« 9月7日 D6-1S(○) | トップページ | 9月9日 D4-1S(○) »

2007/09/11

9月8日 D5-2S(○)

2007_0908 中日は1点ビハインドで迎えた8回裏、この日4番に入った中村紀の2点適時二塁打などで4点を奪い、一気に逆転に成功。
9回は守護神・岩瀬が3人で締め、中日が鮮やかな逆転勝ちを収めた。
なお岩瀬が今日の登板で、プロ野球タイ記録となる9年連続50試合登板を達成した。

□中日-ヤクルト19回戦(中日13勝6敗、15時、ナゴヤドーム、37825人

 ヤクルト 000101000-2
 中  日 00000014×-5

 ▽勝 岡本53試合4勝2敗
 ▽S 岩瀬50試合1勝4敗35S
 ▽敗 花田34試合2勝2敗2S
 ▽本塁打 ガイエル25号(4回小笠原)


9月8日 試合結果(ニッカンスコアー)

<関連記事>

<監督、選手コメント>
立浪選手(今季25打点目)
「何とかヒットでつなぎたかったんだけど、力がないから(外野の)頭を越えられなかった。
でも勝ってくれてよかったです。
そういうのはいいんです。それより勝ちに結びつく、ヒット、打点を挙げたいだけなんです」。


小笠原投手
「先に点をとられてしまったのが悔やまれます」

岡本投手
「最近はいい仕事をしていなかったので、抑えられてよかった。三振のほしい場面だったので、思い切り腕を振った」



 2連勝(^v^)
上手く更新出来なかったので結果だけですm(__)m

 今季観戦成績6勝4敗(OP戦1勝含む)

|

« 9月7日 D6-1S(○) | トップページ | 9月9日 D4-1S(○) »

野球(ドラゴンズ07 公式戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月8日 D5-2S(○):

» 4番・中村紀洋ここにあり、逆転竜離されずに連勝! [ドラゴンズスタジアム]
序盤の速攻と朝倉の粘りの投球で、 東京ヤクルトとの初戦をモノにしたドラゴンズ。 しかしこの日のオーダーには非常事態が…。 前日、腰の張りを訴え、途中交代した 主砲・ウッズがスタメンから外れることに。 代わって『4番』に座ったのは、 ドラゴンズ入団後、初となった中村紀洋。 メジャーも育成選手も経験した背番号99が、 このチームのピンチを救えたのでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2007/09/11 09:30

» ウッズの代役4番中村紀洋が逆転タイムリー二塁打でヤクルトに連勝! [DRAGONS VICTORY]
○中日5x-2ヤクルト●(CM17) 2007年9月8日(土)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ、プロ野球公式戦19回戦が行われた。中日の先発は小笠原孝、ヤクルトの先発は川島亮で15時00分試合開始。 4回表、小笠原がガイエルに25号..... [続きを読む]

受信: 2007/09/11 10:23

« 9月7日 D6-1S(○) | トップページ | 9月9日 D4-1S(○) »