« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007/05/31

5月30日 D2-4E(●)

 中日が9回にまさかの逆転を許して3連敗。
先発朝倉は8回まで3安打、毎回奪三振、無四球と完ぺきな投球。打っては2回に3連打と犠飛でルーキー田中から2点を挙げ、朝倉の好投もあって逃げ切りムードだったが、その朝倉が9回に突如崩れて降板。2番手の切り札岩瀬も粘る楽天打線を抑え切れずに、守乱も重なって4失点。2敗目を喫した岩瀬は「仕方ないですね」と話した。
首位巨人が勝ったため、ゲーム差は1・5に広がった。(ニッカン引用)

□交流戦 中日-楽天1回戦(楽天1勝、18時、浜松、11843人)

 楽 天 000000004-4
 中 日 020000000-2

 ▽勝 朝井11試合2勝2敗
 ▽S 福盛20試合3勝12S
 ▽敗 岩瀬19試合2敗13S

5月30日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
楽天:土壇場の逆転で3連勝 中日は岩瀬の投入が失敗 」(毎日新聞)
中日、勝利目前で悪夢の逆転負け またも“守乱”に泣く 」(サンスポ)
オレ竜まさかの逆転負け/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「何もない。監督のミス。」

朝倉投手(完封目前で打たれ勝ちも逃す)
「九回は特別変わった意識はない。球が甘かったといえば甘かった」

岩瀬投手(救援失敗)
「準備はしていたが、そう簡単にはいかない。仕方ないですね」

中村紀選手(2回タイムリー)
「何とか、うちがいい形で試合を進めるために先制点が欲しかった。いいところを抜けてくれました」

森野選手(9回失策について)
「あせっても、握りそこねてもいない」

渡邉選手(9回に逆転につながる野選)
「自分で判断していけると思った。後悔はしていない」


 何とも言えない負け方で3連敗(>_<)
普通、あの展開で負けるかなぁ~。最後の最後で恒例の失策に失笑。

 8回終わって勝ったと思ったんですけどね~。そう思うこと事態が油断とでもいいましょうか。野球は、ゲームセットになるまで判りませんね。本日、改めて痛感しました。

 たかが1敗ですが、何か緒を引きそうな感じもします。大丈夫かなぁ~~。

 今日ばかりは、結果論になるのであまり言いたくないので、一つだけ言わせて頂くと、点を取れるときに取らないとダメ。守らなきゃいけない所は、ちゃんと守らないとダメ。って、とこですかね。明日から、そういう野球を実戦してくれればいいと思います。

 今日は、浜松まで観戦に行ったドラファンの方々は、本当にお気の毒でした。
盆と正月がいっぺんに来た感じでしょうね。最後まで本当に観戦お疲れ様でした。

 切り変えて明日ですかね(選手が切り変えられるか?だけど)
どうなるか判りませんが、ミスは極力無くして行きましょう!!

 そろそろ背番号1番も何とかしてね。待ちくたびれちゃったよ(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2007/05/29

5月28日 D2-7F(●)

 中日は日本ハムに連敗。先発のルーキー浅尾は4回に高橋のタイムリー二塁打、森本の2点タイムリーで3点を先制されると、5回には稲葉の4号ソロで1点を追加された。
 5回5安打4失点で、プロ初黒星を喫した浅尾は「打たれた球は全部高めに浮いて、四球を出してはいけないところで出して、自分でピンチを広げてしまったので、今後の課題にしたいです」と話した。
 中日は昨年の日本シリーズからオープン戦を含んで日本ハム戦で7連敗。2位巨人が勝ったため、首位から陥落した(ニッカン引用)

□交流戦 中日-日本ハム2回戦(日本ハム2勝、18時、ナゴヤドーム、29790人)

 日ハム 000310003-7
 中 日 000000200-2

 ▽勝 グリン8試合3勝3敗
 ▽敗 浅尾13試合3勝1敗
 ▽本塁打 稲葉4号(1)(浅尾)中村紀9号(2)(グリン)

5月28日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
日本ハム:交流戦負けなしの6連勝 中日は連敗で首位陥落 」(毎日新聞)
中日が連夜の自滅 落合監督「ぶざまな野球」 」(サンスポ)
ハムに連敗で首位陥落/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「昨日は何て言ったっけ。同じフレーズ使っておいて。
(自滅と返されると)それしかない。何もない。こんなぶざまな野球やってたら」

浅尾投手
「打たれた球は全部高めに浮いて、四球を出してはいけないところで出して、自分でピンチを広げてしまったので、今後の課題にしたいです」

中村紀選手(七回に9号2ラン)
「流れを変えるのはホームランしかない」

福留選手(4戦音無しで連続無安打はついに20打席)
「そういう時もある」


 昨年の日本シリーズからオープン戦を含んでハム戦。7連敗(>_<)
この結果は堪えますねぇ~。お得意さんになっちゃってるし・・・・・。何とかならないのでしょうかね。

 この2試合は先手を取られて最後の最後にダメ押し。
打線も完全に抑え込まれてるし、投手陣も結果的に打ち込まれてるし、終わってみると物凄く嫌な感じだけが残りますね。

 このままだと来月の北海道でも同じ結果になりそうなので、奮起に期待するしかありません。
スコアラーのデータも含め、再度見直しをするなどした方がよさそうです。やっぱり同じ選手に何度もやられるのおかしい。
あとは絶対、勝つんだという強い気持ちで戦ってほしいですね。

 今日の試合について、これと言って特にコメントもないので・・・。

敢えて苦言を言うならば、2回ノリの失策に失笑。次ぎの回からグローブを変えて出てきたけど、グローブのせいにしちゃ~ダメだろうよ(w
(と、ツッコンでみる(^_^))

 水曜日からは浜松、豊橋で楽天戦です。
野外と言う事で天候が微妙な感じですが、マー君が出てくるんですかね。鉄平とタケちゃんに恩返しされそうで怖いですね(^^ゞ
 こちらとしてもハム戦の悪い流れを引きずることなく戦ってほしいです。


<プロ野球の公示(28日)> 
【出場選手登録】
(↑)デニー投手
【同抹消】
(↓)山本昌投手

中日:山本昌が登録抹消 」(毎日新聞)

山本昌投手
「調整なんで、早く戻ってこれるようにがんばりたい」
「ふがいない投球が続いている。球数を投げたり、走ったりしたい。(再登録できる)10日間で帰れればいい。」

 昌さん大丈夫かな。10日間のリフレッシュ休暇だといいのですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007/05/28

5月27日 D2-6F(●)

 中日先発山本昌投手(41)は8回5失点と崩れ、通算500試合登板を白星で飾れなかった。7回まで2失点と粘ったが、8回の1イニングで3失点。「もう少し踏ん張らないと…」と話した。打線は初回に藤井のプロ初本塁打、4回に森野、中村紀、李の3連打でそれぞれ1点を取ったが、中盤以降は精彩を欠いた。連勝は3で止まった。(ニッカン抜粋)

□交流戦 中日-日本ハム1回戦(日本ハム1勝、18時、ナゴヤドーム、33774人)

 日ハム 100100031-6
 中 日 100100000-2

 ▽勝 江尻11試合3勝
 ▽敗 山本昌9試合2勝5敗
 ▽本塁打 藤井1号(1)(武田勝)

5月27日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
日本ハム:昨年8月以来の7連勝 中日は山本昌が誤算 」(毎日新聞)
中日、守り勝つ野球にほころび 落合監督「自滅。収穫ゼロ」 」(サンスポ)
山本昌節目登板も無念…竜連勝ストップ 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(山本昌について)自滅、独り相撲。勝手にこけたってやつだ。収穫ゼロ。」

山本昌投手
「中途半端(な投球)になってしまった。粘りたかったが……。せめぎ合いで負け、チームに迷惑をかけている。」

(公式HPより)
「みんながなんとか勝たせてくれようとしていたのに、応えられなくて残念です。
もう少し、ピンチで強くならないと。」

藤井選手(プロ初本塁打)
「真芯(しん)に当たって気持ちよかったです」


 負けちゃいましたね(>_<)昌さんは対パ、運がないですね。
ハム戦は、いつもこんな感じで打てない。同じ選手に打たれるといった感じです。

 昌さんは踏ん張ってはいましたが、8回に力尽きるといった所。
ただ初回からあまり良くはなかったですね。相手に先手先手と主導権を握られてしまう感じで、先に失点してしまうと、やっぱり苦しいですね。リズムも悪かったです。

 昌さんの時は、代え時も難しいです。
200勝もあるしチームの勝利もあるしと言った所で8回の続投とかは賛否両論ありそうです。
ただ、昌さんが投げる時は、打線の援護もそうですが守備でも足を引っ張るとか、運にも完全に見放されている状態。

 打線の方は、こういう左投手は苦手みたいで、なかなか打てません。
藤井が初HRも打った事が収穫ですかね。ビョンもヒットが出るようになって来た事もある意味収穫かも。

 孝介も現状は厳しい感じです。
左投手に対しては完全に腰が引けちゃって形になっていない状態。Gの高橋投手にやられたイメージが相当残っているのでしょうかね。時間が解決してくれるとは思っていましたが、西武初戦と今日を見る限りもう少し掛かりそうな雰囲気です。

 明日のハム戦は、まずはミスを無くす事と田中選手に打たれない事ですかね。
交流戦や日シリでの経験も活かしてほしいです。明日こそは勝ってほしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007/05/27

5月26日 D7-1L(○)

2007_0527 中日打線が西武西口を攻略し、3連勝で首位をキープした。2回に中村紀の中犠飛で先制し、3回にはウッズの中犠飛、森野の右越え6号3ランで中押し。6回には李がだめ押しの右越え3号2ランを放った。
 先発中田は8回5安打1失点でハーラートップタイの6勝目をマーク。「ビジターでもたくさんのお客さんが来てくれてやりがいがある」と話した。(ニッカン抜粋)

□交流戦 西武-中日2回戦(中日2勝、13時32分、グッドウィルドーム、25146人)

 中 日 014002000-7
 西 武 000100000-1

 ▽勝 中田10試合6勝2敗
 ▽敗 西口9試合5勝4敗
 ▽本塁打 森野6号(3)(西口)カブレラ8号(1)(中田)李炳圭3号(2)(西口)

5月26日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:3連勝で首位守る 中田は6勝目 西武は4位に転落 」(毎日新聞)
中日・中田、けん制でピンチしのぎ交流戦初勝利 」(サンスポ)
オレ竜、3連勝で首位キープ 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「中田は終盤まで球威が落ちていなかった。(球数が増えても)投げる体力はある。」

中田投手
「いままで通りの感じで、ひとりひとり討ち取っていくことだけ考えて投げました。
牽制もいつもの練習の賜だと思うのでよかったです。テンポアップして投げたのが良かったと思います。内容はでき過ぎだと思います。
(完投は)球数が多くなってしまっていたので、できるだけ早くやりたいと思います。
このようにビジターでもたくさんのファンの皆さんが来てくれるので、やりがいがあるので、頑張っていきたいと思います。
まだまだ先が長いですが、最後まで応援よろしくお願いします。」

中村紀選手(2回犠飛)
「スライダー、バットにうまく乗っけてうまいこと打てました。」

ウッズ選手(3回犠飛)
「スライダー、最低でも犠牲フライを打とうと集中していたので、点が入ってよかったよ。」

森野選手(3回HR)
「スライダー、本当にうまく打てました。体が反応した。2度と打てない。そのぐらい難しかった。」

李選手(6回HR)
「チェンジアップ、送りバントを失敗したので、何とかランナーを進めようと思って打ちました。」


 交流戦3連勝!!投打のバランスが良いです(^_^)
中田くんの好投に始まり、打線も小刻みな援護でした。このまま突っ走ってほしいです。

 本日は昨夜の疲れを癒すべくネットで速報チェック状態。
映像が見れないのが残念です。

 試合は、昨夜に続いて良い展開でした。
先発中田くんが、初回に四死球で崩れそうでしたが、遊直ゲッツーに牽制死で斬り抜けました。ココを抑えたのが大きかったです。
 先頭打者をストレートの四球で出した時は、制球難が出たかと思いましたが、終わって見たら与えた四死球は初回の2つだけでした。
立ち上がりで球場も、いつもと違うので致しかたないですかね。
 8回5安打1失点という結果ですから良かったのではないでしょうか。これで今季6勝目ゲット。防御率も3点台に突入してきましたし、今年こそ二桁勝てそうですね。

 9回は、中田くんの球数が130球を越えた事で継投。グラセスキーもクリーンナップを3人でキッチリ抑えました。
グラも地味な活躍ですが安定していますね。防御率も1点台だし失点した試合は4/29のハマ戦の3失点のみ。(その3失点は自分は現地で見てますが(^^ゞ)

 打線は、今日も全員野球で効率よく得点。
昨夜同様でヒットの本数が少ないですが点を取っています。流れも良いのですが、チャンスを確実に活かして感じです。

 2回はノリ。3回はタイロン。確実に犠飛で加点。さらに森野が勝負強さをアピールしスリーランHR。このHRは大きかったですね。
5番に森野が座って確実にランナーを返す理想な展開です。気が付けば得点圏打率も急上昇し、現状では、ある意味クリーンナップの中で一番怖い存在かも。

 追加点も今日はHR。
バント失敗は頂けないですが、ビョンのHRは貴重な追加点でしたね。交流戦になって化けそうな気も段々してきました。最近ヒットも出てきているので。

 ちょっと心配ごとと言えば孝介ですかね。
四球で出たりしてチャンスメークはしてますが、本日4タコで打率が3割りを切りそうな雰囲気。タイミングなどづれが若干生じているのでしょうかね。明日に期待しましょう!

 明日は移動日無しでナゴドでハム戦。
ハムは交流戦負け無しの4連勝中と波に乗ってます。昨年の日シリで悔しい思いをした相手だけに勝ちたい所。
西武戦同様に、投打のバランスがキッチリ噛み合ってほしいですね。
 明日は昌さんでいいのでしょうか?だとしたら、パ・アレルギーなど言われないように勝ってほしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007/05/26

5月25日 D7-2L(○)

2007_0526 中日が投打の歯車をかみあわせ、首位をキープした。2回に7番李の中前打、8番藤井の右犠飛、9番谷繁の中前タイムリーで3点先制。4回にも2点を取りたたみかけた。前半で5点のリードをもらった先発川上は7回5安打無失点で3勝目をマーク。勝利者インタビューで「敵地西武のグラウンドで、西武に負けないくらいのドラゴンズファンを見て勇気づけられた」と話した。(ニッカン抜粋)

□交流戦 西武-中日1回戦(中日1勝、18時、グッドウィルドーム、14735人)

 中 日 030201001-7 
 西 武 000000020-2 

 ▽勝 川上8試合3勝2敗   
 ▽敗 グラマン8試合2勝5敗 
 ▽本塁打 カブレラ7号(2)(平井)

5月25日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:快勝、継投で反撃かわす 西武は打線低調 」(毎日新聞)
中日・川上、得意の交流戦で無失点発進 過去2年で7勝 」(サンスポ)
中日・藤井が活躍 2度目の先発出場に応える 」(サンスポ)
中日・李炳圭が2戦連続打点 「いいところに落ちてラッキー」 」(サンスポ)
オレ竜快勝で首位キープ/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「きょうの収穫は3点目。天井が味方してくれた。(野手の視界から)消えたんじゃないかな。
先発投手にとって2点で終わるか3点が入るかは大きな違い。」

川上投手
「今日は気持ちだけで投げました。
先発ピッチャーとして先に点を与えないつもりでしたが味方が先に点を取ってくれたのでリズム良く投げることができました。
ライオンズのクリンナップは迫力があるのでその前にランナーを出さないように心がけました。
ファンやチームメイトの声援のおかげでがんばることができました。
敵地でライオンズのファンに負けないくらいのドラゴンズファンの応援に僕も勇気付けられました。
明日も試合がありますが応援よろしくお願いします。」

李選手(2回タイムリー)
「ストレート、最低でも外野フライを意識して打席に入った。いいところに落ちてくれてラッキーでした。」

藤井選手
(2回犠飛)
「ストレート、チャンスなので思い切り振ろうと思っていました。」

「これまでチャンスを逃してきたので、結果を出せて良かった」

谷繁選手(2回タイムリー)
「コメントのしようがありません。」

井端選手(4回タイムリー)
「チェンジアップ、とにかく甘い球をいこうと思っていました。」

立浪選手(6回タイムリー)
「スライダー、良い場面だったので1点でも欲しかったし、ダメ押しダメ押しでいかなければいけないので、いい点が取れてよかったです。」


 投打のバランスが噛合って勝ち(^_^)
仕事を終わらせて、行ったかいがありました!!でも球場まで、やっぱ遠いです。

 グッドウィルドーム到着は、初回の二死。
外野スタンドは結構のドラファンで占めていたので座れるか微妙な感じでしたが、何とか座る位置を確保して応援参戦。

 あまり寝て無くて眠いので、本日は断念します。明日追記しますm(__)m

「追記」
 試合の方ですが、こちらにツキもあった感じです。
2回の攻撃は、ビョンやシゲのポテンヒットなど良い所で飛び出しました。

 シゲシゲのは、特に魔法でも掛かった感じで(笑
この回は、チャンステーマの連呼で寒かった身体を一気に温めてくれました。ビョンのタイムリーも見れたのも地味に嬉しかった。

 中押し、ダメ押しと効率良く得点出来たのが勝因ですね。
藤井もチャンスをしっかり活かした感じです。二塁打は見事でした。
立浪さんの6回のタイムリーも効きましたね。2番に入って機能しています。

 ビョンの守備に関しても賛否両論ありましたが、近くで見ていると決して悪いとは思わなかった印象です。普通にやってると思います。ただ、安全に守っていると言えば守っている感じですかね。まっ、冒険はしないタイプ。
しいて言えば栗山選手の二塁打は、手前で止めてほしかったですが、8回の好捕でチャラでしょうか。

 9回は、英智がセンターに入ったので守備位置の比較もしましたが、ビョンはレフトよりに位置し、英智はやや中心と言った感じです。
孝介の守備範囲は、ビョンの時はややセンターよりで、ライト線の打球はそれが影響していると思います。

 ただ9回の孝介、英智、藤井の守備陣は最強ですね。でも打球は飛んで来ませんでしたが(苦笑)
正確に言うと、おかもっちゃんが打たせなかったという事でしょうか(笑

 投手陣では、憲伸が球数が多かった気がしますがエースの働きでした。
やっと戻ってきたと言った感じでしたね。DH制と言う事で打撃が見れないのがちょっと残念でした。

 憲伸のあとは、平井、岡本のリレー。点差があったので二人とも出てこないと思いましたが、こちらとしては見れて良かったです。
ただ平井は、一発を浴びてしまったのが悔いが残ります。この一発で、おかもっちゃんが急に肩を作り出したので9回は見れたのですが(w

 その、おかもっちゃんも、あまり良くなかった印象。
ちゃんと抑えてくれましたので、取り合えず良かったですがストライクとボールが判りやすかった感じで若干苦労していました。

 今日は、デーゲームですね。
昨夜は、3、4がまったくと言っていい程、打てなかったので今日に期待しましょう!
 先発の中田くんにも期待したいですね。取り合えず西武打線が眠っている間に今日も叩きたい所。
しっかり勝って気分良く名古屋に戻ってほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007/05/24

5月23日 D5-2M(○)

 中日が逆転勝ちで千葉マリンでのロッテ戦の連敗を6で止め、日本ハムに敗れた巨人を抜いて首位に返り咲いた。1-2で迎えた8回、1死一、二塁から井端のタイムリーで同点とすると、続く立浪の二ゴロを堀が弾く間に勝ち越しに成功。9回にも中村紀のタイムリー二塁打、李のタイムリーで2点を加えて試合を決めた。
 7回2失点で3勝目を挙げた小笠原は「去年、(ロッテに)負けているので、借りを返そうと思って投げました」と話した(ニッカン抜粋)

□交流戦 ロッテ-中日2回戦(1勝1敗、18時15分、千葉、20046人)

 中 日 000100022-5
 ロッテ 100000100-2

 ▽勝 小笠原4試合3勝
 ▽S 岩瀬18試合1敗13S
 ▽敗 藤田14試合1勝1敗

5月23日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:逆転で首位に立つ ロッテの連勝は3でストップ 」(毎日新聞)
オレ竜が首位再浮上! 『鬼門』の千葉マリンで痛快逆転劇! 」(サンスポ)
オレ竜逆転勝ちで首位返り咲き/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(交流戦)3年目で、ようやく(千葉マリンに)慣れたということだ。
投打とも、ここならではの戦い方がある。」

小笠原投手
「去年負けているので借りを返すつもりで投げました。
今日は野手の方に助けられて乗っていけたと思います。
最初は風に戸惑いましたが徐々に慣れました。このままの調子で波に乗っていきたいですね。
交流戦も始まったばかりですがこれからも自分のピッチングを心がけてがんばります。」

「今日は守備に助けてもらいました。」

ウッズ選手(4回犠飛)
「カットボール、この回、何とかして点を入れたかったので、集中して打席に立ったよ。」

井端選手(8回タイムリー)
「ストレート、何とかしたかった。
谷繁さんにタマがホップしていると聞き、いつも以上に上からたたこうと思った。」

中村紀選手(9回タイムリー)
「ストレート、当たっている森野が送りバントをしてくれたので、これは何とか返さなあかんと思いました。」


 やっと勝てました(^_^)この球場で勝つのに長かったなぁ~(^^ゞ
小笠原は頑張りましたね。ミスに漬け込む見事な勝利でした。交流戦、まず1つ勝ててホッとしました。

 今日は、小笠原に付きますかね。
初回に失点した時はどうなるかと思いましたが、ランナーを出しながらも要所は締めた感じです。
7回に失点しても先発の役目として最小失点で抑えたのが勝利に繋がりましたね。
凱旋登板で勝ったのもそうですが、昨年のココで悔しい敗戦をしたのでリベンジも出来ました。
やっぱり今の先発陣のなかで一番安定している感じです。次回も期待しております。

 小笠原の後は方程式。おかもっちゃんがヒットは打たれましたが、しっかり抑えてくれました。
一瞬、ズレータの当たりでヒヤッとしましたが・・・・。
 最後は守護神岩瀬。今日は調子が悪かったみたいですが、悪くても抑えるのが岩瀬。しっかり抑えて13セーブ目。

 このカード投手陣は、縫い目の高いボールが影響したのか?風が影響したのか?ちょっと判りませんが全体的に良くなかった感じですね。
でも千葉マリンは終わったので、もう大丈夫でしょう。

 打撃陣の方は、前半毎度のモヤモヤ状態。
8、9回で少しだけストレス解消しましたが相手のミスに乗じる攻撃。

 8回、復帰したばかりの英智が四球を選んでビョンがバント失敗後に叩き付ける内野安打でチャンスを作ると一死後、井端が同点タイムリー続く立浪さんの当たりはセカンド正面のゴロで失策を呼び逆転。
 先頭打者への四球に続き失策とロッテ側のミスに助けられた回でした。昨日の逆ですね。ただあそこで孝介がトドメの一打を打ってほしかった。
 9回は、タイロンが四球を選んで森野が送って、ノリがタイムリー。試合の体制が決まった後のノリは脅威の打撃(言い過ぎかな(^^ゞ)
ビョンも続いてこの回2点。大きかったですね。岩瀬も楽になりました。

 今日は、小野投手に苦しんでいましたが、交代してくれたおかげで助かりました。
こういう展開だと先に動いた方がというパターンだったのでしょうかね。

 ビョンもラッキーな面がありましたが猛打賞。
バント失敗は頂けませんが、ヒットが出たのは気分的に良かったのでは?と、思います。

 書こうかどうか悩んだのですが、書いちゃおうかな。勝ったから。
やっぱ藤井はスタメンじゃなかった(苦笑)ウスウスは感じてましたけど。

 取り合えず1勝1敗で千葉マリンを終えたのが大きいですね。
今日、もし負けていたら苦手意識が一掃出るところでしたが勝てて良かったです。
 明日はじっくり休んで所沢でも頑張ってほしいです。



<プロ野球の公示(23日)>
【出場選手登録】
 (↑) 英智外野手、井上一樹外野手、鎌田圭司内野手
同抹消】
 (↓) 清水将海捕手、荒木雅博内野手、上田佳範外野手

中日選手会長の井上がやっと開幕 先発で左翼7番 」(サンスポ)
中日・荒木が故障で登録外れる ロッテ戦の盗塁で悪化 」(サンスポ)
荒木に代わり鎌田が1軍昇格 」(ニッカン)

井上選手
「遅れたが今日が開幕のつもりで頑張る。どうなろうと怖いものはない」

鎌田選手
「準備はしてきました。やれることをやるだけです。頑張ります。」

 英智は昨年の森野同様で見切り発車かな。無理しないでほしいですけどね。
会長も上がって来ましたね。

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2007/05/23

5月22日 D3-8M(●)

 中日はロッテに敗れ、交流戦3年連続黒星スタートとなった。初回、先発朝倉は立ち上がりから制球が定まらず、早川のタイムリー三塁打と併殺崩れの間に2点を先制されると3回、6回にも1点ずつを失った。6回途中4失点でKOされた朝倉。中日は一昨年から千葉マリンで6連敗となった(ニッカン抜粋)

□交流戦ロッテ-中日1回戦(ロッテ1勝、18時16分、千葉、19412人)

 中 日 000101010-3
 ロッテ 20100104×-8

 ▽勝 成瀬8試合5勝
 ▽敗 朝倉10試合3勝4敗
 ▽本塁打 ウッズ19号(1)(成瀬)

5月22日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
ロッテ:八回に4点、3連勝 中日は投手陣が10四死球 」(毎日新聞)
中日・荒木が右足痛め交代…戦線離脱の可能性も 」(サンスポ)
竜3年連続で交流戦黒星スタート 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「交流戦の最初は、こんなもんだろう。(試合前から)予感はしていた。」

朝倉投手
「今日はコントロールに苦しんだので、しっかり調整していきたいと思っています」

ウッズ選手(19号ソロ)
「真シンでうまくとらえられたよ」

荒木選手(右足内転筋の状態を悪化させ、五回の守備から交代)
「状況を見て決めるが、もしかしたら1度ちゃんと治すかもしれない」


 今年の交流戦も黒星スタート。3年連続です(>_<)
しかも千葉マリンでは、1勝6敗で6連敗中。勝てる気がしませんねぇ~。何か取りつかれている模様(^^ゞ

 今日は、Yahoo!動画で仕事をしながら観戦。便利なんですが、通信速度の関係かコマ送り状態になるのがたまに傷。

 試合の方は、四球連発及び失策でドラゴンズのいつもの負け方。
荒木は、何かおかしいと思ったら右足内転筋の悪化だそうです。明日の出場はどうなるのでしょうか?
こういう状況なので、内野のサブを予備軍から呼んだ方が良いと思う。中継ぎの左3枚の内1人か捕手の1人を落としてもいいんじゃないかな。

 昨年交流戦で頑張った森岡希望!!

 収穫は藤井ですかね。数少ないチャンスで頑張ってました。
最初の左飛といい、二塁打も完全に捕らえてました。昨年よりパワーが付いた感じです。右専門になったのも藤井にとって良かったみたいです。
 ただ結果を出しても使ってもらえないんだろうなぁ(^^ゞ荒木次第でしょうかね。ビョンの所でとは、監督は考えてないでしょう!

 立浪さんも1本打ちましたが、やや下降気味で突入した感じですね。ウサギさん戦もそうでしたが、タイミングが少しづれている感じに思う。早く修正してほしいです。

 投手陣は、健太が少し制球を乱してましたね。
ストライクとボールもハッキリしていた感じで、ボールが合わなかったのかな?初回の2失点目はお気の毒状態。
今日の調子だと4失点で凌いだ感じです。ただ6回は、ベンチが引っ張り過ぎかなと思う。次回は、子供のために白星をプレゼントしてほしいですね。 

 健太の後は鈴木。6回のピンチを抑えて7回も続投。不運な当たりでピンチを作りましたが、何とか抑えた感じです。
8回からの継投は、思い出したくないので割愛!以上。

 千葉マリン対策も出来ていないのが辛いですね。
今年になって気になっているのが孝介の守備位置。随分センターよりに守っている気がします。本日の7回ズレータの当たりも二塁打になっているし、ライト線に長打のケースが多いです。
岩瀬がG線に打たれたのもそうだし、カープ戦の森笠選手も。センターのカバー範囲を網羅しているのか?ベンチの指示か判りませんがライト線も少し締めた方が良いと思う。ちょっと気になりました。

 それしにてもミスが多かった試合でした。これでは勝てません。
早く修正しないと大変な事になりそうなので、明日以降はしっかりした野球を希望。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2007/05/21

5月20日 D1-5G(●)

 中日は巨人に敗れ、連勝は7でストップ。1日で首位から陥落した。3回、先発山本昌は3回に高橋由の9号ソロ、李のタイムリー二塁打で2点を先制されると、小田の犠飛で2-1とした直後の6回には二岡の7号3ランを許した。2発に沈み、今季4敗目を喫したベテラン左腕は「ホームランは2本とも抜けたボールでもったいなかった…」と話した。(ニッカン抜粋)

□中日-巨人12回戦(中日7勝5敗、14時、ナゴヤドーム、38258人)

 巨 人 002003000-5
 中 日 000010000-1

 ▽勝 高橋尚 8試合6勝1敗
 ▽敗 山本昌 8試合2勝4敗
 ▽本塁打 高橋由9号1点(山本昌)、二岡7号3点(山本昌)

5月20日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
巨人:1日で首位に返り咲く 中日は山本昌が踏ん張れず 」(毎日新聞)
中日、打線しぼみ連勝止まる 首位を1日で明け渡す 」(サンスポ)
オレ竜、連勝ストップで首位陥落/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「連勝が始まるのも止まるのもマサ(山本昌)だと思っていた。
(六回について)どうもいつも六回につかまるな。5回戦ボーイになっちゃまずい。あそこで踏ん張れば何とかなると思ったけど。悪くないのに勝手に暗示をかけてるんじゃないか。」

高代野手総合チーフコーチ(連勝が7で止まって)
「チーム状態は悪くない」

山本昌投手
「本塁打は2本とも抜けた球。もったいなかった」

(公式HPより)
「立ち上がりからなんだか腰高で、なんとかしないとと思っていたのですが、抜け気味だった変化球が大事なところでこれぞ失投、という形になってしまいました。
ホームラン2つともね。連勝を続けられなくて申し訳ありません。
次は交流戦ですが、また気持ちを切り替えて頑張ります。」

小田選手(5回犠飛)
「思い切り振りました」

中村紀選手(九回無死一、二塁で空振り三振)
「九回は打つんだったら初球だった」


 連勝が止まっちゃいましたね(>_<)
まっ、しょうがないでしょう。全部は勝てませんからね。

 今日は、昌さんの調子もあまり良くなかった感じです。
要所は締めてましたが、勝負球の変化球が甘くて痛打。その痛打もHRだったのが響いた感じです。点を取ってもらったあとの6回のスリーランがダメ押しと言った感じでしたね。
200勝の道は険しいです。次回は、その辺を修正してもらって対パリーグ頑張ってほしいですね。

 昌さん降板後は、8、9回と実戦から離れている投手を起用した感じです。小林は良かったですね。あと鈴木も良かった。これで鈴木の目処もたったのではないでしょうかね。

 打線は、本日も1本が遠かったですね。
チャンスは作るのですが、なかなか続かない感じ。ノリが最低でも進塁打を打ってくれれば流れだけでも変わるんですけどね。上手く行きません。
 今日は、ツキもなかった感じ。ODAの犠飛も外野の頭を超えなかったし、タイロンや孝介もそう。ちょっとしたづれがありましたね。
3、4番におんぶにだっこ状態なので二人が抑えられると厳しい展開になりますね。

 8回は、森野のセカンド起用がありました。
監督は、何か考えているのかな?いくつかのパターンかと思いますが、終盤荒木の所で代打策が今後あるかも知れませんね。

 世間の風当たりが強くなってきたビョンですが、本日の中で形が良かったのもあるので様子を見てもとは思います。3打席目の左飛とか。
当てるだけの打撃から振り切る打撃も少しづつ出来てきた感じなので結果を恐れず(ヒットはほしいでしょうが)続ければ良いのかなと思ってます。

 と、ちょっとだけプラス思考でビョン吉を考えて見ました(^^ゞ

さらに言うと、交流戦で大化けしてほしいなぁ~~!!(切なる願望)

 日曜デーゲームが敗戦だと負けた余韻の時間が長いなぁ~。
選手達はゆっくり休んで(特打ちが必要な選手もいますけど(^^ゞ)交流戦に突入してもらいましょう!!!


 取り合えず交流戦前を25勝18敗、2位で終了。
交流戦突入時1位のチームは優勝出来ないというジンクスが今年もありますよ~うに(笑)と、願を掛ける(爆)

 ドラゴンズとしても連勝は止まりましたが、良い形で交流戦に入れそうですね。ここに来て先発陣の安定が物をいいそうです。
ただ初戦が千葉ロッテでマリンスタジアムと言うのが若干気になります。昨年3連敗を食らっているので。今年は、2つ勝ちたい所。
 初戦の成瀬投手を攻略出来るかがポイントかと。健太に関しては、子供が生まれて初登板なので間違いなくやってくれるでしょう!!
 打線は初戦から活発になってほしいです。あとDHに誰を入れるかに注目しましょう!!

 今年の交流戦は「好竜戦」でありますように!!

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2007/05/20

5月19日 D4-3G(○)

2007_0520 中日が逆転勝ちで今季初の7連勝。勝率で巨人を上回り、4月25日以来の首位に返り咲いた。
1点を追う3回、1死満塁で福留、ウッズの連続押し出し四球に森野の7試合連続打点となる左前タイムリーで3点を奪って逆転に成功。4回にも福留のタイムリー二塁打で追加点を奪い、試合の流れを引き寄せた。
先発中田は8回を投げ7安打3失点でリーグトップタイの5勝目。05年4月15日から12連勝中と相性抜群のナゴヤドームでの結果については「たまたまです」と話していた。(ニッカン抜粋)

□中日-巨人11回戦(中日7勝4敗、15時、ナゴヤドーム、38281人)

 巨 人 010002000-3
 中 日 00310000×-4

 ▽勝 中田9試合5勝2敗
 ▽S 岩瀬17試合1敗12S
 ▽敗 姜建銘6試合1勝4敗
 ▽本塁打 李承☆11号(1)(中田)
 (注)☆は火ヘンに華

5月19日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:7連勝で首位奪回 巨人は姜乱調 」(毎日新聞)
中日、ファン興奮の首位奪還 逆転勝ちでホーム12連勝 」(サンスポ)
オレ竜7連勝で首位奪回/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(中田について)良くなっている。フォアボールを出さないのは初めて見た。本当に安心して見ることができた。ただもっとうまい試合をすればこんなに苦しまずにすんだ。
今日は勝たせてもらったようなものだ。
特に岩瀬は休ませたかったな。まあ明日のピッチャーに期待しよう。」

中田投手
「今日は球数を抑えて長い回を投げることを目標にマウンドに登りました。
チームの勢いを止めずに自分も続けるように投げました。
(ナゴヤドーム12連勝について)皆様のおかげです。(ファンの皆さんに)たくさんの声援で選手も力が出ると思いますのでこれからも応援よろしくお願いします。
今日はありがとうございました!」

森野選手
「(3回のタイムリーについて)もう逆転していたので気楽な気持ちで打席に立ちました。
2つ勝ったので3つ勝ちたいですね。(ファンの皆さんに)本当にこれだけ多くの方に応援していただくと僕たちも励みになります。
これからも球場に足を運んで僕たちに声援を送ってください。今日はありがとうございました!」

(3回タイムリー)「ストレート、点が入ってよかった。」

福留選手(4回タイムリー)
「ストレート、必死です。」


 7連勝で首位奪回(^_^)
ドラゴンズらしい勝ち方でした。この勢い当分行きましょう!!

 今日は、中田くんが無四球でした。
前回より確実に良くなってますね。投球リズムも良かったし、もう大丈夫でしょう。
6回は若干変化球が甘くなって連打されましたが、7、8回と崩れることなく8回まで投げきったのが大きいです。良い時の中田くんに近づいてきましたね。

 中田くんのあとは守護神岩瀬。4連投と言う事もあり大変だったでしょうけど。3人で軽く斬って12セーブ目。毎度の事ですが、頭が下がります。

打線の方は、相手がくれたチャンスで押し出しを選んで本日も森野がタイムリーでした。必死を強調する孝介も連夜のタイムリーと状態が少しづつ良くなっている感じ。

 今日はドラゴンズらしい拙攻でしたが、何とか点を奪った感じですね。
チャンスにもう1本がほしい展開で出ませんが、1本出たら相手に引導を渡せる感じには打線はなってます。
森野が勝負強い打撃を見せているので、得点圏でノリとビョンが打てば凄い打線になると思う。ビョンは火ヘンと食事にでも行って気分転換でもしたらどうかなと。

 明日は、交流戦前最後の試合。勝って気分良く交流戦に臨みたい所。
昌さんは負けが1つ先行しているので5分にしてほしいです。打線も高橋投手を打って援護してほしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2007/05/19

5月18日 D5-2G(○)

 中日は巨人に勝ち、今季初の6連勝で貯金を今季最多の7とした。3回、福留のタイムリー二塁打、森野の2点タイムリーで3点を先制。6回先発川上が李の10号2ランで1点差とされたが、その裏に荒木の押し出し四球で1点を追加。7回にはウッズが18号ソロを放って試合を決めた。
 7回を6安打2失点で3月30日の開幕戦以来となる2勝目を挙げた川上(ニッカン抜粋)

□中日-巨人10回戦(中日6勝4敗、18時、ナゴヤドーム、37682人)

 巨 人 000002000-2
 中 日 00300110×-5

 ▽勝 川上7試合2勝2敗
 ▽S 岩瀬16試合1敗11S
 ▽敗 内海8試合5勝2敗
 ▽本塁打 李10号(2)(川上)ウッズ18号(1)(真田)

5月18日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:川上好投、今季初の6連勝 巨人は内海が制球難 」(毎日新聞)
川上が汚名晴らす力投! オレ竜6連勝で“奪首”は目前! 」(サンスポ)
オレ竜G倒で6連勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「野手のH(安打)のランプがつくのと一緒。投手は白星で変わることがある。(川上は)きょうの勝ちで変わるんじゃないか。
(先発に白星が付くようになった)だんだんとらしくなってきたかな。」

川上投手
「捨てるものは何もないという気持ちで立ち向かっていきました。
ずいぶんと長い間勝っていなかったので勝ち方を忘れていました。
今日は首位攻防戦ということでもあるので自分の気持ちだけはしっかりと持って投げることを心がけました。
(チームメイトに比べて)出遅れているので追いつけるようにがんばります。
次の試合も自分らしい投球をしたいと思います。今日はありがとうございました!!」

「前回の悔しい思いが、それをいいように自分にプレッシャーを与えて、内容のあるピッチングをすることだけを心がけて投げました。
正直、調子はよくなかったのですが、それなりに試合をまとめることができて安心しました。」

岩瀬投手
「(チームが連勝すると忙しい)そういう忙しさならいいですね。
巨人とはこういう戦いが続くと思うので負けないようにしっかり投げたいと思います。
柱の憲伸が勝たないとチームに本当の勢いが出ないので今日は大きな1勝だと思います。
首位の座も最終的にはいただきます。」

福留選手(3回タイムリー)
「必死。」

森野選手(3回タイムリー)
「スライダー、チャンスだったのでランナーを返せてよかった。」

ウッズ選手(7回HR)
「ストレート、真芯でとらえることができたよ。」

松平健氏(背番号「99」のユニホームで始球式)
「すごく緊張したけど届いてよかった。マウンドが高くなっているから気持ちよかった。やっぱり広いね」


 6連勝!6連敗した分をやっと取り返しました(^_^)
チームの雰囲気も良くなってます。やっと憲伸が勝てて良かった良かった。

 今日の憲伸は決して調子は良いとは思いませんでしたが、何とか要所を締めた感じです。
7回をHRによる2失点ですから、踏ん張った感じですね。
 TBSの放送内で森さんのコメントが言われてましたが、今のままでは先発6番目との事。取り合えず今日は意地を見せた感じですね。何より憲伸に勝ちが付いたのが収穫ですね。

 8回からは勝利の方程式。おかもっちゃんは危なげなく3人斬りで完璧。守護神岩瀬は本日も3人でしっかり抑えて11セーブ目。

 打線の方は、トドメをさせなかったのが残念ですが、程よく得点。
3回には、憲伸、井端の連打のあと孝介がタイムリー。さらに森野も続いて3得点。この回もっと点を取れていたと思いますが、ノリの遊ゴロ時にボブ出現によって閉店ガラガラ状態(今年はドラに不利な誤審が襲いますね。)
 6回荒木の押出し四球。7回にはタイロンのHRで小刻みに加点したのが大きかったです。ただ6、8回のチャンスに打てなった孝介がやっぱり心配。タイムリーこそありましたが、ココで打ってほしい時に、打ってほしいなぁ~。

 明日は、デーゲーム。中田くんの調子次第でしょうかね。
制球に気を付けて投げてほしいです。打線も繋いで繋いでコツコツ得点して行きましょう。勢いがある内にウサギさんチームを叩いてほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2007/05/18

5月17日 D1-0S(○)

2007_0518 中日が投手戦を制して5連勝、貯金を今季最多の6とした。四回に森野の中前適時打で先制した。先発・小笠原は緩急を生かした投球で8回無失点。九回を締めた岩瀬が10セーブ目。
 先制点は四回、好投の石井一からワンチャンスを逃さず、森野がたたき出した。1死から荒木が左前にチーム初安打。2死後にウッズ敬遠で一、二塁となり、森野に回ってきた。打ったのはフルカウントからのスライダー。打球は二遊間を鋭く抜けていった。ヤクルト3連戦すべてで先制打を放った森野。5番打者としての存在感が日増しに高まっている。(毎日新聞抜粋)

□中日-ヤクルト9回戦(中日7勝2敗、18時、ナゴヤドーム、29814人)

 ヤクルト 000000000-0
 中  日 00010000×-1

 ▽勝 小笠原3試合2勝
 ▽S 岩瀬15試合1敗10S
 ▽敗 石井一9試合3勝5敗

5月17日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:5連勝、貯金を6に ヤ軍は力投の石井一を見殺し 」(毎日新聞)
中日にも小笠原! 最少援護も8回4安打の力投! 」(サンスポ)
オレ竜今季初5連勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(小笠原について)コントロールがよくなったな。吹っ切れたものがあるんじゃないか。次も期待できると思う。
(九回続投は?)あと2点あればね。1-0で勝ったのは今年初めてだろ。
(森野について)もっとバッティングの精度を上げれば給料も上がるだろう。」

小笠原投手
「見ているお客さんもひやひやしたと思います。先に点を取られないように味方を信じて投げました。
(プロ入り初完封まであと少し)うちにはすばらしいピッチャーがたくさんいるのでお任せしました。
明日からは巨人戦なのでぼくも含めてみんなで一緒に応援しましょう!」

森野選手
「(決勝タイムリーについて)いつも通り平常心で打席に入りました。
とにかく早く点を取りたかったので必死で打ちました。
福留さんとウッズが塁に出てチャンスで回ってくることがよくあるのでそのチャンスをつぶさないように、何とかランナーを返したいと思っていつも打席に立っています。
明日からの巨人との3連戦は3連勝するつもりで明日は絶対に勝ちたいと思います。」

(4回タイムリー)
「スライダー、うまく打てました。先制点が取れてよかったです。」

岩瀬投手(10セーブ目)
「小笠原ががんばっていたので勝ちをつけたかった。1つひとつ積み重ねていくしかない」


 5連勝!!ドラゴンズらしい勝ち方でした(^_^)
小笠原の好投、森野3戦連続先制タイムリー。お見事でしたね。

 今日は、何と言っても小笠原につきますね。
8回を無失点。完封ペースの投球で2勝目。前半は、球数が多かったですが中盤以降は落ち着いて完封させるのかなぁ~。とは思いましたが、8回でお役ごめん状態でした。
今日みたいな投球をしてくれれば、安心して見ていられますね。

 交流戦では、どうやりくりするのかMコーチの手腕が問われます(^^ゞ

小笠原のあとは、本日も守護神岩瀬がしっかり締めて10セーブ目。
調子が上がってこないスワローズとの対戦でしたが、投手陣が落ち着いてきた感じですね。3連戦、先発が長いイニングを投げて中継ぎ、押さえがきっちりリードを守る本来の形が出来ました。

 打線は、孝介の調子が落ちてきましたが、その分、森野がカバーしている感じです。
この3連戦、全てが森野先制タイムリーでした。今日もあの場面で本当に良く打ってくれましたね。
森野が結果を出しているのでノリが続いてくれれば、もう少し楽な展開になりますが、その辺は今後に期待したいですね。

 明日は、交流戦前のウサギさんチーム3連戦。
カードの初戦は憲伸だと思いますが、浅尾くん、小笠原と結果を出しているので続いてほしい所。
前回の初回4失点の借りは返さなくてはいけません。完封するぐらいの気持ちで頑張ってほしいです。エースなんだから、頼みますよ!

 打線の方は、相手投手左が2枚来ると思うので、ビョン様をどうするか?
前回のナゴド3連戦では英智を思い切って使ったのですが、今回はいません。早出特打ちを行っているビョン様の意地にかけるか?誰か新しい選手を起用するか監督の起用方法に注目したいですね。


 一言。ドラではないですが、タケちゃんのHR3発に脱帽です(^_^)

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007/05/17

5月16日 D5-3S(○)

 中日はヤクルトとの競り合いを制して今季初の4連勝。2位横浜が巨人に敗れたため、2位に浮上した。
3-1の6回に先発したルーキー浅尾が真中のタイムリーで2点を奪われて同点とされたが、7回に井端のタイムリー内野安打で勝ち越しに成功。8回には、中村紀の8号ソロで試合を決定付けた。先発登板で連勝して3勝目を挙げた浅尾(ニッカン抜粋)

□中日-ヤクルト8回戦(中日6勝2敗、18時、ナゴヤドーム、29497人)

 ヤクルト 010002000-3
 中  日 20100011×-5

 ▽勝 浅尾12試合3勝
 ▽S 岩瀬14試合1敗9S
 ▽敗 遠藤13試合2勝1敗
 ▽本塁打 中村紀8号(1)(松井)

5月16日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:今季初の4連勝 ヤクルトは2年ぶりの6連敗 」(毎日新聞)
中日が今季初の4連勝! しぶとさ発揮で2位浮上! 」(サンスポ)
オレ竜今季初4連勝で2位浮上 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「40試合になってもまだチームが落ち着かない。
(浅尾について)勝とうという執念が足りない。今日の投球なら0点に抑えていいだろう。
(同点にされた場面を振り返り)歩かせるのは簡単だけど、抑えて勝ちがついた方がいい。」

浅尾投手
「(ナゴヤドームでの初勝利)すごくうれしいです。
(2軍に)落とされることが怖いので悔いのないように投げました。
これからが自分にとって勝負なので一球一球を大事に投げたいです。
先発でも中継ぎでも任された場所で結果が残せるようにがんばります。
(ファンのみなさんに)今日は遅くまでありがとうございました!」

「最初はストレートがはしっていなかったけど、投げているうちにフォームが固まってきてストレートが安定してきました。
谷繁さんに球種をしぼられないリードをしていただいたので、うまく打ち取ることができました。
ただ、真中さんに打たれた変化球は真ん中に入ってしまったので、あそこで低めに投げることが課題です。」

井端選手
「(勝ち越しタイムリーについて)同点に追いつかれた後で浅尾もがんばって投げていたので点が取れて良かったです。
立浪さんがランナーを3塁に進めてくれたことが自分にとっては大きかったです。
(足の痛みは)試合に出る以上は全力でプレーするだけです。絶好調です!
浅尾も若いので勝つことで成長してゆくと思います。今日も勢い良く投げているので守りやすかったです。」

(7回タイムリー)
「フォーク、同点に追いつかれたので、浅尾が頑張っていたし、何とか勝ち越したかった。」

森野選手(1回タイムリー)
「スライダー、満塁だったし、あまいところは積極的にいこうと思っていました。」

ウッズ選手(3回タイムリー)
「チェンジアップ、来た球を強く打つ、いつも心がけていることだが、ランナーを返せてよかったよ。」

中村紀選手(8回HR)
「スライダー、ここで点が取れれば後が楽になると思うのでいい追加点ですね。今日も勝ちたい。」

岩瀬投手
(9セーブ目)
「浅尾が頑張ってたんで勝ちがついてよかった」

荒木選手(井端の回復力に)
「(送り)バントも楽な場所に転がそうとか結構、気をつかったんですけどそんな心配いらないくらい走っていましたね。すごい…」


 4連勝!!失策で失点は頂けないですが粘り勝ち(^^ゞ
浅尾くんがローテを手中にいれましたかね。頑張りました!

 その浅尾くん、前回は6イニングでしたが本日は7イニング。失点も3と好投。
若干制球がばらついていたのが好投の要因でしょうかね。的を絞りににくかったのですかね。
追い込んでからの高めのストレートや変化球は効果的でしたんね。
 2回のノリ失策で動揺したか?藤井投手にタイムリーを打たれてしまいました。森野も取ったかのように思えましたが、真鍋塁審はショーバン判定。(今年は、よく審判に泣かされるなぁ~)
 6回の真中選手に同点タイムリーを打たれ勝利投手が厳しい状況でしたが、7回に勝ち越ししてくれて3勝目。
勝負所での変化球が甘く入って失点してしまう課題はありますが、取り合えずローテゲットですね。ただ交流戦期間中は変則日程なので、どうなるかわかりませんが。

 8回は岡本ではなく今日は平井。3人で斬って最終回は守護神岩瀬が3人でキッチリ抑えて9セーブ目。

 打線は、初回から森野の先制タイムリーが出て浅尾くんを援護。
3回は、孝介、タイロンで追加点。7回は、ビョン様のヒットを足掛かりに井端のタイムリーで勝ち越しました。
 井端、本当に頭が下がります。8回は、初回のゲッツー及び2回失策の汚名を返上するか如くノリが貴重なHRを打って追加点。この得点は大きかったです。

 投手が点を取られた場合は打線が援護するいい形が出来てきました。
先発陣も最悪の状態を脱した感じです。大型連敗は無くなりそうな雰囲気になってきましたね。
明日も一気に勝ってウサギさん戦を向かえてほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007/05/16

5月15日 D4-0S(○)

 中日が完封リレーで今季3度目の3連勝を決めた。先発朝倉が7回8安打無失点。2番手・岡本、3番手・鈴木が1イニングずつを抑えた。打線は4回に5番・森野が中前先制打、8回に4番ウッズがバックスクリーンへ17号2ランを放つなど4点を援護。3勝目を手にした朝倉(ニッカン抜粋)

□中日-ヤクルト7回戦(中日5勝2敗、18時、ナゴヤドーム、28234人)

 ヤクルト 000000000-0
 中  日 00010012×-4

 ▽勝 朝倉9試合3勝3敗
 ▽敗 館山14試合1敗
 ▽本塁打 ウッズ17号(2)(吉川)

5月15日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:今季4度目の3連勝 ヤクルトは今季初の5連敗 」(毎日新聞)
中日、すきなく3連勝 朝倉の粘りに守備も呼応 」(サンスポ)
オレ竜完封リレーで3連勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「七回にもう1点取ってくれれば。代打は難しい。一番迷うところだな。
何より(朝倉)健太が勝ったというのは大きいでしょう。」

朝倉投手
「前回早い段階でマウンドを降りているので今日は長いイニングを投げるつもりでマウンドに向かいました。
横にいる森野さんのおかげで勝つことができたと思います。
中盤は粘りの投球ができました。これまでの悔しい思いを今日の登板にぶつけることができました。
(ファンのみなさんに)ぼくが投げる試合は全部勝ちたいと思っているのでこれからも応援よろしくお願いします。」

「粘れました。2アウトからヒットが多かったので、ポンポンとアウトが取れた時は慎重かつ大胆に攻めていけるように次の登板につなげたいです。」

森野選手
「(先制タイムリーについて)チャンスだったので思い切って振りました。
いつも健太が投げる試合は打てなかったので何とかしようと思っていました。
(ファンのみなさんに)まだまだ負けられない試合が続きますのでみなさんの応援が必要です。球場に足を運んで声援を送ってください。これからも一試合一試合全力で戦います。今日はありがとうございました!」

(4回タイムリー)
「フォークかシンカーだと思う。チャンスだったので積極的にいこうと思っていました。いいヒットでした。」

立浪選手(7回タイムリー)
「カットボールだと思う。必死です。ノリがああやって粘ってくれたので、とにかく1点は欲しかった。
いい形で後ろにつなげてよかったです。」

ウッズ選手(8回HR)
「待っていたボールが来たので上手く打てた。いい追加点が取れてよかった。」

中村紀選手(七回無死一塁で、14球目を右前打)
「とにかく走者を進めようと必死だった」


 投手戦を見事に制して健太が3勝目。ドラゴンズらしい展開の勝利でした。
やっぱり井端は出場しましたね(^^ゞ無理しなくていいのに。と、思っていたのですがこの人が居る居ないでは差が大きいです。

 今日は仕事をしながらヤフーの自動更新でチェックしていたので、内容事態はよく判りませんが健太がランナーを出しながらも粘りの投球でしたね。健太らしいと言えば健太らしいです。
映像がないので、最後のMコーチからの祝砲(バインダーやケリなど)が合ったかは不明です。
これで健太は2連勝。波に乗れそうですね。

 健太の後は継いだ岡本が久しぶりに演出してくれたみたいですが、無失点で抑えきるところが、おかもっちゃんでしょうかね。
最後は岩瀬と思いきや8回裏に追加点が入ったのでセーブが付かないので鈴木。鈴木も3人でしっかり抑えて久しぶりの無失点勝利でした。

 打撃陣は相手の館山投手に苦しんだ感じで、なかなか得点出来ず。
4回、森野が良い形でタイムリーを放ち先制点。3、4番が機能しない時に森野が5番で打ってくれると、相手チームも相当嫌でしょうね。

 追加点が奪えない状態でしたが、7回にノリが粘って繋いだチャンスに代打立浪さんがタイムリー。この1点は大きかったですね。
チャンスは続きましたが、追加点を奪えなかったのが少し残念です。上田は次ぎ頑張ろう!

 8回は、3三振と館山投手に苦しんでいたタイロンが館山投手が変わって息を吹き返した感じでHR。貴重な追加点でした。

 井端は無理をして出場しましたが、2安打と貢献。
本当に膝が大丈夫か不明ですが、無理せず頑張ってほしいですね。

 7回のチャンスでビョンの所で代打を送る監督も動きましたね。
てっきりビョンそのまま、シゲの所で立浪さんだと思っていたので1本取られた感じです。
(でもビョンビョン頑張ろうよ!!)

 日曜日から良い感じで進みナゴドでもしっかり取りました。
来週から始まる交流戦の為に、今週は一つでも多く勝っておきたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007/05/14

5月13日 D6-3G(○)

 中日が終盤の効果的な加点で連勝した。3-3で迎えた8回、福留の右中間二塁打で勝ち越し、森野の左犠飛で2点差。9回に途中出場の谷繁が右越え2号ソロを放ち試合を決めた。先発・山本昌は7回3分の2を7安打3失点の内容で、今季2勝目、通算193勝目を手にした。(ニッカン抜粋)

□巨人-中日9回戦(中日5勝4敗、18時、東京ドーム、40104人)

 中 日 100101021-6
 巨 人 010000200-3

 ▽勝 山本昌7試合2勝3敗
 ▽S 岩瀬13試合1敗8S
 ▽敗 林15試合1勝1敗3S
 ▽本塁打 二岡5号(1)(山本昌)ウッズ16号(1)(高橋尚)
        谷繁2号(1)(姜建銘)

5月13日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:山本昌が1カ月ぶりの勝利 巨人は今季3度目の連敗 」(毎日新聞)
中日・福留、厳しい攻めに屈せず 勝負強さ発揮して決勝打! 」(サンスポ)
オレ竜連夜のG倒、山本昌が通算193勝目 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(八回、山本昌の続投に)一つ勝つのがどれだけ難しいか。決着をつけさせるしかない」
「(右ひざを痛め、九回の守備から交代した井端は)まだ、起用できないと決まったわけではない。中村紀や荒木だって遊撃はできる。」

山本昌投手
「(勝利の味は?)まあまあです(笑)。試合で負けないように頑張りました。
(インコースをつく強気の投球でした)幸平が上手にリードしてくれたので。本当に大事な試合ですし、チームが勝つようなピッチングができればいいなと。
(200勝まであと7勝になりました)まわりの方のほうが意識してくれていますが、まだ先の話なので。ひとつひとつ頑張っていきたいと思います。
(ナゴヤドームでは)今日以上のピッチングができればいいなと。」

(公式HPより)
「追いつかれなければもっとスカッと勝てたんですが、野手がすぐ勝ち越してくれて感謝です。
それよりも井端君がちょっと心配ですが、大事に至らないことを祈ります。
また来週も同じカードになりそうなんで、勝ちもついたことだし、一定の調子も維持できているのでまた頑張ります。」

ウッズ選手(6回HR)
「ストレート、いいボールが来たので逃さず強く打てた。体調がすごく良いし、次もいきたいね。」

福留選手(8回タイムリー)
「スライダー、その前打っていないし、昌さんが頑張っていたから何とかしたかった。」
「後ろはタイロン(ウッズ)だし、最悪当たってもいい。(死球数が、既に今季は「5」)そういう攻めなんだから仕方ない。でも、それで抑えられてばかりでもいけない。」

森野選手(8回犠飛)
「スライダー、福留さんのおかげです。」

谷繁選手(9回HR)
「ストレート、1点でも欲しかったんで。」


 昌さん。やっと勝ちましたね。このカード、勝ち越しゲット(^_^)
投打のバランス良く見事な勝利でした。ただ、井端が心配。大丈夫でしょうかね。

 その井端ですが、「井端が左足負傷」試合後も自力では歩けず、背負われて球場を後にした。との事。
大事に至らないと助かるのですが、今までフルイニング出場目指して無理して出場してましたからね。ちょっとばかしの休養を取った方が良いのかもとも思ってます。ちゃんと治してほしいので。

 その分、森野ショートやレフト藤井という布陣になるのか?予備軍から上げて来るのかは判りませんが、個人的には森岡辺りに頑張ってほしいと思ってます。本日、予備軍で2本のHRを打ったらしいので調子は良さそうですしね。最大のチャンスだと思ってほしいです。

 今日は、昌さんが本当に良かったです。
審判のストライクゾーンがなぜか狭くて苦労はしてましたが、2回のギリムラン(ドームラン)と7回の2失点。
ODAとの呼吸もバッチリの感じで試合を作ってくれました。白星が付いてホッとしてると思います。
2回のHRは、あれはないよと言った感じでした。擦った当たりが入っちゃうんだから、ビックリです。7回の同点打の外野の前進守備は微妙。ベンチからの指示だと思いますが、打者走者を3塁に行かれてはマズイと思います。
ただ、昌さんも切れる事はなく同点で食い止めたのが大きかったですね。

 昌さんの後は、おかもっちゃんと守護神で完璧リレー。理想の継投でしたね。

 打線の方は、同点に追いつかれた後の8回。
孝介が意地を見せてくれた感じです。必要以上なインハイ攻めで調子を崩していましたが、あの場面で甘く入ったスライダーを見事に弾き返してくれました。その後、森野の浅い外野フライで生還した走塁も大きかったですね。

 9回。シゲが貴重なダメ押しギリムラン。
ODAの存在が、良い方向に出ている感じです。この一発は本当に大きかったですね。2回のギリムランのお返しも出来て(^^ゞ

 来週火曜日からのスワローズ戦は井端の状態が心配ですが、一戦一戦コツコツと戦って行きましょう。
でも日曜日に勝つと良いですね!!これで明日から始まる1週間、気分が良くスタート出来ます!!!

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2007/05/13

5月12日 D9-5G(○)

 中日が打ち勝ち、連敗を2で止めた。初回、森野の右越え5号3ランで先制。その後も小刻みに得点を重ね、4回には井端の3号ソロ、谷繁の中犠飛などで4点を加えた。先発中田は6回5失点と不安定だったが、前半の大量リードを後ろ盾に4勝目を手にした。(ニッカン抜粋)

□巨人-中日8回戦(4勝4敗、18時1分、東京ドーム、44155人)

 中 日 311400000-9
 巨 人 001103000-5

 ▽勝 中田8試合4勝2敗
 ▽敗 久保4試合2勝2敗
 ▽本塁打 森野5号(3)(久保)井端3号(1)(野口)木村拓1号(1)(中田)

5月12日 試合結果(ニッカンスコアー)

<記録>
谷繁、無失策のプロ野球新 1271
 中日の谷繁元信捕手が12日の巨人8回戦(東京ドーム)で捕手の連続守備機会無失策(連続シーズン)のプロ野球新記録を樹立した。
 記録開始は06年4月4日。3回に矢野の空振り三振の刺殺でプロ野球新の1264とし、無失策のまま1271まで伸ばした。
 谷繁は10日に自身のセ・リーグ記録を更新し、伊東勤(現西武監督)のプロ野球記録(1263)に迫っていた。

<関連記事>
中日:快勝、中田は4勝目 巨人は投手陣が踏ん張れず 」(毎日新聞)
中日打線が四回までに9点! 巨投粉砕で勝率5割危機を回避! 」(サンスポ)
オレ竜打ち勝ち連敗ストップ 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(中田の投球について)点差は関係ない。点差があるからいいとかじゃない。」

森野選手
「(1回の3ラン)本当に良いところで打って良かったです。良いピッチングしていたので、バットに当たれば何とかなるかなと、大振りだけはしないように思っていきました。
勝ち越して、何とか首位のジャイアンツから離れないよう頑張っていきたいと思います。」

(1回HR)
「ストレート、チャンスだったし、とにかく先制点が欲しかった。うまく打てました。」

(4回タイムリー)
「スライダー、いいところに落ちてくれました。」

井端選手
(2回タイムリー)
「カーブ、昨日ぶざまな試合をしたので、今日は絶対に勝ちたい。」

(4回HR)
「スライダー、うまいこと打てました。よかったです。」

中村紀選手(3回タイムリー)
「シュートかな、今日は勝ちます。」

谷繁選手(4回犠飛)
「スライダー、最低限の仕事ができました。」

中田投手
「今日は、いつになく腕が振れてストレートがどんどんいけたのが収穫です。ただ、点を取られているので課題はあるのですが、腕がしっかり振れたことを継続していきたい。またコントロールも全体的にまとまるようにしていきたいです。」


 勝ちましたね(^_^)
全体の雰囲気をイマイチ把握してませんが、帰宅前に携帯でチェックしたら9-2だったので楽勝かなと思っていたら、最後は9-5になってました。とにかく勝って良かったです。

 先発の中田くんはどうだったのでしょうかね?
結果自体は6回5失点。与四球が3つですから今までよりは良かった感じでしょうか。

 岡本が登板。ケガの方は問題なさそうですね。この変からTVで見れました。平井、岩瀬と調整込みで投げましたがこういう点差になると安心して最後は見れますね。

 打線は、井端、荒木、森野が良かった感じです。
井端は今日が誕生日だった模様で、自分自身で祝う形。森野も初回のチャンスにHRと最高の結果が出た感じ。
孝介が少し気になりますが、打線の方は大丈夫そうです。

 明日は、相手投手も良いと思うのでコツコツと得点して昌さんに白星を今度こそ付けてほしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (5)

2007/05/12

5月11日 D1-8G(●)

2007_0512_1 先発・川上が2回5安打5失点でKOされ、2連敗となった。2番手グラセスキ、3番手・小林が無失点でつないだが、今季初登板の4番手・鈴木は2イニングで3失点。打線の援護は中村紀の7号ソロによる1点のみだった。(ニッカン抜粋)

□巨人-中日7回戦(巨人4勝3敗、18時1分、東京ドーム、42247人)

 中 日 000100000-1
 巨 人 41000012×-8

 ▽勝 内海7試合5勝1敗
 ▽敗 川上6試合1勝2敗
 ▽本塁打 谷4号(2)(川上)小笠原8号(1)(川上)9号(1)(鈴木)
        中村紀7号(1)(内海)高橋由8号(2)(鈴木)

5月11日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
巨人:先制攻撃で快勝 中日は川上の乱調と拙攻響く 」(毎日新聞)
中日・川上、2回5失点でKO 力なく「何もありません」 」(サンスポ)
川上打たれ、オレ竜連敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「川上はあのまま投げさせていたら、何点取られたかわからなかった。
川上は次の登板に合わせてきっちり調整させた方がいいのではないか。
収穫は鈴木。あれだけのボールを投げられたということで(起用の)幅が広がってくる」

川上投手
「何もありません」

中村紀選手(四回に看板直撃の7号ソロ)
「看板は初めて。その上はあったけど」


 TVが始まる7時には勝敗が決まっていた感じ(涙)
さすがに初回のチャンスでゲッツー。その裏4失点はいきなり凹みましたね。

 今日は憲伸の出来でしょうね。
森さんも2回で降板させる時に、何かなだめていた感じですが今年の憲伸を象徴している投球でした。
スピードがない変化球もイマイチで今日は本当に調子が悪かったです。交代はやむを得ないでしょう。

 憲伸もそろそろビシッとしないと外野から例の言葉を言われちゃうぞ!!

次回までにちゃんと修正してくださいね。

 森野!!Gの三塁コーチに完全になめられてるぞ~!!

初回の二岡選手の当たりも良い返球なら刺せたと思うし、4回は完全になめた走塁を見せられた感じ。
完全な外野手ではないのでしょうがないですが、一度ビシッと捕殺を決めて泡をふかせましょうよ。

 あとは打線もチャンスは沢山作るのですが今日も、1本が出ず。
孝介が左投手のスライダーに最近手こずっていて、ちょい下降気味の気配を感じますが、修正してくれる事を願ってます。

 中継ぎもグラ、小林とランナーを出しましたが何とか抑えて失点をしなかったのですが、鈴木が被弾してしまいました。球威はあるので今後は大丈夫かなと思いますが、今日は内に入った甘いボールを打たれた感じ。
でもココの球場は、擦った当たりでも入っちゃうしよく飛ぶので。ま、しょうがないでしょう。

 明日は、朝から出かけてしまうので見れないかと(^^ゞ
携帯でチェックしたら勝っていた!!と、言うのが理想ですね。

と、言う事で皆さまの所に伺うのがちょっと遅れますのであしからずm(__)m


<プロ野球の公示(11日)> 
【出場選手登録】 ▽ 小林正人投手
【同抹消】      ▽ 石井裕也投手

 石井くんが、ちょい心配。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2007/05/11

5月10日 D1-2xC(●)

 中日は広島に今季初のサヨナラ負けを喫し、連勝がストップした。9回、1死一、二塁でウッズが永川から右前タイムリーを放ち、同点としたが、その裏、1死一塁で3番手石井が森笠にサヨナラタイムリーを許した。2試合連続17安打と好調だった打線がわずか2安打に抑え込まれての敗戦。(ニッカン抜粋)

□広島-中日8回戦(中日5勝3敗、18時、広島、10727人)

 中 日 000000001-1 
 広 島 010000001X-2 

 ▽勝 永川16試合2勝2敗9S 
 ▽敗 石井8試合1勝2敗

5月10日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
広島:サヨナラ勝ち、連敗を2で止める 中日は2安打のみ 」(毎日新聞)
中日、今季初のサヨナラ負け 打線も一転わずか2安打 」(サンスポ)
今季初サヨナラ負けで連勝ストップ 」(ニッカン)

<記録>
谷繁がセの無失策記録更新
 中日の谷繁元信捕手が10日の広島8回戦(広島)で、自身の持つ捕手の連続守備機会無失策(連続シーズン)のセ・リーグ記録を更新した。
 記録開始は06年4月4日で、四回に石原の空振り三振時の刺殺で1246のリーグ新とし、無失策のまま1252まで伸ばした。プロ野球記録は伊東勤(現西武監督)の1263。

<監督、選手コメント>
落合監督
「心配はいらない」
「(岡本について)おれは医者じゃないから分からない。担当医に聞いてくれ」

小笠原投手
「守りに助けられて、とりあえずゲームは作れたと思います。ただ、無駄な球が多かったですね」

石井投手(サヨナラ打を浴び)
「球自体は悪くなかったが、高めに浮いてしまった。最後は力んだ」

ウッズ選手(9回タイムリー)
「点を入れることだけを考えて打席に入った。また打って、今度は勝利に貢献したい」


 9回追いつきましたが、2安打では勝てませんでした(>_<)
RCCとネットでチェックしてたので、雰囲気は掴めませんがしょうがないですね。明日から気を取り直して頑張りましょう。

 ちょっと、おかもっちゃんが心配です。
新井選手の打球が左手に直撃して負傷した模様・・・・・。何てこった(>_<)
大丈夫なんでしょうか?長引かないでほしいです(願望)

 打線は、打ち疲れというか、相手の高橋投手をまったく打てず・・・・。
高橋投手には、毎回やられているイメージが凄いあるので苦しい展開になると思ってましたが、やっぱ相性というかそんな感じの展開。

 ただ9回は、良く追いついたと思います。タイロンも良く打ってくれました。
あの展開で相手のクローザーから得点して、あっさり負けなかったのが唯一の救いですかね。明日に繋がりそうな気がします。
それにしても森野は新聞の1面ゲットのチャンスを逃しちゃったね。もったいないなぁ~。

