« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007/04/30

4月29日 D4-7YB(●)

2007_0430 中日は今季2度目の3連敗で3位に転落した。3回に福留孝介外野手(30)の8号2ランで先制したものの、先発中田が踏ん張れず、直後に逆転を許すなど5回途中4失点と乱調。2番手で登板したグラセスキも3失点で傷口を広げた。
福留が三回に右翼席の最上段に達する特大の先制2ラン。四回は三塁走者を二ゴロでかえし、七回にはライナーで再び右翼席へ9号ソロと、中日の4点をすべてたたき出した。

□横浜-中日5回戦(横浜3勝2敗、13時、横浜、25396人)

 中 日 002100100-4 
 横 浜 00301300×-7 

 ▽勝 牛田4試合2勝     
 ▽S ホセロ12試合1勝2S  
 ▽敗 中田5試合3勝2敗   
 ▽本塁打 福留8号(2)(川村)9号(1)(高宮)

4月29日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
横浜:投手陣攻め2連勝 中日は今季2度目の3連敗 」(毎日新聞)
先発投手がまたも痛打…中日、2度目の3連敗で3位転落 」(サンスポ)
オレ竜今季2度目の3連敗で3位転落 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「シーズンは長い。いい時もあれば悪いときもある」

福留選手
「負ければ一緒。投手が打たれているうちは野手が取ってやらないと」

(8号2ラン)
「感触は十分。うまく打てました」

(9号ソロ)
「よく入ってくれました」

中田投手
「四球を出していなければ点を取られることはなかった。意識しすぎるくらいしているが、修正できない」

グラセスキ投手(9試合目で初失点)
「失点はつきもの。それが遅いか早いか。明日からまた無失点を続けられるようにしたい」


 連投したんですが、負けちゃった(>_<)
ハマスタで観戦。しかも連敗だと帰りの電車は気が重いです(^^ゞ

 本日は、6回のグラ3失点でヤケ酒警報が発令して、ビール及びハイリキ暴飲。
悔しいのでそのまま新宿の山ちゃんでホッピー深酒状態ですので、現在酔っ払って更新してます。若干、支離滅裂ですがお許しをm(__)m

 何か2005年の交流戦の時と雰囲気がまったく同じ。
点を取っても、それ以上取られるし完全に投壊現象継続中です。与四球が本当に多いので中田君はそこが課題でしょうか?本人も判っているので修正してくれればありがたいです。

 打撃陣に関しては、そこそこヒットは出てチャンスは作っているので、ちょっとしたきっかけで変わると思います。タイロンは、良く考えたら4月は毎年こんな感じだと思うのでそんなに心配していません。その分、孝介に負担が掛かりますが、ちょっとの間頑張ってもらいましょう!!

 長いシーズンこんな時もありますが、歯車が早く噛み合ってほしいですね。
明日は、どんな形でも良いので勝ってほしいです。自分、3連投しませんので明日は勝つかも(w


<プロ野球の公示(29日)> 
【出場選手登録抹消】 ▽ 佐藤充投手

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007/04/28

4月28日 D4-5YB(●)

2007_0428_1 中日は9連戦初戦で逆転負けを喫した。2回に敵失で1点を先制するなど幸先のいいスタートを切ったが、今季初先発の佐藤充が直後に同点とされ、4回には鈴木尚のソロで勝ち越しを許すなど5回途中6安打2失点で降板した。打線も8回に2点、9回に1点を返して1点差に迫ったが、4番ウッズが4打席連続三振を含む5打数無安打の大ブレーキが響き、届かなかった。

□横浜-中日4回戦(2勝2敗、14時1分、横浜、17177人)

 中 日 010000021-4
 横 浜 01010300×-5

 ▽勝 寺原4試合3勝
 ▽S ホセロ11試合1勝1S
 ▽敗 佐藤充1試合1敗
 ▽本塁打 鈴木尚3号(1)(佐藤充)

4月28日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
横浜:寺原好投、3勝目 中日は追い上げもあと一歩及ばず 」(毎日新聞)
中日・佐藤充、五回持たず2軍落ち ウッズは4三振 」(サンスポ)
オレ竜9連戦初戦を逆転負け 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(5打数無安打のウッズに)打てる日もあれば打てない日もある。スーパーマンみたいなことを期待するな」
(佐藤充について)あしたにはいないよ。もう一度下でやってもらう」

佐藤充投手
「調子が良い悪いの問題ではなく、勝負の形にできませんでした。チームに申し訳ないです」

中村紀選手(九回に1点差に迫る適時二塁打)
「追い上げる状況であの球が打てるということは、状態が上がっているということ」

ウッズ選手
「(4連続三振)見ただろ。最低だよ。
(寺原との対戦に)まだ何を投げてくるかわからないところがあった」


 せっかく行ったのに負けた(>_<)
肩身の狭い1塁側での観戦だったのが原因でしょうかねぇ~。それにしても雨は降るはタイロンが4三振と・・・・。何とも言えない観戦・・・・・(涙)

 充は、登板間隔が空きすぎたのでしょうかね。制球も良くなかったし、早くも降格みたいで昨年の9月と同じで付いていないというか?何とも言えない状態です。それにしてもベンチは充に厳しいなぁ~~。

 打線の方は、水物ですから打てば繋がるし打てない時はこんなもんですかね。
継投時次回が9番投手の打順だったので、森野を少し早く下げたのがもったいなかったです。作戦ですから致しかたないですが。

 ベイ戦で毎回思うことですが、金城、吉村両選手に打たれ過ぎ!!
この二人は鬼に見える(笑)他球団は、抑えているんだから何とかしてほしいです。

 明日は、頼みますね。Tも頼みます!先発も試合を作ってほしいです。
取り合えず、今日の分だけ更新しました。久しぶりですけど・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (6)

2007/04/27

4月26日 D0-3C(●)

 中日が今季2度目の完封負けで、首位から陥落した。広島大竹に6回3分の2を5安打無失点に抑えられ、その後も打線は沈黙。先発・朝倉は7回3分の0を11安打3失点で3敗目(1勝)を喫した。

□中日-広島5回戦(中日3勝2敗、18時、ナゴヤドーム、27606人)

 広 島 100000020-3
 中 日 000000000-0

 ▽勝 大竹5試合3勝1敗
 ▽S 永川10試合1勝2敗5S
 ▽敗 朝倉6試合1勝3敗

4月26日 試合結果(ニッカンスコアー)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(朝倉)健太も3試合で(味方が)1点じゃ勝てない。(八回は)あそこを抑えないと。5球で2点取られては。課題は残った。勝てない時は勝てない。」

朝倉投手
「粘れなかった」。


 結果のみですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月25日 D5-1C(○)

 中日が福留、中村紀の本塁打攻勢で2連勝。四回、福留のソロで先制。同点の五回、中村紀の4号ソロで勝ち越した。六回には福留の2打席連続アーチとなる7号2ランでリードを広げた。2番手・石井が今季初勝利。広島は3安打と打線低調で、今季初の4連敗。

□中日-広島4回戦(中日3勝1敗、18時、ナゴヤドーム、27582人)

 広 島 000010000-1 
 中 日 00011201×-5 

 ▽勝 石井2試合1勝     
 ▽敗 青木高5試合4敗    
 ▽本塁打 福留6号(1)(青木高)7号(2)(青木高)
        中村紀4号(1)(青木高)

4月25日 試合結果(ニッカンスコアー)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(久本は)70球ぐらいでへばるようじゃ困る。次はもうちょっといってくれるだろう。勝ちは石井だろ。久本に(勝利が)つけばいいんだが、自分で放棄したんだから仕方がない。」

中村紀選手
「(ホームランについて)思い切って振ることだけを考えていました。詰まりましたがうまく打てたと思います。(ナゴヤドームで初ホームラン)うれしかったです。監督から一つ一つ指導されているので結果が出て良かったです。明日も勝ちますので応援よろしくお願いします。」

(5回HR)
「スライダー、詰まったから入ったと思います。うまく押し込めました。」

福留選手
「(先制ホームランについて)良い手ごたえでした。(2本目のホームランは)もっと点がほしい場面だったので次のタイロンにつなぐつもりで打席に入りました。これが明日だったらいいなあと思いながらダイヤモンドを回りました。(明日は30回目の誕生日)明日30歳になりますが若々しく行きたいと思います!」

(4回HR)
「ストレート、うまく打てました。」

(6回HR)
「スライダー、荒木が走ったのでビックリして打ちました。」


 結果のみですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月24日 D4x-3C(○)

 中日が延長12回サヨナラ勝ちで首位に返り咲いた。1点リードで迎えた9回、守護神岩瀬が栗原にまさかの同点弾を浴び延長となったが12回、1死一、三塁で英智が放った右飛を天谷が取り損ね(記録は犠飛)、サヨナラ勝ち。12回から1イニングを投げ、3者連続三振の好投を見せたルーキー浅尾にうれしいプロ初勝利がついた。

□中日-広島3回戦(中日2勝1敗、18時、ナゴヤドーム、27228人)

 広 島 000200001000-3
 中 日 002000100001X-4
(延長12回)

 ▽勝 浅尾6試合1勝
 ▽敗 横山7試合1敗
 ▽本塁打 栗原4号(2)(山本昌)5号(1)(岩瀬)

4月24日 試合結果(ニッカンスコアー)


<監督、選手コメント>
落合監督
「ここまでもつれたのはベンチの失敗。タツ(立浪)を残しておかなきゃいけなかった」
「(岩瀬について)人間がやることだから失敗はある。何より岩瀬がいなければゲームプランが立たない。
その後投げたピッチャーも何とか抑えてくれた。昌もよく持ちこたえてくれたと思う。」

英智選手
「ホッとしています。(多くの人が期待していました)自分は谷繁さんに期待していました。ベルトを締めなおして気合を入れました。自分が打てば勝てる場面だったので状況に応じて自分のプレーをするつもりで打席に入りました。(ファンの方に一言)今日は遅くまでありがとうございました!」

浅尾投手
「(プロ初勝利)ありがとうございます。これまでに何回かやらかしているので今日は絶対抑えたいと思いました。谷繁さんや井端さんが声をかけてくれたので投げやすかったです。初勝利の実感が沸きませんがこれからもがんばりたいと思います。応援よろしくお願いします。」

荒木選手(3回タイムリー)
「シュート、いい所に飛んでくれました。先制点が取れてよかった。」

李選手(7回タイムリー)
「シュートかな。いい所で打ててよかった。」


 結果のみですm(__)m

<プロ野球の公示(23日)> 
【出場選手登録抹消】 ▽ 金剛弘樹投手、小林正人投手

<プロ野球の公示(24日)> 
【出場選手登録】 ▽ 久本祐一投手、佐藤充投手、石井裕也投手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月22日 D6-10S(●)

 中日がヤクルトに逆転負けを喫し、首位の座から陥落した。初回にヤクルトの高校生ドラフト1巡目・増渕竜義投手(18=鷲宮)から3点を奪ったが、先発の中田賢一投手(24)が大乱調。5回にラミレスの3ランで同点とされると6回には2死から6連打を浴びて逆転を許した。6回途中10失点でKOされ、今季初黒星となった。

□ヤクルト-中日6回戦(中日4勝2敗、18時20分、神宮、14018人)

 中  日 300010110-6
 ヤクルト 00013600×-10

 ▽勝 遠藤6試合1勝
 ▽敗 中田4試合3勝1敗
 ▽本塁打 ガイエル1号(1)(中田)ラミレス3号(3)(中田)
        福留5号(1)(木田)森岡1号(1)(館山)

4月22日 試合結果(ニッカンスコアー)

<監督、選手コメント>
落合監督
「自滅だよ。」

「(投手、捕手など試行錯誤が続き)結果がすべての世界。これからどうなるかは分からない」

「(中田に)不運な当たりもあった? 関係ない。ローテーションを守らないといけない投手。一本立ちしてもらわないと」

「(今季初めて首位を譲って)ま、現状はこういうことでしょ」。

中田投手
「点を先にとってもらった後に点を取られてしまって、野手の方に申し訳ないです…」

中村紀選手(初回中前適時打)
「(野手の間を)抜けてくれてよかったです」

福留選手(2試合連続の5号ソロ)
「完ぺきなバッティングができた」

森岡選手(プロ初本塁打)
「無我夢中で振った。右飛かと思ったが、風にも乗ってくれた」


 結果のみですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

4月21日 D16-7S(○)

2007_0422 中日が猛打爆発でヤクルトに圧勝した。7-6とされた7回、四球をはさんで7連打など9安打を集めて一挙に8点を奪い、試合を決めた。
先発野手全員安打など終わってみれば21安打、16得点で今季初の完封負けを喫した前日20日のうっぷんを晴らした。爆発した打線で目を引いたのがいずれも2本塁打した福留と中村紀だ。福留は1回にバックスクリーンへ7日以来となる先制3ランを放ち、8回も4号ソロ。自身3年ぶり4度目の1試合5安打で5打点と気を吐き、中村紀は2打席連続アーチ。3回は左腕藤井の外角球を右へ、5回は右の花田の内角球を左へ運んだ。S・ラミレスが来日初勝利。(ニッカン等抜粋)

□ヤクルト-中日5回戦(中日4勝1敗、18時20分、神宮、23138人)

 中  日 411010810-16
 ヤクルト 100221010-7

 ▽勝 S・ラミレス11試合1勝
 ▽敗 藤井4試合2勝2敗
 ▽本塁打 福留3号(3)(藤井)4号(1)(館山)、中村紀2号(1)(藤井)3号(1)(花田)
        宮本2号(1)(吉見)、青木5号(1)(浅尾)6号(1)(S・ラミレス)

4月21日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:21安打16得点でヤクルトに打ち勝つ 」(毎日新聞)
福留&ノリWアベック弾! 中日打線、21安打で大勝 」(サンスポ)
オレ竜21安打16得点爆勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「よく打った。昨日のウップンを晴らしたなあ。
経験を積ませないといけない選手ばかり。良いも悪いもいろんな経験をさせて場数を踏ませないといけない。」

福留選手
「今日は若いピッチャーが投げていたのでできるだけ早い回から点を取ってやろうと思っていました。
昨日は打てなかったので何とかしてやろうという気持ちでした。
(打率が急上昇ですが)まだ上には上がいるので一つ一つ積み重ねていきます。
(ファンのみなさんに)今日は遅くまで本当にありがとうございます。明日も良い試合ができるようにがんばります。ありがとうございました!」

(1回HR)
「スライダーかカットボールだと思う。とりあえずランナーを進めようと思ったけど、一番いい形になってよかったです。」

(7回タイムリー)
「スライダー、いけいけです。」

中村紀選手
「(昨年7月以来の1試合2本塁打)監督から「無駄な動きを無くせ」と言われているのを忠実にやっている。今日は結果が出てよかった。」

(3回HR)
「チェンジアップかな。うまく打てました。昨日いやな負け方をしたので今日は何としても勝ちたいですね。」

(5回HR)
「シュート、ちょっと詰まったけど上手く打てました。」

井端選手(7回タイムリー)
「ストレート、立浪さんがチャンスの打ち方を前で見せてくれたので、同じように打ちました。」

荒木選手(7回タイムリー)
「ストレート、まっすぐ一本狙いました。」

吉見投手
「点差があると意識しないようにいったのだが、追い込んでから狙いすぎというか、もっと広くストライクゾーンを使っていけば良かった。
今後はいつ、どこで投げるにしても冷静に自分の持ち味の低めへの投球をしたいです。」


 6回までのモヤモヤを7回表に解消してくれました(^_^)
それにしても、気持ちがいいぐらいに良く打ちましたね。明日の打ち疲れが心配ですが(笑

 本日もフジ系の為、TVで見れず・・・・。(仕事で見れない状況もあるのですが(^^ゞ)色々な意味で悲しい限りなので、ネット速報及びスポーツニュースのハシゴでチェック。

 ニッカン式スコアで見ると、両チーム赤文字ばかりのヒット数。
5回の金剛の2失点で、みなさんもモヤモヤしたかと思いますが、打線が見事にカバーしてくれました。初回のブルースリーの3連打も凄かったですが、7回の集中打はもっと凄かったですね。タイムリー連チャンだったので、球場に詰め掛けたドラファンの方々は声の出し過ぎとメガホンの叩きすぎで手が痛かったのではないでしょうか(笑)嬉しい痛みだと思いますが、たまには良いですね。自分も球場に行きたかったです!

 最近、孝介が大丈夫かな?と、思っていましたが大丈夫みたいでひと安心。ノリも2本のHRとこれをきっかけにしてほしいですね。
守備に若干精細をかいているビョン様も4安打。将海は3犠打(犠飛含)だったんですね。7回には2つもしてるし(笑)打者1巡しましたからね。

 打線の方は、申し分なかったのですが、投手陣がちょっと不安です。期待された吉見も5回を持たなかったし、金剛もイマイチと。
森さん投手陣をちゃんと整備してくださいね!!何か、05年交流戦時の投壊した投手陣を見ている感じがするので本当に頼みます!!

 こちらも恩恵は受けてますが、ナゴドでは入らない当たりがHRになってしまう球場なので、投手陣も一発には気を付けてほしいですね。

 明日は、天気もどっちに転ぶか判りませんが、くれぐれも本日の打ち疲れがないようにしてほしいです。
投手陣は、中田くんに長い回を投げてもらって投打のバランスよく行きたいですね。


 23日に第一陣の提出があるので、もしかしたら明日はブログの更新が出来るか微妙です。出来るだけ更新はしたいと思ってます。
皆さまの所には、なるたけ伺いますがTB、コメントが遅れるかもしれませんのでm(__)m

| | コメント (13) | トラックバック (5)

2007/04/21

4月20日 D0-1S(●)

 中日は今季初の完封負けを喫した。ヤクルト先発のグライシンガーの直球、チェンジアップのコンビネーションに最後まで的を絞り切れず、散発4安打で来日初完封勝利を献上。7回4安打1失点と好投した先発朝倉を援護できなかった。(ニッカン抜粋)

□ヤクルト-中日4回戦(中日3勝1敗、18時20分、神宮、14324人)

 中  日 000000000-0
 ヤクルト 00000100×-1

 ▽勝 グライシンガー4試合3勝1敗
 ▽敗 朝倉5試合1勝2敗

4月20日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
ヤクルト:投手戦制し1点を死守 中日は打線が不発 」(毎日新聞)
中日・朝倉、敗戦も復調の兆し 「一番良かった」 」(サンスポ)
オレ竜今季初完封負け 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(得点が)0じゃ勝てません。仕方ないんじゃないか。
次は打線が健太(朝倉)に借りを返してくれればいい。
投手が1人でも2人でも出てきてくれればいい。きょうは健太が収穫」

朝倉投手
「勝ち負けは運。仕方がない。今まで投げた中で一番良かった。これを続けるしかない。
(ラミレスに喫した右前適時打も)詰まらせてポップフライにしようと思ったら、もっと詰まって(外野手の前に)落ちた。」

ウッズ選手(六回にゴロを後逸し、さらに悪送球とダブルエラー)
「ボールを取り損なった。接戦だから、あれで負けたんだということ。」

福留選手(捕球ミスについて)
「ボールに逆回転がかかっていた。僕のミス。」

関脇琴光喜関(観戦して)
「神宮は初めて来たけど、ナゴヤドームはよく行くよ。
自宅のテレビもCSに加入して、ドラゴンズの試合は全部見られるようにしている。
昨日(19日阪神戦)の6点差逆転にはしびれた。代打で出た立浪さんが最高。今年も中日が1位になるぞ」


 完封負け・・・。健太の好投のみが光った試合でした。
神宮だと映像が見れないので、まったく試合展開がわかりません(>_<)と、言うことで本日はネット速報でチェックしてました。

 健太が今日は試合を作りましたが、いかんせん打線が昨夜の打ち疲れでしょうか?
移動日無しの試合で、しかも野外。東京はまだまだ寒いので・・・・。その辺も影響したのでしょうかね。相手投手も良かったと思いますが、こればかりは仕方ありません。

 タイロンの失策は得点に絡みますね(^^ゞ

その分打つ方で普段貢献してくれているので、五分五分と言った感じで致しかたないのでしょうね。孝介の失策もスポーツニュースで見ましたが、センターの前まで取りに来ていたんですね。

 今日は、憲伸が登録抹消になって先発がツライ状況になりそうなので、健太がその分、頑張ってくれればと思います。


<プロ野球の公示(20日)> 
【出場選手登録抹消】▽川上憲伸投手

 一回、ローテを飛ばすぐらいで戻ってくるのかな?大事にいたらないと嬉しいのですが・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007/04/20

4月19日 D9-7T(○)

2007_0420 中日が6点差を逆転した。1-7で迎えた5回裏に一挙5点の猛反撃。荒木、福留のタイムリーで3点を返し、さらに2死満塁から代打立浪の右前2点タイムリーで1点差とした。7回には無死二、三塁から代打英智が中前に逆転2点タイムリー。さらに1点を加えて2点差とし、9回に守護神・岩瀬が登板する必勝パターンを作った。(ニッカン抜粋)※写真:敬遠時タイロンのバットの持ち方が・・・(笑)

□中日-阪神6回戦(中日2勝3敗1分、18時、ナゴヤドーム、30554人)

 阪 神 021040000-7 
 中 日 01005030×-9 

 ▽勝 グラセスキ6試合3勝  
 ▽S 岩瀬7試合5S     
 ▽敗 久保田9試合1勝1敗

4月19日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:3カードぶりに勝ち越し 阪神は6点のリード守れず 」(毎日新聞)
中日、6点差ひっくり返す!立浪の一打でムード一変 」(サンスポ)
竜、6点差を逆転勝ち 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「勝たせてもらったようなもの。
もう一つ手前でつながれたら、あの5点はなかったかも。(阪神・先発のボーグルソンに)温情をかけたんだろう。同じ立場でもそうしたかも。」
「(立浪は)あそこしかない。あそこで1点差にしたのが、このゲームのあや。何とかなるんじゃないかというが、あの5点目であった」。

立浪選手
「この大声援をいつもありがたく受け止めて打席に入っています。
(2点タイムリーについて)ここで打てばまだ充分チャンスがあると思ってくらいつきました。
どのような状況でも常に試合に出るつもりで準備しているので良い結果が出ると本当にうれしいですね。あの場面ではどんなボールにも対処できるように意識して思い切ってバットを振りました。
チャンスで打つために一生懸命練習しているので結果が出るとファンの皆さんにもよろこんでもらえますし自分もうれしいです。
(英智選手のバッティングについて)今年は積極的に取り組んでいて、いつも一生懸命練習している姿を見ているので活躍してくれると自分のことのようにうれしいです。
今日も本当にご声援ありがとうございます。これからもがんばりますので応援よろしくお願いします!」

(5回タイムリー)
「カーブ、何とかいい形でつなげたのでよかったです。」

英智選手
「(逆転タイムリーについて)あの場面で自分にチャンスが回ってくるとはあまり考えていませんでした。
2ストライクを取られたときは半分くらいダメだと思いましたが、最後まであきらめないのが自分のベースボールスタイルなのでくらいついていきました。
今年はファンの皆さんよりも良い席で野球を見させてもらうことが多かったので、これからは試合に使ってもらってグランドに立って皆さんの声援を受けられるように監督にアピールします。
今年は立浪さんからのアドバイスもあってバッティングが楽しくなってきたので練習にも前向きに取り組んでいます。」

李選手(2回犠飛)
「スライダー、最低限のことです。」

荒木選手(5回タイムリー)
「ストレート、チャンスだったのでとにかくランナーを返したかった。」

福留選手(5回タイムリー)
「ストレート、いけいけです。」

川上投手
「病院には行っていない。(回復の見込みについては)球団から固く口止めされているので。そういう質問にはちょっと。」


 序盤の劣勢がなんのその、勝っちゃいましたね(^_^)
立浪さん、英智と良い所で打ってくれました。この1勝は大きいですね。逆にトラさんは大きな1敗でした。

 英智の「ベースボールスタイル」(笑)見せて頂きました!!

初球、2球目と打てる感じはなかったのですが、4球目のスライダーを見事にセンターに弾き返しました。見ていて、「あっ!(バットに)当たった」って声を出してしまいました。英智ゴメン(^^ゞ
あの場面は代打に良太かと思ったのですが、英智を選択した監督にあっぱれでした。それにしても英智はヒーローインタビューで毎度のパフォーマンス(笑)

 「皆さんより良い席で野球を見させて頂いてるとか・・・。」(笑)

ノリ加入で出番が少ないですが、出番をしっかり待っていて結果を出す辺りはたいしたものです。これからも、どんどん頑張ってもらって、ヒーローインタビューを聞かせてほしいです。

 立浪さんも頼りになりますね。
あそこで1点差になるタイムリー。これで勝てる雰囲気がチームに出ましたね。見ている方も序盤のモヤモヤが吹っ飛びました。ただ、5回のチャンスに代打を送られてしまうシゲが心配ですかね。

 年に数回あるかないかの大逆転劇でしたね。

そんな中、憲伸は大丈夫でしょうかね?打撲との事で大事に至らず良かったです。
ただ今日は、ストライクが取れなくて真ん中近辺を痛打されるなど久しぶりに悪かったですね。打撲なので次回は、投げられるかと思いますが修正してくれればありがたいです。

 中継ぎ陣は昨夜に続いて緊急登板。森さんもやりくりが大変ですね。
グラセスキは運も味方にしているのでしょうか?ピンチを演出しますが気が付けば無失点で勝ち投手になっている感じです。背番号12番の方も昔はそうだったのですが・・・。でも今年は違います。岡本が8回を3人で斬って後は守護神へスイッチ。岩瀬も安心して見ていられる投球でクリーンナップを3人で斬ってゲームセット。

 先週のトラ戦は、岩瀬が居なかったのですが、今回藤川投手が居なかったみたいですね。
その辺も若干、影響したのでしょうかね。こちらとして、何とか2勝。勝ち越せたので大きい勝利でした。

 明日からはスワローズ戦。一つでも多く勝ってほしい所。
自分も日曜日辺りに観戦を目論んでいたのですが、仕事が終わりそうにないので厳しい状況です。
今日は仕事の手を休めて見てしまったので・・・・。少なくとも来週のハマスタまでには終わらせたいですね。そんな事を書いていますが、仕事が終わらない要因はこの長文を更新している事がいけないのかな・・・・。多分(苦笑)


<プロ野球の公示(19日)> 
【出場選手登録】▽森岡良介内野手、金剛弘樹投手、新井良太内野手
【同抹消】     ▽長峰昌司投手、沢井道久内野手、普久原淳一外野手

金剛、新井、森岡が1軍昇格 」(ニッカン)

新井選手
「ベンチでは大声を出して打席に立ったら気合を入れていきます」

 打者1巡して回ってきた森岡に左対左でももう一打席に立たせてほしかったです。
と、言ってみる(^^ゞ



※毎回で申し訳ありませんが、記事だけ更新して皆さまの所に、なかなか巡回出来なくてm(__)m
出来るだけ、伺いたいとは思っていますが・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2007/04/19

4月18日 D1-9T(●)

2007_0419 中日が阪神に大敗した。先発長峰昌司投手(22)が立ち上がりに阪神打線につかまり3分の2イニングで6安打6失点KO。2番手のルーキー浅尾拓也投手(22=日本福祉大)も4回に金本に3ランを浴びるなど、序盤で大量9点を失った。打線も阪神先発下柳をとらえ切れず1点を奪うのが精一杯。(ニッカン抜粋)

□中日-阪神5回戦(中日1勝3敗1分、18時、ナゴヤドーム、30861人)

 阪 神 600300000-9 
 中 日 010000000-1 

 ▽勝 下柳3試合1勝2敗   
 ▽敗 長峰3試合1敗     
 ▽本塁打 金本7号(3)(浅尾)

4月18日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:先発全員安打で中日に快勝 」(毎日新聞)
中日、実らぬ9安打 阪神・下柳を攻めきれず 」(サンスポ)
オレ竜打つ手なし完敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「今日は何もないよな? 負ける時はこんなもん」
(長峰について)
「こんな投手置いておけない。だんだん悪くなっている。もう一回、一からやり直し」
(李について)
「試合から外すつもりはない。どれが本当の姿なのか。代えるとしたら5番と7番を代えるだけ」

森バッテリーチーフコーチ(長峰に)
「何のためにドミニカへ行って7、8回投げられるようにしたのか分からん。(代わりに)いい投手を上げますよ」

長峰投手
「申し訳ありません…」

李炳圭選手(7番で2二塁打)
「負けたので感想はない。与えられた打順で最善を尽くすだけ」

荒木選手(二回に左前適時打)
「フォークをうまく拾えた」


 負けちゃいましたね(>_<)
昨日の昌さんの良い流れで長峰にも期待したのですが、散々な結果でした。

 今日は、初回の6失点で決まった感じです。
長峰は、ストレートが130キロ。変化球はスライダー(カーブ?)なので、打ち取るには余程の制球力がないと厳しい感じですね。後は、フィールディングも(初回のシーツの時など)今日の反省を糧に、しっかり予備軍でやり直してくれればありがたいですね。
監督、森さん怒っての降格と言うことなので来週の水曜日の先発はカバちゃん(^^ゞかな?

 緊急登板の浅尾くんも、4回はスタミナ切れですかね?
しばらくは、中継ぎで起用なのでしょうか。先発で行けるように育ててほしいと思っているのは、私だけでしょうか。

 打線の方は、5、7番の組み換えでした。あんまり機能せずといった感じです。
ビョン様に関しては、いまだ未知数なのでもう少し様子を見てもと思いますが、森野が5番で機能すれば長打もあるので、それはそれでいいのかなとも思います。しばらくは手探りですかね。

 明日は憲伸が頑張ってくれることを期待して、おそらく捕手もシゲだと思うので好リードと打撃で憲伸をバックアップしてほしいです。
(ちょっと元気がないシゲを心配してます)


 まだまだ忙しくてTB、コメントなどの返信が遅れるかと思いますが、皆さまの所にも出来るだけ伺いますm(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007/04/18

4月17日 D5-0T(○)

 中日が序盤から投打に圧倒して快勝。一回、先頭打者の井端から3連打などで2点を先取。三回にもウッズの3ランでリードを広げた。先発・山本昌は制球が良く3安打完封で今季初勝利。阪神は先発のジャンが立ち上がりを狙われ、打線も援護できなかった。(毎日新聞抜粋)

□中日-阪神4回戦(中日1勝2敗1分、18時2分、ナゴヤドーム、31328人)

 阪 神 000000000-0
 中 日 20300000×-5

 ▽勝 山本昌3試合1勝2敗
 ▽敗 ジャン3試合2勝1敗
 ▽本塁打 ウッズ8号(3)(ジャン)

4月17日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:快勝、山本昌は今季初勝利 阪神はジャンが誤算 」(毎日新聞)
200勝へ動き出した山本昌 得意の虎を3安打料理 」(サンスポ)
山本昌3安打完封で通算192勝目 」(ニッカン)

★山本昌がセ・リーグ最年長完封勝利 中日・山本昌が17日の阪神戦(ナゴヤドーム)で完封し、41歳8カ月で広島・大野豊の記録に並んだ。最年長記録は公認されないが、日数まで含めると山本昌の記録が6日上回る。1950年に若林忠志(毎日)が42歳8カ月で達成した例もある。

<監督、選手コメント>
落合監督
「(山本昌について)前回より良かったから完封できたのだろう。
球数が多かったが9回は自分から行くと言ったので驚いた。小田との相性も良いと思う。
今日は2点目が大きかったな。あの併殺は大きい。
何にしても昌に勝ち星がついたのがいいじゃない。次に期待しましょう。1回じゃ困るからな。」

山本昌投手
「この2試合に負けているので充分調整して良い結果を出せました。
今日は打線も効率よく点を取ってくれたのでいけるところまで行こうと思って投げました。
ファンの方々の声援が力になっています。
やっと今シーズンのスタートを切れたのでホッとしています。
これからもがんばりますので応援よろしくお願いします。」

(公式HPより)
「みなさんもホッとされたでしょうが、ボク自身が一番ホッとしています。
試合前のブルペンでははっきりいって調子がよくなく、玉砕覚悟でいったのが逆によかったのかとも思います。
今日は早い援護でゲームの流れがよくなったことと、なんといっても小田君がいいリードをしてくれたことが勝因だと思っています。
ただ5回までは本当に長かった(笑)。とりあえず今季のスタートを切れたし、133球投げても平気だということも再確認できたので、これからどんどん勝ち星を積み上げられるよう頑張ります。」

ウッズ選手
「(ホームランについて)福留)孝介を歩かせた感じに見えたので、あの場面で三振はしたくなかったのでアウトハイに来た球を強く打ちました。
ホームグランドでのホームランは気分が良いですね。何よりチームが勝ったことがうれしいです。
まだシーズンは始まったばかりなので個人のタイトルのことは気にせずにチームの勝利だけを考えてがんばります。」

(3回HR)
「ストレート、孝介を歩かせるような感じに見えたので、自分は何としても三振にはなりたくないと思った。ボール気味だったかな、でも、思いきり強く叩いたよ。」

福留選手(1回タイムリー)
「フォーク、1、2番ですごく楽な形を作ってもらえたので楽にいけました。」


 昌さんやっとでしたね。一先ず安心しました。しかも完封勝利。
食事休憩で少しTVを見ましたが、後はネット速報でチェック状態です。

 昌さん。今日は、ODAとの呼吸が合ってましたね。昨年も夏場ぐらいにODAと組んで良かった事を思い出しました。(昨年、ナゴドに行った時は、このバッテリーでした(^^ゞ)
ピリッとしなかった先発陣に昌さんが「活」を入れてくれました。次回も期待出来ます。

 (ODAも高低左右と上手くリード。ベンチもODA株が上昇したかも)

 打線も前回地味にやられたジャン投手を序盤に攻略。
初回から得点しトドメはタイロンのHRでした。タイロンは凄いですね。頼りになります。ドラに来て4月に状態が良いのは初ですね。どんどん打ってほしいです。

 明日は長峰が昌さんのように出来るかがポイントでしょうか?
前回、悔しい思いをしていると思うので、明日こそビシッと勝ってほしいです。



※数日前の記事ですが・・・・・。(↓)
予備軍情報
 中日2軍は15日、ウエスタン・リーグの広島戦(由宇)を行い、新人・西川明内野手(23)のプロ初アーチで得点を挙げるなど4-3で勝った。また、川井進投手(26)が今季初登板。先発で4イニングを1失点に抑えた。

川井、初登板4イニング1失点
 川井が先発で今季初登板した。4イニングを投げ6安打されながらもソロ本塁打の1失点。途中、無死満塁のピンチも無失点で切り抜け、粘りの投球を見せた。

川井投手
「ピンチもあったけど、とりあえず抑えることができてよかったです。ホームランを打たれてしまったり、1球1球の重みを感じました」
 

 取り合えず、頑張ってくれています(^_^)川井くん(^^ゞ
ただ、4イニングで6安打は打たれ過ぎでしょうか?とにかく結果を出しましょう!!
チャンスはあると思うし多分(本当にあるかどうかは不明ですが(^^ゞ)


 ※まだまだ忙しくてTB、コメントなどの返信が遅れるかと思いますが、皆さまの所にも出来るだけ伺います。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

4月15日 D7-1C(○)

 中日が15安打で大勝し、引き分けを挟んだ連敗を3で止めた。ウッズが五回に2ラン、六回も3ランと2打席連続本塁打。先発・中田は5四球と荒れながらも鋭い変化球で要所を締め、6回1失点で無傷の3勝目を挙げた。広島は中継ぎの宮崎、横山が崩れた。

□広島-中日2回戦(中日1勝1敗、13時30分、広島、16862人)

 中 日 100024000-7
 広 島 000100000-1

 ▽勝 中田3試合3勝
 ▽敗 佐々岡2試合2敗
 ▽本塁打 ウッズ6号(2)(佐々岡)7号(3)(横山)

4月15日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>

<監督、選手コメント>
落合監督
「大差?周りは点差で判断するが、ゲームセットになって初めて勝ちになる。気を抜いた方が負けるんだよ。」
(中田について)
「そこが本人の成長だと思えばいいんじゃないか。確かに四球は多いけどそこまで望んじゃいけない」

ウッズ選手
「(今日の2HRについて)チームが連敗していたので、非常に良かったと思います。あの場面、強いボールを打とうと心がけましたが、ホームランになってよかったです。
(タイトルについて聞かれて)またシーズンはじめなので、チームの勝利のために頑張っていきたいです。
もちろん、名古屋での対阪神戦にも勝ちたいと思います。」

(1回タイムリー)
「スライダーだと思う。体の調子も良くなってきたし、体が上手く反応したよ。」
(5回HR)
「シュート、2-3になったので歩かされるかなと思っていたが、インコースにシュートが来たので上手く振りぬけた。上手く打てたよ。」
(6回HR)
「フォーク、あの場面、ストライクが来たらどんなボールでも打とうと思っていた。上手く打ててうれしいね。」

福留選手(6回タイムリー)
「シュート、何はともあれ打ててよかったです。」
(6回の幻のHRについて)
「オレはついてないね。調子はだんだんと上がっている」

中村紀洋選手(5打数3安打)
「試合中にも監督からアドバイスをもらってそれにトライしている。ヒットはたまたま。いいところに飛んでいるということ」

中田投手
「無駄な四球が多いので、そこを無くさないと。今後はバランス良く、球数を少なく長い回をいけるようにしたいです。」

岩瀬投手
「みんな心配性だな。1週間前に投げたじゃないですか。大丈夫です」


 結果のみですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/04/15

4月14日 D1-6C(●)

 中日が投打に精彩を欠き、引き分けをはさんで今季初の3連敗となった。先発朝倉健太投手(25)が梵、前田智にそれぞれ1号2ランを浴びるなど7回9安打5失点で今季初黒星。8回に5番・李炳圭(イ・ビョンギュ)外野手(32=韓国LG)が来日初本塁打となる左越えソロを放ち反撃したが、打線は7安打1点に抑えられた。(ニッカン抜粋)

□広島-中日1回戦(中日1敗、14時、広島、14585人)

 中 日 000000010-1
 広 島 00010041×-6

 ▽勝 大竹3試合1勝1敗
 ▽敗 朝倉4試合1勝1敗
 ▽本塁打 梵1号(2)(朝倉)前田智1号(2)(朝倉)
        李炳圭1号(1)(梅津)

4月14日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
広島:快勝、大竹が今季初勝利 中日は引き分け挟み3連敗 」(毎日新聞)
中日今季初の3連敗 落合監督「もう少し我慢」」(サンスポ)
竜、今季初の3連敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「もうちょっと我慢できればなあ…。誰が? 投げる方も、打つ方も、ベンチも。全員だよ。
(朝倉について)まあまあじゃないか。きょうは6回持った。次は7回、8回」

朝倉投手
「ホームランがダメなところでホームランが出てしまいました。球数は少なかったし(七回も)限界じゃない。申しわけありません。」


 今年もカープは手強いですね(^^ゞそれにしても、何とも言いようがない試合でした。
前半のチャンスをことごとく潰すと重い展開になってしまいますね。久々に、あと1本が出ない状況でした。

 健太に関しては光が見えたのではないでしょうかね。
6回までは、良かったと思います。7回の打席で交代して良い雰囲気で今日の投球を終わらせるのも一つの方法だったかも知れませんね(もち、結果論ですが(^^ゞ)
ただ、健太も1本目はしょうがないとしても2本目のHRは打たれてはいけません。その辺が課題でしょうか。

 打線の方は、勢いが止まってしまった感じですかね。
水物ですから、打つ時は繋がるし打たない時は、こんな感じでしょうか。でも前半は形は出来ていたと思うし、あと1本が出なかっただけ。そんなに悲観的になる事はないと思います。
7回のバスターは、ベンチが少し焦っていた模様。そのようなコメントもしてますしね。でも井端ならと思っちゃったのかな?

 明るい話題はビョン様の来日1号と予備軍で直倫くんがHRを打ったことかな?それとODA地味に頑張ってましたね。

 とにかく明日は勝ってほしいですね。1週間、勝ち星無しは凹むので・・・・(苦笑
気持ち良く火曜日からの阪神戦に臨む為にも絶対勝ちましょう!!

| | コメント (7) | トラックバック (8)

2007/04/13

4月12日 D1-3T(●)

 中日は、今年最初の阪神との直接対決で2敗1分けと負け越した。先発川上憲伸投手(31)が初回、金本のタイムリー二塁打で先制されると、2回には2死二塁から阪神先発のボーグルソンに2ランを浴びてリードを広げられた。6回には中村紀の移籍1号ソロで1点を返したが、最後はJFKのリレーで反撃を封じられた。(ニッカン抜粋)

□阪神-中日3回戦(中日2敗1分、18時、甲子園、41228人)

 中 日 000001000-1
 阪 神 12000000×-3

 ▽勝 ボーグルソン2試合1勝
 ▽S 藤川7試合6S
 ▽敗 川上3試合1勝1敗
 ▽本塁打 ボーグルソン1号(2)(川上)中村紀1号(1)(ボーグルソン)

4月12日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:ボーグルソンが投打に活躍 中日は川上への援護なく 」(毎日新聞)
中日・川上、投手にまさかの2ラン「犯罪者扱いはやめて」」(サンスポ)
竜、ライバル虎との初対決2敗1分け 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「1分け2敗で御の字じゃないか。三つ負けなきゃいい。当初の予定通り。
阪神の野球が変わっていないのも分かったし。ビジターでは3連敗しなければいい。」

中村紀洋選手(移籍1号)
「落合監督に毎日指導を受けて取り組んでいることの成果が出てうれしいです。
こんな広い球場で打てるなんて。阪神は優勝争いするチーム。思い出の一打になる。
憲伸(先発川上)が頑張っていたので、何とか(同点、逆転の)きっかけになるといいですね」

川上投手
「記者からしたら『油断した』と言った方が面白いネタになるでしょう。
でも油断したわけじゃないし(球は)甘くもなかった。
犯罪者の写真を撮るような扱いはやめて」

岩瀬投手(チームに合流して)
「ここに来たということは大丈夫だということです」


 今日は、朝からずっと外で打ち合せだったので見てません(>_<)
スポーツニュースで軽く見ましたが・・・・。負けちゃったみたいですね。

 誤審のあと相手投手にHRを打たれるなど災難続きだったみたいです。
憲伸も凄いコメントを出しているし・・・・・(苦笑)
ただノリに当たりが出てきたみたいですね。取り合えず移籍第一号が出たみたいなので、これで少しは落ち着くかなと思います。

 昨日も思いましたが、ラミちゃん。12試合で9試合の登板。
大丈夫かなぁ~?助っ人といってもねぇ~。投げすぎでしょう。

 今回の3連戦は2勝は出来たと思いますが、勝負のあやとでもいいますか、勝ちきれなかった印象。
来週火曜日からのナゴドでお返しすればいいと思います。
 明日からの広島戦も苦戦しそうな雰囲気ですが、頑張って頂きましょう!!


<プロ野球の公示(12日)> 
【出場選手登録】 ▽ 吉見一起投手
【同抹消】      ▽ デニー投手

 デニー故障しちゃいましたね(>_<)背中の張りとのこと。


 TB、コメントなどの返信が遅れるかと思いますが、皆さまの所にも出来るだけ伺います。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

4月11日 D6-6T(△)

 中日の今季チーム初の延長戦は、引き分けに終わった。6-4の8回、2死二、三塁で5番手のルーキー浅尾拓也投手(22=日本福祉大)が、代打林に中越えの同点タイムリー二塁打を許した。延長戦に突入後に登板した高橋、岡本が踏ん張って引き分けに持ち込んだが、逃げ切りに失敗した無念さは隠し切れなかった。(ニッカン抜粋)

□阪神-中日2回戦(中日1敗1分、18時、甲子園、43862人)

 中 日 300300000000-6
 阪 神 300001020000-6

(延長12回規定により引き分け)

 ▽本塁打 金本4号(1)(長峰)

4月11日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>※リンクを貼ってません。
「 阪神:中日と今季リーグ初の引き分け 」(毎日新聞)
「 3点リード守れず…中日・落合監督「すべては長峰でしょう」」(サンスポ)
「 竜無念延長12回ドロー 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「すべては長峰でしょ。五回で(勝利投手の)権利を得たけど、いけるところまでほうらないと、先発の役割は果たせない。
(岩瀬が同行していないことも影響)それは関係ない」

井端選手(4回タイムリーについて)
「チャンスだったので初球からいきました。打球が飛んだところがよかった」


 勝てませんでしたね。残念です。
仕事の手を休めて9時ぐらいから見ていたのですが・・・。延長12回は長かったです。
それにしても言いたい事は、沢山ありますがと言った感じの試合内容でした。

 岩瀬がいないのが響きましたね。浅尾くんは、いい経験をしたんじゃないでしょうか。
打たれた場面は、甘く入れば打たれるとか。ただ、もう少しストレートを使って押して行っても良かったかなぁ~。と、なんとなくですが。

 今日は、聡文が良かったですね。何か打たれる気配が無かったです。もちろん岡本も!!

 打線の方は、そこそこ点を取れるので投手陣の踏ん張りに期待したいと言った感じです。
それにしても中継ぎ陣を惜しげも無く起用するので、この調子で使って行ったら夏場が厳しそうです。
11試合で8試合も登板しているラミちゃん。7試合登板の小林とか。台所事情が若干厳しい現状ですね。
もうちょっと先発が長いイニングを投げられる目処がたってくれればいいんですけどね。

 毎度のパターンで記事は書いていたのですが、更新してませんでした(^^ゞ
更新と睡眠で後者の睡眠を優先しちゃいました(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/04/11

4月10日 D2-5T(●)

 中日先発山本昌投手(41)が4回3分の1、5失点で敗戦投手となった。ウッズの5号ソロと、井端の適時二塁打で2点の援護をもらったが、2-1で迎えた5回裏1死から1四球をはさんで4安打を浴び、この回だけで4失点。(ニッカン抜粋)

□阪神-中日1回戦(中日1敗、18時2分、甲子園、48455人)

 中 日 011000000-2
 阪 神 00014000×-5

 ▽勝 ジャン2試合2勝
 ▽S 藤川5試合5S
 ▽敗 山本昌2試合2敗
 ▽本塁打 ウッズ5号(1)(ジャン

4月10日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:逆転で甲子園開幕戦飾る 中日は山本昌が制球乱す 」(毎日新聞)
中日・山本昌また五回途中KO 」(サンスポ)
中日、3試合連続で初回先制 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「こんなゲームで勝ったら失礼。これでしゃきっとするでしょ。
(五回途中で降板の山本昌について)自滅。あそこまででしょ。」

山本昌投手
「勝負どころで、いい球がいかなかった。気持ちが空回りした。
(5回の)シーツへの四球が痛かった。申しわけないです…」

浅尾投手
「緊張しました。(観客は)何を言っているか分からなかった」と、初々しいコメント。
(金本選手について)威圧感があった」

ウッズ選手(HRについて)
「体重を後ろに残して、強くボールをたたくことを心がけた。うまく打てたね」


 負けてしまいましたね。ま、全部は勝てませんからね。
最近、忙しくてあまり見れなくなってしまったのですが、食事をしながら軽くTVを付けたらタイロンが見事に落球した所でした(苦笑

 昌さんも微妙なコントロールがイマイチでしたね。200勝があるので監督も交代時期が難しいと思いますが、次回はビシッと投げてくれると思います。

 浅尾くんが投げたんですね。見たかったです。
結果を見ると球速が惚れ惚れする感じですね。これから試練もあると思いますが頑張ってほしいです。

 しばらくTB、コメントなどの返信が遅れるかと思いますが、皆さまの所にも出来るだけ伺います。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

4月8日 D6-2YB(○)

 中日が投打の歯車をかみ合わせて圧倒した。初回に福留の右犠飛で先制し、3回にはウッズの右中間二塁打で2点を追加。7回に李、中村紀の連続タイムリーで3点を加えた。先発・中田は8回1失点で今季2勝目を挙げた。中日が4年ぶりに開幕3カード連続で勝ち越した。(ニッカン抜粋)

□中日-横浜3回戦(中日2勝1敗、14時、ナゴヤドーム、32978人)

 横 浜 000000011-2
 中 日 10200030×-6

 ▽勝 中田2試合2勝
 ▽S 岩瀬5試合4S
 ▽敗 工藤2試合2敗

4月8日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>

<監督、選手コメント>
落合監督
「(中田について)この前よりは良かった。球の走りや指の掛かりがしっかりしていたのでフォアボールを出しても心配していなかった。今日のように絶対に勝たなくてはいけない試合を勝てたのは大きい。打線もこれだけ良いと変えようがない。」

中田投手
「良い結果が出て良かったです。ランナーを出しても一人一人丁寧に粘って投げました。自分が最少失点に抑えればチームが点を取ってくれると思っていました。(ナゴヤドームで11連勝)ファンの皆さんの応援の後押しがあればこその結果だと思うので続けられるところまで続けたいですね。シーズンもまだまだ長いので一試合一試合大切に戦っていきたいです。これからも応援よろしくお願いします!」

李炳圭選手
「チームメイトにも助けてもらってチームの勝利に貢献できるように毎日がんばっています。(2点タイムリーヒットについて)最初はチャンスを逃してしまったのでファンのみなさんに活躍する姿を見せたくて打ちました。(ファンの皆さんに)今日は楽しんでいただけましたか?今日のような試合をいつもお見せできるようにこれからもがんばります!」

(7回タイムリー)
「ストレート、前のチャンスで打てなかったので、打ててよかった。」

福留選手(1回犠飛)
「シュート、まずは先制点が取れてよかった。」

ウッズ選手(3回タイムリー)
「ストレート、まだ回が浅いし、点差が少ないので、チャンスだったし何とかランナーを返したかった。ランナーを返せるいいバッティングが出来たと思うよ。」

中村紀選手(7回タイムリー)
「チェンジアップ、うまく拾えました。」


 連敗しなくて良かったです。又、日曜日に勝ってくれると週の始まりが気分良くスタートできます。
中田くんが今日は長いイニングを投げてくれたおかげ、中継ぎ陣を少しお休みさせる事が出来ました。
ランナーを背負う回が多かったのですが、要所はしっかり抑えて8回を1失点。前回の登板より良くなって来ましたね。健太の調子が上がってこない時だけに、中田くんへの負担が多そうですが、今年こそは1年間ローテに入って二桁勝ってほしいです。

 8回まで中田くんが投げた事に9回からはラミレス。ただ3連投。
さすがに連投の影響からか四球やらで失点。もしくは岩瀬にセーブをどうしても付けたかったは不明。ただ岩瀬は美味しいセーブでしたね。

 打線の方は、繋がっているので点が入りますね。
本日の初回からブルースリーで先制点を上げると、タイロンのタイムリーで追加点。7回にビョン様、ノリで追加点と良い感じで得点しました。
なかでもビョン様。気が付けばチームの打率トップになっています。OP戦の頃は本当の意味で調整、確認だったのでしょうかね。安打製造機の如くチームに貢献してくれています。
 久しぶりにノリにもタイムリーが出ました。この1本で変わってくれるとありがたいですね。そういう1本になりそうな感じでした。

 来週火曜日からは甲子園でタイガース戦。トラさん今季初の甲子園なので気合が違うと思うので、こちらとしても気負うことなく戦って行きましょう!!


<プロ野球の公示(8日)>
【出場選手登録】▽ 浅尾拓也投手
【同抹消】  ▽ 佐藤亮太投手

浅尾くん。早い時期での登録ですね。

(記事は書いていたのですが、更新してませんでした(^^ゞ)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/04/08

4月7日 D5-8YB(●)

2007_0408 中日は横浜に逆転負けし、連勝は「3」で止まった。初回にウッズ、森野の適時打などで3点先制したが、3回に先発・佐藤亮が崩れ5失点。6回にも3点を失い、突き放された。その裏、福留の2号ソロなどで2点返したが、及ばなかった。(ニッカン抜粋)

□中日-横浜(中日1勝1敗、15時、ナゴヤドーム、33505人)

 横 浜 005003000-8
 中 日 300002000-5

 ▽勝 土肥2試合2勝
 ▽S  クルーン4試合4S
 ▽敗 佐藤亮1試合1敗
 ▽本塁打 福留2号(1)(土肥)

4月7日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
横浜:2けた安打で雪辱 中日は朝倉の4番手起用が裏目 」(毎日新聞)
初先発の佐藤亮&朝倉メロメロ 中日先発陣に不安 」(サンスポ)
竜逆転負けで連勝ストップ 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「予想通りだよ。2人だよ。プロ初先発の佐藤亮と長年やってきている朝倉が同じことをやっちゃいかん。」

(朝倉について)
「自分で立ち直るしかない。いいチャンスを与えたが、何も考えてない。
悪いものは使わない。(他にも)いるんだもん」

(佐藤亮について)
「結果を出さないと下に落とされるというのがあるから、緊張感はあった。」

佐藤亮投手
「自分の持ち味を出せなかった。低めに丁ねいに投げることができなかった。課題が見つかったので修正します」


 ミスが多くて、負けちゃいましたね。
佐藤亮太も1、2回は良かったのですが、3回はちょっと焦っちゃったかな。今日の内容を反省、修正して次回に臨んでくれればいいと思うしいい経験をしたと思います。
 健太の登板は、賛否両論ありそうですね。開幕してから、8試合目なので何で?はありますが、監督の考えですからね。

 打線の方は、得点出来ているのでそんなに心配するほどでもないと思います。
クリンナップも2安打づつ出ているし、いかにチャンスで回せるかですかね。敢えて言うならノリが、ちょっと焦ってるかなぐらいですかね。

 明日は、しっかり勝ってこのカードの勝ち越しを決めてほしいですね。


<プロ野球の公示(7日)>
【出場選手登録】 ▽ 佐藤亮太投手
【同抹消】     ▽ 中村公治外野手

うすうす感じていましたが、予感的中(^^ゞハムくん抹消(>_<)
昨夜結果をだしていたら・・・・。
予備軍でガンガン打ちまくって戻ってきてほしいです。

| | コメント (11) | トラックバック (11)

2007/04/07

4月6日 D6-3YB(○)

2007_0407 中日が効果的な得点とリリーフ陣の好投で今季2度目の3連勝。
開幕7試合で早くも貯金を5とした。1回、福留の犠飛と敵失などで3点を先制。1点差とされた4回途中で不調の先発朝倉を早々と降板させると、救援陣が好投。6回、井端に1号3ランが出て勝負を決めた。(ニッカン抜粋)

□中日-横浜1回戦(中日1勝、18時、ナゴヤドーム、25859人)

 横 浜 010100100-3 
 中 日 30000300×-6 

 ▽勝 グラセスキ3試合2勝  
 ▽S 岩瀬4試合3S     
 ▽敗 三浦2試合2敗     
 ▽本塁打 井端1号(3)(三浦)仁志1号(1)(S・ラミレス)

4月6日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:横浜・三浦を打ち砕き3連勝 」(毎日新聞)
1番・井端が早くも全開…2度目3連勝、勢いづく竜 」(サンスポ)
竜、今季2度目の3連勝 」(ニッカン)

<記録>
通算1000試合出場=プロ野球415人目 中日の福留孝介外野手(29)は6日の横浜1回戦(ナゴヤドーム)で、プロ入り通算1000試合出場を達成。初出場は99年4月2日の広島1回戦(同)。

中日の岩瀬がセーブの球団新記録を樹立した。入団以来8年連続で50試合以上に登板しており、落合監督が就任した04年から抑え役に。郭源治(81~96年)を抜く117セーブ目。

<監督、選手コメント>
落合監督
「たいがいひっくり返されて負けるパターン。最終的に勝ったけど、流れが一番悪かった。
(朝倉)健太の次に期待しましょう。」

「負けるとするとこういう試合だろう。そして今日は負けてはいけない試合でもあった。
(朝倉について)最後まで立ち直ることができなかった。逆に三浦を立ち直らせてしまった。次の登板に期待しよう。
今日はきつい試合だった。結果的には勝ったが今シーズンの試合の中では一番悪い流れだった。」

岩瀬投手
「(球団新記録117セーブ)ピンときていませんが良かったと思います。
小さいころ郭源治さんの投球を見ていたのでまさか越える事ができるとは思っていませんでした。
(今後の目標は)優勝することしか頭にありません。それに向けて最後をビシッと締めたいと思います。」

グラセスキ投手
「(2連勝)今日はバッターのおかげで勝つことができました。
ドラゴンズは強打者がそろった良いチームだと思います。
ありがとうございました!」
「前日よりも集中できた。打者のおかげで勝てた」

井端選手
「(3ランホームランについて)初回以降点が入ってなかったので何とか追加点を取りたいと思っていました。打った瞬間はどうかなと思いましたがよく伸びてくれました。
東京ではあまり打てなかったので名古屋に戻って打つことができて良かったです。
(デッドボールを受けた腕は)大丈夫です。おかげで打つことができました。
チームが良い状態なのでこれからもどんどん勝っていきたいと思います。」

(6回HR)
「カットかスライダー、初回以降、点が取れていなかったので、取れてよかったです。」

李炳圭選手
(3安打について)
「ラッキーな安打もあったが、結果的に3本打てて気分が良い」

(1回タイムリー)
「フォーク、間をうまく抜けてくれてよかったですね。」

福留選手
「(1回犠飛)ストレート、最低限です。」

朝倉健太投手(公式HPより)
「今日は散々でした。
あいかわらず馬鹿な自分に腹立ってます。 では今日はこのへんで勘弁してください。
次は気持ちのいい投球をしていきたいと思いますのでまた応援してください。」


 初回の雰囲気だと、もう少し楽な展開になるかと思いましたが、何とか勝って3連勝!!
健太は、2回から急に悪くなりましたね。古木選手への死球で変わってしまった感じです。早々と交代を告げられてしまいました。森さんとシゲにこっぴどく今日は怒られそうでちゅ(笑)次回までに、しっかり修正してほしいです。

 健太降板後は小刻みな継投策。
デニーが2人を2球で抑える神業を披露。その後は2回をしっかり抑えたグラセスキが勝ち投手です。ラミレスは一発浴びましたが、3連投となる岡本も軽く3人で斬って最後は岩瀬が締めてゲームセット。
ここに来て、中継ぎ陣を結構使っているのが気になりますが、最小失点で抑えて勝つパターンですね。

 野手の方は、初回に相手のミスを付いたりと3点を先制して逃げ切り体制に入ると、1点差まで追いつかれた6回裏に井端が貴重なHRで追加点。良い感じに得点しています。

 本日、ビョン様が来日初の猛打賞。
OP戦の不調が何だったのかと言った感じです。対戦チームが一回りするまで、まだ判りませんが、今は結果が付いて来ているので、この調子で頑張ってほしいです。

 明日もしっかり勝って早々と勝ち越したい所ですね。


<今日の中村公治>
1軍にいる限り追いかけます!
4回の裏、デニーの代打として登場。、
2球目のスライダーを打ってセンターフライ(>_<)

試合2
打数2
安打0 
打点0
HR0
打率.000

次回のチャンスは、頑張りましょう!!
と、言うか佐藤亮が上がってくる可能性があるので、
捕手3人制を取っている今、立場が軽くヤバイです。

| | コメント (6) | トラックバック (14)

2007/04/06

4月5日 D5-3G(○)

2007_0406a 中日は4番タイロン・ウッズ内野手(37)の3発5打点の活躍で連勝した。
2回、6回には巨人先発の木佐貫から2度に渡る同点弾。8回には前田から決勝の4号2ランを左翼ポール際にライナーでたたき込んだ。今季初安打となった4日の巨人戦第2打席から6打数連続安打。うち4本塁打とパワー全開。一人で全打点を稼ぎ出した(ニッカン抜粋)

□巨人-中日3回戦(中日2勝1敗、18時、東京ドーム、41688人)

 中 日 010002020-5
 巨 人 100020000-3

 ▽勝 グラセスキ2試合1勝
 ▽S 岩瀬3試合2S
 ▽敗 前田2試合1敗
 ▽本塁打 ウッズ2号(1)(木佐貫)3号(2)(木佐貫)4号(2)(前田)

4月5日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:ウッズが全得点、逆転勝ち 巨人の投手陣、制球甘く 」(毎日新聞)
3発&5打点! ウッズ1人で巨人粉砕! 」(サンスポ)
ウッズ3発5打点で竜連勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「人が打たないときに4番が打ってくれる。うちはこういう野球ができる。ワンパターンでない。」

ウッズ選手
「(1試合3ホームラン)今日、チームが勝ったことがうれしいです。
この3連戦は3試合ともとても良い試合だったと思います。その中で結果を残せたことを誇りに思います。
良い球を逃さず打つつもりで打席に立ちました。
シーズンは始まったばかりですが9月には良い成績を収めていますので心配せずに見ていてください。
今日はありがとうございました!」

(2回HRについて)
「カーブ、強くボールをたたくことを心がけた。調子が上がってきているのは自分でも感じているので、どんどん乗っていきたいね。」

(6回HR)
「ストレート、憲伸ががんばっているし何とかしたかった。すごくいいスイングができて、あそこまで飛んでうれしいね。」

(8回HR)
「スライダー、完璧なバッティングができたよ。」

荒木選手(ウッズの3本目のHRについて)
「3本目があると思っていた」。

川上投手
「自分の調子としては悪かった。試合を作ることはできたと思うが、うちの打線を生かすには5回無失点、または1点ぐらいで何とか踏ん張っておきたかったですね。」

岩瀬投手(郭源治の球団セーブ記録に並び)
「それだけチームが勝ってきたということ。そういう意味でよかった」


 タイロン凄いですね!!G戦3発。ゴメスを思い出しました!!!
これぞ4番の大仕事でした。今日は、振れば当たる打ち出の小槌状態。4番が打てば勝つという典型的な試合でした。それにして、

 タイロン。ありがとうございます!!

打者の方は、タイロンが目立ちましたが、孝介はG戦についてアウトコースのスライダー系で、この3連戦はやられてしまった感じです。明日からは、修正してほしいです。

 打線の方は、バランスが良く日替わりでヒーローが出ている感じで、上手く機能していますね。

 投手陣は、胃が痛くなる展開が多かったです(^^ゞ
憲伸も中5日だと、調子が悪いですね。6回を3失点で凌いだ事は大きいですが、球が高かったです。「エース」なので次回はビシッとお願いしますね。
グラセスキも満塁にしてしまうとか、こちらも胃が痛くなる展開を演出。センイチさんのセンロックがほしい状態。そんな中、

 本日も炎のセットアッパー岡本が炸裂!!
打者3人を見事の内容で2奪三振。岩瀬の前はオレしかいないぞ!という投球でした。

 今日の守護神は昨夜ほどスライダーが切れていなくて苦労しましたが、そこは岩瀬しっかり無失点で抑えて球団タイ記録セーブを樹立!!

 このカードは昌さんで嫌な負け方をしましたが、残り2戦をしっかり勝って勝ち越し。
明日からも、この勢いを大事に続けて行きましょう!!
予断ですが、野口くんの起用方法はあんな感じなんですね。頑張ってほしいのですが・・・・。


<今日の中村公治>
1軍にいる限り追いかけます!
7回の表、憲伸の代打として登場(^_^)
今季出場、初打席は、4球目のスライダーを引っ掛けてサードゴロ(>_<)

2007_0406b_1試合:1
打数:1
安打:0 
打点:0
HR:0
打率:.000

次回のチャンスは、頑張りましょう!!

| | コメント (6) | トラックバック (16)

2007/04/05

4月4日 D6-3G(○)

2007_0405 中日が2本塁打で逆転勝ち。六回、ウッズの今季1号となる2ランで追いつくと、九回には巨人の抑え・豊田を攻め、1死一、二塁から森野の右越え3ランで勝ち越した。巨人は、プロ初登板初先発の金刃が好投したが、救援陣が乱れてリードを守りきれなかった。(毎日新聞抜粋)

□巨人-中日2回戦(1勝1敗、18時2分、東京ドーム、42127人)

 中 日 000102003-6
 巨 人 000300000-3

 ▽勝 岡本3試合1勝
 ▽S 岩瀬2試合1S
 ▽敗 豊田2試合1敗1S
 ▽本塁打 二岡2号(3)(長峰)ウッズ1号(2)(会田)
         森野3号(3)(豊田)

4月4日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:2本塁打で逆転勝ち 巨人はリード守りきれず 」(毎日新聞)
中日・森野、脅威の7番は3戦連発…豊田を仕留めた集中力 」(サンスポ)
森野が9回決勝弾 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(2本塁打で逆転勝ちに)東京ドームの野球だよ。大きいところ、小さいところ。球場によって、野球は変わる。」
「(森野の打順について)今の状況なら前に(打順を)上げることはない」
「(長峰について)上出来じゃないか。力はある。失敗をどう次に生かすかだな」

森野選手
「(決勝3ランホームランについて)気持ちで打ちました。
去年も豊田さんからはサヨナラヒットを打っているのでそのイメージで打席に立ちました。
打ったボールはまっすぐです。最初からまっすぐねらいでフォークには手を出さないように心がけました。
(3試合連続ホームラン)良い結果が出ているのでこのまま続けていきたいですね。
今日は絶対に負けたくない試合だったので勝てて良かったです。明日も勝てるようにがんばります。」

中村紀洋選手(4回犠飛ついて)
「スライダー、何とか先制点が欲しかった。孝介のおかげです。ナイス走塁でした。」

ウッズ選手(6回HRについて)
「ストレート いつものように来た球を強く打つことを心がけただけだよ。」

長峰投手
「先発として5回まではしっかり投げようと、初回から全力でいきました。
ただ、先制してもらったすぐ後に逆転されてしまったのですが、野手の方に同点にしていただいて感謝しています。
次の登板に課題が残ったので、次までにはしっかり修正していきたいです。」

岩瀬投手(3者連続三振で今季初セーブ)
「シーズンは長いし、一つ一つの積み重ねですね」


 ミスが多くて苦しみましたが、最後は凄い展開で勝ちました!
森野は、ストレート系は本当に強いですね。価値ある一発で7番に置いておくのがもったいないぐらいです。しばらく、この調子を維持してほしいですね。

 タイロン、お早うございます。お目覚めのようで(^^ゞ
又、いい所で今年も打ってくださいね。不振とはいうものの、1本ヒットが出れば変わりますね。

 ビョン様も9回のヒットは技ありで上手かったです。徐々にではありますが、変化球に慣れてきているのでしょうかね。
その分、ノリは打ち損じが若干目立ちました。そんな気になりませんが、1本大きいのがそろそろほしいですね。

 投手陣では、長峰が頑張りました。初球に甘く入って痛打されはしましたが、6回を3失点ですから先発の役目は十分に果たしたと思います。ただ、課題は多かったと思うので、その辺は次回までに修正してほしいですね。

 8回ですが、小林の演出で大ピンチになりましたが、岡本がシビれる投球でファンを沸かせてくれました。
矢野選手への縦スラは完璧でしたね。それにしても、満塁とかピンチの場面が、おかもっちゃんは好きですね!!(たまに自分で満塁を演出しますが(笑))
でも、今季初勝利おめとうございます!!

 9回は守護神のスライダー完璧。3者三振。岩瀬はやっぱ凄い。

今日の勝ちは大きいですね。バント失敗とかミス連発でしたが白星を拾えたのが良かったです。
それにしてもドラの特徴かも知れませんが、バントを1回失敗すると連鎖反応の如く続きますね。明日は、その辺をしっかりやって行きましょう!!

| | コメント (9) | トラックバック (21)

2007/04/04

4月3日 D2-7G(●)

 中日先発山本昌投手(41)が4回3分の1を9安打7失点でKOされ、開幕からのチームの連勝は3で止まった。山本昌は2点リードの3回に小笠原に先制の左越え1号同点2ランを浴び、4回には二岡に勝ち越しの左越え1号ソロを被弾。その後も甘いボールを狙い打ちされた。(ニッカン抜粋)

□巨人-中日(巨人1勝、18時1分、東京ドーム、42711人)

 中 日 020000000-2
 巨 人 00214000×-7

 ▽勝 姜建銘1試合1勝
 ▽敗 山本昌1試合1敗
 ▽本塁打 森野2号(2)(姜建銘)小笠原1号(2)(山本昌)
        二岡1号(1)(山本昌)

4月3日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
竜3連勝でストップ 東京ドーム4年連続黒星発進 」(中スポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「こんなもんじゃないのかな。東京ドームの初戦は4年間ずっとこんなもん(4連敗)だ」
「(巨人打線に)変わったといっても、谷と小笠原だけだろ」
「(山本は)もうすぐ200勝しようという投手。いくら悪くても、そう早めには代えられない。次は心配ないでしょう。
遅いボールをどう使うかなのに。コントロールが悪けりゃな。ここに放ったら打たれるという所に放って打たれたんだから、次からそこに投げなきゃいい」。

森野選手
「チャンスだったので、何とかしたいと思っていました。最高の結果でよかったです」。

山本昌投手
「全部球が高めに浮いてしまった。ちゃんと放らなければ…」
(公式HPより)
「ボールが高くて、もうちょっと何とかしたかったんですが…。せっかくいいムードで開幕したのに、勢いを止めてしまい申し訳ありません。次の登板までにはきっちり調整します。」

ウッズ選手
「ダイジョウブ。審判の判定などきょうは不運な面があった。状態は問題ない。オレはもう(日本で)5年目、心配はいらないよ。(結果が出ないというのは)9月に聞きにきてくれ」

中村紀洋選手
「(負傷している左)ひざは万全じゃないですけど、頑張ってやるだけです」

李炳圭選手
「(日本球界に慣れたかとの質問に)自分はあまり意識していない。そう聞かれる方がプレッシャーになる」


 試合の方も見れなかったので、結果のみですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/04/02

4月1日 D5-1S(○)

2007_0402 中日が3年ぶりの開幕3連勝。1回に井端の二塁打を足掛かりに福留の中前適時打などで3点を先行。その後も森野と福留の本塁打で加点した。先発の中田は6回を4安打無失点。ヤクルトは9年ぶりの開幕3連敗を喫した。(中スポ抜粋)

□中日-ヤクルト3回戦(中日3勝、18時2分、ナゴヤドーム、35973人)

 ヤクルト 000000010-1
 中  日 30000110×-5

 ▽勝 中田1試合1勝
 ▽敗 藤井1試合1敗
 ▽本塁打 森野1号(1)(花田)福留1号(1)(館山)
        青木1号(1)(小林)

4月1日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
3年ぶりの開幕3連勝 ヤクルトは打線つながらず 」(毎日新聞)
鮮やか速攻、中日に流れ-自信みなぎる開幕3連勝 」(サンスポ)
オレ竜、3年ぶりの開幕3連勝 」(ニッカン)

<井端が史上243人目の通算1000安打>
 中日の井端弘和内野手は1日、ヤクルト3回戦(ナゴヤドーム)の1回、左中間に二塁打を放ち、通算1000本安打を達成した。
プロ243人目。初安打は1998年9月8日、阪神23回戦(ナゴヤドーム)の3回にメイから。

<監督、選手コメント>
落合監督
「少しもたついたね。(中盤に)あと1点取っていればもうちょっと楽だった。
いい状態?上がってきたということは言ってきたじゃないか。過去3年、4月は底と言ってたが今年はまるっきり違う」

井端選手
「(1000本安打について)ありがとうございます。
昨日2打席凡打したので今日は出るんじゃないかと思って最初から積極的に行きました。
練習でもないような当たりだったので1000本よりもそっちの方がびっくりしています。
この3連戦応援に来てくれている両親の前で打てて良かったです。
その後、孝介が返してくれてチームが勝ったことの方うれしいですね。」

福留選手
「井端さんが1000本目を打ったので何とかホームに返したいと思って、1、2番の勢いで打たせてもらいました。
(この勢いはどこまで)当分止めるつもりはありません。これからもがんばります!」
「(7回HRについて)ストレート、いい感じで打てました。」

森野選手(6回HRについて)
「フォーク、真芯でとらえられた。完璧なバッティングができました。」

中田投手
「(勝利の味は)最高ですね。チームも2連勝していたので自分も続くようにがんばって投げました。
ランナーを出しても粘り強く投げてピンチを乗り切ったと思います。これからもがんばります。ありがとうございました!」


 開幕カード3連勝でスタート出来ました。
昨年と違うなぁ~。が、印象です。初回の3得点は見事でしたね。昨年までなら3点も取っていなかった気がします。孝介タイムリーの後、内野ゴロ2つでも得点。どんな形であれ追加点が取れたのが大きいです。

 取り合えず井端。おめでとうございます。
両親の前で打てたのは良かったですね。お母さんも喜んでおられたの親孝行が出来ましたね。

 今季HR第一号は誰が打つのかと思いましたが、森野でした。
7番に入った森野がこのまま好調を維持してくれると打線が繋がりますね。

 投手陣では、中田が球数が多くてストライクとボールがハッキリしてましたが、要所は締めて試合を作ってくれました。
お立ち台では歓喜きわまってウルウルしてましたが、お父さんの墓前に良い報告ができますね。

 昨夜は完璧に抑えた小林ですが本日は被弾してしまいましたが、これはご愛嬌でしょうかね。
岡本は完璧な投球で打者2人を2奪三振(^_^)
聡文はヒットを打たれましたが、低目に決まったストレートはやっぱり魅力ですね。でも試合終了後はシゲに怒られていたっぽいけど(^^ゞ
本日最後は、今季初登板の守護神。見事な投球で締めて3連勝。

 火曜日から東京ドームでジャイアンツ戦ですね。行けないし、TVでも見れるか判りませんが、ぜひ勝ち越してほしいです。


ココログ、メンテナンス実施のお知らせ
メンテナンス日時:2007年4月3日(火)15:00~4月4日(水)15:00の約24時間

らしいので、3日ジャイアンツ戦の試合更新は出来ないかと思います。
あしからずm(__)m

| | コメント (5) | トラックバック (19)

2007/04/01

3月31日 D6-0S(○)

2007_0401 中日が投打の歯車をかみ合わせ、開幕2連勝を決めた。
打っては4回に荒木、新外国人・李の適時打で2点先制し、5回に投手朝倉が自ら2点適時打を放ち中押し。7回に代打立浪のタイムリー左前打などでダメ押しの2点を加えた。投げては先発朝倉が7回2安打無失点で初勝利。(ニッカン抜粋)

□中日-ヤクルト2回戦(中日2勝、18時2分、ナゴヤドーム、37738人)

 ヤクルト 000000000-0
 中  日 00022020×-6

 ▽勝 朝倉1試合1勝
 ▽敗 グライシンガー1試合1敗

3月31日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
打線好調で2連勝、朝倉が今季初勝利 ヤ軍は連敗 」(毎日新聞)
フォーム修正で柱の投球…中日・朝倉に昨季以上の期待 」(サンスポ)
投打に圧倒、オレ竜開幕2連勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(朝倉について)成長した。マウンドでムキにならないのが良い。
ランナーを出してもバタバタせずに何とか0に抑える。
それが良いめぐり合わせを生むのだろう。
自分で打って点を取ったんだから必死に投げるよ。」
「(7回降板の)朝倉を完投させるのも一つの方法論。
開幕してから初めて投げるピッチャーは疲れるらしい。
俺は投げたことがないから分からん。」

朝倉投手
「めちゃくちゃ緊張しましたが、気持ちだけはしっかり持って投げようと思っていました。
余分なフォアボールを出したので次の登板では調整していきたいと思います。
(自ら2打点)去年までは打てなかったので今年はバッティング練習しました。
これからも今日のように一球一球を大事に投げて良い結果を出したいと思います。」

李炳圭選手
「毎試合チームの勝利のためにがんばろうと思っているので今日の結果はうれしいですね。
ファンの皆さんに活躍している姿を見せたいので努力しています。
今日は一生懸命応援していただいてありがとうございます。
自分もチームの勝利に貢献できるようにがんばります!」
(4回タイムリー)
「チェンジアップ、2ストライクと追い込まれていたので、広く対応できるように心がけていた。
打ちそこなったけど飛んだコースがよかったですね。」

荒木選手(4回先制タイムリー)
「ランナーを進めようと思っていたのが、たまたまヒットになっただけです」

立浪選手(7回タイムリー)
「シュート、確実にダメのダメ押しをしたいのでよかったです。
空振りをしてから切り替えて、最悪、外野フライでもと思っていたのがいい結果につながりました。」

中村紀選手(2安打&2得点)
「自分の調子もそうだが、チームが勝つことが優先」


 投打の歯車が噛み合って連勝スタートになりました。
今日は、健太が試合を作ってくれましたね。前半は球が浮ついて苦労してましたが、徐々に良くなって7回を無失点でした。
先頭打者を簡単に出塁させるご愛嬌もありましたが、開幕から1年間先発で働いてほしいので幸先の良いスタートがきれたと思います。

 健太の後は、8回から場慣れを含めて継投策でしょうか?
岡本、小林、デニーと1回を3人で抑えて9回もグラセスキが3人で抑えて完封リレーでした。
中継ぎ陣では小林の成長も大きいです。見事な青木選手斬りでした。今年も対左打者をしっかり抑えてほしいです。

 攻撃陣は4回。井端、荒木の速攻で先取点を奪ってビョン様で追加点。
続く5回はノリ、森野の連打のあと健太が自らの投球を楽にするタイムリーが出て追加点し、7回にもシゲの内野ゴロの間に追加点。本日も立浪さんの一打が飛び出しダメ押し。
攻撃陣は昨夜に続き繋がったいい展開になりました。

 明日のスワローズ戦もしっかり勝って火曜日からのジャイアンツ戦に臨んでほしいですね。

| | コメント (11) | トラックバック (14)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »