« 4月8日 D2-3T(●) | トップページ | 4月11日 D7-3C(○) »

2008/04/12

4月9日 D0-2T(●)

 セ・リーグ、阪神2-0中日、2回戦、阪神2勝、9日、甲子園)中日は今季初の無得点で、開幕からのカード連勝は『3』で止まった。制球のいい下柳の術中にはまった。凡打の山を築き、先頭打者が出た三回と四回も後続があっさり凡退。昨季は下柳を12打数6安打と打っていた荒木も、三回二死二塁で投ゴロに倒れるなど無安打に終わり「変化球が良かった。甘いところに来なかった」とお手上げの様子だった。五回以降は無安打に抑えられ、下柳が降りた後の八、九回も久保田-藤川の継投の前に連続の3者凡退と沈黙した。「丁寧に投げられた。こういう時もある」と高代野手総合チーフコーチ。敵地で3連敗だけは避けたいところだ。(サンスポ引用)

□阪神-中日2回戦(阪神2勝、18時、甲子園、38560人)

 中 日 000000000-0
 阪 神 10100000×-2

 ▽勝 下柳2試合2勝
 ▽S 藤川7試合7S
 ▽敗 チェン2試合1勝1敗

4月9日 試合結果(ヤフースコアー)

<関連記事>
「 ********* 」(毎日新聞)
「 ********* 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「シーズンは長い。こういう日もある。
(山井の今季初登板で)競争が激しくなるね。
 何かプラス材料を持って帰らないと。」

高代野手総合チーフコーチ
「丁寧に投げられた。こういう時もある」

チェン投手(4回2失点)
「制球があまりよくなかった。四球が多く、ムダな走者を出した。
 今日の経験を次に生かしたい。」

小林投手(2日連続で注目の金本と対戦)
「(スタンドのカメラによる)フラッシュは気にならなかった。
 気持ちをしっかり持って投げられた」

山井投手
「緊張はしましたよ。でも、きょうはよかった」

荒木選手
「変化球が良かった。甘いところに来なかった」



 見れなかったので結果のみですm(__)m



<プロ野球の公示(9日)>
【出場選手登録】
 ▽ 山井大介投手

|

« 4月8日 D2-3T(●) | トップページ | 4月11日 D7-3C(○) »

野球(ドラゴンズ08 公式戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月9日 D0-2T(●):

« 4月8日 D2-3T(●) | トップページ | 4月11日 D7-3C(○) »