 小笠原も7回まで踏ん張って良く投げました。試合を作ってくれましたが援護が無かったです。
ただ5から7回まで二死を取った後にヒットを打たれたのが今後の課題ですかね。次回も期待しております。

 石井くんも急遽上がった8回は抑えてくれましたが、9回は四球を出したのが響いた感じ。あっさり点を取られた感じです。
ただ石井くんは3連投なので致しかたないですかね。9回は他の投手でも良かったと思いますが・・・。せっかくスーさん入れたんだからね。こういう場面で試してみたも良かったと思います。

 うっ。気が付けば又、継投批判してるよ~。(^^ゞ頼むよ~(笑

言える事は9回、両チームの投手が無駄な四球を出しあった事が、こんな展開になったのかなと。四球はやっぱり怖いですね。
あとは、攻撃でエンドランが成功したのと、しなかったのも差かな。

 気を取り直して明日ですね。打線は、本日有休だったので明日は打って、憲伸に白星をプレゼントしてほしいです。


<プロ野球の公示(10日)>
【出場選手登録】 ▽ 鈴木義広投手
【同抹消】      ▽ S・ラミレス投手

 ラミレスを落としちゃったんですね。その分、鈴木がやっと上がってきてくれました。
徐々に中継ぎ陣の整備が出来つつあります。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2007/05/10

5月9日 D12-7C(○)

 中日が先発全員の17安打で12点と連夜の2けた得点を挙げた。一回にウッズが先制打を放ち、三回はウッズと李炳圭が2ラン。追い上げられた終盤にも犠飛などで加点し突き放した。プロ初先発の新人浅尾が6回3安打2失点で2勝目。

□広島-中日7回戦(中日5勝2敗、18時、広島、9727人)

 中 日 124010022-12
 広 島 010001401- 7

 ▽勝 浅尾11試合2勝
 ▽敗 大竹7試合3勝2敗
 ▽本塁打 谷繁1号(1)(大竹) 前田智5号(1)(浅尾)
        ウッズ14号(2)(大竹)15号(1)(横山)
        李炳圭2号(2)(大竹) 栗原8号(1)(浅尾)9号(4)(S・ラミレス)

5月9日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:長打攻勢で2連勝 広島の投手陣崩壊 」(毎日新聞)
ドラのルーキー・浅尾が直前先発指令で快投白星 」(サンスポ)
オレ竜連夜の2ケタ得点で連勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(初先発で2勝目を挙げた新人・浅尾について)先発は前から決まっていた。知らなかったのは本人だけ。知っていたら大変なことになる。」

浅尾投手
「(初先発について)途中で球速が落ちてきたので変化球を使った緩急のあるピッチングを心掛けました。
打線の援護で気持ちに余裕がありました。甘い球では必ず打たれるということが勉強になりました。そこが修正点なのでしっかり課題を持って取り組んでいきたいと思います。
(マウンドを譲ってからは)中継ぎの気持ちもわかりますから信じて待っていました。これからも一人一人、一球一球を大事に投げていきたいと思います。」

「5回までに味方の方がたくさん点を取ってくださったので、気持ちに余裕ができてリズム良く投げることができたと思います。
ファームの時も含めて久しぶりの先発だったのでペース配分がよくわからなかったけれど、いけるところまでいこうと思っていました。」

ウッズ選手
(1回タイムリー)
「ストレート、先制のチャンスだったのでランナーを返すことを心がけた。うまく打てたよ。」

(3回HR)
「スライダーかな。変化球をうまくとらえられたよ。」

(5回HR)
「ストレート、打ち損じることなく上手くとらえられたよ。」

谷繁選手(2回HR)
「ストレート、いつものように来るボールに素直にバットを出した結果、ホームランになっただけです。」

李選手(3回HR)
「フォーク、追い込まれていたので、何とか上手く当てようと思っていた。芯でとらえられてホームランになってよかったよ。」

森野選手(8回犠飛)
「ストレート、追い上げられて追加点が欲しい場面だったのでとにかく追加点が取れてよかった。」

中村紀選手(8回タイムリー)
「ストレート、点差が縮まったので効果的な一打が打ててよかった。」


 本日も先発全員安打の猛攻。投げては浅尾くんの好投で勝利(^_^)
7回表までは完璧な試合展開でしたが、後半はちょっとぐずぐずな展開でした。

 中2日で先発した浅尾くんが本当に良かったです。
6回を2失点で凌ぐ形でした。7回ぐらいまで投げてくれると、ありがたかったのですが中2日ですからね。ただ次回も先発のチャンスを勝ち取った感じです。
 2失点に関しては、ドラ戦ルーキーキラーの前田選手とドラ戦鬼打ち栗原選手による2本のHRでの失点。ココはとくに狭いから致しかたないですね。

 浅尾くんが降板した7回からは何でこうなるの状態。
Sラミに関しては、今まで貢献してくれているので悪い日もあるかと思います。微妙な間隔が空いた後の連投ですからね。しょうがないでしょう。あそこで栗原選手に変にヒットで繋がれていた方が、もっと嫌な雰囲気だったのである意味HRで良かったかもと試合が終わった後に思いました。
石井くんに関しても連投。投げさせる事はしなくても良かったと思いますけどね。

 いけない。いけない(^^ゞ気が付いたら継投批判してるよ(w
ドラゴンズは今日で34試合目。Mコーチもフルに頭を使って頭の中が34連投状態ですからね(^^ゞって言い過ぎか(w)そんな言い方したら訴えられますねm(__)m

 打線の方は、2試合続けていい感じです。
タイロンは絶好調ですね。今年は本当に良い場面で打ってくれます。先制タイムリーと2本のHRはお見事でした。
 カープ戦と言えばこの人。シゲにも今季第1号HR。しかも猛打賞と打撃が良い感じになってきました。打撃が良くなるとリードも冴えるので相乗効果ですね。
 苦しんでいるビョン様も良くなってきている感じ。しばらくこの調子を続けてくれればありがたいですね。
打線が線になってきたので繋がれば大量点になる感じがします。

 明日も打ち疲れが出ない事を祈りつつ、先発陣の頑張りに期待したいですね。
又、こちらもかなりの恩恵を受けていますが、投手陣も狭い球場なので一発に注意で行きましょう!!

 予断ですが、楽天のタケちゃんも凄いですね!!

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2007/05/09

5月8日 D16-4C(○)

 中日が今季最多タイ、16得点の猛攻で圧倒した。2回に李の左翼への二塁打で先制し、3回に打者9人で6安打を浴びせ5点を追加。4回にウッズの13号2ランで突き放した。10-4で迎えた8回には中村紀の右越え6号2ラン、9回にも井端のバックスクリーンへの2号3ランで得点を重ねた。(ニッカン抜粋)

□広島-中日6回戦(中日4勝2敗、18時1分、福山、10127人)

 中 日 015200233-16
 広 島 000040000- 4

 ▽勝 朝倉8試合2勝3敗
 ▽敗 青木高7試合6敗
 ▽本塁打 ウッズ13号(2)(マルテ)中村紀6号(3)(小山田)
        井端2号(3)(河内)

5月8日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:リーグ最多タイの16得点で大勝 広島は5連勝逸す 」(毎日新聞)
中日・中村紀、自慢の長打力発揮 4安打5打点 」(サンスポ)
竜猛攻、今季最多タイ16点圧勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(先発・朝倉について)良いピッチングをしても勝てない時もあるし、ヨタヨタしてても勝てる時もある。それが野球ってもの。」

中村紀選手
(3回タイムリー)
「ストレート、朝倉が頑張っているんで。今日はとにかく健太に勝ちをつけないと。」

(8回HR)
「ストレート、うまく押し込むことができて、右方向に打てました。」

李選手(2回タイムリー)
「ストレート、久しぶりに得点圏にランナーがいる場面でいい打球が打ててよかった。」

森野選手(3回タイムリー)
「ストレート、結果が出てよかったです。」

谷繁選手
(3回タイムリー)
「チェンジアップ、うまくヘッドの先にひっかかってくれて、点を取れてよかった。」

(7回タイムリー)
「ストレート、4点取られて、追加点が欲しい場面だったので何とか打ちたかった。点が入ってよかった。」

ウッズ選手(4回HR)
「ストレート、うまく芯でとらえられた。」

立浪選手(7回タイムリー)
「シンカー、いい形でシゲがつないでくれたので、ダメのダメを押さなければいけない場面だし、絶好機だったので何とかしたかった。最近ヒットが出ていなかったし結果がすべてなので、良い結果が出せてよかったです。」

井端選手(9回HR)
「(野手の先発で)1人だけ(安打が)出ていなかったので思い切り振りにいこうと思った」

朝倉投手
「今日は3回までリズム良く投げられたのですが、4,5回はリズムに乗り切れないところがあった。野手の方が点をたくさん取ってくれたので、本当は完投を狙わなければいけないのに申し訳ないです。次回は頑張って投げたいと思います。」


 打線大爆発でしたね。健太にやっと白星が付きました(^_^)
先発野手全員の17安打で、今季最多タイの16得点。お見事な攻撃でした。

 今日は打撃陣については沢山ありますが、その中でも6、7番ですかね。
ノリはどうしちゃったの?というぐらいに打ちまくりました。4安打5打点。3二塁打に3ラン。今日は打てばヒットになる感じで、やっと打撃フォームが固まりつつあるみたいです。
 ビョン様も特打ちの効果かバットを振り抜けるような感じになってきました。日曜日の最終打席のヒットが良かったのも影響したかも。6、7番がしっかりすれば打線が繋がるので得点が増えますね。

 一人、蚊帳の外だった井端も最終回にHRで先発全員安打達成。
正直、ここまで打つと明日の打線が打ち疲れで少し心配になりますが・・・・。打てる時には、打っておかないと、と言った感じですね。

 投手陣では、健太にやっと白星が付きました。
序盤は良かったのですが、味方が大量点で援護してくれたらちょっとモタ付き始めたのが頂けないですが、今までの事があるので、今日は良いんじゃないですかね。先発には白星が一番の薬なので、健太もこれから白星が先行するように頑張ってほしいですね。

 久しぶりに両助っ人を見た感じです。
何で使わなかったのか不明ですが、ラミ、グラともしっかり1回を抑えてくれましたね。
 最後は制球難克服が課題の中田くんが登板。中2日で登板という、例のMさん継投。中継ぎである程度投げさすのか判りませんが、早く立ち直ってほしいですね。

 このような展開でも、中継ぎ陣を惜しげもなく注ぎ込んだMコーチ。
大丈夫?それはさておき明日の先発が判らなくなりましたね。

 今日の福山は序盤が強風で中盤以降は、スカイフィッシュみたいな虫(そんなのいないか(^^ゞ)が沢山いてやりづらそうでしたが、明日は市民球場。こちらも野外で狭いので何が起こるか判りません。
本日の打ち疲れがない事を祈りつつ、先発が試合を作ってほしいですね。

 ※明日はTB、コメントの返信など、かなり遅くなりますm(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007/05/07

5月6日 D3-7YB(●)

 中日は横浜に敗れ、連勝が3でストップした。今季初の中4日で先発した山本昌投手(41)が2回に村田の5号ソロ、吉村の3号2ランで3点を先制され、主導権を握られた。
4回に中村紀の5号2ランで1点差と迫ったが、8回に2番手平井が鈴木尚に中前タイムリーを許し、9回には3番手岡本が相川のタイムリー三塁打で3点を奪われ、突き放された。
山本昌は、7回5安打3失点で今季3敗目を喫した。今季初の9連戦を3勝6敗で終えた。(ニッカン抜粋)

□中日-横浜9回戦(中日4勝5敗、14時、ナゴヤドーム、37579人)

 横 浜 030000013-7 
 中 日 000200001-3 

 ▽勝 土肥6試合4勝
 ▽敗 山本昌6試合1勝3敗
 ▽本塁打 村田5号(1)(山本昌)吉村3号(2)(山本昌)
        中村紀5号(2)(土肥)ウッズ12号(1)(牛田)

5月6日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
横浜:土肥は開幕から無傷の4連勝 中日の連勝3で止まる 」(毎日新聞)
中日・山本昌、中4日で先発も「序盤の3点が重かった」 」(サンスポ)
オレ竜、3連勝でストップ 」(ニッカン)

<記録>
中村紀が1500試合出場=プロ野球
 中日の中村紀洋内野手(33)は6日の横浜9回戦(ナゴヤドーム)に5番3塁で出場し、通算1500試合出場を達成した。プロ151人目。初出場は近鉄時代の1992年6月12日、ダイエー8回戦(平和台)の8回に代打で。

中村紀選手
「(通算1500試合出場について)この世界に導いてくれた仰木さんと、拾ってくれた中日に感謝したい」

<監督、選手コメント>
落合監督
「(山本昌について)数、投げさせなきゃ今年中に勝てないだろ。内容的にはそこそこだから、勝つのにそんなに時間はかからないだろ。」
「(山本昌になかなか勝ち星がつかず)しょうがない。零で抑えればいいだけのこと。(通算200勝の)チャンスがあるんだから、どんどん投げさせる。」

山本昌投手
「序盤の3点が重かったですね。申し訳なかったです」

(公式HPより)
「いっぺんに3失点はやっぱり重かったですね。
前回、横浜で3連敗しているので、なんとか3連勝したかったのですが…。申し訳ない。
ただ中4日でそこそこ投げられたのは、今後を考えると明るい材料かな。また次頑張ります。」

中村紀選手(4回HR)
「ちょっと(バットの)先だったけどうまく運べた」

ウッズ選手(九回に12号ソロ)
「甘く入ったフォークをうまく打てた。点差が開いていたが、あきらめずに最後に1本打てて良かった」


 勝たなきゃ意味がないのに負けちゃった(>_<)
それにしても、自分が思う、こうはなってほしくない展開になってしまった模様。

 1)やっぱり昌さんの中4日をやってきた。森さん
 2)平井復帰後にすぐ連投させる。森さん

 森さん頼むよ~~(苦笑)
4年も森さんの投手起用を見てきたので、うすうすは感じていましたが(感じる辺りは森さん研究の成果かと(爆))
内容はどうあれ昌さんの中4日はどうなの?来週の巨人戦3戦目に投げさせたいのは判るけど、この時期にね。やるか普通。
(監督のコメントだと今年中に勝たせたいから、みたいな感じだけど。)

 そんな状況の中、昌さんも7回3失点と踏ん張りましたが、3戦目にして鬼が目を覚ました感じ(>_<)あのツーランは痛かったです。
後半はリズムが良くなって本来の投球でしたね。89球だったので8回も行っても良かったかもと、久しぶりにタラレバ(^^ゞ中4日ですからね。あまり無理はさせられません。そう考えると7回が妥当だったのかな。それにしても久しぶりの中4日でしたが炎上する事なく、投げた昌さんは立派ですね。
でも昌さんが投げる時は、いつもこんな感じで打線は湿ってるし中継ぎが打たれますね。

 平井も連投させて大丈夫なんでしょうか?
焦る事ないと思うのですが・・・・。これから、1年間頑張ってもらうので現段階では無理をさせてほしくないですね。

 最後に、もう一つ9回のおかもっちゃん起用。
2点差で行くかなぁ~。登板過多なのでちょっと避けてほしかったです。ストレートや変化球に切れがなかったです(>_<)
グラやラミは最近出てこないけど、どうしちゃったんでしょうかね?

 ブログで批判したくないのですが、批判連発してm(__)m

逆に打線の方は、森野抜きがやっぱり堪えましたね。
土肥投手はドラゴンズキラーになっちゃいました。いつぞやの下柳投手並です。なぜか打てない状態。
4勝のうち3つがドラ戦とは・・・・(涙)何か攻略法を考えてほしいですね。

 荒木の調子も上がってこない状態。ビョン様は最後の打席でやっと良い当たりが出たのが救いでしょうかね。
ノリに関してはフォームを試行錯誤状態。ただ徐々にですが良くなってますね。

 GW最後の日を残念ながら勝利で飾る事が出来ませんでしたが、来週の広島戦はキーポイント。
相手も調子が良いので、何とか接戦に持ち込みたいですね。

 今日は、批判ばかりでm(__)m
明日から更新や返信などが訳合って若干遅くなります。こちらもm(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2007/05/06

5月5日 D4-3YB(○)

2007_0506_1 中日が横浜に逆転勝ち。3連勝で貯金を2とした。0-1の3回1死満塁で福留が右翼への2点タイムリー二塁打を放って逆転に成功。さらに1死二、三塁でウッズの2点タイムリーで主導権を握った。投げても5回途中から久本、平井、岩瀬とつないで横浜の反撃を封じた。今季初勝利の久本は初のお立ち台に(ニッカン抜粋)

□中日-横浜8回戦(4勝4敗、15時1分、ナゴヤドーム、37992人)

 横 浜 100110000-3
 中 日 00400000×-4

 ▽勝 久本4試合1勝
 ▽S 岩瀬11試合1敗7S
 ▽敗 川村5試合1敗

5月5日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:3連勝で、3カードぶりの勝ち越し 横浜は連敗 」(毎日新聞)
中日3連勝で再び上昇気流 久本、平井が好救援 」(サンスポ)
オレ竜3連勝で貯金2 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(先発中田について)勝ち星をドブに捨てるようなもんだ。もったいないなあ。だめなら入れ替えるしかない。本人も何かを変えていかなくてはいけない。
平井が上に上がってきたのは本当に大きい。今の状況で若いピッチャーを出すのは苦しい。平井、岡本、岩瀬がそろうことで手が打ちやすくなる。あとは先発だ。」

久本投手
「お立ち台に登ることはないだろうと思っていましたが6年目で初めて登ることができてすごくうれしいです。
前回の巨人戦で失敗してみんなに助けてもらったので今日は何とかしたいと思ってマウンドに向かいました。
今日は力を抜いて投げるように心がけました。
(ノーアウト満塁のピンチで)このピンチを乗り切れば何とかなると思って一生懸命投げました。
これからも今日みたいなピッチングができるようにがんばりますので応援よろしくお願いします。」

福留選手
「(逆転タイムリーについて)前の打席で三振しているので初球からどんどん振ってやろうと思って打席に入りました。
こどもの日とは相性が良いので何か良い事があるんじゃないかと思っていました。
前回の横浜で3連敗しているのでその借りだけはきっちり返したいと思います。
これだけたくさんのお客さんが入っているので明日も恥ずかしい試合をしないようにがんばります!」

(3回手タイムリー)
「ストレート、初回打てなかったので、何とか打ててよかったです。こどもの日なんで。」

ウッズ選手(3回タイムリー)
「ストレート、まだチャンスでランナーが残っていたので何とかランナーを返したかった。いいところを抜けてくれたね。」


 3連勝!!徐々にチームの形が出来てきましたね!!!
本日は、知人の芝居を見に行ってきたので、試合を見たのが7回裏からです。
(携帯では、チェックしてましたが(^_^))

 一番の心配事は森野の状態でしょうかね。
死球で途中後退しているので・・・・。大丈夫でしょうか?英智が離脱した上に森野まで離脱になると、もう頭を抱えざるおえない状態です。何とかなりませんかね。

 打線の方は、3、4番がしっかり機能しているので、6、7番次第でもう少し楽な展開になると思いますが、気が遠くなる感じです(現状は(^^ゞ)
ビョン様に関しては、スタメンで出場できる用に追い風が吹いている感じです。そろそろ韓国のイチローと言われた技を見せてほしい今日この頃です。
ノリに関しての意見は又いつかどこかで(^^ゞ

 投手陣ですが、平井の復帰は大きいですね。個人的な意見は(下記↓)公示の所で述べます。
問題は、中田くんですね。四死球地獄から抜け出せませんね。今年は、何でこんなに制球が悪くなってしまったのでしょうかね?七不思議です。監督のコメントから見るとミニキャンプっぽい感じですね。この時期、毎年離脱しちゃいますね。
だからと言って、変わりの先発がいないのが現状です。救世主を希望したいですね。

 本日もロングリリーフ久本。
毎回こんなに球数投げて大丈夫かな?と思いますが、前回G戦でのリベンジを果たしてくれました。本当に貴重な存在ですが、投げさせ過ぎに注意してほしいですね。Mさん。

 平井が8回を抑えて最後は、岩瀬がサクッと3人で締めて7セーブ目。
先発が崩れても中継ぎ陣でカバーする本来の形が出来つつありますね。もう少しの辛抱でしょうかね。

 借り2つは返しました。明日勝たないと意味がないので、3つ取れるよう頑張って戦ってほしいですね。
中5日で中田くんを先発させた事によって、明日の先発が読めなくなりました。浅尾くん。グラ。などなど予想が難しいです。この時期1度はやって失敗する中4日で昌さんはないですよね。Mさん。
誰であれ先発はしっかり長い回を投げて打線が援護して最後のGWの休みを勝って終わらせましょう!!


<プロ野球の公示(5日)>
【出場選手登録】▽ 平井正史投手
【同抹消】     ▽ 高橋聡文投手

 平井が戻って来てくれた事は、本当にありがたいのですが・・・・。
まだ、ちょっと早くないですかねぇ~。病み上がりなので間隔をしっかり空けて登板させてくださいね。Mさん!!
変わりに降格になったのは聡文。聡文かぁ~。悪かったのはこの間のG戦だけだったと思うのですが、よほどMさんに嫌われているのかな(苦笑)現状、左が少し多かったので石井くんとの天秤だったとは思いますけどね。
森さん(もう実名でいいや(^_^))頼みますよ~!!ちゃんと!!!

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007/05/05

5月4日 D5-2YB(○)

2007_0505_1 中日が横浜を下し、連勝した。0-0の6回、井端のチーム初安打となる内野安打をきっかけに1死一、二塁とするとウッズが横浜先発寺原から左翼席に11号3ラン。さらに1死満塁から谷繁が左前に2点タイムリーを放ち2点を加えた。7回途中2安打2失点の好投で今季初先発、初勝利を挙げた小笠原。(ニッカン抜粋)

□中日-横浜7回戦(中日3勝4敗、15時、ナゴヤドーム、37956人)

 横 浜 000000200-2
 中 日 00000500×-5

 ▽勝 小笠原1試合1勝
 ▽S 岩瀬10試合1敗6S
 ▽敗 寺原5試合3勝1敗
 ▽本塁打 ウッズ11号(3)(寺原)

5月4日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:ウッズ一発、小笠原が今季初勝利 横浜は6連勝逃す 」(毎日新聞)
中日連勝!ウッズは寺原から雪辱弾 小笠原が今季初勝利 」(サンスポ)
オレ竜、首位横浜を下し連勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「去年の勝ちパターンだな。五回までピッチャーが零に抑えたからこういうゲームになる。これで落ち着くんじゃないか。」
「(小笠原について)若手と違ってコントロールがばらつかない」
「3、4番は機能しているだけに後はどうその前後を固めていくか」

小笠原投手
「これだけのお客さんに入っていただいてとても緊張しましたが自分のピッチングを心がけていつも通り攻める気持ちを忘れずに投げました。
粘り強く投げていれば見方が点を取ってくれると信じていました。
次は今日よりももっと粘り強いピッチングをしたいと思います。これからも球場に足を運んで今日のようにたくさんの応援よろしくお願いします!」

「無駄なボールが多かったのと、最後の回がもったいなかった。もっと攻めていけばよかった。」

ウッズ選手
「(先制3ランホームランについて)最高の気分です。チームが勝ったこともうれしいです。
寺原投手は良いピッチャーですがうまく打てたと思います。強く打ってランナーを返すことを心がけました。
今日は自分のホームランが連打のきっかけになったと思います。優勝できるように一生懸命がんばりますのでこれからもナゴヤドームに来て応援してください。よろしくお願いします!」

(6回HR)「スライダーかな。緊迫したゲーム展開なので何とか先に点を取りたかった。いつものように強く振ることを心がけたんだ。先に点が取れてよかったよ。」

谷繁選手(6回タイムリー)
「フォーク、追加点が欲しい場面だったし絶好機だったので、何がなんでも打ってやろうと思った。気持ちで打ちました。」

岩瀬投手
「気持ちを切り替えて投げた。1年やってれば悪い時もある。いい形で勝てた。」


 まずは借りのうち1つ返しましたね(^_^)
6回の集中打、見事な繋がりでした。先発の小笠原も「困った時の小笠原」を披露。全てが上手く回りました。

 今日は、小笠原ですかね。
ストレートの切れが良かったです。シゲも上手く使ってリードしてました。ランナーを出しても落ち着いて投げていました。
5回ぐらいからボールが上ずってきましたが、高低左右投げ分けて7回途中まで2失点。
先発の役割を十分果たしてくれました。後半は少しスタミナ切れになった感じですが、最近の先発陣の中で一番安定していましたね。
とくにドラ戦になると鬼打ちの誰とは言いませんが両選手を抑えたのが一番の勝因かも。

 小笠原の後は、勝利の方程式といいますか岡本、岩瀬。
岡本も回をまたぎますが3連投の疲れを見せず無失点で守護神へバトンタッチ。続く岩瀬もここ2試合は嫌な感じの投球でしたが、本日はしっかり3人で斬って久しぶりのセーブが付きました。
やっと投手陣が形になった展開でしたね。

 打線の方は前回ハマスタでやられている寺原投手との対戦。
荒木とかビョン様を見ているとノーノーやられそうな雰囲気でしたが、6回井端のラッキーヒットで流れが変わった感じ。
タイロンも寺原投手にリベンジとばかりに左翼席へ豪快な一発。ここでの一発が大きかったです。
続く森野、ノリが繋いで代打立浪さん。ここで代打を送られる助っ人ってどうなのよ?と、いう気持ちはありましたが(監督も遠慮しなくなった模様(^^ゞ)立浪さんが四球を選んで満塁の好機でシゲシゲ。

 やっと、シゲが打ってくれましたね(^_^)

先週ハマスタで応援したのが1週間遅れで本日やっと届いた感じ(笑)今日はリードも冴えてたし、それが打てた要因かも。
ODAも将海も頑張っているので、切磋琢磨して頑張ってほしいです。

 問題は明日の先発でしょうかね?
中田くんは、ないと思うのですが、どうなんでしょうかね?木俣氏はグラとか言ってますが。誰が先発であれ勝って借りをもう一つ返しましょう!!
 明日は午後から出かけてしまうので見れませんが、携帯でチェック!勝ってますように!!


<プロ野球の公示(4日)> 
【出場選手登録】 ▽ 上田佳範外野手
【同抹消】      ▽ 英智外野手

 英智は、やっぱりダメでしたね(>_<)10日で戻ってきてほしいのですが。ただ、焦らずにちゃんと治してほしいです。
変わりに上がってきたのは、上田っすか(^_^)予備軍で率は残してないけど会長だと思ったのですが・・・。少なからずビョンビョンも意地みせましょうよ!!
ハムもケガなんかしてる場合ではございませんよ!チャンスはあるんだから!!

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2007/05/04

5月3日 D6x-5G(○)

2007_0504 中日がサヨナラ勝ちし、連敗を6で止めた。1-5で迎えた8回に森野の右越え3ランなど4点を奪って同点。9回裏2死一、二塁からウッズが右中間にサヨナラ打を放った。ウッズは5回に中越えの10号ソロをマークするなど4打数3安打2打点。(ニッカン抜粋)

□中日-巨人6回戦(3勝3敗、14時、ナゴヤドーム、38258人)

 巨 人 001000040-5
 中 日 000010041X-6

 ▽勝 岡本14試合2勝
 ▽敗 会田15試合1勝1敗
 ▽本塁打 小笠原6号(1)(川上)ウッズ10号(1)(木佐貫)
        森野4号(3)(林)

5月3日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:サヨナラ勝ちで連敗を6で止める 巨人は4連勝逃す 」(毎日新聞)
ウッズ決めた!連敗止めた!中日4点差逆転しサヨナラ勝ち 」(サンスポ)
オレ竜サヨナラ勝ちで連敗脱出 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(連敗を)止めるのはエースか4番のどちらか。4点リードされているときはさすがにベンチは良い雰囲気ではなかった。
若い選手は負けることを経験していないので主力の力が必要だった。
3番敬遠の後の4番がプライドをかけてサヨナラヒットを打った。
川上の踏ん張りに打線が応えた形だ。
これからが本当の意味でのスタートだ。」

ウッズ選手
「(サヨナラタイムリーについて)何が何でも打ってやろうと思いました。
打席では我慢して良い球が来るのを待っていました。
昨日は試合に出ることができなかったので今日は辛抱してチームの勝利に貢献できるようにがんばりました。
今日はファンの皆さんのおかげで勝つことができました。
プレーオフに出場できるようにがんばりますのでこれからも応援よろしくお願いします。」

(5回HR)「フォーク、三振にはならないように気をつけて、ボールを思い切り叩いたよ。」

森野選手
「(同点3ランホームランについて)前の打席で見逃しの三振という最低な結果でファンの皆さんをがっかりさせていたので思い切り振っていこうと開き直って打席に立ちました。
試合に出たら調子の良し悪しは言ってられないのでバットを持っている限り思い切りスイングすることを心がけました。
今日はあきらめないというみんなの気持ちが結果につながったと思います。
(ファンのみんさんに)毎日たくさんの方がナゴヤドームに来てくれてうれしいです。僕たちも絶対に勝ちたいと思ってプレーしていますのでこれからも応援よろしくお願いします。」

(8回HR)「スライダー、開き直ってがむしゃらにいきました。思い切り振っただけです。」

福留選手(8回犠飛)
「できればヒットでつなぎたかった。」

川上投手
「ここまで1対1なので、小笠原さんのホームランはそう考えると防げたのではないか。
気持ちとしてはいつもと違うプレッシャーはあったが、その中でも試合は作れたので、試合を作るという意味では満足しているが、チームが勝つということではまだ満足していません。」


 連敗街道長かったですね。やっと美味しいお酒が飲めました(^_^)
8回表の4失点で、今日もかぁ~と思いましたが、粘って粘ってくれました。タイロンが繋いだおかげで行ける雰囲気になりましたね。

 8回裏、森野がファーストストライクを見事に振り切ってくれました。
ここの所、受身かどうか判りませんが、なかなか手を出さずにいたので、あの場面はあれしかなかったですね。

 9回は、タイロンも一発狙いじゃなくて見事に軽打。
昨夜の鬱憤を晴らす素晴らしい打撃でした。ノリもチャンスであ~いう風に打ってくれれば良いのになぁ~。
(あっ。言っちゃった(^^ゞ勝ったから言いですよねm(__)m)

 前半は、エースが調子自体は良くなかったと思いますが、しっかり試合を作ってくれました。
6回、打撃ではフェン直二塁打もお見事でした。やっと柱が戻ってきたので、少し安心できますね。

 8回は久本が、先頭の小笠原選手を簡単に歩かせてしまったので、ヤバイ雰囲気がフツフツと。予感が的中して、4失点。あそこで1点でも少ない失点に抑えれば試合になるのですが、最近の投手陣の特徴として歯止めが利かない状態。その辺が勝ちきれない現状だったのでしょうかね。それにしても監督は、あの場面で1回、さじを投げましたよね。

 9回は昨夜2回を投げた岡本が、球威が少しなかったですが、貫禄で抑えてサヨナラのお膳立てをしてくれました。昨夜と本日、頑張ってくれたのでご褒美の2勝目。
 
 6回の無死1、3塁で無得点に終わった段階でかなり凹みましたが、最後は嬉しい思いをさせてくれてありがとうございました。

 ちょっと気掛かりなのが英智。足でもつったのでしょうか?ヒットを打って2塁ベース上で足を気にしていたので・・・。あれっ?と、思っていたのですが、結局代走。せっかく調子が良いのでケガが長期化すると痛いですね。その分、藤井に頑張ってもらいましょう!ビョン様も頑張ってね(^^ゞ

 今日の勝ちを明日に活かしてほしいです。ベイ好調ですけど。
前回ハマスタでスウィープされた悔しさ、リベンジしてほしいですね。特に鬼金、鬼吉注意でお願いします。ここからが再スタートです。明日も勝って立て直してほしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2007/05/03

5月2日 D3-5G(●)

2007_0503 中日が落合政権初の6連敗を喫した。3-3の同点の場面で登板した守護神・岩瀬が、今季初の2イニング目となる11回、2死一塁から代打ホリンズに三塁打、高橋由に二塁打を浴び2点を失った。開幕から27試合目で打撃不振の新外国人・李を初めてスタメンから外し、打線をテコ入れしたが、ウッズが球審に暴言を吐き退場。主砲不在が最後まで響いた。(ニッカン抜粋)

□中日-巨人5回戦(巨人3勝2敗、18時、ナゴヤドーム、37875人)

 巨 人 10101000002-5
 中 日 00100200000-3
 (延長11回)

 ▽勝 林12試合1勝3S
 ▽S 上原3試合1S
 ▽敗 岩瀬9試合1敗5S
 ▽本塁打 高橋由7号(1)(朝倉)

5月2日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
巨人:粘って3連勝、上原プロ初セーブ 中日は6連敗 」(毎日新聞)
中日、落合監督就任後初の6連敗 守護神岩瀬打たれ敗戦 」(サンスポ)
オレ竜延長で敗れ6連敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(ウッズに対する球審の態度)審判が感情をむき出しにしてはいかん。」
「試合中に選手の目の色が変わってきたのはよかった。多少落ち着きを取り戻すと思うよ、これで。」

岩瀬投手
「次また頑張るだけです」

谷繁選手(3回タイムリー)
「来たボールに対して打ち返すことだけを考えた。たまたまあそこに飛んでくれて二塁打になっただけです」

中村紀洋選手(6回タイムリー)
「うまく打てました。きょうは絶対に勝ちたいですね」

朝倉投手
「前回と違って粘れた。次回も粘りの投球をしたい。」


 痛いですねぇ~。6連敗かぁ~(>_<)
退場や守護神が打たれたりと散々な内容でした。明日に向け選手に闘志が沸くのに良い特効薬かも知れませんね。

 2回の打席で、タイロンが侮辱行為で退場。
序盤に早々と4番が抜けてしまったのが響きましたね。ただ、変わって出場した藤井が良かったと思います。ヒットと併殺崩しの走塁は見事でした。
チャンスで抜擢したベンチなので、10回のチャンスでは代打を送らず打席に立たせてほしかったです。
代打立浪さんの三邪飛については結果論ですが、予備軍でしっかり結果を出して上がってきた藤井は目の色が違っていたし、ここは藤井自信の成長の為にも、そのままが良かったです(結果はどうであれ)

 今日は、ビョン様スタメン落ち。
変わって出場した英智もらしい働きで貢献しました。ビョン様次第になってしまいますが、藤井との競争ですかね。
森野もココに来て調子を落としてきているので、うかうか出来ない状況だとも思ってます。

 投手陣では、健太が粘って7回3失点。
初回のワイルドピッチは、もったいなかったですが、何とか最小失点で試合を作ってくれました。近いうち、白星が付くと思います。野手陣も、そろそろ援護してくれるでしょう。

 8回から継投。岡本は6人斬りで完璧な投球で2回を無失点。問題はココから登板間隔が空いていた岩瀬を2回。
個人的に思うのですが、岩瀬を2回投げさせるのはちょっと?(あんまし書きたくないけど、久しぶりにMさん批判)昨夜、中継ぎで失敗した石井くんや浅尾くんを11回に使ってほしかったです。昨夜の失敗を取り返す為に。早く失敗を取り返したい気持ちでいっぱいだと思うので、こういう所でチャンスを与えた方が良いと思う。
(あんまりブログで批判するのも好きではないので、この辺でm(__)m)

 先発の昌さん、健太と試合は作った感じのこの2戦。徐々にですがチーム状態も良くなって来ていると個人的に判断してます(願望も込めて)
シゲシゲも上向きになって来ていると思うので、もう少しの辛抱ですかね?ずっと思っていたのですが、そろそろアライバに戻してもいいんじゃないかな?とも。

 明日はデイゲームで2時開始。どうなるか判りませんが、この状況での監督の手腕とエースに期待しましょう!!
あと明日の放送がNHKで良かった(^_^)今回のフジ及びTBSは涙ものだったので(>_<)


<プロ野球の公示(2日)>
【出場選手登録】 ▽ 藤井淳志外野手
【同抹消】      ▽ 森岡良介内野手

藤井選手
「チャンスが来たら思い切ってやるだけです」


 あれっ?森岡、落としちゃったよ。もともと外野手の登録が少なかったので、その辺もあるのかな?
今後ビョン様の起用方法も考えたすえの藤井登録かも知れませんね。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2007/05/02

5月1日 D5-9G(●)

 本拠地で悪い流れを変える、という思いはかなわなかった。中日は逆転負けで5連敗。貯金がついに底をついた。
6回3失点でリードを保って降板した左腕だけに責任があるわけではない。この日は救援した3投手が、いずれも失点。攻撃力のある巨人打線は経験の浅い若手投手には荷が重すぎた。
 守りの小さなほころびも気になる。六回一死一、三塁でゴロを捕球した一塁手ウッズは本塁封殺も併殺も狙わず、一塁を踏んだ。この一ゴロで失った3点目が布石になって、七回は逆転を許した。攻守、投打がかみ合わない試合が続く昨季のリーグ覇者。指揮官の手腕の見せ所だ。(サンスポ抜粋)

□中日-巨人4回戦(2勝2敗、18時、ナゴヤドーム、37490人)

 巨 人 001002411-9
 中 日 003020000-5

 ▽勝 野口9試合1勝
 ▽敗 石井5試合1勝1敗
 ▽本塁打 矢野1号(2)(石井)

5月1日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
巨人:主軸の活躍で逆転勝ち 中日は5連敗 」(毎日新聞)
中日、5連敗で正念場 救援陣打たれて貯金0 」(サンスポ)
竜逆転負けで今季初5連敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(山本昌に関して)200勝がちらついているからいけないのかな。もう1度、ピッチャーの原点に戻ってもらわないとな。」
「(七回の石井投入は)山本昌との天秤。昌でもいいのかな。(代えたのは)六回の2点の取られ方が悪いから。」

山本昌投手(公式HPより)
「せめてボクがあと1回ぐらい放れていたら、あとの投手もまた違う雰囲気で投げられたでしょう。
特に連敗していただけに。そう思うとやっぱり6回の2失点が痛かったですね。気を付けてはいたんですが…。ただ調子自体は前回と変わらなかったし、次は勝利に公献できるよう頑張ります。」

ウッズ選手
「ボールを強く打つことを心がけてスイングした。点が取れてよかったよ。」


 何とも言えない展開になってしまった感じ。5連敗かぁ~(>_<)
6回から少しづつ歯車が狂って、最後は投壊現象継続中といったところですかね。

 6回で昌さんを下げた理由も判らないでもないですが、7回の継投が今のチーム事情ですね。
石井くんや浅尾くんが打たれたとかではなく、6回の昌さんの打たれ方も継投策の要因だったと思います。継投は難しいですね。ただ、7回は先頭打者への四球が痛かったです。

 ミスのオンパレード状態。失策多すぎますよ!!
気が付けば、不名誉なリーグ1位。守りの野球事態が崩壊。必ずと言っていいほど失策後に得点されているし、まずはココから改善していかないと白星が遠のく原因。

 この悪い流れを明日は、変えられますかね?何かチームが乗るきっかけがほしいですね。


<プロ野球の公示(1日)>
【出場選手登録】 ▽川上憲伸投手、小笠原孝投手
【同抹消】      ▽吉見一起投手

小笠原投手
「チャンスがあれば頑張ります。球数を少なくして打たせてとる投球をしたい」

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007/05/01

4月30日 D1-2YB(●)

 中日は投打の歯車がかみ合わない。昨季は交流戦で一度あっただけの同一カード3連敗を早くも喫した。
 先発の吉見が2回で2点を失ったものの、三回以降は救援陣が無失点。だが打線はウッズのソロで1点を返しただけ。八回二死満塁で空振り三振した李炳圭は、厳しい表情で無言を貫いた。

□横浜-中日6回戦(横浜4勝2敗、13時、横浜、23903人)

 中 日 000100000-1
 横 浜 11000000×-2

 ▽勝 土肥5試合3勝
 ▽S クルーン8試合1勝7S
 ▽敗 吉見3試合1敗
 ▽本塁打 仁志4号(1)(吉見)ウッズ9号(1)(土肥)

4月30日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
横浜:接戦制し中日3連戦3連勝 中日は今季初の4連敗 」(毎日新聞)
中日、早くも同一カード3連敗 落合監督は笑み絶やさず 」(サンスポ)
オレ竜今季初の4連敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「いいんじゃないか、今のうちに負けておけば。今のうちにうみを出しておけばいい。9月だったら大変だ」

吉見投手
「ストライク先行でどんどん投げていこうと思っていたんですが…。チームに申し訳ないです」

ウッズ選手(四回に11試合ぶりの9号)
「いつもと同じでバットを強く振ることだけ考えた」

福留選手(4打数無安打)
「仕方ない。ナゴヤドームに帰ってやり直し」


 低迷期に入ってしまった模様で(>_<)
4連敗ですかぁ~。ビジターは今の所分が悪いですね。

 今日は久しぶりに失点が少ない展開でした。やっとです(^^ゞ
吉見に関しては、早い降板になってしまいましたが、久本が何とか試合を作った感じです。最後は少しスタミナ切れになったか3つの四球で苦しみましたが、4回を抑えたのが大きかったです。

 打線の方は、チャンスを作るのですが進塁打やあと1本が出ない状態でした。
得点がHRでしか入らない某チームと同じ匂いがしますが、いつか繋がると思います(希望)

 良太は惜しかったですね。あとちょっとでプロ1号でした。
何か今年中に打ちそうな予感がします。積極的で振りも良いので本当に楽しみです。

 ここ2試合眠っていたタイロンにも1本出たのが良かったです。明日からのナゴドG戦で暴れてくれるとありがたいですね。

 4月が終わって13勝12敗1分け。
まずまずではないでしょうかね。前半はチーム状態が良くシーズンに入りましたが、ちょっと中休みに今入って4連敗中ですが、取り合えず貯金が出来て1ヶ月を乗り切った形です。
しばらく混戦が続くと思うので、離されない位置に付けておけばいいかなと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »