« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/30

2007年ファーム日本選手権

 2軍の日本一を争うファーム日本選手権が29日、
山形県野球場で行われ、ウエスタン・リーグ覇者の中日が
7-2でイースタン・リーグ優勝の巨人に勝ち、3年ぶり4度目の優勝を決めた。
最優秀選手には4-8回を無失点で好救援して勝利投手となった
中日の吉見が選ばれ、賞金50万円を獲得した。

 中日は2点を追う5回に堂上剛のソロで1点を返し、6回に森岡の2ランで逆転。
さらに2点を加え5-2とすると、8回には平田の2ランで突き放した。
巨人は2回に2点を先制したが、投手陣が踏ん張れなかった。(中スポ引用)

□ファーム日本選手権 山 形 巨人―中日 試合開始:13:02 観衆:9159人

 中 日  000014020-7
 巨 人  020000000-2

巨人投手:深 田 5回2/3,酒 井 0回0/3,真 田 1回1/3,東 野 1回,越 智 1回
中日投手:川 井 3回,吉 見 5回,金 剛 1回

 ▽勝 吉見
 ▽敗 深田
 ▽本塁打 5回表 堂上剛 ソロ、6回表 森岡 2ラン、8回表 平田 2ラン

☆最優秀選手賞
 吉見 一起

☆優秀選手賞
 堂上 剛裕
 平田 良介
 森岡 良介

<各コメント>
辻発彦2軍監督
「1年間で2度も胴上げしていただいて、大変うれしいです。
 微々たるものですが、少しでも1軍へのエールになればになればいい。
 常勝球団を目指し、いい選手を送り出していきたい」

吉見投手(最優秀選手に輝き)
「味方打線のおかげ。来年は1軍にいられるよう頑張る」

堂上剛裕選手
「1年間、頑張ったかいがあった」

<関連記事>
中日が3年ぶりの優勝 ファーム日本選手権 」(中スポ)
中日が3年ぶりにファーム優勝! MVPには吉見 」(サンスポ)



 ファームが日本一(^v^)
嬉しいですね。川井くん大丈夫かなぁ~何て思ってましたが(笑

 打線は、上より期待が持てる事w
森岡、良太、剛裕のクリーンアップが最高でしたね。
それと、平田くんの当たりが凄かったです。まだまだ荒削りの感はありますが、
右中間にライナーで運べる辺りは、将来が楽しみです。注意はケガだけですね。

 投手陣も川井くんが投手に打たれて先制されますが
まぁまぁと言った感じですかね。3回のアウト全員三振でしたw

 後を投げた吉見が完璧でした。
上で早く見たい選手ですね。このまま予備軍のエースじゃダメだろって感じ。
最後の金剛。胴上げ投手でした。ややフォークの落ちがイマイチでしたが安定感はあります。

 ファームも勝ったので、1軍も頑張らないといけません。
明日は、数名が上がってきますが、勢いがあるのでスタメンで使ってほしいですね。

 1軍もファームに続いて頑張って!!!!!!!

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2007/09/29

9月28日 D1-2T(●)

 中日が阪神に逆転負け。
優勝へのマジックナンバー「6」が消滅すると同時に首位巨人にマジック「2」が点灯した。
4回、2死一、三塁で森野の内野ゴロの間に1点を先制したが、その裏2死一塁で先発中田が
林に15号2ランを許して逆転された。
7回7安打2失点で8敗目を喫した右腕は「林選手への1球が悔やまれます…」
と力なく話していた。(ニッカン引用)

□阪神-中日最終戦(阪神12勝11敗1分、18時1分、甲子園、48517人)

 中 日 000100000-1
 阪 神 00020000×-2

 ▽勝 上園16試合7勝5敗
 ▽S 藤川69試合5勝5敗44S
 ▽敗 中田27試合13勝8敗
 ▽本塁打 林15号(2)(中田)

9月28日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:連敗8で止める 中日は好投の中田を援護できず 」(毎日新聞)
Vマジック消えた中日、連覇は風前のともしび 」(サンスポ)
痛恨逆転負けでマジック消滅… 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(残り)五つ全部に勝てばいいことだ。
 よそのことは考えていない。
 うちが負けて、相手が胴上げしたわけじゃない。
 広島に二つ勝って。相手に楽させることはない。」

中田投手
「林選手への1球が悔やまれます…。
 失投ですね。
 低めに投げて振らせるボール。
 意図通りにいかなかった。」

中村紀選手
「まだ分からんよ。野球はそう簡単じゃない」



 負け。自力V消滅(T_T)/~~~
7連勝は、今の状態じゃ厳しかったですかね。まっ、しょうがない。

 まさか負けて諦めてないですよね!!ベンチと選手!!!
ツバメもベイも目の前で胴上げされたくないでしょうから、勝ちにくると思うし
何が起こるか分からないのが野球で、あと5つ勝ちましょうよ。
ズルズル失速するのだけはNG。

 問題は、切り替えて広島戦に臨めるかですかね。
今日のモチベーションを継続してたら、足元すくわれて2つ負けるよ。
過ぎた事は忘れて、再度モチベーションを上げましょう!!
広島との2つは絶対勝ちましょうよ!!

 あっそうそう!川井くん。明日は、よろしくお願いします(^_^)
1軍より先に日本一になりましょう!!勝って景気をつけてほしいです。



<今日の中村公治>
 久しぶりの登場(^^ゞで、三振でした(>_<)

ただ初っ端、ウィリアムスはキツイでしょう~(苦笑
4番の人は、チャンスで振らずに三振何だから、振っただけ勘弁して(^^ゞ

「今シーズン成績」
試合:16
打席:35
打数:28
安打:4 
打点:1
HR:0
四球:3
打率:.138
得点圏打率.300

| | コメント (5) | トラックバック (10)

2007/09/28

9月27日 D4-1T(○)

 中日が早めの投手継投が功を奏して連敗を2で止め、
残り6試合で連覇への優勝マジックを「6」とした。
5回無死一、二塁から荒木の左翼ポール際に運ぶ今季1号3ランで先制。
1点を返された7回にはウッズの右前適時打で貴重な1点を加算した。
先発川上は6回4安打1失点と好投しながら早めに降板。
その後は石井ー鈴木ー岡本が無失点に抑え、9回は守護神・岩瀬が
きっちり3人で締めて逃げ切った。
12勝目を挙げた川上は「ゲームを作ることはできたと思います」と話した。(ニッカン引用)

□阪神-中日23回戦(11勝11敗1分、18時、甲子園、48513人)

 中 日 000030100-4
 阪 神 000001000-1

 ▽勝 川上25試合12勝8敗
 ▽S 岩瀬58試合1勝4敗42S
 ▽敗 安藤7試合2勝2敗
 ▽本塁打 荒木1号(3)(安藤)

9月27日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:連敗2で止める 阪神は8連敗、CS進出Mが消える 」(毎日新聞)
荒木の一発が空気変えた! 川上12勝、竜6試合でM6 」(サンスポ)
オレ竜天王山決戦落とす/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「うちが全部勝てばいいんだ。心配するな、全部勝つから」

荒木選手
「(先制3ランホームランについて)2回続けてバントを失敗しているので
 何とか打ちたいと思っていました。
 打席に入る前に監督からピッチャーがランナーだから思い切って打てと言われました。
 普段あまりない感触なのでうれしかったです。
 自分たちが勝つしかマジックは減らないのでこのまま勝ち続けられるように
 先のことは考えずに一戦一戦しっかりと戦っていきたいと思います。
 明日も集中して打つ方も守る方もがんばります。ありがとうございました!」

ウッズ選手(7回タイムリー)
「ストレート、三振しないように来た球を打ち返すことだけ考えた。
 ランナーを返せてよかったよ。」

川上投手
「ゲームを作ることはできたと思います。
 僕らは1敗もできない状況なので、あとは試合を勝ってくれることを祈っています。」

岩瀬投手(42セーブ目)
「一つ一つ勝っていくしかない。目先のゲームしか考えない」



 勝ってマッジク6(^v^)
負けられない初戦に何とか勝てました。ただ重い試合でしたね。

 トラで始まってトラで終わった感じ(^^ゞ
荒木は2度のバント失敗を取り返しましたね。
失敗は前夜の失策が緒を引いていたのかな?分かりませんが、
強攻策に出て、あそこでの今季第1号は見事でした。

 それにしても、あと1本が遠いですね。
初回の4番のげっちゅう~で又かよモードになって
モヤモヤ継続中になりましたが・・・・・。

 タイロンも、大振りせずあのタイムリーみたいに軽打してくれると
良いんですけどねぇ~。

 憲伸がプレッシャーの掛かる中、頑張りました。
7回も行ってほしかったのですが、6回74球で降板。
中3日でもさせるのかな?早い降板でした。

 石井くんがピンチを作りましたが鈴木が救ってくれました。
一死2、3塁を連続の三振斬りは見事でした。

 あとは岡本、岩瀬と必勝リレー。
岩瀬は、強襲打をくらいましたが、後続を抑えたので大丈夫でしょう。

 取り合えず第一関門突破って感じですね。
まだまだ厳しい戦いが続きますが、明日も勝ってください。
天気が微妙ですが、中田くん頼みます!!



<プロ野球の公示(27日)>
【出場選手登録】
 ▽ 中村公治外野手、クルス投手
【同抹消】
 ▽ 英智外野手

クルス、中村公が出場選手登録 」(ニッカン)

クルス投手
「残り全部勝つだけだ」。

中村公選手
「チームに貢献できるよう頑張ります」


 やっと戻ってきました(^_^)
ただ使ってもらえるかは、かな~~り不明(^^ゞ
センター出来るし、バントは上手何だけどね。

| | コメント (5) | トラックバック (13)

2007/09/27

9月26日 D4-8G(●)

 中日が首位巨人との天王山決戦に敗れ、マジックこそ7のままだが、
連覇へ向けて痛い1敗を喫した。
1回、無死一、三塁から中村紀の左前適時打で先制。
さらに森野の右翼席に運ぶ16号3ランで4点を先取した。
だが先発朝倉がピリっとせず5回までに4点を奪われ追いつかれ、
6回には脇谷に勝ち越し2ランを打たれて逆転された。
打線は2回以降は沈黙して完敗した。
6回6失点で敗戦投手になった朝倉は「打たれてはいけないところで本塁打を打たれた」
と落胆していた。(ニッカン引用)

□巨人-中日最終戦(12勝12敗、18時、東京ドーム、46004人)

 中 日 400000000-4
 巨 人 00211202×-8

 ▽勝 野間口6試合3勝
 ▽S 上原55試合4勝3敗32S
 ▽敗 朝倉27試合12勝7敗
 ▽本塁打 森野16号(3)(高橋尚)李承☆29号(1)(朝倉)
        脇谷1号(2)(朝倉)高橋由35号(2)(高橋)
 (注)☆は火ヘンに華

9月26日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
巨人:逆転勝ちで首位堅持 中日は先発の朝倉が粘り切れず 」(毎日新聞)
連敗でがけっぷちの中日 朝倉乱調、攻めても11残塁 」(サンスポ)
オレ竜天王山決戦落とす/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「ちょうどいいんじゃないか、7試合で七つ勝つ。
 かえっていいんじゃないの。今年を象徴するゲーム。
 ずっと同じ負け。
 (報道陣を見て)これで終わったような顔して。
 まだ先は長いぞ。」
 (英智について出場選手登録を)抹消する」

高代野手総合チーフコーチ(英智について)
「肉離れじゃないか」

朝倉投手
「打たれてはいけないところで本塁打を打たれた。
 球威がなくてホームランにされたという問題じゃない。
 『プレッシャーに負けた』と言わせたいんですか。」

中村紀選手
(史上95人目の通算1500安打安打も達成)
「気持ちで打ちました。負けられないんで」
(八回の好機で三振)
「フォークがいいところに落ちてきた。
 このまま負けるわけにはいかない」

森野選手(一回に3ラン)
「肩口から入ってくるカーブをうまく打てた」

ウッズ選手(無安打)
「ちょっと気負いすぎたところがあるかも。
 もちろん最後までセのチャンピオンとして戦う」



 あ~ぁ負け(T_T)
状況は厳しくなりましたね。後7つ勝てば良いのですが大丈夫かな。落合さん?

 試合の方は、チャンスを作っては逃し(いつも通り(^^ゞ)
大事な所でミスと失策。これじゃ勝てないですよ。昨夜といっしょだし。

 後は、誰がどうしたとかは、タラレバ炒めなのでNGにします。

 明日から負けられない戦いがスタートします。
CSでは、東京ドームで試合をしたくないので7連勝しましょう!!
「必死」を合言葉に、そろそろエンジンを掛けましょう!!!



<プロ野球の公示(26日)>
【出場選手登録抹消】
▽ 山本昌投手

 今季は、お疲れ様でした。
今オフは鍛えなおして来年には、目標を成し遂げてほしいです。

 英智は、抹消になる模様です。もしかして・・・・。ハム?



<記録>
通算1500安打=プロ野球95人目
 中日の中村紀洋内野手(34)が26日の巨人戦(東京ドーム)の一回、
高橋尚から左前適時打を放って達成。
初安打は近鉄時代の92年6月18日の日本ハム戦で河野から。


通算200盗塁=プロ野球66人目
 中日の荒木雅博内野手(30)が26日の巨人戦(東京ドーム)の二回、
二盗を決めて達成。初盗塁は97年6月29日の巨人戦で二盗。

| | コメント (4) | トラックバック (11)

2007/09/26

9月25日 D3-7G(●)

2007_0926 中日が2位巨人の一発攻勢の前に敗れ、首位を明け渡し、
前日に灯ったマジック減らしもならなかった。
1点を追う4回、ウッズの左中間スタンドに運ぶ35号ソロで追いついた。
だが先発山本昌はその裏に無死一、二塁から自らの悪送球(失策)で1点を献上。
さらに阿部に3ランを喫した。
8回に代打立浪の2点適時打で追いすがったが、5、8回にも打たれた2本のソロ本塁打がこたえた。
4回5失点で敗戦投手となった山本昌は「申し訳ない…」とうなだれていた。(ニッカン引用)

□巨人-中日23回戦(中日12勝11敗、18時2分、東京ドーム、42201人)

 中 日 000100020-3
 巨 人 10041001×-7

 ▽勝 内海27試合14勝7敗
 ▽S 上原54試合4勝3敗31S
 ▽敗 山本昌19試合2勝10敗
 ▽本塁打 小笠原31号(1)(山本昌)ウッズ35号(1)(内海)
        阿部33号(3)(山本昌)高橋由34号(1)(久本)二岡20号(1)(高橋)

9月25日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
巨人:1日で首位を奪還 中日の山本昌は悪送球で崩れる 」(毎日新聞)
「申し訳ありません」とうなだれる山本昌…中日は2位に後退 」(サンスポ)
オレ竜敗れM7停滞/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(山本昌について)1年間立ち直れなかったなあ。
 野球人生で初めてじゃないか、こんなシーズンは。
 (今季の登板は?)もうないよ。」

山本昌投手
「申し訳ない…。
(悪送球)あんな球を放ったら…」

ウッズ選手(同点ソロ)
「完ぺきにとらえられたよ。
 四球が多い中で100打点はうれしいが、
 チームが勝つために打ちたい」

立浪選手(八回に2点適時打)
「残り試合は全部打つつもり」



 山ちゃんでヤケ酒して酔ってます。
あんまり酔わせないでよ、ドラゴンズ(^^ゞ

 人には言えない、でも言いたい一言
ドームランに、カンパ~イ。で、白旗(ToT)/~~~

 頭が回転していないので寝ますm(__)m

今季観戦成績8勝6敗(OP戦1勝含む)

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007/09/25

9月24日 D7-5G(○)

 中日が先制、中押し、ダメ押しの理想的な得点パターンと、
要所を締めた投手リレーで快勝。
首位に立つとととに連覇マジックを「7」とした。
1回、1死満塁から森野の右前2点適時打で先制。
4回も2死満塁で井端が中前適時打を放って2点を追加した。
さらに5回は英智、7回には代打上田と井端の適時打で加点してゲームを決めた。
先発山井は5回4失点で降板したが、石井ー岡本とつなぎ、
最後は守護神・岩瀬が1失点で切り抜けた。
3安打3打点の井端は「今日はいつも以上に疲れたけど、気合でいきました」と話した。(ニッカン引用)

□巨人-中日22回戦(中日12勝10敗、18時、東京ドーム、45639人)

 中 日 200210200-7
 巨 人 010210001-5

 ▽勝 山井12試合5勝3敗
 ▽S 岩瀬57試合1勝4敗41S
 ▽敗 木佐貫25試合12勝9敗
 ▽本塁打 李28号(2)(山井)阿部32号(1)(岩瀬)

9月24日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:優勝マジック7点灯 巨人連勝4で止まる 」(毎日新聞)
何度追ってきても突き放す! したたか中日、球団初の連覇へ前進 」(サンスポ)
オレ竜G倒でM7点灯/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「去年の野球を思い出したんだろ。
 きょうは何もサイン出してないよ。
 (マジック点灯について)あってないようなもんだ。だからマジック。」

井端選手
「今日はいつもの3倍ぐらい疲れました。
 守っていても初回からずっと緊張していました。
 (3安打3打点)塁に出て相手をかき回すという
 自分の仕事が出来たと思います。
 昨日完封されているので今日はみんな
 気合が入っていました。
 随所にうちらしいプレーが出たと思います。
 (マジック点灯について)あまり意識せずに目の前の相手を
 倒すことに集中します。
 明日もドラゴンズらしい戦いが出来るようにがんばります!」

(4回タイムリー)
「ストレート、気合いで抜きました。」

(7回タイムリー)
「気合いだー」

森野選手(1回タイムリー)
「フォーク、積極的にいこうと思っていました。
 先制点が取れてよかったです。

英智選手(5回タイムリー)
「シュート、自分の仕事の時だと思ったから、
 気持ちで打ちました。

上田選手(7回タイムリー)
「ストレート、何とか後ろへつなげようと思っていました。」

ウッズ選手(五回に盗塁を決め)
「サインだよ。これでも若いころはよく走ったんだ。」

石井投手
「緊張はなかった。
 (六回一死一塁で阿部を二ゴロ併殺打に打ち取り)
 狙った通り」

山井投手
「とりあえずリードを保てたのでよかったですが、
 谷さんへの失投は悔いが残った一球ですね。」

中村紀選手(欠場について)
「今日は非常に厳しい状態だった」



 マジック7点灯。で、勝ちぃ~~~(^v^)
いやぁ~勝ちましたね。素直に嬉しいです。やっと目標が見えた感じ(^_^)

 打線が今日は繋がりました。
初回からイバアラが機能しましたね。1、2番でヒットエンドランって?
久しぶりじゃないですかね。
もう順番はどっちでもいいから機能さえしてくれればいいです。
やっと井端がチャンスで打ってくれるようになりましたね。
ヘッスラまでしてるしw

 森野の先制打。
緊張の試合開始直後に良く打ってくれました。
さすがに昨日の事があるので積極的に行きましたね。
4番が盗塁(笑←フェン直を打って走らないからww)とかしてますが、
状態がイマイチなので、明日もココぞの場面で頼みますよ!!

 上田w影のヒーローでしたね。
まさか打つとは思わなかったので(失礼m(__)m)良い働きをしてくれました。

 投手陣は、石井くんが嫌な流れを切りました。
序盤の追いつ追われつの展開で2回を見事に抑えてくれました。
Gの対左投手用打者を3人斬りは見事。サイレントKが帰ってきました。

 先発の山井もこの球場なら合格ですかね。
火ヘンのHRは配球ミスでしょうね。外に3球続けたら打たれます。
今後は気を付けないといけません。
ただ勝ち投手になったので良かったと思います。

 岡本も完璧でしたし中継ぎは良いですね。
最後は岩瀬がこの球場のHRの餌食になりましたが、
明日以降は気を付けましょう。

 竜の誇るお笑い担当の会長さん
触れようかどうか悩んだのですが、もう笑わさないで下さいね(^^ゞ

 取り合えずマジックが出て目安が出来たので、減らしていけばと思いますが、
明日の先発は、昌さんが濃厚。毎度の事ですが、先に失点すればしただけ苦しくなるので
打線が点を取るまで取られない事ですね。
基本的に、狭い球場なのでギリギリのHRには気を付けてほしいですね。

 昌さんで勝って一気に行きたいですね!!



最後になりますが、関さん引退だそうで(>_<)
お疲れ様でした。(関連記事



<プロ野球の公示(24日)>
【出場選手登録】
 ▽ 清水将海捕手
【同抹消】
 ▽ 小山良男捕手

清水将選手
「僕のできることをやるだけです」

 やっぱり捕手3人制なんだね(^^ゞ

<荒木が1000試合出場>
 中日荒木が、プロ野球史上423人目の通算1000試合出場を果たした。
巨人との22回戦に「2番二塁」でスタメン出場。97年5月31日ヤクルト戦でのプロ初出場から、11年目で節目を達成した。

| | コメント (4) | トラックバック (15)

2007/09/24

9月23日 D0-5C(●)

 中日が広島に完封負け。連勝は3でストップした。
初回、2回と得点圏に走者を進めながらもあと1本が出ず、重苦しいムードが
漂い始めた3回、先発小笠原が嶋のソロで先制を許した。
さらに、4回には前田智の2ランでリードを広げられた。
終盤8、9回には高橋が1点ずつを失いジ・エンド。
打線も広島先発大竹を最後まで捕まえられずプロ初完封を許した。
先発小笠原はまたも打線の援護がなく6敗目。
落合監督は「たら、ればを言うな」と話していた。(ニッカン引用)

□中日-広島21回戦(中日13勝8敗、14時、ナゴヤドーム、37906人)

 広 島 001200011-5
 中 日 000000000-0

 ▽勝 大竹25試合8勝9敗
 ▽敗 小笠原19試合6勝6敗
 ▽本塁打 嶋11号(1)(小笠原)前田智14号(2)(小笠原)15号(1)(高橋)

9月23日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
広島:本塁打攻勢で連敗止める 中日は決定打欠き完封負け 」(毎日新聞)
再三の逸機にファンもため息…中日完敗、切り替えて巨人と決戦へ 」(サンスポ)
オレ竜完封負けで連勝ストップ/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「タラ、レバを聞くな。
 そんなこと言ったら、1試合も負けないで終わる。
 変なこと聞くから、もう帰る。」

高代野手総合コーチ
「初回がすべてだった。こんな日もある。
 一つ一つ戦っていくことに変わりはない」

小笠原投手
「何もありません…。お客さんに申し訳ない。」

ウッズ選手
「(無安打)誰でも悪い日はある」
 (巨人3連戦)いつもタフな相手。できれば2勝したい」

高橋投手(前田智にソロ浴びるなど救援で2失点)
「球が甘かった」



 負けぇ~。白旗~~(T_T)/~~~
打てません。チャンスで打てません。本当に打てません。

 ある意味、期待を裏切らない打線でした。
大量点の翌日と小笠原先発と来れば、点が入らないでしょう。
と、言わんばかり。それじゃ~ねぇ~。お客さんに失礼でしょう!

 た・ま・に・は、期待を裏切って点を取ってくれると
思ったんですけどねぇ~。いつも通りでした。

 今日のタラレバ炒め定食!!(ご飯付きで定食www)
初回の4番。げっちゅう~(>_<)が全てかな。
あそこで点が入っていたら多分変わったでしょう。

 小笠原も昌さん同様で先に失点するから勝てないのでしょうね。
こういう展開だと、どうしても試合展開が重くなりますから、
その辺の巡り合わせでしょうかね。

 明日からの首位決戦で頑張りましょう!!

