« 6月11日 D1-3E(●) | トップページ | 6月14日 D11-10F(○) »

2009/06/14

6月13日 D1-9F(●)

 日本ハムが2回に6安打を集中し一挙6点を奪うなど3回まで毎回得点の8点。先発ダルビッシュも序盤3回を無失点に抑えた。

 日本ハムのダルビッシュは大量援護に守られ、8回まで5安打無失点。10三振を奪う快投で、中日打線を封じ込んだ。

 中日は9回、日本ハム宮本から1点を挙げたがそこまで。ダルビッシュはハーラートップタイの8勝目を挙げ、日本ハムは3連勝となった。(ニッカン引用)

□交流戦
 日本ハム-中日3回戦(中日2勝1敗、18時、札幌ドーム、35699人)


 中 日  000000001-1
 日ハム 16110000×-9

 ▽勝 ダルビッシュ11試合8勝2敗
 ▽敗 山本昌3試合2敗
 ▽本塁打 小谷野5号(1)(ネルソン)

6月13日 試合結果(ヤフー)

<速報記事より>
「 *************** 」(毎日新聞)
「 *************** 」(サンスポ)

<監督、選手コメント>
落合監督
「今日の収穫は(2番手でロングリリーフした)
 ネルソンだけ。」

山本昌投手
「申し訳ありません…。球自体は悪くない?
 そうでもない」

谷繁選手
「1年目、2年目の投手じゃない。
 本人じゃないから分からないが、
 自分でコントロールできるはず」



 手抜き更新をお許しください(^_^)v


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

|

« 6月11日 D1-3E(●) | トップページ | 6月14日 D11-10F(○) »

野球(ドラゴンズ09 公式戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月13日 D1-9F(●):

» 昌粘り負け6失点2回持たず、打線はダルに沈黙。 [ドラゴンズスタジアム]
交流戦も残るところ、あとわずか。 10勝7敗1分けのドラゴンズは、 札幌ドームで北海道日本ハムとの2連戦。 その初戦、今季3度目の先発となった山本昌の調子が今一つ。 初回、粘られた末に糸井の二塁打で先制を許すと、 2回には1死から四球をはさんで4連打を浴び6失点KO。 一方、打線は相手先発・ダルビッシュの前に沈黙し、 8イニングを無失点で投げきられてしまうと、 最終回に代わった2番手から1点を奪うのがやっと。 ナゴヤでの連敗の雪辱を北の大地できっちりされてしまいました。... [続きを読む]

受信: 2009/06/15 10:01

« 6月11日 D1-3E(●) | トップページ | 6月14日 D11-10F(○) »