« 10月2日 D6-4YB(○) | トップページ | 10月4日 D4-3G(○) »

2008/10/05

10月3日 D7-2YB(○)

 中日が6連勝し、クライマックスシリーズ進出に王手をかけた。2回に中村紀の適時打で先制。5回にはウッズが3ランを放つなど打線が援護し、吉見が2失点の完投で10勝目を挙げた。横浜は53年ぶりで球団ワーストに並ぶ14連敗。

 ≪“天然キャラ”プロ初の10勝到達≫中日の3年目右腕、吉見が完投でプロ初の2けた勝利に到達した。夏場の不振を乗り越え、重要なこの時期に復活。「10も勝てるなんて出来過ぎ」と喜びいっぱいの表情だった。(スポニチ抜粋)

□横浜-中日最終戦(中日17勝7敗、18時、横浜、8130人)

 中 日 011041000-7
 横 浜 000100001-2

 ▽勝 吉見34試合10勝3敗
 ▽敗 真田24試合2勝4敗
 ▽本塁打 ウッズ35号(3)(牛田)谷繁2号(1)(横山)鈴木尚2号(1)(吉見)

10月3日 試合結果(サンスポ)

<速報記事より>


<監督、選手コメント>
落合監督
「今日は、リリーフピッチャーを休ませることができた。
 吉見も、2ケタ勝てたことだし、よかったんじゃないか。」

吉見投手
「2ケタ勝てたのは嬉しい。
 これから大事な試合が続くので、しっかり投げていきたい。
 立ち上がりはそんなに良くなかったが、
 味方が点を取ってくれて、楽に投げられた。」

ウッズ選手(5回のホームランについて)
「フォーク。うまく芯でとらえることができたよ。」

谷繁選手(6回のホームランについて)
「芯でとらえられました。」



 結果のみの更新です(*^^)v

|

« 10月2日 D6-4YB(○) | トップページ | 10月4日 D4-3G(○) »

野球(ドラゴンズ08 公式戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月3日 D7-2YB(○):

» 吉見完投初の10勝、活発竜6連勝でCSに王手! [ドラゴンズスタジアム]
イ・ビョンギュの2打席連発弾に守護神・岩瀬の偉業達成。 延長戦を制し逆転で5連勝、CS進出マジックを『2』としたドラゴンズ。 迎えたハマスタでの今季最終戦は、投打に圧倒。 打っては2回、中村紀洋の投手強襲適時打で先制すると、 5回には森野の適時打とウッズの3ランで一挙4点のビッグイニング。 今季7度目となる先発野手全員の13安打で7得点を挙げると、 投げては先発・吉見が11安打を許しながら、 持ち前の粘りで、相手打線を2失点に抑えての完投。 プロ初の2ケタ10勝目をマークするとともに、チームも6連勝... [続きを読む]

受信: 2008/10/05 10:22

« 10月2日 D6-4YB(○) | トップページ | 10月4日 D4-3G(○) »