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2007/09/23

9月22日 D12-3C(○)

 中日が広島に快勝。21日に奪回した首位の座をガッチリとキープした。
先発中田が5回途中3失点で降板したが、2番手石井が好投。
2イニングをパーフェクトに抑え、流れを引き戻した。
打線は3-3の6回に谷繁の2点タイムリーで勝ち越すと、代打井上の
2点タイムリー三塁打でリードを広げた。
さらに7回にも谷繁の満塁走者一掃のタイムリー二塁打などで5点を奪ってダメを押した。
5打点をマークしてバットでもチームに貢献した谷繁は
「ストライクゾーンにきたら、何でも打ってやろうと思っていました。
1試合、1試合必死にやっていきます」と話した。(ニッカン引用)

□中日-広島20回戦(中日13勝7敗、15時、ナゴヤドーム、37754人)

 広 島 010020000- 3
 中 日 00210450×-12

 ▽勝 石井11試合2勝2敗
 ▽敗 宮崎28試合2勝5敗
 ▽本塁打 李炳圭9号(1)(宮崎)

9月21日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:2けた得点で3連勝 広島は投手陣不調で3連敗 」(毎日新聞)
勝利の立役者は脇役連合! 落合竜支える日替わりヒーロー 」(サンスポ)
オレ竜大勝で首位キープ/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(今日も中継ぎが良かった)無理な使い方をしていないから
 どこかで良いときがくるはず。
 今日のゲームは石井だろう。しっかり止めてくれた。
 3-3と4-3ではえらい違いだからな。
 今年初めて9回をゆっくり見させてもらった。」

谷繁選手
「(猛打賞5打点)ストライクゾーンに来たら全部打とうと
 思っていたので良いところに飛んでくれました。
 今まで打つほうではチームに貢献できていなかったので
 何とか大事なところで結果を出せて良かったです。
 今日は中継ぎががんばってくれました。
 みなさん、今日の夜はテレビでライバルチームが負けるように
 念じていてください。
 これからも一試合一試合必死でがんばりますので
 ファンの方も大声出して応援してください。お願いします!」

(6回タイムリー)
「ストレート、好球必打。」

(7回タイムリー)
「ナックル、点差も点差だったので、犠牲フライでもいいかな
 ぐらいのつもりでいきました。」

李炳圭選手
「(ホームランについて)1打席目に併殺打を打ってしまったので
 2打席目は真っ直ぐを待っていました。
 打ちやすい球が来たのでしっかり打ちました。
 今までのホームランの中では一番手ごたえがありました。
 (猛打賞について)前の森野選手がチャンスを作ってくれたので
 得点につながるようなバッティングを心がけて打席に入りました。
 大事な試合を続けるチームの力になれるようにがんばりたいと思います。」

(4回HR)
「ストレート、狙ったボールが甘いところにきたので、思い切っていきました。」

井端選手(3回タイムリー)
「ストレート、大事な試合なので、取られたら、すぐに取り返さないといけないので、
 ランナーを返せてよかったです。」

中村紀選手(3回タイムリー)
「ストレート、積極的にいきました。飛んだコースがよかったです。」

井上選手(6回タイムリー)
「シュートかシンカーかな。最低一人は還したかったけど、
 二人が還ってくれて、いいバッティングができました。」

藤井選手(7回タイムリー)
「ナックル、初めてナックルを見たので、目線を上げて高めを狙っていきました。」

石井投手(勝利投手)
「負けられない試合。気持ちで負けないよう攻めていった」

中田投手(五回途中3失点)
「勝負球の変化球が甘くなってしまった」



 打線爆発で勝ちぃ~(^v^)
でも明日が心配wまぁ~でも良く勝ちましたね。このままの勢いで行きましょう!!

 今日は石井くんが救ってくれましたね。
無死1、2塁のあのピンチでよく抑えてくれました。
やっと強気な石井くんが戻ってきた感じです。ロングもショートも行けるので
貴重な存在になりましたね。

 ここの所、中継ぎ陣が完璧です。
石井くんの後も、スーさん聡文としっかり抑えてくれました。
心配された中継ぎ陣ですが、整備されてきた模様で、ありがたいです。

 中田くんは調子がイマイチ・・・。
今日は、変化球もストレートも良くなかったです。シゲもリードに苦しんでいた感じ。
変化球主体でリードしてましたが、変化球が決まっていなかったのが痛かったです。
5回は、それを続けて逆に痛打と言った感じですね。
次回のタイガース戦ではしっかりお願いします。

 打線の方は、打ちまくりました。
井端が久しぶりのタイムリー。ノリのタイムリーで逆転。あのリズムは良かったです。
あと会長のタイムリーで勝負ありでした。7回の5点はオマケですね(^^ゞ

 ビョン&シゲが猛打賞と打点付きwwww
シゲに関しては、2度の満塁のチャンスで両方打っちゃうし、
ビョンもHRを含めタイムリー、繋ぐヒットとか両者が良い働きでした(笑

 ぶっちゃけ、こんな事もあるんだなぁ~(爆
 
率直な気持ちですが、おかげで今夜は気分良く眠れそう。自分はw
11歳の小学生も、喜んでくれたかな(笑

 明日は、小笠原?
間違いなく打線次第になると思いますが、小笠原も自分でヒットを打って
投げては無失点で抑えるようにしてほしいです(願望)

 とにかく一戦一戦しっかり勝ってGやTにプレッシャーを
掛けてほしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (12)

2007/09/22

9月21日 D5x-3C(○)

 中日が中村紀の延長11回サヨナラ2ランで劇的勝利。
阪神が敗れたため首位に立った。
1点を追う5回2死一、二塁から森野が右翼席に運ぶ15号3ランで逆転したが、
先発川上が7回に2点を許して同点に追いつかれた。
そのまま延長に入った11回、2死二塁から中村紀が左翼席への
起死回生の19号2ランで試合を決めた。
殊勲の中村紀は「その前の5打席打てなかったので開き直っていった」
と会心の笑顔を見せた。(ニッカン引用)

□中日-広島19回戦(中日12勝7敗、18時、ナゴヤドーム、34549人)

 広 島 00100020000-3
 中 日 00003000002X-5
(延長11回)

 ▽勝 鈴木25試合1勝
 ▽敗 森4試合1敗
 ▽本塁打 倉5号(1)(川上)森野15号(3)(黒田)
        中村紀19号(2)(森)

9月20日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:中村紀がサヨナラ2ラン 広島は最下位転落 」(毎日新聞)
首位へ導くフルスイング! ノリが延長十一回サヨナラ弾 」(サンスポ)
ノリ延長11回サヨナラ2ラン/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(会見場で時計を見つめながら)10時半か…。
 長い野球が好きだな。
 最後は体力勝負。そういうことになりそうだな。
 あと一点あれば憲伸も楽になるのに
 その一点をなかなか取れないのが今の状態だ。」

中村紀選手
「(サヨナラホームランについて)ありがとうございます!
 それまでの打席でチャンスに凡退していたのであの打席は
 ストライクをフルスイングしようと思って打席に入りました。
 打った瞬間は何とか外野を越えてくれと思っていましたが
 まさか入るとは思いませんでした。
 良い場面で打つことができたと思います。
 負ける訳にはいかない状態の中で、一戦一戦大事に
 とにかく勝つことだけを考えて、何とかトップで終われるように
 精一杯がんばりますので応援よろしくお願いします!」

森野選手(5回HR)
「カットボール、いいところで打ててよかったです。」

川上投手
「調子がそんなに良くないわりには自分のピッチングはできたと思います。
 次につなげたいと思います。」



 サヨナラ勝ちぃ~で、首位奪回(^v^)
最後は、やっと点が入ったって感じです。
得点のチャンスは沢山あったんですけどねぇ~。

 ノリも最後に打ってくれました。
前半のチャンスでは打てなかったのですが、やっと仕留めた感じです。
打った瞬間に、それと分かる打球でレフトスタンドへ。
2試合続けてのお立ち台で良いとこどりでしたw

 森野が久々のスリーランHR。
ミスタースリーラン何て忘れておりましたが、インコースを上手く打ちました。
直球は、さすがに強いです。ポスターが「槍」だけありますね!!
久々のモリリンショットを堪能しました。

 点の取り方がHRのみと寂しいですが、この時期は勝てばと。
ただ、タイムリーで得点がほしかったと、ちょっと欲を言ってみるw
それにしても、チャンスで三振ばっかです(苦笑
英智も頼むよ~。バントを。

 投手陣の方は中継ぎが頑張ってますね。
憲伸も3-1で、そのまま行ってほしかったのですが、終盤に落とし穴が
100球を超えると毎度ありますねぇ~~~(苦笑
でも同点で食い止めた事が、唯一の救いかなと(爆

 今日は、岡本から鈴木までのリレーは完璧でした。
同点の場面で岩瀬が登場しましたが、何の問題も無しでした。さすがです。
久本も、ここの所の安定感は良いですね。スーさんも3人斬りで流れを
呼んだ感じで今季初勝利もゲットでした。

 今日のサヨナラで流れを掴んで一気に行きたい所。
明日の先発は、中田くんか小笠原か分かりませんが、最小失点で抑えて
打線の反撃を待ってくれるとありがたいです。
ジャイアンツも負けそうにないので、しっかり勝ちましょう!!


 最後になりますが、タケちゃん。
得点圏では「NG」ですが(笑)ほぼ二冠を手中に入れた模様。
気が早いですが、おめでとうございます!!



<プロ野球の公示(20日)>
【出場選手登録抹消】
 ▽ 堂上剛裕外野手

<プロ野球の公示(21日)>
【出場選手登録】
 ▽ 井上一樹外野手

井上選手
「ちょうど暑い時期だったし、日サロ(日焼けサロン)
 に行ってきた気持ちでリフレッシュできた」

 上がって来たのは、会長さんでした(^_^)
剛裕は降格になりました(>_<)確かに状態があまり良くなかったですが。
それはそれとして、捕手三人制を何とか・・・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (13)

2007/09/20

9月19日 D6-5S(○)

2007_0920 中日が逆転勝ちした。
追いかける展開が続いたが、7回無死満塁からウッズの左前2点タイムリーで同点とし、
9回先頭・中村紀が右越えに決勝の18号ソロを放った。
打線は先発&毎回の18安打をマーク。
最後は岩瀬が締め、史上初の3年連続40セーブを達成した。
中村紀は「決勝弾?次の打者はタイロン(ウッズ)なので何とか塁に出ようと積極的にいった」と話した。(ニッカン引用)

□ヤクルト-中日23回戦(中日16勝7敗、18時20分、神宮、15033人)

 中  日 001110201-6
 ヤクルト 300200000-5

 ▽勝 久本31試合2勝1敗
 ▽S 岩瀬55試合1勝4敗40S
 ▽敗 シコースキー21試合1敗
 ▽本塁打 ガイエル31号(2)(朝倉)川本7号(1)(朝倉)
        中村紀18号(1)(シコースキー)

9月19日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:岩瀬3年連続40セーブ ヤクルト監督に白星贈れず 」(毎日新聞)
中日・岩瀬3年連続40S! 自身のプロ野球記録更新 」(サンスポ)
オレ竜逆転勝ち!ノリ弾でケリつけた 」(ニッカン)

<監督、選手コメン>
落合監督
「(毎回先頭打者が出塁しながらの苦戦に)こんな試合をしていたらいかんわな。
 作戦の立て方が悪い。」

(古田監督へ)
「お疲れさまのひと言。
 よくやったんじゃないか、選手としても監督としても。
 専任だったらまた違ったかもしれない。
 兼任の難しさだな」

中村紀選手
「(勝ち越しホームランについて)たまたまです。
 次にタイロンがいるので何とか塁に出ることだけを考えた結果です。
 思い切って振りました。入ってくれと願いながら走っていました。
 これからも負けられない厳しい試合が続きますが精一杯がんばります。
 みなさんも球場に足を運んで応援してください。よろしくお願いします!」

荒木選手(3回タイムリー)
「チェンジアップ、1点づつでも取り返していかなければいけないので、
 いいところを抜けてよかったです。」

英智選手(4回タイムリー)
「来た球に逆らわずに打つことを心がけました。」

ウッズ選手(7回タイムリー)
「ストレート、何としてもランナーを返したかったので、返せてよかったよ。」

久本投手(2回を無安打で2勝目)
「前の2人がパーフェクトに抑えてたんで、負けられないと思った」

山本昌投手(古田監督と同い年)
「残念だ。もったいない気もするが、本人が決めたことだからしょうがない



 勝ちぃ~~(^v^)ちょっとしんどかったけど(笑
ちなみに、何で雨が降るんだろう。どんだけぇ~って感じでした。
いつまでたっても雨男は雨男なんだなぁ~(苦笑

 ノリも9回に良く打ってくれました。
勝つならあのイニングしか無かったので、良い所で打ってくれましたね。
ドラファンの方々とハイタッチするのは、気持ちが良いです。

 タイロンもやっとこさって感じで7回に同点打。
ノリが四球で繋いだ(バント失敗でしたがw)のが大きかったですが、
前3打席がイマイチだっただけに、あの場面で打ってくれてホッとしました。

 18安打6得点11残塁とは・・・・・(苦笑
効率が悪かったですね。ただ勝ったので取り合えずヨシって感じです。
解決策は、アライバにすれば解決するんじゃないのかな?落合博満さん!!
井端よりトラの調子が上がってきているだけにね。
チャンスで井端よりは確率が高いと思う。

 そういえば。
6番の「あのお方」の所で立浪さん出しましたね!!結果はダメでしたが(苦笑
これで11歳の小学生も少しは楽になったかなwwwww

 投手陣では、健太が中4日で登板。
先発バッテリーが発表される前にブルペンで投げていたので、
今日先発かと思いましたが、ローテをいじるとこんもんでしょう!
意図としては東ドで投げさす為だと思いますが。

 先発が早い回に降板しましたが、中継ぎ陣が良かったですね。
聡文、スーさん、久本と完璧でした。久本は前回、おかもっちゃんが打たれて
勝ち投手の権利が無くなりましたが、今回は、スムーズに勝てましたね。

 最後は守護神岩瀬がきっちり〆て40セーブ目
頭が下がります!!3年連続は素晴らしいです。
次ぎの目標は200。そして250セーブ目指してほしいですね。
もち、ドラゴンズで(w

 良い形で逆転勝利。
このままの勢いでナゴドのカープ戦に臨んでほしいところ。
カープとは対戦成績は勝ち越してますが、毎度接戦。
気を引き締めて3つ勝つつもりで戦ってほしいです。

 最後になりますが、古田PMお疲れ様でした。

 今季観戦成績8勝5敗(OP戦1勝含む)
取り合えず昨日の1敗を取り返しました!!



<岩瀬3年連続40S!>
 中日の岩瀬仁紀投手(32)が19日のヤクルト23回戦(神宮)でセーブを挙げ、
自らのプロ野球記録を更新する3年連続の40セーブを達成した。

 岩瀬は昨季史上初の2年連続40セーブをマーク。
岩瀬以外に40セーブを記録した投手は、1998年に45セーブの佐々木主浩(横浜)と
今季43セーブの藤川球児(阪神)だけ。

 岩瀬の通算セーブは歴代5位の154。
今季はプロ野球タイの9年連続50試合登板も達成している。(サンスポ引用)

岩瀬投手(3年連続の40セーブ達成)
「うれしいが、今はそれどころではない。試合に勝って終わるというのが抑えの仕事。
浸るのは終わってから。それより今は勝っていくことが大事。」



<中日2軍、3年ぶり14度目の優勝>
 中日2軍が3年ぶり14度目のウエスタン・リーグ優勝を決めた。
マジックを1として迎えた19日サーパス戦(北神戸)に8-2で勝った。

 優勝マジック1で迎えたこの日、低調傾向だった打線が序盤から小刻みに加点。
1回に森岡の二塁打で先制。2回に沢井の2点打、7回も井上の中犠飛と
新井の2点三塁打で3点を加え、突き放した。
 投げても2年目左腕の佐藤亮、新人右腕の清水昭、左腕小林とつないで逃げ切った。
就任1年目で頂点に立った辻発彦監督(48)は
「最後に足踏みしたが、選手にとってマジックが出てからの経験は大きい。
この経験が財産になって大きなプラスになると思う」と話した。(アサヒニッカン引用)

辻発彦監督
「最後に足踏みしたが、選手にとってマジックが出てからの経験は大きい。
 この経験が財産になって大きなプラスになると思う」


 凄い気になってました。
優勝してくれて嬉しいです。これで自由に入れ替えが出来ますね!!

| | コメント (6) | トラックバック (10)

2007/09/19

9月18日 D2-3S(●)

2007_0919 中日が最下位ヤクルトに痛い、1点差負けを喫した。
先発山本昌は1回2死から3連打で2点を許すと、2回にも2死から1点を献上した。
打線は2回に李の8号、5回に英智の2試合連続となる4号と、
2本のソロ本塁打で追い上げたが主軸の不振もあり、あと1点が遠かった。
3カ月以上勝ち星から見離され、9敗目を喫した山本昌は「2回の1点が不用意だった」
と落胆していた。(ニッカン引用)

□ヤクルト-中日22回戦(中日15勝7敗、18時20分、神宮、13335人)

 中 日 010010000-2
 ヤクル 21000000×-3

 ▽勝 藤井22試合7勝9敗
 ▽S 館山39試合3勝11敗4S
 ▽敗 山本昌18試合2勝9敗
 ▽本塁打 李炳圭8号(1)(藤井)英智4号(1)(藤井)

9月18日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
ヤクルト:連敗を3で止める 中日、山本昌は力投報われず 」(毎日新聞)
中日が序盤3失点で敗れる 無援のマサは4カ月未勝利 」(サンスポ)
最下位ヤクルトに手痛い敗戦 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「きょうはこういう日。何をいっても一緒」

李選手(2回HR)
「うまくボールをとらえられました」

英智選手(2試合連続本塁打)
「好機をつくろうとして打ったら、本塁打になっちゃった。
 いまは結果がほしいです」

井端選手(首痛をおして出場)
「万全ではないが痛い、痛い、といっている時期じゃない。
 気持ちは入っていた」

ウッズ選手(8回捕ゴロ)
「マサさんがいい投球をしたのに…。
 ウチの打線がしっかりと点を取れなかった」

山本昌投手
「2回の1点が不用意だった。低く投げようと思ったけど、球が甘かった」
「チームの勝利に貢献したい。それしか考えてないんですが……」。

(公式HPより)
「2回の1点が余計でした。先制されて雰囲気を重くしてしまったし…。
 あと何試合もないのに申し訳ない。」



 ふ~、負け・・・・・(>_<)
結局、最後は雨が降ってきた。涙雨?(苦笑)降水確率0%じゃなかったっけ(笑
3回ぐらいに、土砂降りになれば良かったのにw
いくら雨男でも、それだけの魔力がありませんでした(笑

 昌さんも2回の1点が余計でしたね。
ただ、先に点を取られてはいけませんよぉ~。味方打線が打ってくれるわけでもなく・・・。
味方の投手を助けず、相手の投手がピンチになると助けちゃう打線なんだから(失笑
昌さんは辛いでしょうが、無失点で抑えるしかありませんね。

 打線・・・・・・・・・・・・・・(呆)
まっ、こんなもんでしょう。今日は、3、4番打者でしょうね!!

 明日は、どうなるのでしょう?
憲伸は投打で頑張ってください。切なる希望です!!

 今季観戦成績7勝5敗(OP戦1勝含む)
何か、地味な成績ですね。明日は、勝ってほしいです!!

| | コメント (5) | トラックバック (9)

2007/09/18

9月17日 D8-7S(○)

 中日が序盤のリードをなんとか守り切り、貴重な1勝を挙げた。
1回、1死満塁から森野の右中間を破る走者一掃の三塁打で先制。
2死後英智の左翼席に運ぶ3号2ランで一挙5点を挙げた。
4、6回にも敵失やウッズの適時打などで加点したが、先発山井が6回6失点で降板。
2番手平井も1点を失い、1点差となったが、久本-岡本とつないで最後は
守護神・岩瀬がピンチをしのいだ。
2位阪神が首位巨人に勝ったため、2位に浮上した。
先制三塁打を放った森野は
「タイロン(ウッズ)がいつも前で歩かされるので、意地でも打ちたいと思っていた」と話した。(ニッカン引用)

□ヤクルト-中日21回戦(中日15勝6敗、18時20分、神宮、19428人)

 中  日 500201000-8
 ヤクルト 200022100-7

 ▽勝 山井11試合4勝3敗
 ▽S 岩瀬54試合1勝4敗39S
 ▽敗 石井一25試合7勝10敗
 ▽本塁打 英智3号(2)(石井一)ラミレス24号(1)(山井)
        ガイエル30号(1)(山井)川本6号(2)(山井)
        青木19号(1)(平井)

9月17日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:一回に5点先取、逃げ切る ヤ軍はAクラス入り消滅 」(毎日新聞)
中日、難しい試合を必死の逃げ切り! 投打に苦しんで再び2位 」(サンスポ)
竜ヒヤリ最後は1点差勝ち 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(九回無死一、二塁からの岩瀬の踏ん張りに)他に投げる投手がいるか?いないだろう。」

高代野手総合チーフコーチ(井端について)
「むち打ちみたいな感じ。あしたの出場は様子を見ないとわからない」

森野選手
「(先制タイムリーについて)今日は打つことが出来て本当にうれしいです。
 タイロンが歩かされて自分と勝負する場面が多いのであそこで打てたことは
 自分にとっても大きいと思います。
 何とか打ちたいという気持ちで良いところに飛んでくれました。
 これからも気の抜けない試合が続くので一生懸命、死にものぐるいでがんばります。
 まだまだ熱い試合が続きますので球場に来て僕たちの後押しをしてください。
 今日は応援ありがとうございました!」

(1回タイムリー)
「スライダー、甘く入ってきたので、上手く打てました。」

英智選手(1回HR)
「ボールに逆らわずに打ちました。風の影響もあったかな。」

ウッズ選手(6回タイムリー)
「追加点が欲しかったので、ランナーを返せてよかったよ。」

岩瀬投手(九回無死一、二塁をしのぎ39セーブ目)
「苦しい展開だった。負けられない試合ばかり」


山井投手(6回6失点も4勝目)
「本塁打は打たれてはいけない場面だった。その失点が反省材料」



 ヒヤヒヤ~(^^ゞでも勝ちぃ~(^v^)
初回の5点で決まると思いましたが、なかなかどうして・・・。苦しい勝利でしたね。

 今日は、フジ系列なので映像が無いので、久しぶりにスポーツニュースを
ハシゴしてチェックしました。ネットでは、追っていましたので確認ですかね。

 乱打戦というか?どうなんでしょうかね?
こういう展開は、久しぶりだったので慣れない分、ヒヤヒヤしました(^^ゞ

 山井もあれだけ援護もらったら、もうちょっとしっかりしないといけませんし
平井もなぁ~~(苦笑)狭い球場だと、とくに怖い投手ですね。

 岡本は、良かったですね。2日間の休みが良かったかも。疲れがあると思いますが
もうひと踏ん張りよろしくお願いします。

 最後は、守護神岩瀬が失策がらみでランナーを背負いますが、しっかり抑えて
貫禄の39セーブ目。あと1つ。

 打線の方は、もう少し点を取れたと思いますが(苦笑
珍しく8点も取ったので、良かったかなとは思いますけど・・・・。

 再三のチャンスに、話題のあの人に回ってしまう事がありますが、
明日は、打ってくれますかね?ツバメ戦は唯一得意みたいだしw

 井端が途中交代で明日が分からない感じです。
ショート、セカンドのバックアップがほしいところ。どうするんだろうか?

 明日は、打ち疲れが心配ですが、そろそろ昌さんに白星がほしいですね。
やっぱり打線次第ですかね。とにかく勝ってほしいです。
 行けたら行きたいなぁ~!外野混んでる感じですが大丈夫かな?チケないけど(^^ゞ

| | コメント (5) | トラックバック (12)

2007/09/17

9月16日 D7-0T(○)

 中日が先発中田の好投と、効率的な攻撃で快勝した。
中日は2回、谷繁の犠飛で先制。4回には2死から谷繁、中田の連打で1点を加点した。
9回には1死満塁から荒木の左前適時打や、中村紀の左中間を破る走者一掃の二塁打などで5点を追加してゲームを決めた。
中田は速球を武器に8回まで6安打無失点、11奪三振の好投で13勝目を挙げた。
中田は「自分を信じて投げ込みました」と満面の笑みを浮かべて話した。(ニッカン引用)

□阪神-中日22回戦(阪神11勝10敗1分、14時、甲子園、48525人)

 中 日 010100005-7
 阪 神 000000000-0

 ▽勝 中田25試合13勝7敗
 ▽敗 福原16試合2勝7敗

9月16日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:中田の力投で阪神3連戦を勝ち越し 」(毎日新聞)
中日・中田、本領発揮の虎退治! 再び0・5差に接近 」(サンスポ)
オレ竜、虎に7-0大勝 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「すべては中田だろう。抑えるか、打たれるか。
(点を)取れるところを取らないとこういう重たい試合になる。
 きょうは中田だよ。」

「(優勝争いの行方を)最後までいくでしょ。
 今年はクライマックスシリーズがあるだけにね」

中田選手
「苦しいピッチングでしたが、何とかぎりぎりで抑えることができました。
 自分を信じて、自分の持っている球を思い切って、腕振って投げ込もうという気持ちで投げました。
 追い込まれないのがいちばん良いと思うんですけど、何とか粘ることができたと思います。

(セ・リーグ奪三振TOPについて)それはぜんぜん意識はしてないので、
 今はチームの勝利に貢献できるように一試合一試合投げて行くことです。

 どの試合も負けたらプレッシャーのかかる試合になると思うので、
 1戦1戦大事に戦っていきたいと思います。
 これからも投げる一球一球に気持ちをこめて投げていきたいと思います。
 頑張ります。」

谷繁選手
「(2回犠飛)フォークかな。まずは先制点が取れてよかったです。」

「(好リードに先制犠飛)きのう無得点だったし、何とか1点先に取りたかった。
 自分も投手も楽になるからね」


中村紀選手(九回に満塁で走者一掃の二塁打)
「負けるわけにはいかへんから。これで弾みをつけて神宮へ行ける」



 勝ちぃ~~(^v^)
踏み止まりましたね。取り合えずホッとしました。

 今日は、中田くんでしょうね。
投打の活躍で13勝目。NHK総合で全国中継がないと完璧です。
(NHK-BS中継もGAORAなみの、トラより放送が残念でしたが(^^ゞ)
ただ完璧と言っても4回は、専売特許の制球難で一死満塁と若干もたつきましたが、
矢野さんの初球げっちゅう~(^_^)で、難を逃れたのが大きかったです。
最後の山場の8回は130球に近いのに150キロのストレート連発で
どこにそんなスタミナがあるんだろうか?何て思いましたが(笑
点がほしい所で、自らタイムリーを打ったりと勝つべくして勝った感じですね。

 打線の方は、相変わらず(^^ゞ
前半にチャンスを作るのですが、どうも重い雰囲気になる感じ(苦笑

 あと1本が出ませんねぇ~。

タイガース戦は5回までに取れるだけ取らないと後半厳しいのに・・・。
ただ9回は、繋がって5得点と良い感じで取れました。
その攻撃を、もう少し早い回から見せてほしいですね。そんな感じです。

 この3連戦を見て相手の森野に対しての攻めが気になります。
ストレートが、ほとんどない状態。森野も変化球をもう少し打たないと
1億円プレーになれないよ!前半戦のような活躍がほしいですね。

 終わって見れば2勝1敗の勝ち越し。
毎回思うのですが、打ってれば3つ勝てたなぁ~って感じです。
チャンスは作っているので、最後の詰めが出来ない状態でモヤモヤ。
優勝する雰囲気が出てくれれば、その辺は解消されるんですけどね。

 明日から移動日無しで神宮でのスワローズ戦。
前回、ナゴドで運良く3連勝出来ましたが、今回は簡単に考えると
足元をすくわれるので、気を引き締めて戦ってほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (13)

2007/09/16

9月15日 D0-2T(●)

 中日は阪神にゼロ封負けを喫して首位返り咲きに失敗した。
1、2回に阪神先発安藤をから得点圏に走者を進めて、先制のチャンスをつくったが、あと1本が出ず無得点。
打線が打ちあぐむうちに先発小笠原が6回に浜中に2ランを浴びた。
7回からは阪神のJFKの必勝リレーに封じられての敗戦にも落合監督は「ゼロじゃ勝てないよ」と淡々と話していた。(ニッカン引用)

□阪神-中日21回戦(阪神11勝9敗1分、14時、甲子園、48528人)

 中 日 000000000-0
 阪 神 00000200×-2

 ▽勝 安藤5試合2勝
 ▽S 藤川64試合5勝3敗41S
 ▽敗 小笠原18試合6勝5敗
 ▽本塁打 浜中6号(2)(小笠原)

9月15日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
阪神:継投で零封、首位を守る 中日は再三の好機生かせず 」(毎日新聞)
落合竜、首位獲り失敗…勢いなくす予想外のゼロ敗 」(サンスポ)
虎に完封負け首位ならず 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「ゼロじゃ勝てない。
 どんなピッチャーも絶対はない。
(あと1本出ていれば?と聞かれ)レバ、タラを言ったらダメ。
 強いていえば一回のタイロン(ウッズ)のやつだ。
 本人は完ぺきにいったと思ったんじゃないか」

小笠原投手
「先頭打者を出したのが痛かった。
 絶対勝つつもりでマウンドに上がったが…」

ウッズ選手(無安打)
「(一回の中飛は)簡単に本塁打になる当たりを風で損した。
 小笠原はいい投球をしていたので、援護したかった」



 痛過ぎる敗戦(T_T)
やっぱり打てなかったですね。小笠原が投げると・・・・・。
しかも屋外球場でのデーゲームは1勝8敗・・・・・・(>_<)

 チャンスは作るけど・・・・。
そのチャンスに井端に回っちゃうんですよねぇ~(苦笑)
ココ1ヶ月ぐらい打点を上げてないんじゃないかな?記憶にないし・・・。

 小笠原無念・・・・。
打撃練習した方が良さそうです。野手が打ってくれないので
自分で打つしか、もう方法がありません。

 もともと3つ勝つのは厳しいと思っていたので明日は勝ちましょう!
勝たなければ先が見え始めるので・・・・・。

 今日は、「・・・・・。」これが多いなぁ(^^ゞ



<プロ野球の公示(15日)>
【出場選手登録】
 ▽ 石井裕也投手
【同抹消】
 ▽ 菊地正法投手

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2007/09/15

9月14日 D7-5T(○)

 中日がウッズの4打点を挙げる活躍で首位攻防第1ラウンドを制した。
中日は先発朝倉の乱調もあり、前半で3点のリードを許した。
だが5回に2点を返し、7回にはウッズのバックスクリーンに放り込む特大の34号2ランで一度は逆転した。
そして同点で迎えた9回2死二、三塁で再度ウッズが藤川から中前への痛烈な2点適時打で勝ち越した。
最後は守護神岩瀬がきっちり締めて、首位阪神とのゲーム差を0・5とした。
殊勲のウッズは「最高の気分。ランナーを返そうと強く打つことを心がけていた」と話した。(ニッカン引用)

□阪神-中日20回戦(阪神10勝9敗1分、18時1分、甲子園、48519人)

 中 日 001020202-7
 阪 神 000400010-5

 ▽勝 岡本56試合5勝2敗
 ▽S 岩瀬53試合1勝4敗38S 
 ▽敗 藤川63試合5勝3敗40S 
 ▽本塁打 ウッズ34号(2)(久保田)

9月14日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:ゲーム差を0.5差に 阪神は久保田、藤川ら崩れる 」(毎日新聞)
これぞ主砲まさにヒーロー! 中日・ウッズがK&F粉砕 」(サンスポ)
ウッズの3安打4打点で阪神に先勝/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督(競り勝ち)
「ウチらしい。どこのチームに対しても、同じような戦い方をする」

ウッズ選手
「(決勝タイムリーについて)ランナーを返すことだけを考えていました。
三振しないように強くボールを叩くことを心がけました。
あの場面で自分に11球もストレートだけで勝負してくれるピッチャーは
初めてなのでとてもエキサイトしました。
2ストライクだったので変化球は考えていませんでした。
今日は最高の気分です。長いシーズンの中でも特別な試合だと思います。
明日からもチームの勝利のために良い結果を残したいですね。」

(7回HR)
「ストレート、ちょっと詰まったけど、何とか入ってくれてよかったよ。」

中村紀選手
(3回タイムリー)
「カットボール、前回の横浜戦は打てなかったので、
とにかくこの3連戦は勝たなければいけないので、
幸先の良いヒットが打ててよかったです。」

(5回犠飛)
「チェンジアップ、1点づつ返せる時に返しておかないと。」

森野選手(5回タイムリー)
「チェンジアップ、うまくひっかかりました。」

岩瀬投手(プロ野球史上5位タイとなる通算152セーブ目)
「1人でも出すと盛り上がってしまうので、3人で終わってよかった」

朝倉投手
「次、がんばります」



 勝ちぃ~。凄い嬉しい(^v^)
あの展開で良く勝ちましたね。4番が打てば点が入る。とにかく嬉しい。

 今日はタイロンの日でしたね。
FKを粉砕したのが大きかったです。逆転のHRと決勝タイムリーはお見事!!
これぞ4番の仕事でした。勝負してくれたタイガースベンチに感謝ですね。
他の球団なら、あの2打席は間違いなく敬遠でしたね。

 ノリも2打点と頑張りましたね。
最後の2打席のうちどっちか打ってくれていたら良かったんですが、
先制タイムリーと取られた直後の追い上げの犠飛は良かったです。

 健太はどうしたの?
雰囲気に飲まれちゃったかな?突然崩れたので・・・・・。
5連勝のツケがいつかは来ると思っていたので、それが今日だったって事かな。
次回は、キッチリ勝ってほしいですね。

 この試合を取れたのは、久本の好投が光ったからですかね。
3回をピシャリと抑えてくれたのがこういう展開を呼んだのでしょう。
負けている時の久本のロングリリーフは無敵ですね。
明日は、ゆっくり休んで疲れを取ってください。

 久本のあと投げた岡本が同点に追いつかれてしまいましたが、
(ぶっちゃけ、おかもっちゃん、しっかりしてよ~~(^^ゞ)
最後は守護神岩瀬が光信から始まる3人を見事に3人斬りで38セーブ。あと2つ!!

 相手の守護神を打ち砕いて勝利したのが大きかったですが
明日勝ってこそ今日の勝利が活きます。
小笠原が投げる時の打線。ちょい心配ですが勝って一気に首位に立ちたいですね。



<プロ野球の公示(14日)>
【出場選手登録】
 ▽ 小山良男捕手
【同抹消】
 ▽ 清水将海捕手

小山選手
「こんな時期に呼ばれてうれしく思います。(試合に)出られたら頑張ります」

 小山?とにかく頑張ってほしいです。

| | コメント (6) | トラックバック (14)

2007/09/14

9月13日 D4-1YB(○)

 中日が先発川上の好投と集中打で横浜に快勝。
連敗を2で止めた。中日は1点を追う3回、2死満塁から李、藤井、谷繁の3連打で4点を取り一挙逆転。
川上は立ち上がりこそ犠飛で先制を許したが、2回以降はテンポある投球で7回まで1失点に抑えて11勝目。
8、9回は岡本-岩瀬のリレーで逃げ切った。
逆転適時打を打った李は「2日間打てなかったので今日はなんとしてでも打とうと思っていた」と話した。(ニッカン引用)

□中日-横浜23回戦(横浜12勝11敗、18時、ナゴヤドーム、30364人)

 横 浜 100000000-1
 中 日 00400000×-4

 ▽勝 川上23試合11勝8敗
 ▽S 岩瀬52試合1勝4敗37S
 ▽敗 秦12試合1勝2敗

9月13日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:連打で逆転 横浜は川上の変化球に抑えられる 」(毎日新聞)
中日2位浮上! エース・川上が“工夫”で11勝目ゲット 」(サンスポ)
連敗ストップ、さあ阪神戦!/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督(連敗ストップにも)
「何もありません。何もないよ。ここ6試合同じ試合。」

李炳圭選手
「(逆転タイムリーについて)昨日までの2試合は打てなかったのでみんなに申し訳なく思っていました。
今日はボールに当たってでも塁に出ようという気持ちでした。
残りの試合も良い結果が出せるようにがんばります。
明日からは大事な試合ですがいつもと同じ気持ちで試合に臨んで3連勝したいと思います。」

(3回タイムリー)
「ストレート、何とかしてランナーを返そうと打席に入りました。」

藤井選手
「(タイムリーヒットについて)当たって砕けてきますと英智さんに言ってきたので
砕けるつもりでプレーしたことが結果につながったと思います。
ビョンさんが打ってくれたので楽な気持ちで思い切っていけました。
得点圏でのヒットはすごくうれしいです。
これからもチームの勝利に貢献できるように一生懸命プレーしますのでみなさんも
明日からはナゴヤドームではありませんが応援よろしくお願いします。
がんばります!ありがとうございます!!」

(3回タイムリー)
「ストレート、ビョンさんが前で打ってくれたので、楽な気持ちで打席に入れました。
思い切っていきました。」

谷繁選手(3回タイムリー)
「カーブ、追加点が欲しいところで、ヒットが出てよかったです。」

川上投手
「絶対に取られてはいけない先制点を取られてしまったので、
とにかくこの1点で終わらせること。
あとは今までの反省をすべて生かして、初球の入り方を気をつけて、
ストライクをそろえないことを心がけていきました。
今季はこれ以上やることないくらい、いろいろやった」



 何とか勝って連敗脱出(^v^)
先制されてどうなるかと思いましたが、ヨカッタ。ヨカッタ!!

 憲伸がやっと勝利投手に(^^ゞ
約1ヶ月ぶりでしたね。球数も完投ペースでしたが7回まで1失点。
贅沢を言えば8回まで投げてほしかったのが本音ですかね。次回は中5日だから?
今日は、4回表もしっかり抑えたし健太や中田くんに負けられませんから、頑張ったと思います。

 岡本もリベンジが出来て良かったんじゃないですかね。昨日の今日ですからね。
岩瀬は3人斬り。申し分のない投球で37セーブ目。あと3つ。

 打線は、いつもと同じですが得意の1イニングのみ爆発(^^ゞ
3回は相手のミスからノーヒットで満塁のチャンスをもらって、雪辱に燃えるビョン(^^ゞ
綺麗にセンター前への逆転タイムリー(相手投手もフォークで良いのに真ん中にストレートではw)
続く藤井、シゲと続いて4得点。6番からの3連打は久しぶりで良い仕事でした。

 あとはパッとしなくて中押しやダメ押しが出来ませんでした。
まだ改善されてませんが、どんな形でも相手より1点でも多く取れば良いので、
明日からも点を貪欲に取って行ってほしいです。

 明日からは首位と直接対決。
健太、小笠原、中田くんと調子の良い3本が投げます。打線次第だと思うので3つ勝つつもりで戦ってほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2007/09/13

9月12日 D1-7YB(●)

 中日が横浜の一発攻勢の前に完敗、前日に続いて痛い連敗を喫した。
先発山本昌は5回まで粘りの投球で無失点に抑えていたが、6回に田村の2ランで先制を許した。
その裏に反撃し、谷繁の中前適時打で1点差に迫ったが、8回に3番手岡本が吉村に痛恨の3ランを浴びて万事休した。
投打ともに歯車がかみ合わず連敗した中日だが、阪神が敗れたため、首位とのゲーム差は1・5のまま。
落合監督は1回2死満塁での無得点に終わったことに触れて「マサが投げているだけに(先取点が欲しかった)な」と話していた。(ニッカン引用)

□中日-横浜22回戦(横浜12勝10敗、18時、ナゴヤドーム、29386人)

 横 浜 000002032-7
 中 日 000001000-1

 ▽勝 三浦24試合10勝11敗
 ▽敗 山本昌17試合2勝8敗
 ▽本塁打 村田26号(2)(山本昌)吉村19号(3)(岡本)

9月12日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
横浜:3連勝、三浦が10勝目 中日は好機にあと1本出ず 」(毎日新聞)
中日連夜の“1点打線” 落合監督「すべては一回だな」 」(サンスポ)
オレ竜横浜に手痛い連敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「マサ(山本昌)は何とか投げた。勝ちたい意欲が出てきた。先は明るい。
打線がどう応えるかでしょう。このメンバーしかいないんだから。」

「すべては一回だな。マサが投げているだけに(先取点が欲しかった)な。三浦が立ち直った。」

山本昌投手(6回2失点と役目は果たしたが)
「内容よりは結果だから勝たないとね」

(公式HPより)
「味方が点を取るまで我慢できれば格好よかったんですが、
ホームランに気をつけていた打者に打たれて…。
いずれにしろ残りはもう1カ月を切りました。
悔いのないように最後まで頑張ります。」

谷繁選手(6回タイムリー)
「来たボールにうまくバットが出せました」



 負けるべくして負けた試合(>_<)
ダメだこりゃ(T_T)全てが上手く行きません。

 高いお金を出してまで見たいと思う試合内容じゃないですね。
昨日、今日と球場に足を運んでくれたドラファンが気の毒でしょうがありません。

 面倒なので字数省略の為敬称略。金城、村田、吉村に打たれ過ぎが改善されません!
(8回表の吉村も敬遠でしょう。岡本との相性やデータ考えてんのベンチは?)

 村田にはアウトコースを踏み込まれて気持ちいいぐらい打たれてるし。
1打席に1、2回はインハイどっかで使いなよ。インコースが合ってのアウトコースだよ。
スコアラーもちゃんとシゲに・・・・・。これ以上、書くと猛烈批判になるので止めとこm(__)m

 打線は、いつもの事なので言うことなし(^^ゞ

これ以上は、文句ばかりになるのでこの辺でm(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2007/09/12

9月11日 D1-2YB(●)

 中日が先発山井の好投に報いることができず、痛い1敗を喫した。
山井は安定した投球を見せたが、8回に四球、失策と連打で2失点。
8回まで横浜投手陣に1安打に抑えられてきた打線は、9回に代打立浪の左前安打でチャンスをつかみ、押し出しで1点差に詰め寄ったが、2安打ではどうしようもなかった。
中日の連勝は3でストップしたが、阪神が負けたため首位とのゲーム差は1・5のまま。好投した山井は「一、三塁になって自分のエラー(記録は内野安打)もあって悔いが残ります」と話した。(ニッカン引用)

□中日-横浜21回戦(横浜11勝10敗、18時、ナゴヤドーム、27926人)

 横 浜 000 000 020-2
 中 日 000 000 001-1

 ▽勝 三橋10試合2勝1敗
 ▽S クルーン36試合3勝1敗25S
 ▽敗 山井10試合3勝3敗

9月11日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
横浜:接戦制す 中日あと1本が出ず3位転落 」(毎日新聞)
中日、打線沈黙で連勝ストップ…今季最少タイの2安打 」(サンスポ)
山井好投も…オレ竜手痛い1敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「きょうの(先発)ピッチャー(三橋)に山井のヒット1本。それを野手がどう受け取めるか。
その受け止め方によっては、前に進める1敗になるか、痛い1敗になるか。
選手が自分たちで考えればいいんじゃないか。」

山井投手
「一、三塁になって自分のエラー(記録は内野安打)もあって悔いが残ります」

ウッズ選手(八回に痛恨の失策)
「二塁を意識して球から目を離してしまった」



 負け(>_<)
接戦になって終盤に点を取られると完全に白旗ですね。
打線は、最近流行っているお決まりの2安打・・・・・(苦笑

 先発野手が無安打じゃ~ねぇ~(T_T)
今日は、居残り特打。明日は早出特打。ですね!
って、そんな事したら試合で疲れて打てないか(爆

 明日は、昌さんが投げるんだろうし、疲れていようが疲れてなかろうが、
打線は援護しなさそうなんだし、特打。特打だ!!決定!!!

 山井は頑張りましたけど・・・・。
8回の四球だけが悔いが残りますかね?失策にも足元をすくわれましたけどね。

 相手の三橋投手には良くやられますね。
昨年もナゴドで同じようにやられたし(現地観戦だったので鮮明に覚えてます(^^ゞ)
他球団は打ってんだから研究しないと。
まずは、ボールになるカーブを捨てないと攻略出来ないんじゃないかな。

 問題は明日ですね。
昌さんは勝てるかな?全ては打線でしょうね。



<プロ野球の公示(10日)>
【出場選手登録抹消】
 ▽ 井上一樹外野手

<プロ野球の公示(11日)>
【出場選手登録】
 ▽ 上田佳範外野手

 ある意味想像通りの選手登録でしたけど(^^ゞ
この時期に選手会長を落としたのはどうなるか?確かに打撃の調子が悪かったですが。

 ハムは、死球の影響で試合に出ていないし骨折とかじゃないといいんだけど。
予備軍の主力を上げるのは優勝してからかな?

| | コメント (4) | トラックバック (9)

2007/09/11

9月9日 D4-1S(○)

2007_0909a 中日が投打の歯車をかみ合わせ、危なげなく3連勝を決めた。
初回先頭から6連打を浴びせ、4点を先制。援護を得た先発中田は、8回4安打1失点で12勝目をマークした。
守護神・岩瀬は9回を3人で抑えて36セーブ目を挙げ、史上6人目となる通算150セーブを達成。「毎日1つ1つの積み重ねてここまできた。また、これからも1つ1つ積み重ねたい」と話した。(ニッカン引用)

□中日-ヤクルト20回戦(中日14勝6敗、14時、ナゴヤドーム、37905人)

 ヤクルト 000010000-1
 中  日 40000000×-4

 ▽勝 中田24試合12勝7敗
 ▽S 岩瀬51試合1勝4敗36S
 ▽敗 グライシンガー26試合14勝6敗

9月9日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
止まらねぇ~!竜速攻6連打 壮絶GT戦シリ目に3連勝で2位浮上 」(中スポ)
中田、快投12勝 四球わずか1! 球威も抜群、150キロ出た! 」(中スポ)
岩瀬、通算150セーブを達成 プロ史上6人目 」(中スポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「中田が一人で岩瀬につないでくれた。
先発が勝って岩瀬が150セーブ。これほどいいことはないじゃん。」

岩瀬投手
「(通算150セーブ達成)毎日一つ一つの積み重ねですね。
これからも積み重ねていきたいと思います。
しびれるような試合が続くので気を引き締めて投げます。
そして最後には優勝できるようにがんばりますので応援よろしくお願いします。」

中田投手
「今日は今年投げた中でもかなり良い出来でした。
先に点を取ってもらったので相手に点を与えないように、特に先頭バッターを出さないように気をつけました。
チームの勝利を優先して考えていますが個人の記録もそれについて来ればいいですね。
これからも一戦一戦勝ちにこだわって投げていきたいと思います。」

中村紀選手(1回タイムリー)
「ストレート、積極的に初球から何でもいこうと思っていました。いいところに飛んでくれました。」

ウッズ選手(1回タイムリー)
「ストレート、とにかくランナーを返そうと心がけて打席に入った。うまく打てたよ。」

森野選手(1回タイムリー)
「チェンジアップ、うまく呼び込めました。」

李選手(1回タイムリー)
「カーブ、みんなの流れについていったよ。」



 スウィープ(^v^)
落とせないカードでよく3タテしてくれました。

 中田くんの好投が光りました。
制球難どころか、完璧でしたね。完封も行けるかと思いましたが5回に失策と犠飛で1失点。
ちょっともったいなかったですが、8回を投げきって12勝目。ナゴドの中田くんは別人ですね(^^ゞ

 岩瀬は150セーブ。
凄いですね。実質落合さんになってからクローザーになったわけですから、その期間で稼いだのといっしょですからね。
3年連続40セーブまで、こちらは後4つ。頑張ってほしいです。

 打線は、初回の6連打で得点。
見ている内に、次々ヒットが出て4得点。荒木が追い込まれながらも繋いだのが大きかったですかね。
グライシンガーの立ち上がりを攻略出来たのが勝てた要因ですかね。

 2回以降は、いつものドラ打線でしたが、英智もやっとバント成功w
試合中に練習してましたからね(笑)これで英智も少しは楽になったのではないでしょうかね?

 スワローズに3つ勝てて順位は2位。
明日からのベイスターズ戦は、5分なので勝ち越してタイガース戦に臨みたいところ。
山井で初戦をしっかり勝って、昌さん、憲伸と今回は続いてほしいです。

 今季観戦成績7勝4敗(OP戦1勝含む)
良い感じになってきました。ハマスタさえ行かなければ成績が良いです。



<放浪記>
 個人的にですが、この土日は1泊2日(予定)でナゴド観戦でした。
2試合とも勝てて、取り合えず良かったです。やっと名古屋で初勝利。今まで観戦して勝った事がなかったので、非常に嬉しいです。
最後のヒーローインタビューも生で見てきましたし、何と言っても周りがドラファンばかりなので頼もしい限りです。
地元は良いですね。ちょくちょく行きたいなと。

2007_0910b 初日は朝出発して、昼過ぎには名古屋に到着。
そのまま少し早かったのですが、ナゴドへ行きプリズマクラブで目的だった戦利品を忘れないうちに購入して約1年ぶりのドームに感無量。

 D-STAGEもダンスパフォーマンスや川又さんのトークショーなどで盛り上がってましたし、雰囲気は楽しめそうですね。
自分はあまり時間を取って見なかったのですが。

 初日のブログ更新は、記事を書いたんですが、酔っていたのでどうやら更新ボタンを押していなかった模様wwwwww朝起きたら携帯を持ったままの状態で画面が消えてました(爆

 ナゴドのチューハイ(氷結レモン500ml×4杯)がいけなかった感じです。
神宮の350mlと違って500mlと言う事で、都合2リットルでほろ酔い状態w
(行きの新幹線でも飲んでいたのが輪を掛けていた模様←朝から飲むなよって感じ(^^ゞ)

 試合を見た後は、風来坊と山ちゃんのハシゴ。これだけ飲めば更新出来ませんね。
来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、次回は少し控えたいと(w


 2日目も東京に帰宅後、ブログの更新をと考えていましたが・・・・。
日頃の行いが悪いのか?それとも良すぎちゃうのか知りませんが(爆)単なる雨男?

 新幹線が豪雨で止まっちゃってました(失笑)

そりゃ~無いよ~~。帰れねぇ~じゃん状態(呆

 駅員に聞くと何時になっても必ず動きますから。との事。
この間の台風の時も、朝4時まで走っていましたから大丈夫です。と言い切りで自信満々発言。
その自信は、どっから来るのか問い詰めようかと思いましたが(笑)
天候不良なので、駅員に言っても始まらないので、ココは大人の対応で
「回復次第、ちゃちゃっと点検して出発させてね」と言いましたが、
態度を含め大人の対応だったかどうかは、今思えば疑問。(言葉使いは悪かったかもm(__)m)

2007_0910c いつ動くか分からない電車を待ちながら、きしめんを食べて腹ごしらえたり、ななちゃんを探したり時間を潰していると、
待つこと2時間半やっと出発の目処がたって何とか名古屋の地を出発。
時計を見ると午後11時30分を過ぎ・・・・、東京着は、午前1時20分・・・・(涙)

 当然、都内の電車は動いているわけもなく、タクシーで帰ると万券掛かるしこの時期での不要な出費は極力避けたいので新幹線車中1泊決定~~~(笑)

 台風や地震の時とかニュースで良く見る光景で、新幹線で寝るのは大変そうだなぁ~とは思ってましたが、自分自身がそういう体験をするとは思って無かったので(苦笑

 改札を通るときに2時間遅れた場合は特急券の払い戻しがある事を尋ねると、自分の乗った電車は1時間50分遅れなので払い戻しは無しとか言われちゃうし。さすがJR(w

 よって帰宅は朝6時30分でした。1泊2日の予定が終わってみたら2泊3日(爆
その影響で今日は、1日中眠いし溜まった仕事は処理しないといけないしと・・・・。
大変な1日を過ごしていたので更新及びコメントやTBの返信が今になりましたm(__)m

 でも楽しく遠征出来たので良かったです。ある意味、新幹線での1泊が良い思い出(^^ゞ

| | コメント (5) | トラックバック (3)

9月8日 D5-2S(○)

2007_0908 中日は1点ビハインドで迎えた8回裏、この日4番に入った中村紀の2点適時二塁打などで4点を奪い、一気に逆転に成功。
9回は守護神・岩瀬が3人で締め、中日が鮮やかな逆転勝ちを収めた。
なお岩瀬が今日の登板で、プロ野球タイ記録となる9年連続50試合登板を達成した。

□中日-ヤクルト19回戦(中日13勝6敗、15時、ナゴヤドーム、37825人

 ヤクルト 000101000-2
 中  日 00000014×-5

 ▽勝 岡本53試合4勝2敗
 ▽S 岩瀬50試合1勝4敗35S
 ▽敗 花田34試合2勝2敗2S
 ▽本塁打 ガイエル25号(4回小笠原)


9月8日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>

<監督、選手コメント>
立浪選手(今季25打点目)
「何とかヒットでつなぎたかったんだけど、力がないから(外野の)頭を越えられなかった。
でも勝ってくれてよかったです。
そういうのはいいんです。それより勝ちに結びつく、ヒット、打点を挙げたいだけなんです」。


小笠原投手
「先に点をとられてしまったのが悔やまれます」

岡本投手
「最近はいい仕事をしていなかったので、抑えられてよかった。三振のほしい場面だったので、思い切り腕を振った」



 2連勝(^v^)
上手く更新出来なかったので結果だけですm(__)m

 今季観戦成績6勝4敗(OP戦1勝含む)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/09/08

9月7日 D6-1S(○)

 中日が先発朝倉の粘投と、序盤の打撃爆発で連敗を2で止めた。
中日は1回、ウッズと李の適時打で2点先取。2回には荒木の適時打に続いて中村紀が左翼席に運ぶ17号3ランで4点を加点した。
投げては朝倉が10安打を浴びながら粘りの投球を見せて2試合連続完投で12勝目を飾った。
朝倉は「低め低めを心がけて投げました。これからもどんどん勝っていきたい」と話した。(ニッカン引用)

□中日-ヤクルト18回戦(中日12勝6敗、18時、ナゴヤドーム、30910人

 ヤクルト 000100000-1
 中  日 24000000×-6

 ▽勝 朝倉24試合12勝6敗
 ▽敗 伊藤4試合1敗
 ▽本塁打 中村紀17号(3)(伊藤)

9月7日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:序盤の大量点で快勝 ヤクルトは最下位転落 」(毎日新聞)
中日・朝倉が5連勝で12勝目ゲット! いまや竜の不沈艦 」(サンスポ)
竜快勝で連敗ストップ 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「今日は健太に尽きる。追い上げられながら投げきるのはいやなものだ。
フォアボールも最後だけ。よく投げきった。」

朝倉投手
「序盤に点を取ってもらったので流れに乗っていこうと思ったのですが大事に行き過ぎました。
早いカウントから打たれていたので低めを心がけました。
(9回まで無四球)無四球完投も考えましたが、これも自分らしいと思います。
残り試合も少ないので一戦一戦大事になってきます。
チーム一丸となっての戦いに自分もついて行きたいです。
これからも一生懸命投げますのでみなさん応援してください。」

李炳圭選手
「年下の朝倉が一生懸命投げていたので自分もがんばりました。
相手のピッチャーのデータを頭に入れて集中して試合に臨んでいます。
過ぎた試合の事は考えずに頭を切りかえて戦いたいと思います。
これからも応援よろしくお願いします。」

(1回タイムリー)「フォーク、高めを狙っていて、上手く反応できました。」


ウッズ選手(1回タイムリー)
「ストレート、先制点が取れてよかったよ。」

荒木選手(2回タイムリー)
「フォーク、いいところに落ちて、追加点が取れてよかったです。」

中村紀選手(2回HR)
「フォークかスライダーかな。
昨日、一昨日と嫌な負け方をしたので、今日は何とか勝って、昨日、一昨日のことを忘れたいですね。」



 勝ってホッとしました(^v^)
昨夜の嫌な負け方を序盤で跳ね飛ばした感じで良かったです。

 今日は、ネットでチラッと見た程度なので何とも言えませんが、健太が投げる時は落とせないので勝てて良かったと思います。

 健太に付きますね。
完投で12勝目ゲットでした。このまま勝ち進んで投手陣を引っ張っていってほしいです。
一番安定しているので、ヒットは打たれても安心して見ていられるのではないでしょうか?
4、5回と捉まりそうでしたが要所をしっかり締める辺りはエースの投球でしたね。

 打線の方は、序盤の得点のみでした。
この辺はドラらしい手抜き(言い過ぎww)開始早々に得点出来た事が大きいので良い形で得点できました。

 ノリのHRが大きかったですね。
相手投手も初先発との事でダメージが大きかったと思います。
 
 ビョンが4安打(w
毎試合こんなに打ってくれるとありがたいです。唯一得意のスワローズ戦だったのかも知れませんが、明日も今日のように打ってほしいです。

 明日の打線がただ心配です。
今日6点も取ってしまった事と、小笠原が投げるという事で・・・。
たまには、小笠原を援護してほしいですね。

 明日は、ギリギリまで寝かせて頂いて聖地へ突撃しますので返信等が出来ないかと思いますので、帰宅後にさせて頂きますm(__)m
更新もトライはしてみますが・・・・。携帯でのモブログが苦手なので(苦笑

| | コメント (4) | トラックバック (12)

2007/09/07

9月6日 D1-3G(●)

 中日が首位巨人との延長12回の激闘の末、痛恨の負けを喫した。
中日は4回、ウッズの右前適時打で先制。
先発川上は走者を出しながらも気迫の投球で7回まで得点を許さなかったが、8回2死から3安打と1死球で1点を献上して追いつかれた。
そのまま延長に入った12回、最後は7番手の高橋が2死2塁からの満塁策も実らず、2点を失った。
敗れた中日は首位巨人と3ゲーム差と離された。
力投が報われなかったエース川上は「悔しいの一言」とだけ話した。(ニッカン引用)

□中日-巨人21回戦(中日11勝10敗、18時、ナゴヤドーム、36429人)

 巨 人 000000010002-3
 中 日 000100000000-1
(延長12回)

 ▽勝 上原45試合4勝1敗27S
 ▽S 西村48試合1勝1S
 ▽敗 久本28試合1勝1敗

9月6日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
巨人:延長十二回、中日との総力戦に勝利 」(毎日新聞)
中日延長十二回根負け…直接対決に負け越し巨人3差 」(サンスポ)
オレ竜、痛恨の黒星/速報 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「1-0で勝たなきゃいけない試合。
(十二回2死満塁、打者・坂本の場面は)バット持ってるんだから、いろいろとありますよ。」

ウッズ選手(先制タイムリー)
「ランナー三塁だったので、返すことだけ心がけた。うまく打てたよ」

川上投手
「結果として1点を守りきれなかった。悔しいのひと言」



 負けましたね(T_T)
サヨナラのお膳立てはありましたが決め手がありません。今年はこんなもんでしょう!!

 これ以上書いてもタラレバ炒め。あと愚痴になりそうですし・・・。
現在、台風直撃中なのでこの辺でm(__)m



<記録>
 通算1500投球回=プロ160人目 中日の川上憲伸投手(32)が6日の巨人戦(ナゴヤ)で達成。初登板は98年4月9日の阪神戦(ナゴヤ)。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2007/09/06

9月5日 D1-3G(●)

 中日が巨人に完敗した。
先発山本昌が2回にホリンズのタイムリー二塁打、谷の2点タイムリーで3点を先制されると、打線は巨人先発木佐貫に対して7回にウッズの33号ソロで1点を返すのが精一杯だった。
淡白に見える敗戦にも落合監督は「昨日(4日)はあれだけ(巨人の)ピッチャーを苦しめたのにな」と淡々と話した。
甲子園で阪神が横浜に勝ったため、3位に転落した。(ニッカン引用)

□中日-巨人20回戦(中日11勝9敗、18時、ナゴヤドーム、36180人)

 巨 人 030000000-3
 中 日 000000100-1

 ▽勝 木佐貫22試合11勝7敗
 ▽S 上原44試合3勝1敗27S
 ▽敗 山本昌16試合2勝7敗
 ▽本塁打 ウッズ33号(1)(木佐貫)

9月5日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
巨人:木佐貫が自己最多の11勝目 中日は3位に後退 」(毎日新聞)
落合竜、5月15日以来の3位転落…打線振るわず 」(サンスポ)
オレ竜完敗で3位転落 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「ストライクを打ってボールを見送るのが野球のイロハ。逆になったらこうなる。
昨日(4日)はあれだけ(巨人の)ピッチャーを苦しめたのにな。」
「マサ(山本昌)を勝たせたい気持ちがこうなったのかも。あまりに必死になりすぎて。」

山本昌投手
「痛かったですね。もう少し厳しいボールでいくべきだった。あれだけが残念ですね」

公式HPより
「2回を1点で終えられなかったのが負けの原因です。
相手投手の出来を考えても。
ペナントレースはますます混戦になっているので、
必ずどこかいいところでいい仕事ができるはずだと信じて最後まで頑張ります。」



 負け(>_<)しかも3位転落(T_T)
昌さんが投げる時は、打線がダメダメちゃんですね。硬くなり過ぎなのでしょうか?

 今回も昌さんが勝てませんでした。
2回の3失点が大きく響きましたが、ホリンズへのワンツーからの4球目のインコース・・・。
内角に構えたので、TV画面に向かってシゲそっちじゃないよ~。って言っちゃいました(苦笑)
得意の外一辺倒でもと(まっ!素人の結果論ですけどねぇ~(^^ゞ)
谷選手との勝負では、こちらはスクリューの出し入れの外一辺倒。
無理に勝負しなくてもいいのにね。1塁空いてるし(こちらも、素人の結果論ですけど(^_^))
その2点が最後まで響いてしまいました。

 ただ勝てない投手は、こうなっちゃうんだな~。が、印象です。
6回3失点なので攻められませんが、早く1勝出来るように頑張ってほしいです。

 7回からは継投というなの試験でしょうか?
石井くんが呼ばれた模様なので、菊地、久本、聡文の中から状態の良くない投手を見ていたのかな?
3人とも良かったと思うので、明日の公示がどうなるかですかね。

 打線に関しては、昨夜7点も取っちゃったので想定通りの結果で2安打。
2安打じゃねぇ~。どうしようもありません。昌さんが投げるから硬いのか?
分かりませんが、ストライクを振らないでボールを振っているようでは打てません。

 明日ですね。
落とすようならズルズル行きそうな気がしますが、問題の憲伸が先発。エースと呼ばれた投球を見せてほしいものです。
打線は、今日打たなかったので明日は打ってほしいですね。



<月間MVP受賞>
 中日朝倉健太投手(26)が5日、8月度のセ・リーグ投手部門の月間MVPに選出された。
8月は5試合に登板して4勝0敗、防御率1・10という数字を残した朝倉は同じく受賞候補だった巨人上原との競り合いに勝ち、初受賞となった。
ナゴヤドームで会見を行った朝倉は「正直とれると思っていなかったので、びっくりしました。うれしいです」と話した。(ニッカン引用)

初受賞に顔ほころぶ中日・朝倉「びっくりした」 月間MVP 」(サンスポ)

朝倉投手
「正直取れると思っていなくてびっくりした。
状態は良かったり悪かったりだが、崩れなくなった。
チームも優勝争いしてるし、流れに乗って1試合1試合一生懸命やりたい」

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2007/09/05

9月4日 D7-3G(○)

2007_0905 中日が圧勝。1ゲーム差に迫った。
3回2死満塁からウッズの押し出し四球で1点を先制すると、5回にはウッズの2点タイムリー、李の7号満塁本塁打で6点を奪って高橋尚をKOして試合を決めた。
来日初のグランドスラムを放った李はお立ち台で「本当に気分がいいです。チームメートが助けてくれているしね。毎試合、毎試合、いい試合をしようと思ってプレーしています」と話した。(ニッカン引用)

□中日-巨人19回戦(中日11勝8敗、18時、ナゴヤドーム、35435人)

 巨 人 000001020-3
 中 日 00106000×-7

 ▽勝 山井9試合3勝2敗
 ▽敗 高橋尚23試合12勝4敗
 ▽本塁打 李炳圭7号(4)(高橋尚)阿部30号(2)(高橋)

9月4日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:CM23再点灯 巨人は高橋尚が満塁から失点重ねる 」(毎日新聞)
中日にプレーオフ進出マジック『23』再点灯! ウッズ様々! 」(サンスポ)
オレ竜圧勝Gに1差 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「(安打が出たのは得点した三、五回のみ)らしくていいんじゃない。向こうは何か仕掛けてくるだろうと思ってたんだろう。
たまには動かない試合があっていいだろ」

ウッズ選手
「(2点タイムリーヒットについて)ランナーを返そうと思って集中しました。
フォアボールでもよいので点を取りたかった場面でした。
巨人は良いピッチャーが多くてみんな自分と勝負してくれます。
これからも良い試合をして目標である優勝をしたいです。」

「(5回タイムリー)ストレート、とにかくランナーを返そうと打席で集中できたよ。」

李炳圭選手
「(満塁ホームランについて)日本で満塁ホームランを打つことができて本当に気分が良いですね。
チームメイトもいろいろと手助けしてくれてうれしいです。
毎試合チームのために全力を尽くしています。
特にランナーがいると集中力が出るのでこれからもチャンスで打てるようにがんばります。
みなさんの熱い応援は選手の力になります。その期待に応えるためにも1位でペナントレースを終えたいと思います。」

「(5回HR)シュート、インコースを狙っていたら、甘いところにきて、上手く打てました。」

山井投手
「もう少し長い回を投げなければいけなかったのですが・・・。」



 勝ちぃ~!気分が良いですね(^v^)
1、2番が出て4番が仕事をすればいい感じ。ビョンも良く打ちました!!

 今日は友人との飲み会だったので試合の内容は詳しく分かりませんが、常に携帯でチェックしてました。
5回は、タイロンタイムリーの後、ずっと更新ボタン連呼してました。
パケット料金がかさみましたが、その分、ビョン満塁HRがありましたので(^_^)
あまりの嬉しさに、その後、焼酎四合瓶2杯空けちゃいました。

 と、言う事でかなり酔ってます^m^

帰宅後スポルトで見ましたが、ビョンは上手く拾いましたね。タイロンも満塁で打ったし願ったり叶ったり状態です。

 投手陣の方は山井が踏ん張ったのかな?
6回で降板は、ちょっと寂しいですが、球数や与四球の面から見ると悪いなりに抑えた印象ですかね。
ただ聡文がイマイチだったのか失点しちゃいました。次回は結果を残すように。岩瀬も最後投げた模様で一先ず良かったです。

 問題は、明日の昌さん。
勝てるような事があれば、波に乗りそうですね。ハマの叔父さんも頑張ってるので昌さんも頑張ってほしいですね。

 今日は、支離滅裂かも知れませんが、勝って良かったです。

| | コメント (5) | トラックバック (12)

2007/09/03

9月2日 D2-6C(●)

 中日中田が6回3分の0を6安打6四球6失点の内容で、7敗目(11勝)を喫した。
初回、前田智に先制中前タイムリーを浴び、3回に再び前田智に13号3ランを被弾。2点の援護をもらったが、7回にも2失点した。「自分の四球でテンポを悪くしてしまった」とうなだれた。チームは連敗となった。(ニッカン引用)

□広島-中日18回戦(中日11勝7敗、15時1分、広島、15043人)

 中 日 000020000-2
 広 島 10300020×-6

 ▽勝 大竹22試合7勝8敗
 ▽敗 中田23試合11勝7敗
 ▽本塁打 前田智13号(3)(中田)梵13号(1)(中田)

9月2日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
広島:前田智が5打点の活躍 中日は2安打と打線沈黙 」(毎日新聞)
2安打12三振では…中日どんより、首位とのゲーム差は2に 」(サンスポ)
中田が6失点KO、オレ竜広島に連敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「勝つために自分が何をやるべきか。一つ一つちゃんとしたプレーをやっていく。それがゆるんでいる。」
「先発に負けがついているから、いいんじゃないか」

中田投手
「自分でテンポを悪くした。四球をなくさなければ、いい投球はできないと意識しているが…」
「ナゴヤドームだけじゃ、駄目ですから」

ウッズ選手(2四球で勝負を避けられた)
「四球だけでは勝利に貢献できない」



 負けちゃった(T_T)
(1)日曜日(2)デーゲーム(3)中田くん先発(4)NHKにて全国放送がある時。
この要素が揃った時は、こんなもんでしょう。

それにしても市民球場のデーゲームは勝てる気がしませんねぇ~~(>_<)

 ゲームの内容、采配などに付いてケチ付けてもしょうがないので・・・。
してもタラレバ炒めになるし書きませんが、明日は思い切って全員休みにでもして、リフレッシュして切り替えてほしいぐらいですね。

 まぁ~、落合さんもリフレッシュ出来ればいいんじゃないかな。
 
火曜日からの直接対決では意地ぐらい見せてね。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2007/09/02

9月1日 D7-14C(●)

 中日が逆転負けした。
6回表に代打立浪が2号2ランを放ち7-3としたが、中継ぎ陣が踏ん張り切れずに失点を重ね、8回に大量8点を失った。
3番手以降の平井、高橋、岡本、久本がいずれも失点を記録。
落合監督は「負けるときはこうやって負ける」と話した。(ニッカン引用)

□広島-中日17回戦(中日11勝6敗、15時、広島、29541人)

 中 日 110032000-7
 広 島 30000128×-14

 ▽勝 青木勇27試合1勝1敗
 ▽敗 岡本50試合3勝2敗
 ▽本塁打 梵12号(1)(小笠原)新井24号(2)(小笠原)中村紀16号(1)(高橋)
        ウッズ32号(2)(高橋)立浪2号(2)(フェルナンデス)
        栗原19号(1)(平井)20号(3)(久本)嶋10号(3)(岡本)

9月1日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
広島:終盤の猛攻で中日に逆転勝ち 」(毎日新聞)
中日の救援陣が大炎上 プレーオフ進出マジックが消える 」(サンスポ)
オレ竜逆転で大敗 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督
「ホームゲームじゃないし、負ける時はこうやって負ける。1イニングに8点なんて誰が考える。それが現実に起きるのが、野球だ。」

森野選手(初回タイムリー)
「いいところに落ちてくれました」

立浪選手(6回代打HR)
「初球から高い球を狙っていこうと思っていた。いい形で点が入ってよかったです」。

岡本投手
「力がないだけ」。



 負け(T_T)
広島市民球場でのデーゲームは毎回こんな負け方ばっか。見飽きた。

 ケチの付け始めは平井の被弾から。以上。
これ以上書くと大下、北別府両解説陣のように批判連呼になるので、あと省略。

 久本は、久本らし~い良い仕事をしたと思うよ(^^ゞ

前田選手。2000本安打おめでとうございました。

 明日は勝って火曜日からの直接対決に臨んでほしいです。



<記録>
☆通算3500塁打=プロ野球22人目
 中日の立浪和義内野手(38)が1日の広島17回戦(広島市民)の六回、フェルナンデスから右越え2ランを放ち、達成。初安打は88年4月8日の大洋戦で、欠端から放った右翼線二塁打。

☆立浪が歴代単独8位の2402試合出場
 中日の立浪和義内野手(38)が1日の広島17回戦(広島市民)で記録。30日の横浜戦で2401試合となり、最多試合出場歴代8位の福本豊(阪急)に並んでいた。初出場は88年4月8日の大洋戦。歴代1位は野村克也(西武)の3017試合。

| | コメント (4) | トラックバック (11)

2007/09/01

8月31日 D2-1C(○)

 中日が接戦を制した。
0-1で迎えた4回に李の左犠飛で同点に追いつき、7回に荒木の左前打で勝ち越した。
先発・朝倉は9回2死一、二塁から森笠に右前打を許したが、ライト藤井の好返球で二塁走者が本塁憤死しゲームセット。今季初の完投勝ちで11勝目をマークした。
朝倉は「自分自身どこまでいけるか不安でしたが、うまく抑えることができた」と話した。(ニッカン引用)

□広島-中日16回戦(中日11勝5敗、18時、広島、17504人)

 中 日 000100100-2
 広 島 010000000-1

 ▽勝 朝倉23試合11勝6敗
 ▽敗 梅津47試合2勝3敗

8月31日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>
中日:朝倉が今季初の完投勝利 広島を降す 」(毎日新聞)
中日・朝倉が今季初完投で11勝目 8月は4戦負けなし 」(サンスポ)
朝倉が完投星、オレ竜接戦制す 」(ニッカン)

<監督、選手コメント>
落合監督(完投の朝倉に)
「あそこまでいったら、1人でやらなきゃ。代えてひっくり返されたら、あいつに何も残らない」

朝倉投手
「最後は丁寧にいこうと思っていましたが前田さんには打たれてしまいました。
点差も最少で自分自身どこまでいけるか不安がありましたがうまく抑えることができて良かったです。
これからも他のチームの事は考えずに自分のピッチングをして一つ一つ戦っていくだけです。
残り試合も少なくなってきたので悔いが残らないシーズンにしたいと思います。」

李選手(4回犠飛)
「フォーク、ランナー2,3塁だったので、最低でも外野フライを打とうと打席に入りました。」

荒木選手(7回タイムリー)
「スライダー、いいところに落ちてくれました。」

藤井選手(朝倉を救う好返球)
「焦らずにできた」


 ふう~勝ち(^^ゞ
久しぶりに守り勝ちでしたね。

 健太の完投勝利でした。
立ち上がりは少し球が浮いていましたが、悪いなりに1失点で凌ぎ11勝目。
9回は少し息切れしたかな?と思いましたが、良く投げ抜きました。これで8月は4勝目。月間MVPも行けそうな雰囲気ですね。
9月も、この調子でよろしくお願いします。

 打線は、いつもの通りでした(^^ゞ
チャンスは作るのでもっと点を取れば楽になるのですが、今日の場合は良く2点取りました。
と、いった所でしょうかね。あと1本が出ませんねぇ~。

 9回の守備固めで入った藤井の好返球。
同点覚悟もレーザービームが炸裂でした。落ち着いてホームへ投げたし、チームと健太を救いました。もっともっと、野球で目立とう(w

 明日も、打線次第でと言った感じですが、小笠原に今度ばかりは援護して上げてください(願望)
おそらく前田選手が明日で決めると思いますので、その波に飲まれないように勝ちましょう!!

| | コメント (4) | トラックバック (11)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »