音楽

2005/06/28

Musical Baton

 「Musical Baton」なるものをToshikichiさんから頂きましたので、音楽ネタを一つ。最近、野球もシーズンインしてからは音楽関連の記事を書いていなかったのでいい機会かなと。

 電車移動がメインなので、物は試しようで買った「iPod shuffle 512MB」でアルバム数枚を入れて聞いています。購入した時に記事にしても良かったのですが、書こうと思っていたままになっていました。
当時はiPod自体がなかなか売ってなくて、見つけたときに即買。試しようなのに、即買する事自体違っているような気がしますが・・・。単純に言うとほしかったのかも(笑

 電車に乗っていると首からshuffleをぶら下げて聞いている人が増えましたね。初老の女性の方も聞いているのを見かけましたが、雰囲気的には氷川きよしでも聞いているのかな?と思いました。さすがにロックは聞いていないと思います。

 この間、ニュースでユニクロがどうもshuffle用のケースを7月に販売開始するみたいな事が、記事になっていて気になってます。価格的に安いしこれも物は試しようですかね(笑
販売直後は私みたいな新しい者が好きな人達が買って売れきりになりそうですけど。

良く考えたら少し話が脱線しているので・・・。本文に戻ろうかな。


□コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

iTunesで取った約1GBぐらいですかね。不要な物は消してしまう主義なので。と言うかPCのHDDの関係が一番の理由かも(笑


□今聴いている曲

木村カエラ 「KAELA
ERIC CLAPTON 「the best of eric clapton
PHIL COLLINS 「Hits [BEST OF]
Tommy february6 「Tommy february6
Sheryl Crow 「The Globe Sessions
(iPod shuffleに入ったままのアルバム)


□最後に買ったCD

木村カエラKAELA
これは以前、ブログでも書きましたので当時の事はコチラから
このCDから買っていないことに気づく。


□よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

沢山あるのですが・・・・。

(1)BRUCE SPRINGSTEENBORN TO RUN
2005_0628aGREATEST HITS/グレイテスト・ヒッツの1曲目に収録。
TB野郎で以前投稿しているのでコメントはコチラから
NHK-BSでメジャーの放送エンディングテーマでも使用されています。


(2)ERIC CLAPTONthe best of eric clapton
2005_0628b全ていいですね。何回聴いても飽きない。
日本版のみ「I Get Lost」が収録されています。
ベタで「Change The World」でもいいんですが、敢えて「I Get Lost」にしました。


(3)NANNO-Singles-
2005_0628c当時中学、高校の時、妙に嵌ってました。
アイドルに憧れた淡い恋だったかも(笑
今、思えば懐かしい話ですね。
ほぼLPで揃えてました。ミーハーでした。


南野陽子 ナンノ・ボックス [LIMITED EDITION]が発売。
最近頑張ってるみたいですね。(買わないですけど)

(4)PHIL COLLINS12"Ers
2005_0628dNO JACKET REQUIRED」からのヒット曲の12インチシングル集。
やっぱりこの人はジャケットが最高。年々アップ度が増して着ました。
この頃は毛が・・・。禁句ですかね(笑
ただPHIL COLLINSの曲を聴いて洋楽に嵌りました。

(5)松 たか子Five years ~singles
2005_0628eファンというわけでないのですが、数年前に近所の中古屋さんで
売っていたのでつい買ってしまったという一品。
珍しく買って後悔しなかったアルバムでした。何か和む歌声。



本当ならここでバトンとなって5名の方にTBしたいのですが・・・。
なかなかどうしてと言った感じ。ぶっちゃけ音楽関連で人脈が薄い(笑
バトンならぬバントの名手川相先生ならサクッと送れるのですが、
私のバントは荒木並(爆)と、いう事で送れなかったですm(__)m

せっかくなので、勢いで買ってほとんど聴いていない曲
(決して買って失敗とは思ってないですよ(笑))

王様「深紫伝説」
中嶋悟「SATORU NAKAJIMA」

こんなの書いていたら名誉毀損で訴えられそう(笑
関係各社様ごめんなさいm(__)m

ブログ界で結構「Musical Baton」は出回っていますね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/12/14

クラプトンがSMAPに楽曲提供

驚き、まさか、SMAPに提供するとは・・・。思ってもなかったね。

SMAP、2年ぶりの新曲は万博ソング 」(中スポ)
SMAP2年ぶり新曲は超ビッグ…クラプトン作詞作曲 」(サンスポ)

訳詞も竹内まりやさんで凄いコラボだね。きっとSMAPファンの方は喜んでいるのでは?
どんな感じで仕上がるのだろうか?その辺は興味がある。
SMAPということもあって間違いなく売れると思うけど、ちょっと聞いてみたいね。

クラプトン、もう一度来てくれないかなぁー!!

クラプトンの最後の日本公演と言われた前々回のコンサートは、何とかチケットを入手して行けたのですが、前回のコンサートはミスして行けなかったのが、今でも後悔している。愛知万博記念に、何回も言うけど、もう一度来日してくれないかなぁー。そうなったら間違いなく行く!!
そして、この曲「友達へ~Say What You Will~」をライブで聞きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

アルバム「KAELA」

CMを見てから曲の感じや歌声がいいなと思っていて、気になっていた、木村カエラさんのアルバム「KAELA」をついに買ってしまいました。

CDを買う事自体が久しぶりだったのですが、このアルバムは限定版と言うこともあって、DVDもついているので何か得をした感じです。
こんな言い方は失礼かもしれないけど曲自体も、何か懐かしさを感じる印象で、凄く良かったですね。(イカ天世代には(笑))仕事しながら立て続けに3回も聞いてしまった程です。
ハーフと言うこともあって英語の歌詞も多いのですが、本人曰く英語が話せないらしい。でも、発音は上手ですね。
その辺は、さすがなのかな?

2004_1210久しぶりに良いCDが買えたなと思っています。興味のある方は、初回限定版がある時にお勧めです。

Yahoo!ミュージックショッピング
amazon.co.jp
新星堂ショッピングサイト

ちなみに、三十路を越しているぼくには、新星堂のレジまでこのジャケットを持って行く時、前に女子高生が数人並んでいたので若干抵抗があったんですけど、ま、いいんじゃないですか。と、列の最後尾に並びながら、自分自身に言い聞かせていた。

<木村カエラ>
columbia.jp 」- コロムビアミュージックエンタテインメントによる公式ページ。
sma.co.jp 」- ソニー・ミュージックアーティスツによる公式ページ。
Kaela★blog 」- 本人によるウェブログ。
saku saku HP 」- テレビ神奈川(TVK)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004/11/25

ジェットストリーム(夜間飛行)

今日で1万回の夜間飛行が行われる。37年も続いているTFMの番組だ。

ジェットストリーム37年、旅情伝えて“飛行1万回”

ジェットストリームは「ミスター・ロンリー」の曲とともに語られる冒頭(故)城達也さんのナレーションで始まり世界の音楽を楽しむ番組である。(ぼくが聴き始めたとき)

この番組との出会いは、社会人になった頃にさかのぼる。当時は、バブル経済が破たんしていなくて、深夜まで図面を書いていても仕事が終わらない状態で、この番組を聴く事が日課になっていた。
疲れきっている身体に、心地よい城達也さんのナレーションに癒されて、何か仕事をするのが嫌になる。でも、仕事は終わらない。でも帰りたい。そんな若い時代の深夜に聴いていた思い出のある音楽番組だ。

このジェットストリームは周りの設計関係者の間では聴きながら仕事をする事が、ある意味ステータスになっていたと思う。
「昨日もジェットストリームを聴いちゃったよ」とか話題にもなる。これは、こんな時間まで仕事をして忙しさを他人にアピールしたかったのだと当時を振り返る。

最近は、極端に忙しくないので、ほとんどジェットストリ-ムは聴いていない。でも、今日は1万回目のフライトだ。当時を振り返りたく久しぶりに、この番組を聴きたくなった。

TFM:ジェットストリーム
楽天:CD販売

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2004/10/30

阿佐谷ジャズストリート2004

29日と30日の2日間に開催されるこの祭典。今年で10年目になる。
もう10年になるんだなーと思うと、やっと定着してきたのかな?阿佐ヶ谷といえばパールセンターの七夕祭りが有名だけどジャズで盛り上がるこの企画もいいですよ。

ジャズと言えば、ジャズバーでウィスキーを飲みながら生演奏を聞く。ぼくとしてはちょっとした大人の雰囲気を味わえる。それが身近な所で開催されるわけだから願ったり適ったりの企画だ。

阿佐ヶ谷駅近郊の各会場で演奏しているので、ガイドを持って廻ってみるのもいいと思います。阿佐ヶ谷駅前のロータリーでも演奏しているので一度生演奏を聞いてみると一瞬に虜になると思うので、時間のある方は、本日まで開催されているので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。新たな世界を発見できますよ。

<公式サイト>阿佐ヶ谷ジャズストリート

| | コメント (0) | トラックバック (0)