« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/30

7月29日 D2-1xS(○)

2007_0730a 中日が天気を味方に連勝した。
1-1で迎えた2回1死走者なしの場面で、7番堂上剛がプロ初本塁打となる勝ち越し弾をバックスクリーン左に打ち込んだ。その後、雨が激しくなり6回表終了時点で中断。そのままコールドゲームとなった。
落合監督は「雨なんてまるっきり考えていなかった」と話した。(ニッカン引用)

□ヤクルト-中日17回戦(中日11勝6敗、18時、神宮、15416人)

 中  日 110000-2
 ヤクルト 10000X-1
(6回裏無死降雨コールドゲーム)

 ▽勝 中田18試合8勝5敗
 ▽敗 館山25試合3勝7敗
 ▽本塁打 堂上剛1号(1)(館山)

7月29日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:接戦制す、中田8勝目 ヤクルトは四回の満塁機逃す 」(毎日新聞)
中日4年目・堂上剛、プロ初本塁打が決勝弾 弟入団に触発の兄 」(サンスポ)
オレ竜ラッキー雨天コールド勝ち 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「雨なんてまるっきり考えていなかった」
「(決勝本塁打の堂上剛について)使いながら育てたい。チャンスを生かせるかは本人次第。」

高代野手総合チーフコーチ(森野について)
「大事を取っただけ。1日休みもあるし、次の試合(31日、広島戦=広島)は大丈夫だろう」

堂上剛裕選手(2回プロ初本塁打)
「スライダー、手ごたえありました。同点に追いつかれたので、打ててよかったです。」
「余裕を持って打席に入れるようになった。もう4年目ですから、そろそろ役に立たないと。」

中田投手(5四球と制球難も6月10日以来の8勝目)
「いっぱいいっぱいだった」


2007_0730b 天も味方の勝利(^v^)
剛裕!!ありがとう!!雨の中、観戦した甲斐がありました。

 初回から良い形でチャンスを作ってくれて地味ですがタイロンの二ゴロで先制。
すぐ同点に追いつかれましたが剛裕が打った瞬間分かるHRで勝ち越し。本当に嬉しかったです。苦労した分だけ報われた感じですね。直倫の効果もありますが、昨年でのハワイの武者修行も大きくしてくれたと思います。これからもチャンスは貰えるのでどんどん打ってほしいです。

 昨日から感じてましたが、ビョンもバントが出来るようになった模様です。
ボールの見極めが出来るようになった事ですかね?

 森野は練習中は普通にやってましたが欠場。
どうやら左脚内転筋の張りを訴えた模様。今度は森野もかという感はありますが、しっかり治してほしいです。


 これ→「青木が3ボールで四球得る 審判員がカウント間違う」(スポナビ)

まったく気が付きませんでした(苦笑)ちょうどこの頃、せっちんに行っていたので分かるわけがないのですが、多分スタンドで見ていても気が付かなかったと思います(この頃、生ビール1杯&氷結を3杯も飲んでいたので(^^ゞトイレも近かったし)でも審判団はしっかりしてほしいですね。


 中田くんは相変わらずの状態(^^ゞ
四球連発で苦しんでましたが、勝ち投手になれたので良かったと思います。久しぶりに勝ち投手になったのでこれで大丈夫ですかね。

 取り合えず日曜勝利に貢献出来て良かったです。
これで今季観戦成績5勝2敗(OP戦1勝含)わりと良いですね(自画自賛)来週はハマスタに行く事にしました。

 来週、火曜日からはカープ戦。
アレックスには気を付けて一つでも多く勝ってほしいです。山井も今季初白星になると良いですね。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2007/07/29

7月28日 D5-4S(○)

2007_0729 中日が逆転勝ちし、連敗を4で止めた。
4点を追う4回、谷繁の左越え4号2ランで反撃。6回に谷繁の遊ゴロの間に3点目が入り、7回に森野、中村紀の連続タイムリーで逆転した。
同点タイムリーの森野は「5番を打たせてもらってから強い気持ちで打席に入れている。まだまだ試合はある。巻き返して1勝1勝、勝っていきたい」と話した。(ニッカン引用)

□ヤクルト-中日16回戦(中日10勝6敗、18時、神宮、22073人)

 中  日 000201200-5
 ヤクルト 202000000-4

 ▽勝 クルス8試合1勝3敗
 ▽S 岩瀬37試合1勝4敗26S
 ▽敗 高井37試合2勝4敗1S
 ▽本塁打 ガイエル21号(2)(小笠原)谷繁4号(2)(藤井)

7月28日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:連敗4で止める ヤクルトに逆転勝ち 」(毎日新聞)
中日、ようやく後半戦初勝利 誕生日の森野が攻守に活躍 」(サンスポ)
オレ竜連敗4でストップ 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「今までも楽に勝てた試合はなかった。苦しんだ中で自分たちで何かを見つけてくれればいい。」

森野選手
「(同点タイムリーについて)意地でも打ってやろうと強い気持ちで打席に立ちました。
(今日は29歳の誕生日)プロに入ってこれだけ良いプレーができた誕生日はなかったので本当にうれしいです。
まだまだ試合はたくさんあるのでこれから巻き返して一勝一勝がんばりたいです。
今日はみなさんの声援のおかげで勝てたと思うので明日も球場に来て応援してください。」

(7回タイムリー)
「ストレート、とにかく打ちたかった。」

谷繁選手(4回HR)
「スライダー、完璧なバッティングができました。」

中村紀選手(7回タイムリー)
「スライダー、何としても打ちたかった。勝ちたい。」

(ヒーローインタビューを依頼、固辞して森野に譲って)
「今日は森野の誕生日だしね。それに森野が前でヒットを打ってくれたからこそ、僕のタイムリーも生まれた。勝てて良かった。本当に良かった。」

小笠原投手
「先に点を取られて、それが申し訳ないです。その後、ランナーを出しても粘り強く投げたかったです。」



 何とか勝ちました(^v^)
前半はどうなるかと思いましたが、見事に逆転。7回の攻撃は見事でした。

 打撃陣は、森野次第で何とかなりそうです。
タイロンは間違いなく勝負を避けられるので、森野勝負が増えそうですね。3番に入っているビョン次第とも言えますが、セーフティーバント何てシャレた事してました(苦笑

 今日は驚きが多かったです。 
シゲのHRとか(笑)ノリの逆転タイムリーとか(笑)良い物を現地で拝見させて頂きました。
明日もよろしくお願いします。

 投手陣は、中継ぎ陣が踏ん張りました。
先発の小笠原が早い回に失点して嫌な雰囲気でしたが、クルス、平井、岡本、岩瀬と無失点に斬って久しぶりに勝利の方程式が完成。
 ただ、おかもっちゃんは演出し過ぎでヒヤッとさせてくれるし、岩瀬も走者を出しては走られっぱなし状態。森野のバント封殺がなかったら怖かったです。
どんな形でも抑えてくれたので良かったです。

 ちょっと気になったのが荒木。
9回の走塁で足を痛めたっぽいです。ずっと左足付け根を気にしていたし明日、大丈夫ですかね。

 近い内に聡文が上がるかも知れません。1軍に帯同してましたので入れ替えがあるかも知れませんね。

 明日は日曜日なので勝ちたいところ。
先発であろう中田くんが制球難にならない事を祈りたいです。打線も今日のようにコツコツ得点して行ってほしいです。
と、言う事で明日もチケットがあるので行きます(^_^)



<今日の中村公治>
 9回裏、岡本に代わって守備固めで9番レフトで登場(^^ゞ

近くで見れたからいいや(^v^)

今シーズン成績
試合:10
打席:19
打数:16
安打:2 
打点:1
HR:0
四球:1
打率:.125
得点圏打率.286

 打撃練習はノリの後、長時間打たせてもらっていたのでもしやスタメン?
何て思いましたが世の中そんなに甘くありませんでした。
打撃練習中に1本もスタンドインが無かったのが気になりましたが・・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (10)

2007/07/28

7月27日 D4-11S(●)

 中日がヤクルトに完敗。後半戦開幕から4連敗となった。
先発朝倉は2回、川島の2点タイムリーで先制されると、3回にガイエルの19号ソロを被弾。5回にも2打席連続となる20号2ランを浴びた。打線も中盤に4点を返したが、リリーフ陣が踏ん張り切れなかった。
プロ通算40勝のうち14勝をヤクルト戦で挙げているヤクルト・キラーも5回5失点でKOされただけに「同じバッター(ガイエル)に2本もホームランを打たれてはダメです…」と力なく話していた。(ニッカン引用)

□ヤクルト-中日15回戦(中日9勝6敗、18時、神宮、17370人)

 中  日 000001300-4
 ヤクルト 02102204×-11

 ▽勝 川島2試合1勝
 ▽敗 朝倉18試合7勝6敗
 ▽本塁打 ガイエル19号(1)(朝倉)20号(2)(朝倉)
        青木17号(2)(鈴木)

7月27日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
ヤクルト:連敗を5で止める 中日は今季3度目の4連敗 」(毎日新聞)
中日ズルズル後退の4連敗 燕キラー・朝倉も5失点KO降板 」(サンスポ)
オレ竜朝倉でも止まらん4連敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(連敗にも前向き)収穫はあった。若手の堂上剛、新井、藤井、中村公が面白いものを見せてくれた。太陽の下でやっていた奴が、これからは強い。」

朝倉投手
「同じバッター(ガイエル)に2本もホームランを打たれてはダメです…」

堂上剛選手(1軍では9打席目での初安打に)
「やっとドラゴンズの役に立てたと思って、うれしかったです」
「(七回は)チャンスだったので集中して打席に臨んだ」

李炳圭選手(六回の適時打で3試合連続打点)
「最初の打席でかえせなかったので、何とか走者をかえそうと思って打席に入った


谷繁選手(不安定な投手陣に)
「いいときもあれば、悪いときもある。その波を最小限に食い止めないといけない」



 4連敗(>_<)
線路はどこまでも続いていますが、ドラゴンズの連敗も続いています。

 でも今日は、若い選手が良かったですね。
7回のハム、良太、剛裕と続いた打順は、何かやってくれそうな気がしました。
結果、剛裕のタイムリーとか出て得点したし、レギュラー確約の選手と違って危機感があるのでTVで見ていて楽しかったです。(確約選手に対して嫌味ですよ)

 今がチャンスなので上記3選手は頑張ってほしいです!!あと藤井もね!!

最後は控えの捕手がいないのにODAの所で代打を出してました(^^ゞ
逆転したらクルスにでも捕手をやらせたのか(爆)まっ、そんな心配どこ吹く風でしたが(w

 健太でも止められなかったのは痛いですが、中継ぎ陣の整備が急務ですね。
久しぶり登板のスーさん。こんにちわ!肩が軽かったでしょう。1ヶ月近くも間隔が空いていたので打たれても致し方ないです。

 現状打開は厳しいかも知れませんが、若い選手も頑張っているし近いうちに建て直しが出来るかも。そんな事を思ってます。
明日は、そろそろ勝ちが見たいです(現地で)



<今日の中村公治>
 帰って来ました!こんにちわ!!今度こそ魅せます!!!魅せてくれます!!!!

 7回表、鈴木の代打として一死1塁の場面で登場(^_^)

ツースリーからストレートを叩いてセンターフライ。
抜けたかと思ったんですが、若干差し込まれてました。惜しかった残念(T_T)

今シーズン成績
試合:9
打席:19
打数:16
安打:2 
打点:1
HR:0
四球:1
打率:.125
得点圏打率.286


 久しぶりの打席でした。ありがとう試合展開!!
前回、残念な結果に終わった悔しさを今回晴らすべく戻って来ましたが、打撃フォームが若干変わっておりました。バージョンアップ?ココログのバージョンアップ並ではない事に期待したいです。

 バットの位置が顔より手前に来ていて若干神主打法型。
テークバックが遅くなんじゃねぇ~の?って、感はありますが(今日の打席は差し込まれてました(^^ゞ)ただ反発力が付くので当たりゃ飛ぶんじゃないって感じも。

 明日は、左の藤井投手でしょうか?だったら淡い期待をしてみます!!

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2007/07/27

7月26日 D2-3T(●)

 中日はエース川上の気迫のピッチングも実らず、阪神にホームのナゴヤドームで初の3連敗を喫し、巨人が勝ったため首位陥落となった。
中日は6回、李の4号ソロで先制したが、先発川上が7回に捕まって3失点。8回に代打立浪の左前適時打で1点を返したが、最後は阪神守護神藤川に抑えられた。
落合監督は「まあ、いい3連敗じゃないかな。一つ勝つのがどれほど大変かということを身に染みてくれればいい」と自嘲気味に話した。(ニッカン引用)

□中日-阪神13回戦(阪神8勝4敗1分、18時、ナゴヤドーム、35421人)

 阪 神 000000300-3
 中 日 000001010-2

 ▽勝 ボーグルソン10試合4勝3敗
 ▽S 藤川39試合3勝2敗25S
 ▽敗 川上16試合8勝5敗
 ▽本塁打 李炳圭4号(1)(ボーグルソン)金本22号(2)(川上)

7月26日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:5連勝で勝率5割に戻す 中日は首位を明け渡す 」(毎日新聞)
川上で負けた中日が首位陥落…後半戦3連敗の最悪スタート 」(サンスポ)
オレ竜3連敗で首位陥落 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(選手たちは3連敗を意識して)構えてしまったかも。
一つ勝つことがどんなに大変か、分かってくれたんじゃないか。
悔しい思いをして、そこからはい上がればしめたもの。
この3連敗はうちにとってはよかったのでは!?
(福留の離脱の影響が大きく)いる選手でやるしかない。これで悔しくない選手は、来年はいないだろう」


李選手(6回、HR)
「ファンの前で久しぶりにホームランが打てて気分いいです」

川上投手
「何もありません…」

ウッズ選手(昨季5打数5三振の藤川に八回の満塁で三振)
「なぜかわからない。すごく速い投手だというのは知っているが…」


 ナゴドで同一カード3連敗(T_T)
何と言えばいいのか、言葉がまったく見つかりません。

 8回、1点取って無死満塁のチャンスに点取れず。今日は、これですかね。

悪い方に想像していた通りになってしまったので別に驚きませんでしたし悔しくもない(でも、やっぱり悔しい)

 如いて言えば、二死になってタイロンを迎えたら藤川投手が出てくるのは分かっているわけで、荒木、一樹のどちらかで決めないと点が入らないパターン。
(遠まわしに変な言い方してタイロン、ゴメンネ。ちょっとは期待したけど(^^ゞ)

 荒木も速球派の投手が相手だと当てに行っちゃって内野ゴロが多いし(苦笑
 一樹もこういう場面では気合が入り過ぎて何でも振っちゃうんだよぁ~~(苦笑

これ以上言っても(だいぶ言ったかな)過ぎた事はしょうがないので、切り替えましょう(なかなか出来ないのが現実ですが(^^ゞ)明日以降は、しっかり1点1点積み重ねて行ってほしいです。

 憲伸については、書けばいつもと同じ内容になっちゃうので割愛しますm(__)m

建て直しに時間が掛かりそうな雰囲気もしますが、こういう時こそ落合さんの手腕に掛けるしかありません。
明日からの神宮では、スワローズも連敗中で必死になってきます。こちらとしても、今回の3連敗の悔しさをぶつけて良い試合をして後半戦初白星を飾ってほしいです。



<プロ野球の公示(26日)>
【出場選手登録】
 ▽ 金剛弘樹投手
【同抹消】
 ▽ 山本昌投手

 昌さん復活してね。お待ちしております!!

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2007/07/26

7月25日 D6-8T(●)

 中日は終盤に息切れし、後半戦連敗スタートとなった。
6-6で迎えた8回、4番手クルスが3四球(1敬遠含む)で満塁のピンチを招き、途中出場の藤本に勝ち越しタイムリーを浴びた。
9回には5番手平井が林にだめ押しの右翼線適時二塁打を打たれた。
落合監督は「当分、こういう試合が続くんだろうな。みんなで助け合っていかないと。まあ、144試合やって最後にトップに立ってればいいよ」と話した。(ニッカン引用)

□中日-阪神12回戦(阪神7勝4敗1分、18時1分、ナゴヤドーム、35831人)

 阪 神 300210011-8
 中 日 400110000-6

 ▽勝 江草23試合2勝
 ▽S 藤川38試合3勝2敗24S
 ▽敗 クルス7試合3敗
 ▽本塁打 ウッズ26号(1)(下柳)

7月25日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:18安打で4連勝 中日は後半戦連敗スタート 」(毎日新聞)
中日・落合監督、代打策見送り絶好機を逃す 」(サンスポ)
オレ竜虎にやられ後半戦連敗スタート 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「当分こういう試合が続くかも。その中でどう勝ちを拾うか。大敗のときでも戦力を温存すればいい。
144試合終わってトップにいればいい。」

中村紀選手(初回、同点タイムリー)
「昨日はチャンスで打てなかったので積極的にいこうと思っていた。何とか(先発の)山本さんを勝たせたい」

山本昌投手(公式より)
「10年間使ったナゴヤドームのロッカーを整理して出てきました。もちろんこれで終わりという意味ではありません。また新たなスタートを切れるよう、ファームで頑張ってきます。」

 後半戦、連敗スタート(T_T)
投打の歯車が噛み合ってませんね。点を取っても取られるし・・・・。こういう時もあるでしょう。

 ココログのメンテも無事に終わった模様で何よりですが、機能が変わったとか全然チェックしてません。バージョンアップと言う事なので何かしらのメリットがある模様(^^ゞ
おいおい何かしらの影響があるのかな。使っているうちに学習していきます。

って、ドラゴンズネタから逃避してます。ここ2試合の現実から離れたい感じです(苦笑

 岩瀬も炎上したり、昌さんもぜんぜん勝てません。で、昌さん凄く意味深のコメント(>_<)大丈夫?

どうなっちゃってんだぁ~。でもチームは首位キープ(苦笑)
打線は、孝介不在をあまり感じませんが、ただ投手陣がお疲れの様子で・・・・・。

 最近忙しくて試合の内容はネットでチェックしているぐらいなので何とも言えませんが、ここが踏ん張りどころなのかな。

 いつか勝つのでそれまで気長に待ちます!!

あまり待たされても困るのが本音ですけど(笑

 ところで、昨日は更新出来ませんでしたが、ハムくん昇格(笑
嬉しいですが、結果が必要です。今度はバットをちゃんと振るようにしましょう!中途半端はやめてね!!神宮では期待しておりますよ!!!


<プロ野球の公示(25日)>
【出場選手登録】
 ▽ 山本昌投手
【同抹消】
 ▽ 小林正人投手

| | コメント (4) | トラックバック (7)

7月24日 D5-8T(●)

 中日が逆転負けで、後半戦初戦を落とした。
2-2で迎えた6回、荒木、井端のタイムリーで2点勝ち越したが、リリーフ陣がつかまり8回に勝ち越された。その裏ウッズの中前打で同点に追いついたが、9回に守護神・岩瀬が3失点して突き放された。
落合監督は「もっと点、取れてたけどな…」と話した。(ニッカン引用)

□中日-阪神11回戦(阪神6勝4敗1分、18時3分、ナゴヤドーム、35658人)

 阪 神 100010123-8
 中 日 011002010-5

 ▽勝 久保田51試合2勝2敗
 ▽S 藤川37試合3勝2敗23S
 ▽敗 岩瀬36試合1勝4敗25S
 ▽本塁打 矢野3号(1)(山井)

7月24日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:九回の3点で勝ち越す 中日は平井、岩瀬が誤算 」(毎日新聞)

<監督、選手コメント>
落合監督
「点を取れる時に取っておかないとこういうことになる。典型的な例だな。
(福留の離脱が影響かとの問いに)関係ない。いれば点が取れるわけでもない。それは周りの深読み。経験している。逆にこれでシャキっとするんじゃないか。いるメンバーがちゃんと仕事するから心配するな」
(九回に打ち込まれた守護神についても)岩瀬がいって打たれる分にはいい」

井上選手(2回、同点タイムリー)
「打ったのはシュートかな。先制点を取られたので早い回に追いつけてよかったです」

 ココログがメンテ中だったので、結果のみですm(__)m


<プロ野球の公示(23日)>
【出場選手登録抹消】
 ▽ 渡邉博幸内野手、森岡良介内野手

<プロ野球の公示(24日)>
【出場選手登録】
 ▽ 中村公治外野手、堂上剛裕外野手、新井良太内野手
【同抹消】
 ▽ 福留孝介外野手

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/19

7月18日 D8-2S(○)

 中日タイロン・ウッズ内野手(37)が、24、25号を連発するなど3打点の活躍で勝ち星をもぎ取った。
初回に先制の右犠飛を放ち、1-1で迎えた4回2死走者なしの場面ではヤクルト先発グライシンガーから左越えソロ。3-2で迎えた6回先頭の打席では右越えソロで突き放した。「(2発目は)ストレート。タイミングよく、うまくボールをとらえられた」と話した。
中日は首位ターンとなった(ニッカン引用)

□中日-ヤクルト14回戦(中日9勝5敗、18時、ナゴヤドーム、32240人)

 ヤクルト 000110000-2
 中  日 10020113×-8

 ▽勝 小笠原10試合6勝1敗
 ▽敗 グライシンガー17試合10勝3敗
 ▽本塁打 ウッズ24号(1)(グライシンガー)25号(1)(グライシンガー)

7月18日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:ウッズの2発などで快勝 ヤクルトは救援陣乱れる 」(毎日新聞)
ウッズの2発で首位ターン! 落合竜、過去2度とも優勝! 」(サンスポ)
ウッズ2発、オレ竜首位ターン 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「これからは体力勝負になる。それには自信持ってるから」
「(4番・ウッズが引っ張った?)そういうゲームだろうね。(打球が飛ばない期間が長かった?)本人に聞いてよ。」

ウッズ選手
「(2打席連続ホームランについて)最高の気分です。チェンジアップが真ん中に来たので芯でとらえることができました。
チームが首位にいるのは気持ちが良いですね。
後半戦もこの調子をキープして集中して戦っていきたいと思います。
名古屋に優勝旗を持ってくることができるようにがんばりますので、みなさんナゴヤドームに来て応援してください。よろしくお願いします。」

(1回犠飛)
「ストレート、バットの先だったけど、先取点が取れてよかったよ。」

(4回HR)
「チェンジアップ、タイミング良く、うまく芯でとらえることができたよ。」

(6回HR)
「ストレート、タイミング良く、うまくボールを捕らえることができたよ。」

中村紀選手(4回タイムリー)
「スライダー、ボール気味でしたが、積極的にいった結果、いいコースに飛んでくれました。」

荒木選手(7回タイムリー)
「チェンジアップ、強く振りたかった。」

小笠原投手
「6勝できたのは初めてなのでうれしいです。
後半戦もこの調子で勝っていきたいですね。
(ナゴヤドームの声援は)最高ですね!
これからも自分に与えられた場面で一つ一つ精一杯投げます。チームと一緒に乗っていけるようにがんばります!」



 勝って(^v^)前半戦首位ターン!!
最後に来て打線が繋がって、最近貧打の鬱憤を晴らしてくれました。

 打線が先制、中押し、ダメ押しの理想的な形。
今日の1、2番はビョン、荒木。機能しましたね。ビョンもグライシンガー攻略に貢献したし、打撃の調子が上がってこなかった荒木にも良い形でヒットが出ました。

 タイロンも久しぶりに1試合2本のHR。
先制の犠飛から始まってHRと大分調子が上がってきたのでしょうか?やっぱり4番が打ってくれないと。あとはランナーが沢山いる時にHRを打ってね(^^ゞ

 打線に関しては文句の言いようがない感じでした。
打つべき人が打てば、点が入って投手陣もチームも楽になる。良い事ですね。 

 投手陣は先発の小笠原が1回り目は良かったのですが、2回り目から捉まり始めました。
何とか5回を2失点で凌いだので、こういう勝ち投手も普段頑張っているのでありですかね。ただ後半戦は、球数を減らしてもう少し長い回を投げてほしいですね。

 小笠原のあとは中田くん登場。
2回を投げて無失点。ちょっと球数が多かったですが良かったですね。後半戦も期待したいです。
最後は、ラミレスがきっちり締めてゲームセット。

 前半が終わって45勝35敗2分け貯金10で首位。
ケガ人が続出したり不調の選手がいたりと前半は、あまり投打の歯車が噛み合わなかった事が多かったですが、前半戦最後に来て首位になる事が出来ました。
まだまだチームの状態は万全ではありませんが、気が付くと勝っている感じです。後半戦は、ベストな状態に早く戻してもらって連覇に向かってほしいですね。
 
 後半戦スタートは24日からナゴドでタイガース戦。
昨年同様、ココで勢いを付けてほしいですね。



7/24 ココログベーシック/プラス/プロ メンテナンスのお知らせ

 ココログベーシック/プラス/プロにつきまして、バージョンアップを目的としたメンテナンスを2007年7月24日(火)21時から、翌7月25日(水)15時までの18時間で実施いたします。

 と、言うことですので24日の試合は更新出来ませんm(__)m
あとは、バージョンダウンにならないようにココログスタッフに頑張ってもらいたいです(^^ゞ

| | コメント (5) | トラックバック (14)

2007/07/18

7月17日 D3-2S(○)

 中日は2-2で迎えた7回1死二、三塁で、ウッズの内野ゴロの間に三塁走者英智が好走塁で生還して勝ち越した。
先発朝倉は1回に1点を許したが、その後は8回まで要所を締める好投で7勝目。最後は前日、救援に失敗した守護神岩瀬が抑えて逃げ切った。巨人が敗れたため、中日は1日で首位に返り咲いた。
落合監督は「やっとうちらしい野球になってきたのかな…」と話した。(ニッカン引用)

□中日-ヤクルト13回戦(中日8勝5敗、18時、ナゴヤドーム、30101人)

 ヤクルト 100000100-2
 中  日 01001010×-3

 ▽勝 朝倉17試合7勝5敗
 ▽S 岩瀬35試合1勝3敗25S
 ▽敗 吉川24試合2勝2敗

7月17日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:好機生かして、ヤクルトに競り勝つ 」(毎日新聞)
落合竜、手堅く首位奪還!守護神・岩瀬が雪辱Sで逃げ切り 」(サンスポ)
オレ竜、朝倉で首位返り咲き 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「やっとうちらしい野球になってきた。
あんなところで藤井が打つとは思っていないだろう。
点の取り方はまだ下手だな。打てる選手がいないからだ。
このあたりがしっかりしたら今よりも落ちついたゲームになる。
これだけ底にいて貯金もあるんだからはじけるのを待とう。」」

朝倉投手
「立ち上がりに点を取られて心配でしたが何とか試合を作ることができました。
今日のピッチングは自分の持ち味が出せたと思います。
最後の岩瀬さんを安心して見ていました。
(チームの順位について)まだ後半戦があるのでこれまで通り自分の仕事をしっかりがんばります。
前半戦は最初のころは勝てませんでしたがここに来て乗ってきました。
これから夏休みが始まりますが家族、カップルでナゴヤドームに応援しに来てください。よろしくお願いします!」

「(朝倉について)好きに書け。言いようがないなあ。
野球の展開、スコア、やっとうちらしい野球になってきたのかな。」

岩瀬投手(25セーブ目に)
「チームが勝てばそれでいいです」

藤井選手(2回タイムリー)
「カットボール、ノリさんも初球からいったんで、自分も思い切って、来た球を振ろうと思っていきました。」

森野選手(5回タイムリー)
「スライダー、意地でも打とうと思った。」

福留選手(2戦連続スタメン外れ)
「大したことないよ」



 昨夜の鬱憤を晴らして勝ち(^_^)
岩瀬も昨夜の失敗を、今日は修正してきましたね。ちょっとヒヤヒヤものでしたが(^^ゞ
同じ失敗を2度しないのが、さすが守護神でしょう。

 昨日は、記事は書いていたのですが仕事が完徹状態(T_T)
しかも岩瀬が炎上したので更新する気がおきなかったですm(__)m
(試合が気になって見たりとか、記事を書いていたので完徹になったと言うツッコミはNGで)

 今日も仕事が終わっておりませんが、勝ったから更新でしょう!!
と、言った感じで更新しました。

 試合の方は、食事をしながらとか、ネットの速報でチラチラとチェック(仕事がまったくと言っていいほど、はかどりませんが・・・。)
健太は初回に不運な当たりが出たりして失点しましたが、8回を2失点の投球。現状では一番安定していますね。
と、言うことで健太が投げる時は勝たなくてはいけません。打線も地味に点を取ったので勝てました。

 9回は、リベンジで岩瀬登場。
スコアーも昨夜と同じで1点差。借りを返すには持って来いの場面でした。先頭打者を塁に出しましたが落ち着いていたのでしょうか?(映像で見ていないので)同じ失敗は続けてしませんね。さすが守護神です。

 打線の方は、チャンスを作るのですが決めの一手がほしいです。
もう少し打って投手陣を少し楽にさせてほしいですね。

 あとはシゲのアンダーソックスが気になりました(^^ゞ
昨年練習中は、流行っていたと思いますが、試合で使うとは。

 明日も勝って首位で前半をターンしてほしいですね。
打線も明日こそは何とかしてほしいです。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

7月16日 D5-7S(●)

 中日は、1点リードで迎えた9回から登板した守護神岩瀬が6安打を浴びて5失点。まさかの逆転負けを喫した。
中日は、中村紀が2回の同点タイムリー、4回の一度は逆転打となる12号2ランと、3打点を挙げる活躍で優位に運んだが、岩瀬の大乱調は想定外だった。巨人が勝ったため、中日は1日で首位から陥落した。
落合監督は「(岩瀬について)人間のやることだからね…」と話した。(ニッカン引用)

□中日-ヤクルト12回戦(中日7勝5敗、18時、ナゴヤドーム、35972人)

 ヤクルト 101000005-7
 中  日 010200002-5

 ▽勝 吉川23試合2勝1敗
 ▽S 高井32試合2勝3敗1S
 ▽敗 岩瀬34試合1勝3敗24S
 ▽本塁打 中村紀12号(2)(川島)


7月16日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>

<監督、選手コメント>
落合監督
「(岩瀬救援失敗について)こういうこともあるよ。それが野球。人間のやることだもん。尾を引く必要があるか。どれだけあいつで抑えているの」
「(福留について)本人に聞いて」

岩瀬投手(3敗目)
「結果がすべて…」

中村紀選手(2回タイムリー)
「ランナーが二塁にいたので、右方向を意識して、上手いことセンター前に持っていけました。よかったです」

(12号2ラン)
「うまく打てた。同じ打ち方をしようと思っても、できません」


 悲しい負け方(T_T)
1日で首位を明け渡すのはドラゴンズらしいかな。貯金二桁の壁も打破出来ませんでした。

 山井の立ち上がりを考えたら何点取られるか分からなかったし、その後ノリのHRでて逆転して試合を作ったまでは良かったんですけどね。

 何といっても今日は岩瀬ですかね。

あれだけ打たれたら何と言っていいやら?って、感じですが、こんな日もあると思うしかありません。
岩瀬が打たれたんで、しょうがないと思うようにしましょう。

 打線もノリが目立ったのみと言った感じですが・・・・・。
荒木の復帰と孝介のスタメン落ち。孝介はどっかケガでもしたのでしょうかね?
ただ代打で出てきて打席には入ったので、肩か肘でもおかしいのかな?
荒木に関しては、守備の面では心配なさそうですが、打撃はまだまだといった感じです。
明日の1、2番がどうなるか見物ですね。(今日の1、2番はもう止めましょう(^^ゞ)

 ヤクルトは、この間の秋田で自信を持っちゃったかな。
打線の勢いがあって繋がりだすと手に負えません(>_<)明日は、何とか抑えてほしいです(ちょっと弱きです(^^ゞ)
 

<プロ野球の公示(16日)>
【出場選手登録】
 ▽ 荒木雅博内野手
【同抹消】
 ▽ 柳田殖生内野手

荒木選手
「チームに貢献できるように頑張るだけです」


<井端1000試合出場>
通算1000試合出場=419人目 中日の井端弘和内野手(32)が16日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で達成。初出場は98年9月8日の阪神戦(ナゴヤドーム)。

井端選手(通算1000試合出場)
「1500、2000と積み重ねたい」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/07/16

7月15日 D6-3T(○)

2007_0716 中日が序盤の大量リードを守って快勝。巨人が敗れたため5月27日以来の首位に返り咲いた。
中日は2回、ウッズが阪神先発の上園からセンターバックスクリーンへ運ぶ23号ソロで先制。3回には福留、井上のタイムリーに相手の失策も絡めて5点を追加した。
中日先発川上は7回を投げ毎回の被安打11で3点を失ったが8勝目。最後は守護神岩瀬が締め、24S目を挙げた。
落合監督は「エラーの多い方が負けるっていうこと。だからきっちりとした野球をしていかなきゃって言ってるんだ」と話した。(ニッカン引用)

□阪神-中日10回戦(阪神5勝4敗1分、18時1分、甲子園、48521人)

 中 日 015000000-6
 阪 神 000020100-3

 ▽勝 川上15試合8勝4敗
 ▽S 岩瀬33試合1勝2敗24S
 ▽敗 上園6試合2勝2敗
 ▽本塁打 ウッズ23号(1)(上園)

7月15日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:5月27日以来の首位に浮上 阪神の連勝4で止まる 」(毎日新聞)
ウッズ先制ソロがすべてを変えた! “先行逃げ切り”中日首位奪還 」(サンスポ)
オレ竜快勝で首位返り咲き 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「相手に考えられないミスもあり、きちっとした野球をしようとしたが、できていない。
(川上)憲伸は今年一番良かったんじゃない? 切れもあった。」
(4番ウッズの一発を絶賛)すべてを変えたのはタイロンの本塁打」
(先取点の重みを問われ)ここ(阪神)とやる時は特にな。お互いそう思っているんじゃないか」

川上投手
「阪神はしっかりとした野球をするので楽には勝つことができません。
今日はストレートは走っていましたがコントロールが今ひとつでした。
今シーズンは良いときと悪いときがはっきりとしているので後半戦は悪いなりにも抑えられるようなピッチングをしたいですね。
これからは1勝1勝が重要になってくるのでがんばってチームの勝利に貢献したいです。」

「早い回に点を取ってもらったので、もう少しリズム、テンポよく投げれれば良かったと思います。
ただ、5回のエラーがあったところをカバーしてあげられなかったので、自分としては悔いが残るイニングになりました。
全体的には試合をまとめられたのでよかったと思います。」

ウッズ選手(2回HR)
「フォーク、芯で上手くとらえることができたよ。」

福留選手(3回タイムリー)
「フォークかな。追い込まれていたから、何とか次につなごうと思ったら、たまたまいい所に飛んでくれました。」

井上選手(3回タイムリー)
「シュートかな。みんなの流れに乗らせてもらいました。」


 勝って首位返り咲き(^v^)
今日は、相手の失策に乗じて得点して勝たせてもらった感じです。こちらも、ミスで失点しましたが(苦笑
チーム状態がイマイチの中、よく首位に立ったと思うのが本音ですね。

 先発は憲伸。病み上がりの中、7回3失点という内容。
決して良いといえない投球でしたが、先発としては合格点ですかね。ただエースとしては、ちょっと物足りない投球。
序盤に6点もらったわけですから投げきってほしかったですね。5回は失策から失点しましたが、あそここそ踏ん張ってほしいところ。
ただスピードも上がってきたので、徐々に良くなっている印象があるので、オールスター明けまで、しっかり調整して今度こそ完投してほしいです。

 8回からは、登板間隔が空いていた岡本が登場。
空きすぎて肩が軽かったと思いますが、この試合初の三者凡退で切ってタイガースに行っていた流れを消してくれました。

 さすが、おかもっちゃん!!

 9回は守護神岩瀬が登場。何の問題もなくサクッと3人斬り。完璧でした。先発が憲伸でしたしね!

 打線の方は、タイロンのHRで先制点を上げたのが大きかったです。
この2日間、しっかり打ちこんだのが良かったのかな。あとはランナーが溜まっている時に1本お願いします。

 2番は、ビョンと英智の併用なのでしょうか。
ビョンは2安打。ヒット自体が久しぶりなので、これで乗ってくれるとありがたいです。

 ノリのスタメン落ちは何かあったのでしょうか?
最後出てきたので、ケガとかではないと思いますが・・・・。その分、若手にチャンスがある?
柳田も打ってほしかったですが、久しぶりの打席だったので結果を求めるのは酷なのでしょうか。(ただ森岡?使わないの?みたいな感じも少しあります。サード森野でセカンド森岡がみたいかな(^^ゞ)

 日曜日の連敗もやっと止まりましたね。
それにしても日曜日に勝つのは気分が良いですね。これから勝ち進んでもらいましょう。

 明日からは、打線が好調なスワローズとの一戦。
ナゴドなのでHRは少ないと思いますが、最小失点で凌いでほしいですね。
毎回同じ選手(青木選手、ラミレス、最近は福川選手)に打たれているので、ちゃんと抑えてほしいですね。

 最後になりますが、明日から3試合「ゆかたデー」を開催との事。
試合中、そちらに目が行かないように集中してスワローズに勝ってくださいね(笑)そんな心配は必要ないか(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (13)

2007/07/13

7月12日 D3-6xYB(●)

 中日が9回痛恨のサヨナラ負けを喫した。
中日は2回、井上のバックスクリーンへたたきこむ3号2ランで先制。中盤に同点とされ、7回に井上のこの日3打点目となる左中間適時二塁打で勝ち越したが、8回に再度追いつかれた。そして9回、3番手のクルスが横浜佐伯にサヨナラ3ランを浴び、連勝は2で止まった。クルスは「インサイドのボール。(佐伯は)いいスイングだった」とサヨナラの場面を振り返った。(ニッカン引用)

□横浜-中日12回戦(6勝6敗、18時、横浜、7629人)

 中 日 020000100-3
 横 浜 000110013X-6

 ▽勝 那須野36試合3勝4敗1S
 ▽敗 クルス4試合2敗
 ▽本塁打 井上3号(2)(工藤)佐伯5号(3)(クルス)

7月12日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
横浜:今季4度目のサヨナラ勝ち 中日は終盤の得点機逃す 」(毎日新聞)
中日・落合監督、痛恨のサヨナラ負けにも「ダメージはない」 」(サンスポ)
オレ竜痛恨サヨナラ負け 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「四球、失策、そして打たれる。(負ける時は)そんなものだろう。(2連勝後の)3戦目だから、よしとしよう。」
「(同一カード3連勝を逃し)3つ目だからダメージはない」
「(サヨナラの場面は)あそこは力勝負。自分でいって打たれたんだ。つないで(継投で)サヨナラよりはいい」

クルス投手
「インサイドのボール。(佐伯は)いいスイングだった」
「(救援失敗で2敗目)打たれたことは仕方がない。切り替えてやるしかない」

平井投手(八回に同点打許す)
「球が甘く、高かった」

井上選手
(HRについて)
「雨が降っている時の鉄則、先制点ほしい打法」

(2ラン含む3打点も九回の勝ち越し機は凡退)
「勝ちにつながる一打がほしかった」



 サヨナラ負けぇ~~~(>_<)
さすがにスウィープするのは難しいです。ただ失策や先頭打者への不用意な四球では勝てませんね。

 打線も3、4番が打たないと重いです。
今日は会長と森野ぐらいですかね。会長は全打点を稼ぐ活躍でしたが、昨夜のチャンスで代打を送られたことが悔しかった模様で今日は意地を見た感じです。

 打つ方はいつかは上がってくると思うので待ち状態です。

 投手陣も中田くんは制球難が克服出来ていない感じ。
ただ7回を2失点で済んでいるので試合を作った感じですが、4回の三塁への暴投が痛かったです。もう少しバックアップが早ければ三塁へ進んでいなかったと思いますので、次回はしっかりしてほしいです。

 8回からは勝利の継投策でしたが、平井がリードを守れず失点。9回は昨夜1回と2/3を投げたクルスが登場。
先頭打者への四球はやっぱり失点に結びつく内容。クルスは投げてみないと分からない感じですね。ただ発展途上ですから上手く育ってくれればいいと思います。

 気になったのが岡本の状態。
単にベイ戦を苦手(防御率8.10)としているので回避したか?故障なのか?登板過多により休みなのか?分かりませんが平井、クルスが連投だっただけに故障でない限り7月7日から投げていないので、登板させてほしかったです。

 明日からは好調のタイガース戦。
ジャイアンツに3連勝して波に乗っている感じなので厳しい試合が予想されますが、JFKが出てくるまでに何とかしたいですね。
とくに打線は下柳投手を打たない事には始まりません。何とかして!!



<プロ野球の公示(12日)>
【出場選手登録】
 ▽ 渡邉博幸内野手
【同抹消】
 ▽ 清水将海捕手

 将海は、前にもバント失敗で即降格でしたが、今回もですね(>_<)

| | コメント (5) | トラックバック (8)

2007/07/12

7月11日 D3-1YB(○)

2007_0712 中日が今季3戦3敗だった天敵・横浜土肥を攻略。
連勝で球宴前の貯金ターンを決めた。2回、1死二塁で中村紀のタイムリーで先制すると、6回には1死一、三塁で井端の2点タイムリー二塁打でリードを広げた。
 6回途中1失点で5月31日以来となる自己最多タイの5勝目を挙げた先発小笠原は「余計なことを考えないように、粘り強く投げることを心がけた。5勝できたのはうれしいですけど、まだ終わっていないので、与えられたところでしっかり投げたいです」と話した。
巨人が阪神に敗れたため、その差は「1」となった。(ニッカン引用)

□横浜-中日11回戦(中日6勝5敗、18時1分、横浜、9464人)

 中 日 010002000-3
 横 浜 000001000-1

 ▽勝 小笠原9試合5勝1敗
 ▽S 岩瀬32試合1勝2敗23S
 ▽敗 土肥13試合7勝4敗

7月11日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:横浜に連勝、小笠原が5勝目 横浜は得点機生かせず 」(毎日新聞)
勝たせてもらった中日 横浜のミスで首位巨人に1差接近 」(サンスポ)
中日、天敵・土肥攻略で巨人に1差/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(八回の得点機に2者連続で送りバント失敗)こういうバントを決めないと、うまいことゲームが終わらない。」
「(六回)あんなところで、ぶつけるかな…。勝たせてもらう試合もなきゃ」

小笠原投手
「余計なことを考えないように、いつも通り粘り強く投げることを心がけました。与えられた場面でどんどん勝っていきたいです。今日はもう少し長く投げたかったですね。これからも一生懸命がんばりますので応援よろしくお願いします!」

「もう少し長いイニングを踏んばって投げたかった。中継ぎの皆さんに申し訳ないです。」

中村紀選手(2回タイムリー)
「シンカー、こういう天候なんで、早く点が欲しかった。先に取れてよかったです。」

井端選手(6回タイムリー)
「全然打ててなかったので、開き直って思い切りいきました。これでのっていきたいです。」


 勝ってくれました(^v^)
観戦した試合に勝ってくれると嬉しいですね。これで今季3勝2敗(OP戦1勝含む)です。

 今日は天候も時折雨が降ったりと選手は大変でしたが、小笠原が何とか試合を作ってくれました。
見ていても分かりましたが、球が高かったり変化球が甘い所にきたりと調子事態は良くはなかったと思いますが、粘りの投球で試合を作ってくれました。欲を言えば6回は投げきってほしかったですね。

 6回のピンチからは継投策。
まずは小林。佐伯選手にタイムリーを打たれて降板・・・・。次回はちゃんと頑張ってね。
小林のあとはクルス。見事な火消しでした。回を跨ぎましたが前回の悔しさを糧に出来たのか次の回もビシッと抑えてくれました。

 8回は岡本かと思いましたが平井でした。ツースリーピッチングでしたが貫禄で3人斬り。
9回は守護神登場。ヒットを打たれたりしましたが安心して見ていられる投球で23セーブ目。久しぶりに生で岩瀬のセーブを見ました!!

 打線は、2回にノリの先制タイムリーが出て雨天時の鉄則で先取点。
あの場面、ノリも粘って良く打ちました!!本当に良い所で打ってくれたと思います。
 6回は、相手のミスに乗じて追加点。井端の当たりはHRかと思いましたが、伸びが少し足りずフェン直二塁打で2者生還。この2点が大きかったです。
井端自信も波に乗れてませんでしたが、これをきっかけにしてほしいです。

 打線の方は、もっと点は取れそうですが、バント失敗が3つ・・・。
しっかりした野球をやってほしいところ。

 孝介は守備で投手陣を沢山援護してましたね。後ろにいたベイファンは落胆してました。
打てない時は守備で貢献してくれれば、嬉しいですね。

 今日、勝ったので首位との差が「1」に縮まりました。
こちらも本調子ではない中、差が縮まってきたので、どんどんうさぎさんチームにプレッシャーを掛けて行ってほしいですね。
 明日の天候も微妙ですが勝ってスウィープしてほしいです。


<プロ野球の公示(11日)>
【出場選手登録】
 ▽ 森岡良介内野手
【同抹消】
 ▽ 沢井道久内野手

 森岡上がってきましたね。守備練習の時にいたので上がってきたんだと思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (13)

2007/07/11

7月10日 D4-1YB(○)

 中日朝倉が8回5安打1失点の好投で6勝目を挙げた。
今季初完封が見えてきた8回に1点を失ったものの立ち上がりからシュートがさえ、走者を許してもことごとく併殺でピンチを切り抜けた。打っても2回に自らを助けるタイムリー。地方球場では05年7月から8連勝となったオレ竜の地方球場男は「与えられる場所でしっかり投げようと思って投げているだけです。それがいい結果につながっているんじゃないかと思います」と話した。
首位巨人が阪神に敗れたため、その差は「2」。球宴前の9連戦で幸先のいいスタートを切った。(ニッカン引用)

□横浜-中日10回戦(5勝5敗、18時、平塚、11373人) 

 中 日 022000000-4 
 横 浜 000000010-1 

 ▽勝 朝倉16試合6勝5敗   
 ▽S 岩瀬31試合1勝2敗22S 
 ▽敗 寺原14試合6勝6敗   
 ▽本塁打 森野10号(2)(寺原)

7月10日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:序盤に4点、朝倉が6勝目 横浜は寺原が5回降板 」(毎日新聞)
中日・朝倉が地方球場8連勝 首位巨人へ2差に迫る雨中の力投 」(サンスポ)
オレ竜、朝倉で9連戦白星発進 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(雨中の一戦を制し)いいも悪いも、(朝倉)健太に尽きる。」
「(地方球場に強い朝倉に)それは周囲がいうこと。いいときも悪いときもあるさ」

朝倉投手
「与えられる場所でしっかり投げようと思って投げているだけです。
それがいい結果につながっているんじゃないかと思います」

「立ち上がりはマウンドに慣れていないこともあって不安定でしたが何とか修正することができました。
雨が気にはなりましたがマウンドの状況が悪いなりに投げることができたと思います。
ピンチのたびにダブルプレーが取れました。
自分に与えられた場所をしっかり守るつもりで投げていることが良い結果につながったと思います。
今日はできるだけ長く投げるつもりでした。
これからもどんどん勝っていきたいです。」

井上選手(2回、先制タイムリー)
「ストレート、先制点は、雨が振っている時の鉄則。先制点が取れてよかった」

森野選手(3回、10号2ラン)
「ストレート、(朝倉)健太が投げている試合で打ててよかった」



 勝ちました(^v^)
健太が投打に活躍でしたね。天候もよく持ってくれました!!9連戦の初戦を幸先よくスタート出来ましたね。

 地方球場に相性抜群の健太ですね。
今日は、ランナーを出しても併殺で切り抜ける健太らしい投球。8回を1失点ですから、完璧に近かったかと思います。
しいて言えば完封してほしかったです。
打っては、追加点をあげるタイムリーヒット。自分で打てば投球が楽になるので、次回も打ってほしいですね。

 9回は守護神、岩瀬が登場。
前回のトラ戦から波に乗ったのか本日も3人斬り!!完璧でしたね。頼もしいです。

 打線は、いい感じで得点しましたが、ダメ押しがほしかった印象。
2回、ノリゲッツーでチャンスが無くなったかと思いましたが、会長のタイムリーが大きかったです。3回には、久しぶりに森野のHRが出て追加点。これで健太も楽になりましたね。

 6、7回とか相手が四球を出してくれたりとチャンスをくれているので、その場面で追加点が取れると、もっと試合運びが楽になるのでその辺が、明日以降の課題ですかね。

 勝ったから良いですが、失策を無くしてほしいです。
グランド状態が悪かったというのも一理ありますが、スコアー表の失策欄には、いつも同じ名前(苦笑)が書いてあるのでしっかりしてほしいです。(もう、見飽きたので(^^ゞ)

 明日も天候が微妙ですが、試合が出来ると良いですね!!
この勢いでハマスタでも勝ってほしい所。先発の頑張りと打線の援護があって投打のバランスが良い試合を期待しています!!

 小笠原、頼んだよ!!(心の叫び)



<プロ野球の公示(9日)>
【出場選手登録】
 ▽ 小林正人投手
【同抹消】
 ▽ 山本昌投手

小林投手
「出番があれば一生懸命やりたい。左打者を抑えるシュートをしっかり練習してきた」

| | コメント (6) | トラックバック (11)

2007/07/09

7月8日 D3-6T(●)

 中日が2点のリードを守れず6-3で逆転負けした。
中日は3回に井端、福留の連打で2点を先制したが、通算200勝にあと7と迫っている先発山本昌が4、5回に崩れて3点を献上。中継ぎのクルス、ラミレスも追加点を許した。攻撃陣は阪神先発ジャンをつないだJFKに抑えられた。
今回の3連戦で阪神に負け越した落合監督は「強いね阪神は…」と話した。(ニッカン引用)

□中日-阪神9回戦(阪神5勝3敗1分、14時、ナゴヤドーム、38214人)

 阪 神 000212100-6
 中 日 002010000-3

 ▽勝 ジャン14試合4勝4敗
 ▽S 藤川32試合3勝2敗19S
 ▽敗 クルス2試合1敗
 ▽本塁打 林13号(2)(山本昌)矢野1号(1)(クルス)

7月8日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:ジャンが4勝目 中日は中継ぎ陣が打ち込まれる 」(毎日新聞)
中日・山本昌が今季3度目の二軍落ち決定 苦しむベテラン左腕 」(サンスポ)
オレ竜、虎に逆転負け 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「強いね阪神は…」
「山本昌は(登録)抹消。どうやって使うの。悪いから(2軍に)落とすだけ。我々は手助けできない。やるのは選手。」
「(200勝について)41歳か? 45歳までやらないと200勝できない」

森バッテリーチーフコーチ(山本昌の二軍落ちに)
「早いほうがいいだろう。後半戦でまた投げてもらわないと困る」

井端選手(3回タイムリー)
「先っぽだったけどよく飛んでくれました」

福留選手(3回タイムリー)
「追い込まれていたので、うまいこと打てました」

山本昌投手
「もう少し、しっかり投げないといけないですね。ちゃんと走って投げて調整します。」

(公式HPより)
「流れを引き寄せることができなくて本当に悔しいです。
5回は桜井君を歩かせたのも痛かったし、その後の鳥谷君の打球での二塁送球も。井端君にエラーがつきましたが、あれは送球がスライダーしてしまって…。
情けない登板が続いていますが、めげずに頑張りますので、応援してください」

クルス投手(初黒星)
「正確にストライクを投げることを心掛けたが、うまくいかなかった。こんな日もある」


 日曜日は、お決まりの負け(>_<)
ミスすれば負けるという典型的なパターンでした。

 昌さん降格については、致し方ありませんね。
先頭打者をあれだけ出塁させたり、投球に粘りがないし本来の姿が戻ってきません。
残念ですが下でしっかり調整して戻ってきてほしいです。

 失策がらみの失点や連携ミス。さらにバントミスでは厳しい状況。
同じミスで毎回、星を落とすのでチームが乗ってこないのが良く分かる一戦でした。
言いたい事は、沢山ありますが結果論や批判になるので慎みますm(__)m

 ウサギさんを追いかけるよりベイの姿が近づいてきました。
来週からのベイスターズ戦では、このままでは足元をすくわれそうで心配です。
ベンチ含め、選手も気を引き締めて臨んでほしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (9)

2007/07/08

7月7日 D3-0T(○)

 中日がエースと守護神の好投と、主砲の一発で3-0と阪神に完封勝ちした。
中日は4回、ウッズの右翼席へ運ぶ22号2ランで先制。8回には併殺崩れで追加点を挙げた。
守っては先発川上が8回に相手打球を左胸に受けて降板したが、三塁を踏ませない好投で7勝目。最後は守護神岩瀬が史上3番目の速さとなる500試合登板を、4者連続三振の完ぺきな投球で締めくくった。
ウッズは「(ホームランは)いい感触だった。2ストライクだったので三振しないように心がけた」と話した。(ニッカン引用)

□中日-阪神8回戦(阪神4勝3敗1分、15時、ナゴヤドーム、38181人)

 阪 神 000000000-0
 中 日 00020001×-3

 ▽勝 川上14試合7勝4敗
 ▽S 岩瀬30試合1勝2敗21S
 ▽敗 上園5試合2勝1敗
 ▽本塁打 ウッズ22号(2)(上園)

7月7日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:零封リレーで前日の雪辱果たす 阪神は三塁を踏めず 」(毎日新聞)
中日・川上、打球直撃し降板 アクシデントに救援陣奮起 」(サンスポ)
川上負傷降板も、岩瀬4連続K締め 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(八回に川上が負傷降板)思わぬノックアウトだな。考えてなかった。
嫌な流れだったけど、岡本、岩瀬がきっちり抑えてくれた。
それにしてもたいしたもんだ岩瀬は。」

岩瀬選手
「憲伸がああ言った形で降板してしまったので、今日は何としても勝たないとという気持ちになりました。
最近、なかなか三振がとれないので良かったですね。
これを切っ掛けにまた良いピッチングができるように頑張りたいと思います。
500試合まで来られたこと、自分一人じゃないので、周りの人たちにサポートしてもらってこれたので、その方々に感謝したいと思います。
ジャイアンツに早く追いついて追い越したいと思います。
頑張ります!応援よろしくお願いします。」

ウッズ選手
「とても良い感触でした。良いホームランだったと思います。
本当に集中してとにかく三振しないようにと考えていました。
川上投手がとても良いピッチングをしていたので、残念なことにピッチャーライナーで降板しましたが、助けになれて良かったです。
明日も全力で頑張ります。」

(4回HR)
「ストレート、2ストライクだったので、とにかく三振しないようにだけ心がけた。」

川上投手
「胸で跳ね返り、あごに当たった。骨に異常がないと聞いてホッとした。家に帰ってまた冷やします」



 今日は勝ちましたね(^v^)
素直に嬉しいです。ただ、憲伸。大丈夫かなぁ~。打撲みたいで良かったですが、物凄く心配です。

 今日は、完璧な投手陣。
立ち上がりの憲伸は球が浮ついていましたが、徐々に修正していって完封ペース。完封も見えてきた8回に野口選手の打球が喉下に直撃して降板。当たった直後は動かなかったので一瞬ヒヤッとしましたが、自ら歩いてベンチへ戻って行ったので少しホッとしました。

 急遽マウンドへ上がった岡本がラッキーヒットを許しますが、まあまあの出来で二死までこぎ着けて、そこで守護神登場。
今日の岩瀬はカンペキ(笑)4者連続三振斬りのパーフェクト投球。逆に完璧過ぎてビックリしましたが、憲伸が先発の時は眼つきが違いますね。明日からも、よろしくお願いします。

 打線は久しぶりに4番がお仕事!!
4回にタイロンが先制のツーランHR。ツーナッシングと追い込まれていましたが、タイロンが一番好きな所にボールが来てくれました。逆らわずライトへのHRはタイロンらしい一振りでした。このHRで調子を戻してほしいですね。

 8回は満塁のチャンスに立浪さんが渋く遊ゴロを放って追加点。
贅沢を言えばヒットの方が嬉しいのですが、この1点は大きかったですね。岩瀬もだいぶ楽になったと思います。

 今日は投手陣がしっかり試合を作って勝てたので明日も、しっかり先発が投げてほしいです。
恐らく、昌さんかと思いますが久しく勝っていないので、明日こそは勝ってほしいです。
打線も効率よく打って援護してほしいですね。

 あとは日曜日に勝利みたい!!!!!



<記録:岩瀬、通算500試合登板>
 通算500試合登板=プロ野球81人目 中日の岩瀬仁紀投手(32)が7日の阪神戦(ナゴヤドーム)の八回途中から登板して達成。初登板は中継ぎで99年4月2日の広島戦。

| | コメント (9) | トラックバック (15)

2007/07/07

7月6日 D0-2T(●)

2007_0707 中日が阪神先発下柳、リリーフ陣の久保田ーウィリアムスー藤川に散発の4安打と抑えられ、2-0と今シーズン5度目の完封負けを喫した。
2年ぶりの復活登板だった中日先発山井は立ち上がりを攻められ2失点。その後の数度のピンチはしのいだが、攻撃陣が不振で1回の2点が最後まで響いた。
落合監督は「(山井は)これくらい投げればいいんじゃないか。クルスも良かったんじゃないかな」と話した。(ニッカン抜粋)

□中日-阪神7回戦(阪神4勝2敗1分、18時、ナゴヤドーム、37452人)

 阪 神 200000000-2
 中 日 000000000-0

 ▽勝 下柳14試合7勝4敗
 ▽S 藤川31試合3勝2敗18S
 ▽敗 山井1試合1敗

7月6日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:下柳好投、通算100勝 中日は山井を援護できず 」(毎日新聞)
中日・山井の復活登板は黒星「一回の失投が悔しい」 」(サンスポ)
オレ竜散発4安打完封負け 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(山井は)最近のうちの先発じゃ一番いい。このくらい投げてくれれば。ちょっと光が見えた。
クルスも良かったんじゃないかな」
「きっちり放られたらそう打てない。シモ(下柳)をつぶすにはあと1人選手が足りない」

山井投手
「今年初めて1軍のマウンドに立てたことがうれしく、また、お世話になったみなさんに感謝しています」

クルス投手(育成枠から昇格し初登板。最速154キロで2回4奪三振)
「きょうという日を楽しみに待ってた。制球がよく、変化球もうまく決まった」


 負けちゃった模様で・・・・・(>_<)
見ていないので分かりませんが又、下柳投手を打てませんでした。それにしても今年はよく完封されますね。

 携帯で経過をチェックした時は、時すでに遅く終了していたのでスポーツニュースで少し拝見しましたが、初回のタイロン三振ゲッツーが大きかったのかな?三振が多いタイロンの時は、無死、一死の場合は走らしたらNGでしょう。足の速い選手ならまだしも。ここで1点でも取っていたら変わったかもしれませんが。(もちろん結果論ですm(__)m)

 山井は、もう一回チャンスを貰えそうですね。6回で116球なので少し球数が多かった感じですが、次回に期待が持てそうです。

 クルスも投げた見たいですね。ヤフーの速報で見ると球が速いみたいで終盤のピンチで今後はチームを救ってくれそうです。

 明日こそは、しっかり打って勝ってほしいですね。
恐らく憲伸かと思いますが、今度こそしっかり投げて勝ち投手になってほしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (10)

2007/07/06

7月5日 D11-10C(○)

 中日が乱打戦を制した。
3点を追う3回に打者9人攻撃で4点を取り逆転、4回にも中村紀の左越え適時二塁打などで5点を取るなど一時は5点のリードを奪った。7回に9-10と逆転されたが、8回に井上の2点タイムリーで再々逆転。最後は守護神岩瀬が締めて1点差で逃げ切った。
2打点で通算1000打点に到達した中村紀は「自分だけの力じゃない。皆さんのおかげ」とお立ち台で声を張り上げた。(ニッカン抜粋)

□中日-広島10回戦(中日7勝3敗、18時、ナゴヤドーム、31372人)

 広 島 003131200-10
 中 日 00450002×-11

 ▽勝 岡本35試合3勝1敗
 ▽S 岩瀬29試合1勝2敗20S
 ▽敗 梅津33試合1勝1敗
 ▽本塁打 アレックス1号(1)(中田)

7月5日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:乱打戦制す 岩瀬が20セーブ 広島は借金「16」 」(毎日新聞)
中日・井上が逆転の決勝打を含む5打点! 選手会長にあっぱれ! 」(サンスポ)
ノリ通算1000打点、竜乱打戦制した 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「こういう試合にしたのは監督だ。
(五回2死一塁でマウンドへ)監督があそこで出ていったのがまずかった。出ていっちゃいけないところで出ていくとこういう試合になる。」

井上選手
「もう10時10分です。みなさん帰りの足は大丈夫ですか。最後の最後まで応援してもらってうれしいです。
久しぶりにナゴヤドームに帰ってきましたが何とか勝つことができてホッとしています。
(逆転タイムリーについて)あの場面は僕が打たなかったら勝ちはないと思っていました。タイミングをはずされて思わず振ってしまいました。それがたまたま良い所に転がってくれました。それもこの時間まで応援してくれた皆さんのおかげです。
今月は僕もノリも誕生月なのでがんばりたいと思います。
もうすぐ夏休みですが夏休みになったらとは言わず、夏休みに入る前にもナゴヤドームに来てどんどん応援してください。それが僕らの力となります。」

(3回タイムリー)
「球がゆれていたので、心もゆれながらいきました。」

(4回タイムリー)
「ノリの1000打点にドサクサにまぎれてくっついていっただけです。」

中村紀選手
「(通算1000打点について)自分だけの力ではないのでみなさんに感謝したいと思います。
今日は良い夜をすごせると思います。今月誕生日なので精一杯がんばりますので応援よろしくお願いします。」

「(4回タイムリー)その前に同じ場面で三振していたので、何とかランナーを返すことだけ考えた。今日は勝ちたい。」

福留選手(3回タイムリー)
「いいところに落ちてくれました。ラッキーです。」

森野選手(3回タイムリー)
「飛んだコースがよかった。」

岩瀬投手(4年連続の20セーブ)
「チームが勝ってよかった」

岡本投手(3勝目)
「自分の仕事ができて良かった。いい投球を続けられるよう、やっていきたい」



 勝ったけど疲れましたね(^_^)
最後まで、どっちに転ぶか分からない展開でしたが、勝ててホッとしました。

 序盤のナックルボーラー撃沈が遠い昔に感じる展開。
打線の方は、一時に比べて振れるようになって点が取れるようになってきましたね。
タイロン一人が蚊帳の外でしたが(苦笑)
今日は会長に救われた感じです!最後のタイムリーは逆らわずに逆方向へのタイムリーはお見事でした。しばらくこの調子で頑張ってほしいです。

 投手陣は、よくもまぁ~撃たれましたね。
中田くんも悪い時の状態に戻っちゃったのか?って、感じで調子が悪かったですね。今日は、無駄な四球もあったりと5回持たなかった事は反省ですね。次回までに調整してほしいです。

 あの5回でカープ打線に火が付いた模様で繰り出す投手陣が抑えきれない状態。
5回のピンチこそ凌いだ鈴木が6回に捕まって失点。続く平井も逆転される始末。平井は、カープ戦だと打たれているイメージがあるのは気のせいでしょうか?

 そんな中、岡本が無失点に抑えたのが大きかったですね。今年は、もう35試合に登板している、おかもっちゃんですが、勝利投手のご褒美付きでした。試合終了後、Mさんに背中を叩かれてましたけど(^^ゞ

 9回は砦の岩瀬が登場。内容は、いつもの岩瀬でしたが(苦笑)無失点で何とか抑えて20セーブ目。

 でも、勝ったから良しなのですが、おちょあ君に打たれすぎ(>_<)
嬉しいのやら悲しいのやら(苦笑)2戦見ましたが、元気そうで何より。ドラ戦以外も頑張ってね!!

 明日からはトラ戦。中継ぎ陣の負担が大きくなっているので、少し先発に長いイニングを頑張ってほしいところ。
トラ投手陣も安定して来ているので打線は、注意して望んでほしいですね。



<記録:中村紀が1000打点達成>
 5日、広島10回戦(ナゴヤドーム)の四回、フェルナンデスから2点二塁打を放ち、プロ入り通算1000打点をマークした。プロ野球史上29人目。初打点は近鉄時代の1992年6月18日の日本ハム戦だった。

中日・中村紀が史上29人目の1000打点達成 満塁快打で決めた 」(サンスポ)

 おめでとうございます!明日も打ってね!!

| | コメント (5) | トラックバック (12)

2007/07/04

7月3日 D6-2C(○)

 中日が先制、中押し、ダメ押しの理想的な得点パターンで広島に6-2と快勝、連敗を4で止めた。
中日は4回、福留が広島先発高橋のスライダーを右翼席に運ぶ13号2ランで先制。5回には井上の2号ソロなどで2点を加算。8回にも犠飛と失策を絡めて2点を追加して勝負を決めた。
投げては先発朝倉から岡本ー平井ー岩瀬の万全リレーで締めた。落合監督は「(朝倉は)中5日も6日もあっあったのに…。良ければ完投させたが、ダメなら継投するしかない」と辛口だった。(ニッカン引用)

□中日-広島9回戦(中日6勝3敗、18時、福井、8043人)

 広 島 000001100-2
 中 日 00022002×-6

 ▽勝 朝倉15試合5勝5敗
 ▽敗 高橋9試合1勝3敗
 ▽本塁打 福留13号(2)(高橋)井上2号(1)(高橋)

7月3日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:連敗を4で止める 朝倉は5勝目 広島は借金15に 」(毎日新聞)
復活福留が中日を救った! 暗雲振り払う一撃! 」(サンスポ)
竜快勝で連敗ストップ 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(朝倉は)中5日も6日もあっあったのに…。良ければ完投させたが、ダメなら継投するしかない」

福留選手
(4回HR)
「スライダー、ちょっと詰まったけど、風に助けられました。」

(八回に流し打った二塁打)
「ああいう形で出ていけば、よくなっていくと思う。きっかけになるのでは!?」

井上選手(5回HR)
「福井が好き。」

井端選手(5回タイムリー)
「カーブ、追加点が取れてよかったです。」

朝倉投手
「5回までリズムよく投げていたのですが、その後ストレートの四球を出したり、リズムよく乗っていけなかった。この反省を次の登板には生かしたいです。」


 やっと勝ちましたね(^v^)
いつ以来か忘れましたが、勝った喜びをやっと、やっと味合うことが出来ました!!

 最近、忙しくてブログの更新を怠っていましたが、勝った時は更新しないと(笑
ヤクルトに連敗中は見れなくてネットで確認はしていましたが・・・・。
おかもっちゃんが打たれたりと憲伸は隔年に陥っていたりと、良い事がなかったようですね。
ウサギさんチームとゲーム差が若干開いてますが一戦一戦、星を拾って行きましょう!


 今日は、食事をしながら少し見ました。
打線は、一時に比べて良くなってきましたね。井端が繋げれば、こんな感じになると思います。
後は、クリーンナップ次第と言ったところでしょうか。
今日は、孝介も良い所で打ったりしているので、この調子を維持してほしいところ。オールスターの出場が決まった森野も最後にダメ押しの犠飛を打ったのが大きかったです。

 タイロンの腰は、本当に大丈夫なのかが不明ですね。
守備では、胸元に投げて上げないとちょっとヤバイ状況。早く治してほしいですね。

 ビョンビョンも守備で見せてくれたみたいですね。
下に行って上がってきてから別人になった模様で(苦笑)ただ、上がってきてから勝ってなかったので、嬉しかったはずでしょう。

 投手陣では健太に頑張ってもらわないといけないのですが、点を貰ってから意識しちゃったのでしょうか?
らしくなかったですが、勝ちが付いたので一先ず安心ですね。それにしても監督は健太に厳しいですねぇ~。

 今日は、お早い継投策。
おかもっちゃんも良くなかった模様ですが、何とか凌ぎきった感じで、続く平井はヒットを許しますが無失点で抑える力投。
最後はセーブの付かない場面でしたが、調整登板で岩瀬。相変わらずランナーを出しましたが無失点で抑えてくれました。

 あとオチョア2安打とたっぷり恩返し?
ただ、お腹がちょっとぽっちゃりしてない?ユニフォームのせいかな?ちょっと気になりました。

 明日も打線が繋がって投手が抑える理想な展開が良いですね!
地方球場なので失策は厳禁でお願いいたします!!


<プロ野球の公示(2日)>
【出場選手登録】
 ▽ 小笠原孝投手、山井大介投手、クルス投手
【同抹消】
 ▽ デニー投手、浅尾拓也投手、グラセスキ投手


 デニー落としましたね~~~(^^ゞ
それにしても、野手陣のバックアップ要員が足りない気がするのは気のせいでしょうか?誰か一人上げてほしい気もします。

| | コメント (5) | トラックバック (13)

7月1日 D6-7S(●)

 中日は投手陣の乱調で逆転負けし、交流戦から通算して4連敗となった。先発山本昌は5回まで無失点と好投したが、3点リードの6回に3失点。6回途中から救援した2番手・岡本も1回3分の2で4失点し、勝ち越された。打線は8回に4連打で3点を返したが、及ばなかった。山本昌は「ランナーをためて上位に回してはいけないのに…」と反省した。(ニッカン引用)

□ヤクルト-中日11回戦(中日7勝4敗、13時、秋田、15120人)

 中 日 200001030-6
 ヤクル 00000340×-7

 ▽勝 高井25試合2勝2敗
 ▽S 遠藤25試合2勝2敗1S
 ▽敗 岡本33試合2勝1敗
 ▽本塁打 ウッズ21号(1)(館山)ラミレス7号(3)(岡本)

7月1日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>

<監督、選手コメント>
落合監督
「(3点のリードを守れず、4連敗)野球の流れが悪いとこういうゲームになる」
「(山本昌の継投について)あの場面でどうやって代えるんだよ

山本昌投手
「ランナーをためて上位に回してはいけないのに…あの四球が痛かった」

森野選手(先制2点タイムリー)
「いいところで打ててよかったです

ウッズ選手(六回HR)
「バットの先だったけどうまく打てた」

岡本投手(七回に勝ち越しを許して)
「先頭打者をしっかり抑えないといけなかった…」

井端選手(球団2人目の500試合連続出場)
「よく出たなという感じ。辞めるまで続けたい」



結果のみですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月30日 D3-7S(●)

 中日は交流戦明けの初戦を落とした。先発・川上が精彩を欠き、5回9安打5失点で4敗目。打線は5点を追う6回に李、井端の連続タイムリーで2点を返し、9回にも中村紀が中前適時打を放ったが、及ばなかった。川上は「チームの勢いを消してしまうようなピッチングをしてしまった」とうなだれた。(ニッカン引用)

□ヤクルト-中日10回戦(中日7勝3敗、18時、秋田、18678人)

 中  日 000002001-3 
 ヤクルト 31010200×-7 

 ▽勝 グライシンガー14試合9勝2敗
 ▽敗 川上13試合6勝4敗   
 ▽本塁打 福川2号(1)(川上)3号(1)(デニー)

6月30日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>

<監督、選手コメント>
落合監督
「(リーグ戦再開)1試合目はこんなもの。(KOされた川上を責めず)そのうちよくなるでしょ」

川上投手
「すごく悔しいです…。チームの勢いを消してしまうようなピッチングをしてしまった。」

李炳圭選手(3安打&1打点)
「一生懸命やった結果だからうれしい」

中村紀選手(九回無死二塁から中前に適時打)
「ショートゴロかと思った。よう抜けたね」


 負けちゃいましたね(>_<)
見ていないので結果のみですm(__)m



<プロ野球の公示(25日)>
【出場選手登録抹消】
 ▽ 渡邉博幸内野手、新井良太内野手


<プロ野球の公示(27日)>
【支配下選手登録】
 ▽ R・クルス投手

R・クルス投手
「支配下選手契約をできてうれしいです。来年もドラゴンズでプレーできるように頑張りたい」


<プロ野球の公示(30日)>
【出場選手登録】
 ▽ 山本昌投手、中村紀洋内野手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »