« 9月18日 D6-4YB(○) | トップページ | 9月20日 D9-7YB(○) »

2006/09/23

9月19日 D5-8YB(●)

 先発中田の乱調が響いて打ち負け、マジックは14のまま。
中田は制球が乱れ、一回一死一塁から金城に右越え2ランを浴びる苦しい立ち上がり。三回も石井の内野安打と藤田のバント安打に荒木の失策が絡んで一死二、三塁。村田に左中間への適時二塁打を浴びて2点を失った。なお二、三塁で吉村には中堅への3ラン。この回一挙5点を失い、3回7安打7失点で降板した。
打線は7点差を追う四回にウッズの適時二塁打と森野の2ランで3点を返し、五回にも福留がソロ。3点差まで追い上げたが序盤の失点が重かった。中田は4敗目。(中スポ)

□横浜-中日15回戦(中日8勝5敗2分、18時、横浜、10661人)

 中 日 000310010-5
 横 浜 20500010×-8

 ▽勝 加藤55試合8勝5敗1S
 ▽敗 中田16試合6勝4敗1S
 ▽本塁打 金城11号(2)(中田)吉村23号(3)(中田)森野8号(2)(三橋)
      福留27号(1)(三橋)村田31号(1)(デニー友利)

9月19日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>

<監督、選手コメント>
落合監督
「よく追い上げたんじゃないの?打たなきゃいけないボールを打たなければ、ランナーが塁上にいても点を取れないよ。
(13残塁も)まったく心配していない。
(中田投手について)あんなもんじゃないの?2年目の投手だし、まだまだ時間はかかる。投げてみないとわからないよ。実績のない投手はそんなもんだ。」

ウッズ選手(4回タイムリー二塁打)
「試合が0-7になってしまったけど、1点でも早く取って試合を振り出しに戻したかった」

森野選手(4回8号2ラン)
「打ったのはスライダー。完ぺきでした」

福留選手(5回27号ソロ)
「打ったのはカーブ。完ぺきでした。絶対に追いついて追い越しますよ」

中田選手(3回7失点で降板)
「何もありません…」

奈良原選手(幻の本塁打について)
「しんに当たっていたし、入ったかなと思ったけどね」


 ドラゴンズ優勝へのマジック「14」
結果のみですm(__)m

<プロ野球の公示(19日)>
【出場選手登録】(↑)マルティネス投手
【同抹消】   (↓)吉見一起投手

|

« 9月18日 D6-4YB(○) | トップページ | 9月20日 D9-7YB(○) »

野球(ドラゴンズ06 公式戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月19日 D5-8YB(●):

« 9月18日 D6-4YB(○) | トップページ | 9月20日 D9-7YB(○) »