲームセット。観客の皆様も判っているのか英智をお待ちかね状態。で、ヒーローインタビューが始まると、待ってました!お立ち台で

 ヒデノリ・ワールド炸裂!!

と、言う事で5月は連勝スタートとなりましたが、このまま一つでも多く勝って行きましょう!カバちゃんは次回、チャンスを貰えるはずなので、長いイニングを心掛けて頑張ってほしいです。


<プロ野球の公示(3日)>
【出場選手登録】    (↑)佐藤充投手
【出場選手登録抹消】 (↓)中田賢一投手

 中日の中田賢一投手が3日、出場選手登録を外れた。本人によると、4月25日のヤクルト戦で右手中指のつめにひびが入り、30日の巨人戦で割れた。

中田が1軍を外れる…中日 」(報知新聞)

落合監督
「(中田について)投手がいるから無理させることはない」

 中田くんは、最初はどうしたのか?と、思いましたが軽症ですね。単純に日曜日は1回飛ばしでしょうか。
ただ、明日の先発が判りません。マルちゃんなの?

| | コメント (3) | トラックバック (11)

2006/05/03

5月2日 D4-0YB(○)

2006_0503a 川上が好投し4勝目を今季初完封で飾った。
川上は立ち上がりから直球、カットファストボールの切れ、制球が抜群。無四球で横浜打線を散発2安打に抑えた。打線は四回、ウッズが三浦の失投を見逃さず、右中間に先制5号ソロ。八回には二死一、二塁から荒木の右中間2点三塁打などで3点を加えた。
横浜は打線の援護がなかった三浦が3敗目。(中スポ)

□中日-横浜(中日2勝1分、18時、ナゴヤドーム、27343人)

 横 浜 000000000-0
 中 日 00010003×-4

 ▽勝 川上6試合4勝
 ▽敗 三浦6試合1勝3敗
 ▽本塁打 ウッズ5号(1)(三浦)

5月2日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:川上が2安打無四球で初完封 横浜は打線沈黙 」(毎日新聞)
川上が無四球完封で4勝目 」(ニッカン)
横浜・三浦とのエース対決で圧倒-気迫の中日・川上、2安打10三振 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「川上はキャンプの時のブルペンを見ているようだった。三浦も良かったし、両エースがあれだけのピッチングをすれば、なかなか打てるもんじゃない。だから先取点を取られていたら違う展開になっただろう。
でも、失投を見逃さずウッズが良く打った。今日はエースと4番で勝った。」
川上投手
「(開幕から4連勝)できすぎだと思います。今日は本当にすばらしいピッチングの相手投手から点を取ることは難しいと思ったので自分が先取点を取られないように心がけて投げました。
ウッズのホームランは気が引き締まって刺激になりました。打線も最後いいところで点を取ってくれたし自分も良く投げたとほめてやりたいくらいのピッチングができたと思います。
もうすぐ交流戦ですが勝ち越して帰って来たいです。」
ウッズ選手
「相手投手がすばらしいピッチングだったので打てるボールが来るのを待っていました。いいところに当たってくれました。
川上も本当にすばらしいピッチングをしていたのでとても良いゲームができたと思います。
これからももっとパワフルなバッティングをお見せできるようにがんばります。」
(4回ホームランについて)シュートかストレート。最近はフェンスギリギリで入らなかったけど今日はホームランになって嬉しいよ。」
荒木選手
「(八回に2点三塁打)最後に貴重なタイムリーが打ててうれしい。」


 憲伸が素晴らしかったです。106球、被安打2、10奪三振で今季初完封。両先発の好投で締まった展開。8時ちょっと過ぎには試合が終わりました。

日曜日の大敗がどういう風に影響しているかと思っていましたが、尾を引いてなくて良かったです。
憲伸もリズムが良くて球に切れもあって、見ていて今日は打たれる気がしなかったです。と、言う事で点を取ってもらった次回も、

 今日は、大丈夫だろうと思ってました。結果は、大丈夫でした!!

エースなので、高度な要求が求められますが、それを実践してくれる辺りが憲伸でしょうか。

 次回の交流戦初戦も頼みますよ!!

打撃陣は、三浦投手も良くて点が入るか判らない状況でしたが、タイロンの一発が出て均衡を破りました。
一発を打たれても三浦投手は崩れることなく7回までは完全に投手戦。追加点のほしいドラゴンズは、やっと8回に、上田、シゲのヒットを足掛かりに荒木、井端のタイムリーで3点追加。これは大きかったですね。

 久しぶりに、荒木、井端と繋がったのも嬉しい!!

井端に関しては、1、2打席のライトフライも捕らえていたし、そろそろヒットが出るかな?と、思ってましたが、8回のタイムリーは不調を払拭する一打になってほしいですね。

 交流戦が始まるまでに、明日からも一つ一つ取って少しでも貯金してほしいです。
明日はデーゲーム。先発は今季初マウンドが予想されるカバちゃんですが、間隔が少し空いていたり、緊張したりするかも知れませんが、落ち着いて自分の投球をしてほしいですね。頑張れカバちゃん!!


<プロ野球の公示(1日)>
【出場選手登録抹消】(↓)石井裕也投手、ガルバ投手

<プロ野球の公示(2日)>
【出場選手登録】(↑)高橋聡文投手

関連記事
竜投再編 石井2軍へ 佐藤充、高橋聡、ドミンゴ昇格 」(中スポ)
中日ドミンゴ、1軍昇格が内定 」(ニッカン)

佐藤充投手
「そろそろ投げたい? そうですね。楽しみです。まだ何も聞いていませんが、投げろと言われたら、先発でも中継ぎでもいきます。
今週は投げさせてもらえると思っています。ナゴヤドームではまだ投げたことがないので、チャンスがあればホームのファンの前で投げてみたいです。」
高橋聡投手
「自分なりにやることはやってきました。あとは試合で投げてみてどうかということです」
ドミンゴ投手
「ダイジョーブ。モンダイナイ」
森バッテリーチーフコーチ(巨人戦、大敗後に)
「こんな負け方をして、平気な顔をしてるヤツに腹が立つ。」

 石井くんは、不運・・・・。ガルバは、東ドでの投球を見てちょっと厳しいかな?と・・・。
今日は、聡文のみ登録。明日は、カバちゃんで即先発でしょうかね。


<FC特典>
2006_0503b 昨日、我が家にもファンクラブ特典が到着しました(^_^)皆さんの所にも届きましたか?
会員証だけが送られて着ていて、他の特典は6月とか書いてありましたが、早い到着に正直ビックリです。

 2月の内に事務局に電話にて申込書を送付してもらうように言って、申込書が届いたのが3月1日。2日の日に入金やら申込書を送付したのが、良かったのか?どうやら先着2万5千人の中に入っていた模様。と、言う事でパノラマAの招待券も入っていました(w)当分先、8月の試合ですが、

 もう、気持ちの中でナゴドに足が向かってます!!
(行くとなったら、2001年以来です)

皆さんのブログでも、たびたび見ましたがジブリ人形のジブリちゃん(仮名)は本当に大きいですね(w)

メッシュユニも届いたので、孝介ヘンリーユニではなく、そっちのユニを5月の交流戦マリンスタジアムに着ていけそう!!
(仕事の都合で行けるかどうかは?今の所、予定は未定ですが・・・・。)

 最後になりますが、FC事務局の方。2月終わりの会員申込み準備の忙しい中、申込みについて色々対応して頂きありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (17)

2006/05/01

4月30日 D4-15G(●)

2006_0502 投手起用に失敗し大敗 。
中4日の登板間隔で先発した中田だが、立ち上がりから球威がなかった。一回に二岡、小久保に本塁打を浴びて3点を失うと、四回も小久保に9号2ランを許して降板。27日に先発したばかりの石井が2番手で登板したが、二岡に満塁本塁打を打たれ早々と試合を決められた。二岡には五回、ガルバがプロ野球初となる2打席連続満塁本塁打を許した。巨人は3本塁打の二岡がセ・リーグタイ記録の1試合10打点をマーク。(中スポ)

□巨人-中日6回戦(中日2勝4敗、18時、東京ドーム、42656人)

 中 日 000 000 220-4
 巨 人 300 750 00×-15

 ▽勝 グローバー5試合3勝1敗
 ▽敗 中田5試合2勝1敗
 ▽本塁打 二岡3号(2)(中田)4号(4)(石井)5号(4)(ガルバ)
        小久保8号(1)(中田)9号(2)(中田)
        アレックス6号(2)(前田)

4月30日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
巨人:今季最多得点で快勝 中日は投手陣が踏ん張れず 」(毎日新聞)
15失点に落合監督、苦笑い 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「一年間やってたら、こんなゲームもあるよ。そうそう思い通りでは進まない。全て思い通りいったら146試合全部勝っちゃうよ。
(石井を二番手として使ったのは)若い投手なんだからいろいろ試させなきゃ。それでダメだったら下にいくだけ。下にもいいピッチャーはたくさんいるんだから」
中田投手
「(広報を通じて)球が高過ぎた。もっと低めに投げなければ。」


 金曜日に続いて面白い物を見せてくれましたよ(怒)

ケチの付け初めは中田くんの中4日でしょう。球は来ていなし高目に浮くし変化球も真ん中に集まるしと疲れが取れていなかったのか?
終いには、中2日で石井くんも出すし・・・・。投手陣は足りなく無いのに、この時期にスクランブル登板は?ですね。
石井くんは先発で使いたいのか?中継ぎで使いたいのか?

 まったく判りません!森さん!!

昨年も、交流戦で中4日で投手陣のリズムが狂って投壊現象が出たのを思い出してほしいです。

 投手陣のまとめ役ですし、森さん頼みますよ!! 

今日は、東京ドームまで詰め掛けたファンは気の毒でしたね。名古屋から来たファンもいたんでしょうから・・・・。

 打撃陣は初回のチャンスに得点出来なかった事もありますが、点差が付いて淡白になった模様。移籍後初ヒットの清水将が良かったぐらいでしょうかね。

 それにしても、狭いしボールが良く飛ぶなこの球場は!


 で、日曜日は、何で勝てないのでしょうかね?大敗ばかりだし。
98年のサンデーユニを中に着込んでいるのかと思ってしまうぐらいの負けっぷりです。

<日曜日戦跡、1勝4敗>
04/02 日 ○3-2  広島東洋カープ
04/09 日 ●4-11 読売ジャイアンツ
04/16 日 ●1-2  東京ヤクルトスワローズ
04/23 日 ●0-13 広島東洋カープ
04/30 日 ●4-15 読売ジャイアンツ

 開幕カードのカープ戦を勝って以来、日曜日は、まったく勝てないですね。お客さんも入るんだから惨めな戦い方は勘弁してほしいです。

 今日は、愚痴ばかりになってしまいしたが、火曜日から気を引き締めて戦ってほしいです。来週から、交流戦も始まるので一つでも多く勝ち星を拾っていきましょう!!


<4月成績>5月1日現在

試合数勝数敗数引分勝率勝順打率本塁打得点失点防御率
1巨 人 26 18 6 2 .750   1.281 30137 953.43
2中 日 21 12 8 1 .600 4.03.257 20 831014.24
3阪 神 24 13 10 1 .565 0.52.294 30124 823.05
4ヤクルト 23 9 14 0 .391 4.04.263 16 871003.93
5広 島 24 8 14 2 .364 0.55.249 17 85 983.80
6横 浜 24 7 15 2.318 1.06.254 291171576.38

 4月を終えて12勝8敗1分の2位。
チーム状態が悪くても、この成績でいけたと言う事は、昨年より力を付けたのでしょうかね。

打撃陣では1、2番アライバコンビが不調で、得点力があまり良くないですが、現在3~5の孝介、タイロン、アレックスが調子が良いので何とか5月は打線が繋がってほしいです。

投手陣では、大敗する試合もありますが先発押さえと勝ち試合で確立出来ているのが大きいですね。

5月9日から交流戦が始まるので、昨年のように5割で行けばいいという気持ちではなく首位を目指して頑張ってほしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (11)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »